Ⓒ2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

映画『コーヒーが冷めないうちに』あらすじ・キャストまとめ【有村架純主演】

2018年3月9日更新

有村架純主演映画『コーヒーが冷めないうちに』が2018年9月21日に公開されることが決定しました。「4回泣ける」とSNSで話題の同名小説を原作に、『重版出来!』などの演出を担当した塚原あゆ子が、初の映画監督を務めます。この記事では、気になるあらすじ・キャストや、監督について紹介します!

『コーヒーが冷めないうちに』有村架純主演で実写映画化!

『コーヒーが冷めないうちに』
Ⓒ2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

有村架純の最新作『コーヒーが冷めないうちに』が公開されることが発表されました。 原作は、「4回泣ける」とSNSで話題になり、「本屋大賞2017」にもノミネートされた川口俊和による同名小説『コーヒーが冷めないうちに』。 共演者には、林遣都や波留など、朝ドラでも活躍した爽やかな俳優陣が顔を揃えます。 また、本作のメガホンを取るのは、『重版出来!』『アンナチュラル』などの演出で知られる塚原あゆ子。映画『コーヒーが冷めないうちに』で映画監督デビューを飾ります。 ここでは、あらすじやキャスト、監督情報についてご紹介します!

映画『コーヒーが冷めないうちに』あらすじ

有村架純がお客さんを出迎える特報映像が到着

舞台は、喫茶「フニクリフニクラ」。そこは、マスターの時田流が運営する小さな喫茶店です。 そんな喫茶「フニクリフニクラ」には、少し変わった都市伝説がありました。 それは、で店内のある決まった席に座ると「望んだ時間に戻ることができる」というもの。しかし、それを叶えるには幾つかの条件をクリアしなければなりません。 1つ、過去に戻ることが出来るのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ。コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければいけません。 2つ、過去に戻ることが出来ても、現在を変えることは出来ません。 3つ、過去に戻っても、喫茶「フニクリフニクラ」を訪れた人にしか会うことが出来ません。 4つ、戻った本人も喫茶店の外に出ることは出来ません。 5つ、その決まった席には必ず先客がおり、先客が席を立つまで座ることが出来ません。 この5つの決まりを全て守った時、喫茶「フニクリフニクラ」を訪れた人に奇跡が起こるのです。 そして今日も、奇跡を求めて、過去に戻りたいお客さんがお店にやってきます。 そんな喫茶「フニクリフニクラ」で唯一 過去に戻れるコーヒーを入れる時田数も、彼女に想いを寄せる美大生・新谷亮介によって、自分自身の過去に向き合っていき......。

「奇跡を起こすコーヒー」を淹れる主人公・数を有村架純が熱演!

『コーヒーが冷めないうちに』
Ⓒ2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

時田数/有村架純

喫茶「フニクリフニクラ」で働く主人公・時田数を有村架純が演じます。 数の淹れるコーヒーが、過去に戻れる奇跡を起こすきっかけとなるのです。 数を演じる有村架純は、2017年上半期朝ドラ『ひよっこ』で時代の荒波に揉まれながらも、たくましく成長していくヒロインを演じ、幅広い世代から高い評価と人気を得ました。 有村は、主人公・時田数を演じるにあたり、以下ようにコメントしています。 「自分が淹れるコーヒーで、人を過去に戻すことができる。自分にしかできない自分の仕事を、彼女はどう感じているのか、人々の人生に触れるたび、自問自答しながら彼女の瞳の奥にあるものが見えるように、繊細に紡いでいければいいなと思います。素晴らしい役者の皆さんと影響し合い、素敵な作品となるよう、頑張ります。」

映画『コーヒーが冷めないうちに』公開記念キャンペーンが始動!新ポスターも解禁

映画『コーヒーが冷めないうちに』の公開を控え、全国映画館に配布される新ポスタービジュアルが公開されました。 そして、映画『コーヒーが冷めないうちに』の公開を記念し、「あなたの戻りたい過去はいつですか?」キャンペーンの開催が決定!映画の内容に沿ったこのキャンペーンには、「戻りたい日」「会いたい人」「伝えたい言葉」をハガキか公式サイトのWEB応募ホームから投稿することで参加をすることができます。 投稿の中から、原作者・川口俊和、監督・塚本あゆ子、映画製作委員会が選ばれた5名には豪華プレゼントが贈られるそう!さらに、その中の1人は初日舞台挨拶に招待され、主演・有村架純にコーヒーを入れてもらうことができるプレゼントも。 詳しくは、映画公式サイトから。

映画『コーヒーが冷めないうちに』脇を固める爽やかな朝ドラ出身俳優にも注目!

