2018年7月3日更新

映画『泣き虫しょったんの奇跡』個性的なキャストとあらすじをご紹介!【松田龍平主演】

©2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 ©瀬川晶司/講談社

松田龍平主演の映画『泣き虫しょったんの奇跡』が、2018年9月7日に公開されます。同名の傑作小説を原作に、豊田利晃がメガホンを撮った本作には豪華キャストが集結。この記事では、本作のあらすじ、キャストを紹介します。

2018年9月7日公開の映画『泣き虫しょったんの奇跡』を激推し!!

映画『泣き虫しょったんの奇跡』が、2018年9月7日に公開されます。松田龍平が主演を務める同作のメガホンをとるのは、これまで『青い春』や『ナイン・ソウルズ』などで松田とタッグを組んで来た豊田利晃。共演者には、野田洋次郎、妻夫木聡、松たか子をはじめとする豪華俳優陣が起用されています。 この記事では、期待値MAXの同作のあらすじ・キャスト情報を紹介していきます!

映画『泣き虫しょったんの奇跡』のあらすじは?

本作の原作となるのは、実在のプロ棋士・瀬川晶司による同名小説です。 物語の主人公は、地味で大人しい「しょったん」こと瀬川晶司。何の取り柄もなかった彼は、生まれて初めて周囲から認められた将棋に夢中になり、プロ棋士を夢見て、将棋界の登竜門である奨励会に入会します。 しかし、「26歳までに四段昇格」という鉄の掟のプレッシャーから、肝心なところで勝てなくなった彼は、年齢制限により奨励会からの退会を余儀無くされてしまいます。 大きな絶望感に苛まれる彼に残ったのは、心やさしき仲間たちの支えと、将棋への強い情熱でした。そうして瀬川は、アマチュアからプロへの再挑戦という新たな戦いに挑むことになるのです。

そもそも原作が最高に泣ける。将棋界の奇跡を描いた真実の物語とは?

原作小説では、瀬川の生い立ちからプロ再挑戦までへの経緯、そして最後の決戦が丁寧に描かれています。 親友や恩師、両親との絆や、ライバルたちとの熱い戦いなど、ノンフィクションとは思えないほどドラマチックな本作は、号泣必至の名著です。 現在何か夢を見ている人や、何かを諦めてしまった人には特にオススメしたい一冊なので、映画と前後して原作をチェックしてみるのもオススメですよ!

松田龍平×豊田利晃!名コンビの最新作に嫌が応にも期待値は上がる

先述の通り、本作で主人公・瀬川晶司を演じるのは『散歩する侵略者』『羊の木』などで知られる松田龍平。そして、本作のメガホンを撮るのは、『青い春』『ナイン・ソウルズ』などでも松田とタッグを組んできた豊田利晃です。 数々の名作を生み出したコンビの最新作という事で、本作への期待値はうなぎ登りなのですが、実はもう一点、本作の監督は豊田利晃でなくてはならないある大きな理由があるのです。

この作品は、豊田利晃が監督なら間違いない!

現在は監督としての活動が中心の豊田ですが、彼が最初に映画界を賑わせたのは、真剣師として生計を立てる男とプロの名人を志す男の生き様を描いた『王手』。阪本順治がメガホンを取った本作で原作を手掛けた豊田は、初めてシナリオも書いています。 このように、デビュー時から将棋を題材にした作品を手がけて来た豊田ですが、実は彼自身が、9歳から17歳まで新進棋士奨励会に在籍していました。この時の体験が『王手』に反映されていると言われています。 ところが『泣き虫しょったんの奇跡』の会見において豊田は、自身が将棋で「挫折した」人間であることを告白。将棋に対しての憎しみを抱いていたことを明かしています。しかし、ある時本作の原作を読んで感動を覚え、将棋に対する憎しみが消えてしまったのだそう。それがきっかけで本作の映画化に対する意欲を持ったといいます。 監督としての手腕に加え、奨励会員だったという過去や将棋に対する愛憎半ばした感情を持ってきた豊田。そんな彼がメガホンを撮るからこそ、映画『泣き虫しょったんの奇跡』からは凄まじい傑作の予感が漂っているのです!

ともかく凄い!盆と正月がいっぺんに来たような豪華キャストに注目!

泣き虫しょったんの奇跡
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社

映画『泣き虫しょったんの奇跡』は、主演の松田を筆頭に、その豪華過ぎるキャストにも注目です。 本作に出演するキャストには、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼が名を連ねています。 個々の経歴は説明不要。正に全員主役級というメンバーが『泣き虫しょったんの奇跡』には集っているのです。 各々の演技合戦が早くも楽しみになるキャスト陣ですが、今回特に注目したいのは、瀬川の親友役を演じる野田洋次郎、小学校時代の恩師を演じる松たか子、そして瀬川の父親役の國村隼です。 彼らの演じる役柄は、原作小説の中でも非常に重要な正に物語のキーパーソンとも言うべきもの。もちろん他のキャストたちの演じる役も皆魅力的なので非常に楽しみですが、この三名がどのように物語を盛り立ててくれるのかには、特に注目です!

さらに続々発表!追加キャストも豪華

その後、さらに続々と追加キャストが発表。上白石萌音、石橋静河、板尾創路、藤原竜也、大西信満、奥野瑛太、遠藤雄弥、山本亨、桂三度、三浦誠己、渡辺哲、窪塚愛流、後藤奏祐人といった名前が明かされました。 上白石萌音が演じるのは、しょったんが想いを寄せることになる喫茶店店員の真理子を、石橋静河はしょったんが務める会社の同僚・南咲子を演じます。 一方、板尾創路はしょったんの上司の山口を、藤原竜也はもう一度棋士を目指し始めたしょったんのファンを演じることがわかっています。

照井利幸が手掛ける音楽にも期待大

本作では、音楽も外せません。 というのも、今回音楽を手がけるのは、元BLANKEY JET CITYの照井利幸。豊田の過去作品には、同じく元でBLANKEY JET CITYの中村達也が主演を務めた『蘇りの血』にも音楽担当で参加しています。(なお、その際の名義は「TWIN TAIL」。TWIN TAILは中村、照井、豊田に加え、勝井祐二を加えたユニットです) このように長年にわたって豊田と交流のある照井だけに、素晴らしい音楽で物語を盛り上げてくれるのではないかと期待せずにはいられません!

最高に楽しみな映画、『泣き虫しょったんの奇跡』は2018年9月7日公開

松たか子

素晴らしい原作に最高のスタッフ・キャストが集った映画、『泣き虫しょったんの奇跡』には期待しかありません。そんな同作は、2018年9月7日(金)に公開します。