2018年4月3日更新

『ベイマックス ザ・シリーズ』が日本初放送開始!序章を徹底レビュー!

©Disney

2014年に劇場公開され、興行収入90億円の大ヒットとなったディズニー映画『ベイマックス』が、テレビアニメ『ベイマックス ザ・シリーズ』となって登場!街の平和を脅かす悪から人々を守るため、ベイマックスが仲間たちと共に大活躍します!

ベイマックスの活躍がお茶の間で楽しめる!『ベイマックス ザ・シリーズ』放送開始!

テレビアニメ『ベイマックス ザ・シリーズ』は、2014年12月に日本公開され、大ヒットしたディズニー映画『ベイマックス』の続編となります。 架空都市サンフランソウキョウに暮らす少年ヒロと、亡き兄タダシが作ったケア・ロボットのベイマックスが、同級生の仲間たちとヒーローチーム「ビッグ・ヒーロー6」を結成。街に危機をもたらす悪党たちと闘うアクション・アドベンチャーです。 なお、『ベイマックス』と『ベイマックス ザ・シリーズ』を結ぶ序章エピソードとなるテレビアニメ、『ベイマックス/帰ってきたベイマックス』も先行放送されます。

『ベイマックス ザ・シリーズ』の概要

まずは映画版『ベイマックス』のあらすじをおさらい

西洋と東洋の文化が融合した街サンフランソウキョウに暮らす14歳の少年ヒロは、唯一の肉親だった兄タダシを原因不明の事故で亡くしてしまいます。日々悲しみに暮れるヒロの前に現れたのは、優秀な工科大生だったタダシが開発した、人間の心と身体を守るケア・ロボット、ベイマックスでした。 ベイマックスによって安らぎを取り戻したヒロは、フレッドを始めとするタダシの友人たちとも親しくなります。やがて彼らは、タダシが亡くなった事故の真相を調べはじめますが、そこに謎の敵が立ちはだかるのでした……。

そして続編『ベイマックス ザ・シリーズ』&『ベイマックス/帰ってきたベイマックス』では……

ベイマックス ザ・シリーズ
©Disney

そして、映画版のその後を描く『ベイマックス ザ・シリーズ』では、大学生になったヒロが、フレッドやゴー・ゴーといった仲間たちと街の安全を守るヒーローとなって活躍します。新たな敵との激しいバトルが見ものです。 また、序章となる『ベイマックス/帰ってきたベイマックス』では、ベイマックスがどのようにして復活するまでの物語が明らかとなります。

『ベイマックス ザ・シリーズ』の主なボイスキャスト

ベイマックス ザ・シリーズ
©Disney

映画版『ベイマックス』でキャラクターの声を担当したボイスキャストが、『ベイマックス ザ・シリーズ』にもそのまま続投しているのも、ファンにはうれしいところ。ここでは、その一部を紹介しましょう。

本城雄太郎(ヒロ役)

シリーズの主人公で、14歳にして名門サンフランソウキョウ工科大学の学生になるヒロ。仲間たちと結成したヒーローチーム「ビッグ・ヒーロー6」のリーダーとして、ベイマックスと共に悪に立ち向かいます。 映画版『ベイマックス』の収録時は現役の高校生だったという、ヒロ役の本城雄太郎。近年では、テレビアニメ『ユーリ!!! on ICE』や、特撮ドラマ『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』などで活躍しています。

川島得愛(ベイマックス役)

ヒロの兄タダシが開発したケア・ロボット、ベイマックス。戦闘能力はありませんが、ヒロと共に町を守る存在となります。 ベイマックス役の川島得愛は、『モンキーターン』での主人公役からクセのある悪党、三枚目的キャラなど多才な演技に定評がある声優です。朴訥な口調が愛らしさを誘うベイマックスの演技で、さらにその実力が知られることとなりました。

小泉孝太郎(タダシ役)

弟のヒロとは深い兄弟愛で結ばれていた兄のタダシ。事故により命を落としてしまいますが、『ベイマックス ザ・シリーズ』ではヒロのスマホに残る思い出の映像として、たびたび登場します。 映画版に続きタダシの声を担当する俳優の小泉孝太郎も、続編に参加できたことはうれしい様子。「子どもから大人まで、家族みんなでご覧いただきたいです!」とメッセージを寄せています。

菅野美穂(キャス役)

ヒロとタダシの母親代わりとして、カフェを経営しながら彼らを育ててきた叔母のキャス。少々せっかちな性格ですが、温かくヒロを見守ってくれます。 キャスの声を担当する女優の菅野美穂も、「緊迫したシーンにのほほんとしたキャスの明るさが入ることで、話にスパイスを与えてくれる」と語るように、映画版以上にユーモアを与えてくれる存在となります。

序章『ベイマックス/帰ってきたベイマックス』のあらすじは?

