2020年2月28日更新

「ランボー5/ラスト・ブラッド」の見どころを紹介 10年ぶりの続編がついに日本公開!【あらすじ・キャスト】

『ランボー:ラスト・ブラッド(原題)』
© Supplied by LMK/zetaimge

「ロッキー」と並ぶシルヴェスター・スタローンの人気シリーズ、「ランボー」。その最新作となる『ランボー ラスト・ブラッド』が2020年6月に公開されます!本記事では最新情報や見どころを紹介しましょう。

目次

シリーズ第5弾にして最新作『ランボー ラスト・ブラッド』がついに日本公開に!

1982年の第1作発表以降、人気シリーズとなったシルヴェスター・スタローン主演の「ランボー」。その最新作となる『ランボー ラスト・ブラッド』が2020年6月12日に公開されます!2008年の4作目『ランボー 最後の戦場』から、およそ10年ぶりの続編となりました。 この記事では気になる「ランボー5」のあらすじやキャストと言った最新情報、さらに本作の見どころをお伝えしましょう。

「ランボー5」のあらすじは?ランボーが麻薬カルテルに戦いを挑む

グリーンベレーの一員として戦線に立っていたランボーは、未だにベトナム戦争の悪夢にうなされていました。それでも祖国アメリカに帰り、故郷であるアリゾナの牧場で旧友のマリアとその孫娘ガブリエラと共に、「家族」として平穏な日々を過ごしていました。 しかしメキシコの人身売買カルテルがガブリエラを拉致したことで、日常は崩れ去ります。愛する「娘」を救出するため、ランボーは元グリーンベレーのスキルを総動員した戦闘を開始するのでした。

「ランボー5」の見どころを紹介 円熟味を増したスタローンによって胸熱アクションが繰り広げられる

本作の見どころ、と言うよりも「ランボー」シリーズの見どころは、何と言っても戦闘シーン。 「元グリーンベレーの真骨頂 史上最強の頭脳線が今、はじまる――」と銘打たれている通り、戦術や戦略を使った戦いが繰り広げられることでしょう。実際に予告では農具や武器を駆使した罠によって敵を迎え撃つ姿が描かれています。 70歳を超えてなお現役のシルヴェスター・スタローン。彼が演じるランボーも一層渋さを増しており、予告にはこれまでの作品をオマージュしたシーンも取り入れられています。 すでに公開されたアメリカでは、変わらない雰囲気やアクションによって、ファンからは「これぞランボー」と好評を得ている様子。これまでで最も刺激的な作品となるのは間違いなさそうです。

「ランボー5」のキャスト・キャラクターを紹介

ジョン・ランボー:シルヴェスター・スタローン

シルヴェスター・スタローン
©Z16/ACE Pictures/Newscom/Zeta Image

主人公のジョン・ランボーを演じてきたシルヴェスター・スタローン。過去の「ランボー」シリーズ全てにおいての脚本、そして前作の「最後の戦場」では監督も務めましたが、今回は脚本のみ共同で担当しています。 2019年7月に72歳となったスタローンですが、年齢を感じさせない暴れっぷりを見せており、「ラスト・ブラッド=最後の血戦」にふさわしい作品となりそうです。

カルメン:パス・ベガ

2001年の映画『ルシアとSEX』でスペイン版アカデミー賞とも呼ばれるゴヤ賞の新人女優賞を獲得した、スペイン出身のパス・ベガが出演。妹を誘拐されたためにランボーと協力するジャーナリスト、カルメンを演じます。

セルヒオ・ペリス=メンチェータ

セルヒオ・ペリス=メンチェータが本作の悪役としてランボーの前に立ちはだかります。2010年の映画『朝食、昼食、そして夕食』やドラマ「スノーフォール」シリーズに出演している彼は、無敵のランボーとどのような戦いを繰り広げるのでしょうか。

ガブリエラ:イヴェット・モンリール

DCコミックを原作とした、2020年に配信されるドラマ『スターガール(原題)』でヨランダ・モンテス/ワイルドキャットを演じるイヴェッタ・モンリール。本作では、ランボーの娘のような存在であり、カルテルに誘拐されてしまうガブリエラを演じます。

第5弾『ランボー ラスト・ブラッド』は2020年6月12日公開!ランボー最後の勇姿を見逃すな

長年愛され続けた「ランボー」シリーズ。一時期は5作目の製作が危ぶまれ、日本での劇場公開も懸念されていました。しかしファンの思いが届いたのか、無事にランボーの“ラスト”を飾る本作が日本でも公開されます。 『ランボー ラスト・ブラッド』は2020年6月12日、全国ロードショーです。