©Sthanlee Mirador/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

クリス・プラット主演!激アツ映画『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』が楽しみすぎる!

2018年6月12日更新

クリス・プラットの新主演作『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』とは?2019年公開予定の本作のあらすじ・キャストなど、2018年6月現在に決定している情報をお知らせします。

同名グラフィックノベルが原作!ミシェル・マクラーレン監督に決定!

『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』は、A・J・リーバーマン作のダーク・ヒーローもので、ライリー・ロスモの作画によってグラフィックノベルとして出版されています。 主演はクリス・プラットが務め、監督は『ゲーム・オブ・スローンズ』のミシェル・マクラーレンに決まりました。ユニバーサル・ピクチャーズがあたためてきた本作の企画が、今後どのような展開を見せるのか楽しみです!

多重人格者の暗殺者が主人公!カウボーイと忍者とバイキング?

クリス・プラット演じる主人公は多重人格者。政府のプログラムによって、カウボーイと忍者とバイキングのスキルを持った暗殺者して養成されていく様子が描かれるようです。 原作は2009年から発表され、シリーズとして10作まで刊行されています。政府の「トリプレッツ」プログラムを仕切るのは心理学者のセバスチャン・ジスラン博士。カウボーイ・忍者・バイキングの三重人格を操るダンカンを主人公とした物語です。

主人公ダンカンに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のクリス・プラット!

ダンカン/クリス・プラット

どうやら2014年の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の大ヒットを受け、早々に同年主役をクリス・プラットで決定し、企画が進み出した感のある本作。 クリス・プラットは1979年6月21日、ミネソタ州ヴァージニア生まれのアメリカ人俳優です。2000年にショートフィルム『Cursed Part 3』で映画デビューし、キャリア初期は主にテレビで活動していました。 2011年の『マネーボール』でスコット・ハッテバーグ役、2012年の『ゼロ・ダーク・サーティ』ではジャスティン役、2013年の『her/世界でひとつの彼女』にはポール役で出演しています。 転機となったのは2014年。大ヒットしたアニメーション映画『LEGO ムービー』の主人公エメットの声優と、マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の主役スター・ロードを演じ、一気に知名度を上げました。 この後も続々と他のキャストが発表されていくことが予想されます。原作に登場するダンカンの兄弟カールや他のトリプレッツたちのキャスティングも気になるところです!

監督は二転三転?候補には『ジョン・ウィック』の監督の名も!

元々はディズニーが2010年に権利を買い取り始まった映画化の企画でしたが、2012年に権利を手放しユニバーサルが獲得。その際には『ワールド・ウォーZ』の監督マーク・フォスターの名が上がっていました。 しかし2015年には『ジョン・ウィック』の監督デヴィッド・リーチとチャド・スタエルスキが、すでにプロジェクトを離れていたフォスターに代わって候補となっていました。 結局は紆余曲折の末、2018年に入って『ウォーキング・デッド』『ゲーム・オブ・スローンズ』『ブレイキング・バッド』『Xファイル』などの人気テレビシリーズを手がけたマクラーレン監督に決定したようです。

脚本は『ゾンビランド』『デッドプール』の二人

ディズニーが製作元だった当初から『ゾンビランド』の脚本家ポール・ワーニックとレット・リースが脚本を執筆。ユニバーサルに移った時点で『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』のクレイグ・メイジンが脚本のリライトに従事しているそうです。 『デッドプール』×『ハングオーバー!!』のブラック・コメディ的要素が入るのかも気になりますが、なんといっても主演はクリス・プラット!どんなユーモアも軽くあしらってくれそうです。

2019年6月28日全米公開予定!

『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』は、2017年8月の時点で全米公開が2019年6月28日になると発表されています。同じくユニバーサルのプラット主演作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、日本でも2018年7月13日に公開! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で再びスター・ロードに会えたばかりですが、まだこの先も『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾や『LEGOムービー』第2弾が控えているクリス・プラット。『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』ではどんなキャラクターを見せてくれるのでしょうか?