ベイマックス ザ・シリーズ
©Disney

ヒロたちの活躍でサンフランソウキョウの街に平和が戻り、ヒロは兄タダシも通っていたサンフランソウキョウ工科大学へと進みます。登校初日、ヒロは構内でタダシが使っていたラボから、ベイマックスのアーム部品と、タダシが生前に作っていたヘルスケアチップを発見します。 早速ヒロは、チップを使ってベイマックスの復活を試みますが、その過程でベイマックスの骨格が暴走し、街へ飛び出してしまいます。さらにはその骨格を、ヒロに恨みを持つ悪党のミスター・ヤマに奪われ、交換条件として、大学のグランヴィル教授の部屋にある彫刻を盗むよう命じられるのでした。 その頃、以前のヒーロー活動が忘れがたいヒロの友人フレッドは、ゴー・ゴーら仲間たちに、街を守るチームの結成を呼びかけていました……。

ヒーローチームがついに始動!『ベイマックス ザ・シリーズ』

ベイマックス ザ・シリーズ
©Disney

そして『ベイマックス ザ・シリーズ』では、ヒロがリーダーとなるヒーローチーム「ビッグ・ヒーロー6」が本格始動します。 シリーズ最大のポイントとなるのが、「オバケ」と名乗る敵の存在です。サンフランソウキョウの平和をおびやかすオバケと、それを阻止しようとするビッグ・ヒーロー6の対決が描かれます。 グランヴィル教授の部屋にあった彫刻の秘密も気になるところ。秘められたパワーを持つその物質の正体は?そして、なぜそれが教授の部屋にあったのか?さまざまな謎も盛り込まれています。

映画版にも引けを取らないヒーローたちのアクションシーンが満載!

ご存知の人も多いでしょうが、『ベイマックス』はスパイダーマンやアイアンマンといったヒーローを擁するマーベルコミックスによる、『BIG HERO 6』が原作です。 映画版『ベイマックス』でも、特殊スーツに身を包んだヒロたちの活躍が見られましたが、『ベイマックス ザ・シリーズ』ではさらにパワーアップ!チームワークを駆使した、まさにマーベルヒーローの王道を行くアクションシーンが満載です。

ヒロを支える愛すべきキャラクターたちにも注目!

主人公のヒロとビッグ・ヒーロー6を結成する、4人の愛すべき仲間たち。映画版『ベイマックス』でも活躍した彼らのパーソナルな面が、『ベイマックス ザ・シリーズ』では描かれます。 チーム名「ビッグ・ヒーロー6」の名付け親で科学オタクのフレッド、陽気で明るいファッショニスタのハニーレモン、怖いもの知らずで情に厚いゴー・ゴー、そして性格は臆病でも的確な判断ができるワサビ。そんな彼らのイキイキとした日常も描かれるので、『ベイマックス』ファンは必見です。

個性的な敵(ヴィラン)も続々登場!

謎の存在である「オバケ」を筆頭とした敵(ヴィラン)が続々と登場するのも、『ベイマックス ザ・シリーズ』の特徴です。 粘着質で伸縮自在な身体を持つ「ネバー」、テクノロジーの進化を憎んで破壊しようとする「ネッド・ラッド」、スチーム動力を活かして悪事を働く「スティーマー男爵」などといった個性的な能力を持つ敵が、ビッグ・ヒーロー6の前に立ちはだかります。

もちろん、ベイマックスを中心とした仲間たちとの絆にも注目!

ベイマックス ザ・シリーズ
©Disney

忘れてはならないのが、ケア・ロボット、ベイマックスの愛らしさです。風船のような柔らかなボディとペンギンのような歩き方が特徴のベイマックスは、ヒロや仲間たちのみならずアニメを見ている人をも癒してくれること間違いなし! 「科学で人を守りたい」というタダシの遺志を継ぐベイマックスとヒロたちとの、さらなる絆にも注目。スーパーヒーローものでありながら、ティーンズたちの成長・友情物語としても見ごたえ十分です。

制作スタッフも実績のある面々が集結!

『ベイマックス ザ・シリーズ』の制作スタッフも実力派が揃いました。エグゼクティブ・プロデューサーを務めるマーク・マッコークルとボブ・スクーリーの2人は、正義の女子高生キム・ポッシブルが活躍するテレビアニメ「キム・ポッシブル」シリーズを大ヒットに導いたコンビです。 さらに2人は、『ザ・ペンギンズ from マダガスカル』や『スペースレンジャー バズ・ライトイヤー』といった、大ヒットアニメ映画のキャラクターとストーリーから派生したテレビアニメの制作にも定評があります。 名プロデューサーたちが満を持して放つ『ベイマックス ザ・シリーズ』。期待せずにはいきません!

『ベイマックス ザ・シリーズ』はディズニーXDで4月スタート!

期待値MAXなテレビアニメ『ベイマックス ザ・シリーズ』は、2018年4⽉21 ⽇から毎週土曜・日曜18:00~18:30ディズニーXDチャンネルにて放送。さらに序章の『ベイマックス/帰ってきたベイマックス』は4⽉5⽇12:00~13:00ほかにて、こちらもディズニーXDチャンネルで放送がスタートとなります! 興奮あり、ユーモアあり、そして感動ありのアクション・アドベンチャーを、ぜひともお楽しみください!