清川二美子/波瑠

三十路前のキャリアウーマン・清川二美子を女優の波留が演じます。 二美子は、「過去に戻れる」という噂を怪しみながら、喫茶「フニクリフニクラ」に来店します。 また、「フニクリフニクラ」の常連客で、二美子の幼馴染・吾郎に思いを寄せていますが、彼が留学したい事を知り、彼への思いに悩みます。 二美子を演じる波留は、2015年度下半期朝の連続ドラマ小説『あさが来た』でヒロイン・あさを演じ、その後も数々のドラマ作品に出演している人気女優です。 映画への出演は、2015年11月21日公開の「流れ星が消えないうちに」ぶりとなります。

賀田多五郎/林 遣都

優秀なエンジニアとして働くも、女性には奥手な賀田多五郎を林遣都が演じます。 自身の夢でもある留学と、二美子との間で悩みます。 林遣都は、初映画出演で主演を務めた『バッテリー』で、第31回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞した実力派俳優です。ドラマ・映画に多数出演しており、2016年度下半期の連続テレビ小説『べっぴんさん』にも出演しています。

映画『コーヒーが冷めないうちに』豪華な俳優陣が集結

『コーヒーが冷めないうちに』
©2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

映画『コーヒーが冷めないうちに』は、ベテラン俳優から若手俳優まで、幅広い世代と経歴の俳優たちが豪華な共演することも魅力の一つ。 薬師丸ひろ子と松重 豊は、何か訳ありそうな男女を、吉田羊と松本若菜は問題を抱えた姉妹を演じます。 その他にも、石田ゆり子が喫茶「フニクリフニクラ」で過去に戻れる席に座っている謎の先客を、深水元基が数の従兄弟で喫茶「フニクリフニクラ」のオーナーとして出演。 健太郎、松本若菜ら注目の若手俳優の活躍にも注目です!

『夜行観覧車』の演出家・塚原あゆ子が本作で初監督を務める

ドラマ『夜行観覧車』『重版出来』『アンナチュラル』など、様々なジャンルの人気ドラマで演出を担当した演出家・塚原あゆ子が、今回初めて『コーヒーが冷めないうちに』で映画監督を務めます。 塚原監督は人間が「食べる」シーンをとても印象的に切り取る監督です。映画『コーヒーが冷めないうちに』ではどんな「食べる」シーンが見られるのか。とても楽しみですね! 塚原あゆ子監督コメント 「-1杯のコーヒーが冷めるまでの、ほんの短い時間でも、人生は変わる-  恋人、夫婦、姉妹、親子。誰もが共感できる、優しい人間ドラマが詰まった原作です。 更に映像ならではのエンタメと個性豊かなキャストの笑いと涙を、丁寧に詰め込 みたいと思います。 ぜひ、大切な人と観に来て下さい。」

原作『コーヒーが冷めないうちに』は「2017年本屋大賞」ノミネートの話題作!

『コーヒーが冷めないうちに』
Ⓒ2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

原作『コーヒーが冷めないうちに』は、「劇団音速かたつむり」で脚本家・演出家として活躍する川口俊和の同名小説です。「本屋大賞2017」にノミネートされました。 本作は、川口が主宰する「劇団音速かたつむり」で舞台化し、第10回杉並演劇祭の大賞に輝いたものを書籍化したもの。SNSでは「4回泣ける」などと話題にもなりました。

映画『コーヒーが冷めないうちに』の気になる公開日は??

映画『コーヒーが冷めないうちに』は、2018年9月21日から東宝系列にて全国ロードーショー予定。 今から公開が楽しみですね!