2018年6月27日更新

全米でNetflix視聴可能ホテルが増加中!黒人クリエイターに光当てる映像も

様々な黒人クリエイターに光与える映像を配信したことなども話題になっているNetflix。そんなNetflixが、全米で視聴可能なホテルが増加していると報じられています。

Netflixが見れるホテルが全米で増加中

Netflix

アメリカの衛星放送サービス「ディッシュ・ネットワーク」が、アメリカのホテル向けに展開している客室エンタテインメントシステム「Evolve」に、米ストリーミングサービスNetflixのアプリが追加されました。これにより、全米のホテルでNetflixを視聴できる客室が増える見込みです。 なお、既にNetflixと契約しているホテルでは、ホテルの大半の利用者がポルノよりもNetflixを視聴していると明らかにしています。これは、やはり家族連れなども安心して視聴出来るNetflixの強みを示しているのではないでしょうか?

一方日本では、NHKが映らないテレビを検討中

テレビ フリー画像

アメリカではNetflixが映るホテルが話題になっていますが、日本ではSONYの株主総会でNHKが映らないテレビが提案されたということが話題になっています。これによりテレビ一台につき年間2万5千円の経費節減にも繋がるとのこと。ホテル全体で見るとかなりの節約になるそうです。

黒人クリエイターにも光を当てるNetflix、話題の動画に見るハリウッドの今

さて、ますますの飛躍が期待されるNetflixですが、先日は黒人クリエイターに光を当てる動画を公開。 これは「ストレンジャー・シングス」シリーズのカレブ・マクラフリンや、スパイク・リーら47人の黒人アーティストが登場し、黒人クリエイターの重要性を訴える動画となっています。 こうしてNetflixが黒人クリエイターに光をあてている一方、同じく世界の映画界から注目を集めるマーベル・シネマティック・ユニバースのケヴィン・ファイギ社長は、女性クリエイターを積極的に起用していくことをメディアの前で宣言しています。今回のNetflixの動画は、様々な差別を撤廃しようというハリウッドの動きを象徴するものとも言えるのではないでしょうか。