2019年11月15日更新

続編映画『ドクター・スリープ』はどんな作品に?『シャイニング』の40年後が舞台【あらすじ・キャスト】

『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー
© Supplied by LMK/zetaimage

1980年に公開されたホラー映画『シャイニング』の続編『ドクター・スリープ』が2019年11月29日に公開。この記事では、本作のあらすじやキャストなど関連情報を一挙に紹介します。

目次

『ドクター・スリープ』最新情報を紹介 『シャイニング』の40年後が描かれる!

1980年に公開されたホラー映画『シャイニング』。ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングの原作を、20世紀を代表する名監督スタンリー・キューブリックが映画化した本作は世界中の人々を震え上がらせ、今なおホラーの名作として語り継がれています。 そんな『シャイニング』の続編『ドクター・スリープ』が2019年11月29日に公開されます。名作ホラーの続編ということで注目が集まっている本作は、いったいどんな作品になるのでしょうか。 本作のあらすじやキャストなどを紹介します。

映画『シャイニング』とは

シャイニング、ジャック・ニコルソン
©Warner Bros. Pictures/zetaimage

スタンリー・キューブリックの細部までこだわった演出と、主演のジャック・ニコルソンの怪演が相まって、ホラー映画史に名を刻んだ『シャイニング』。 休業中の山荘の管理を任されたジャック・トランスは、妻と息子を連れて雪山で冬を過ごすことになります。小説家志望の彼は、静かな環境で作品を書き上げる絶好のチャンスと考えていましたが、その山荘では想像もつかないような現象が相次ぎ、次第にジャックは正気を失っていくのでした。 本作は革新的で不気味な映像と、謎の残るエンディングで観客を惹きつけ、さまざまな解釈を呼ぶ名作となっています。

『シャイニング』の解説は以下の記事をチェック

『ドクター・スリープ』のあらすじは?『シャイニング』とのつながりが気になる【ネタバレなし】

本作の主人公は、『シャイニング』でジャックとともに“あのホテル”で冬を過ごした息子のダニーです。 ホテルでの惨劇から40年後。大人になったダニーは今も心に深い傷を抱え、孤独な生活を送っていました。そんな彼の周りで、児童連続失踪事件が発生。ある日、ダニーは謎の少女アブラから送られたメッセージに気づきます。 彼女はダニーと同じく「特別な力(シャイニング)」を持っており、事件の現場を“目撃”していました。事件の謎を追うふたりは、やがてダニーのトラウマの原因となった“あのホテル”にたどり着きーー。

『ドクター・スリープ』のキャストを紹介

ユアン・マクレガー/ダニー・トランス

ユアン・マクレガー
WENN.com

『ドクター・スリープ』で主人公ダニー・トランスを演じるのは、スコットランド出身の俳優ユアン・マクレガー。ダニー・ボイル監督の『トレインスポッティング』や、「スターウォーズ」新三部作(1999〜2005)などへの出演で知られています。 マクレガーが演じるダニーは、子供のころ錯乱した父ジャックに命を狙われるという壮絶な体験をしました。そのトラウマから自暴自棄な生活を送る彼は、周囲で起こる児童連続失踪事件、そして謎の少女アブラからのメッセージをきっかけに事件の謎を追うことになります。

カイリー・カラン/アブラ・ストーン

カイリー・カラン
© Lumeimages.com/Avalon.red/zetaimage

本作で、ダニーと一緒に児童連続失踪事件の真相を追う少女アブラを演じるのは、マイアミ出身で2005年生まれのカイリー・カラン。7歳のときに舞台からキャリアをスタートした彼女は、10歳のときにミュージカル『ライオンキング』にナラ役で出演。2017年にはインディペンデント映画『I Can I Will I Did(原題)』で、スクリーンデビューを飾りました。 カランが演じるアブラは、強い“シャイニング”の持ち主。その能力でダニーと知り合うことになります。

レベッカ・ファーガソン/ローズ・ザ・ハット

レベッカ・ファーガソン
©DENNIS VAN TINE/UPI/Newscom/Zeta Image

「ミッション:インポッシブル」シリーズなどへの出演で知られるスウェーデン出身の女優、レベッカ・ファーガソンは、カルト集団「トゥルー・ノット」のリーダー、“ローズ・ザ・ハット(帽子をかぶったローズ)”を演じます。 彼女が率いるカルト集団は、いったいなぜ児童ばかりを狙うのでしょうか?

