2018年6月7日更新

『LEGO(R) ムービー2』が2019年に日本公開決定!【クリス・プラット続投】

©Sthanlee Mirador/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

あの大ヒット映画『LEGO(R) ムービー』の続編が遂に日本での公開が決定!さらに、世界的なスターになったクリス・プラットら主要キャストの続投も明らかになりましたよ!

『LEGO(R) ムービー2』が2019年に公開決定!主要キャストは続投!

世界中で大ヒットした『LEGO(R) ムービー』の続編、『LEGO(R) ムービー2』が、2019年2月8日に全米公開することが明らかになり、日本でも同年に公開されることが判明しました。 主人公のいつも明るい主人公のエメット役の声を担当するのは、前作に続き『ジュラシック・ワールド』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のクリス・プラット。さらに、ヒロインのルーシー役のエリザベス・バンクスや、バットマンの声優にウィル・アーネットも続投します。 また、監督は『トロールズ』『シュレック・フォーエバー』などのマイク・ミッチェルが務めるほか、前作で監督・脚本・原案を担当したフィル・ロードとクリストファー・ミラーも参加することが明らかになりました。

気になるあらすじは?

新作の舞台となるのは、前作から数年後の世界。 そこは、街の秩序が崩壊し、誰もがすさんでしまった世界。しかし、主人公エメットだけは、いつもの明るさを失わずにいました。そんなある時、謎の宇宙人によって、街が侵略されるという事件が起きます。そして、ヒロインのルーシー、バットマンといった仲間たちを助けるためエメットは宇宙へ飛び出す……というのが続編のあらすじになります。

ジェームズ・ガン&エドガー・ライトも絶賛!前作を超えられるか?

エドガー・ライト ゼータ
©Lia Toby/WENN.com

前作『LEGO(R) ムービー』は非常に評価が高く、『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督は2014年のTOP10映画に、『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督も同年にお気に入り映画に本作をあげています。また、同年にFacebook上で話題になった映画TOP5にも選出されるなど、まさに世界的大ヒットを遂げた一本なのです。 そんなわけで、ハードルが上がりに上がった続編ですが、前作のハードルを飛び越えることはできるのか?要注目の一本となりそうですね!