『シャイニング』がもっと好きになる驚きのトリビア17選

2017年7月6日更新

スタンリー・キューブリック監督が映画化を手がけ、世界最高峰のホラー映画と称されている『シャイニング』。その知られざるトリビアの数々をご紹介します。海外の記事を参考資料としています。

世界最高峰のホラー映画と称される『シャイニング』(1980)

『シャイニング』はホラー作品で有名な、スティーブン・キングの原作を映画化した作品です。

スタンリー・キューブリック監督が映画化を手がけ、世界最高峰のホラー映画と称されている『シャイニング』。その知られざるトリビアの数々をご紹介します。

1.制作にこだわったスタンリー・キューブリック監督

シャイニング『スタンリー・キューブリック』

監督としてだけではなく、制作者としても映画化を成し遂げたキューブリック監督。以前から、ホラー映画の制作には大変興味があったのだそうです。

『シャイニング』の映画化と同時期に、監督として『エクソシスト2』のメガホンを取る話もあったといいます。しかしホラー作品の制作に興味のあったキューブリック監督は、最終的に『シャイニング』を選んだのでした。

2.原作者スティーブン・キングの脚本を読まなかった⁉︎

シャイニング『スタンリー・キューブリック』

出典: www.welt.de

キューブリック監督は、原作者スティーブン・キングが書いた映画脚本を一切読まなかったといわれています。

監督は、キングの書くものは"weak"だ、つまり「迫力がない」と言っていたそうです。

3.スティーブン・キング VS キューブリック監督

『シャイニング』スタンリー・キューブリック監督とスティーブン・キング

キングはキューブリッック監督を称賛し、映画化にも大変期待していたといいます。しかし、結末を見たキングは、非常にがっかりしたとも話しています。

それほど原作と違う結末となれば、原作を読んでからまた映画を見返したくなりますね。

4.スタッフに身内を起用⁉︎

シャニング『スティーブン・キング、スタンリー・キューブリック』

『シャイニング』のエグゼクティブプロデューサーを務めていたのは、キューブリック監督の義理の兄弟でした。それだけではなく、監督の妻や娘も本作の制作に関わっていたのです。

5.監督はロケ嫌い⁉︎

シャイニング

イングランドを離れることや、飛行機に乗ることを嫌っていたキューブリック監督。

アメリカのモンタナ州にあるグレイシャー国立公園で行われたオープニングシーンのヘリコプターからの撮影には、監督の姿はなかったそうです。

6.監督自ら小道具づくり?

シャイニング

出典: luke1428.com

永遠とタイプライターに打ち込まれた"All work and no play makes Jack a dull boy"の文字。その枚数は500ページにも及ぶと言われていますが、いったい誰が作成したものなのでしょう? 

一説には、監督自ら作成したという話もありますが、生前、監督はそれについて言及したことがなく、今も真相は謎のままです。

7.ワンシーンに3日を費やした撮影

シャイニング『ジャック・ニコルソン』

出典: rare.us

ジャック・ニコルソンがシャワールームのドアを斧でぶち破るシーンには、なんと3日も費やされたといいます。

ジャックが壊したドアの枚数は、合計60枚にも及んだそうです。

8.ジャックも制作に参加していた

『シャイニング』ジャック・ニコルソン

主演のジャック・ニコルソンもほとんどのシーンで演出に携わっていたそうです。

9.様々に翻訳された名フレーズがあった

『シャイニング』

"All work and no play makes Jack a dull boy.(遊んでばかりで勉強しないとジャックはダメな子になる)"というフレーズがあります。

世界各国で上映された際、その訳は様々だったようです。例えばドイツ語では、"Don’t put off till tomorrow what you can do today.(今日できることを明日に延ばすな)"と訳されたそうです。

10.あの237号室は存在しない⁉︎

OverlookHotelShining

原作では、あの世にも恐ろしい現象が起きた部屋は217号室となっていますが、映画では237号室となっています。

利用客が217号室を避けるのを懸念した、ロケ地のホテル側の要望により、実際には存在しない237号室が撮影の舞台となりました。

11.雪の撮影には900トンの塩が使われていた

シャイニング

巨大な雪の迷路が舞台となるエンディングのシーンのためだけに、約900トンもの塩が撮影で使用されたのだそうです。