クリフ・カーティス/ビリー・フリーマン

クリフ・カーティス
© Avalon.red/zetaimage

映画『MEG ザ・モンスター』(2018)や『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)などへの出演で知られるクリフ・カーティスは、心機一転を図るダニーが引っ越してきた町の住人、ビリー・フリーマンを演じます。 ダニーとビリーの関係にも注目したいですね。

カール・ランブリー/?

カール・ランブリー
© Zuma/Avalon.red/zetaimage

カール・ランブリーは、テレビシリーズ『NCIS:LA〜極秘潜入捜査班〜』や『スーパーガール』などに出演している俳優です。 ランブリーが演じるのは、ダニーが成長していくうえで、また大人になってからも重要な役割を担う人物です。

ジェイコブ・トレンブレイ

ジェイコブ・トレンブレイ
© Lumeimages.com/Avalon.red/zetaimage

カナダ出身のジェイコブ・トレンブレイは、2015年の映画『ルーム』での演技が高く評価され、数多くの賞を受賞した子役です。その後も『ワンダー 君は太陽』(2017)や『ザ・プレデター』(2018)などに出演し、活躍をつづけています。 トレンブレイが演じるのは、連続失踪事件の被害者となる児童のひとりとみられます。

メガホンを取るのはマイク・フラナガン監督

マイク・フラナガン
© PacificCoastNews/Avalon.red/zetaimage

『ドクター・スリープ』の監督を務めるのは、『オキュラス/怨霊鏡』(2013年)や『ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜』(2016年)など、ホラー映画を得意とするマイク・フラナガンです。彼は、2017年にスティーヴン・キング原作のNetflixオリジナル映画『ジェラルドのゲーム』を監督しました。 原作者のキングがキューブリックの『シャイニング』を嫌っているのは有名な話ですが、Esquireによれば、フラナガンは本作をキューブリック映画と原作者小説の要素を均等に取り入れた続編だと考えているとか。 また、フラナガンは脚本も担当しています。

『ドクター・スリープ』のトリビアを紹介!

“大人になったダニー”が本当に出演!

シャイニング,ダニー
©Warner Bros. Pictures/zetaimage

本作では、ユアン・マクレガーが大人になったダニー・トランスを演じていますが、1980年の『シャイニング』で子供だったダニーを演じたダニー・ロイドがカメオ出演しています。 すでに俳優業を辞め、2019年現在は大学の生物学教授として働いているロイド。彼はある少年の父親を演じています。

237号室の秘密

『シャイニング』でいわくつきの部屋として登場した237号室ですが、キングの原作ではこの部屋番号は“217”でした。しかし、ロケ地となったホテルが、映画の影響でその部屋に泊まる客がいなくなるのを懸念したため、ホテルには存在しない237号室に変更されたという経緯があったのです。 『ドクター・スリープ』にも237号室は登場。一方、原作へのオマージュとして別の場面で217号室も登場します。

映画『ドクター・スリープ 』は2019年11月29日公開

『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー
© Supplied by LMK/zetaimage

名作ホラーの約40年越しの続編とあって、注目を集めている『ドクター・スリープ』。ユアン・マクレガーやレベッカ・ファーガソンなど実力派俳優が集結し、再び世界を恐怖に陥れる名作となるのか、期待が高まります。 『ドクター・スリープ』は、2019年11月29日公開です!