2018年7月6日更新

香取慎吾主演の映画『凪待ち』は『孤狼の血』の監督との初タッグ作品!

海、フリー画像

香取慎吾の新たな主演映画製作が発表されました!『凪待ち』というタイトルである男の喪失と再生を描く物語を、『孤狼の血』の白石和彌監督と初タッグを組んで描きます。

香取慎吾主演の映画『凪待ち』は『孤狼の血』の監督との初タッグ作品!

香取慎吾の新たな主演映画製作が発表されました!『凪待ち』と題された本作は、人生につまづいた男がパートナーの女性の故郷である石巻で、再出発をしようとする姿を描くヒューマンドラマ作品になるとのこと。同作の脚本は映画『クライマーズ・ハイ』やNetflixドラマ版『火花』の加藤正人によるオリジナル脚本となります。 香取慎吾が自身のツイッターでも発表しているように、『凪待ち』の監督を務めるのは、白石和彌監督。『孤狼の血』『日本で一番悪い奴ら』など、センセーショナルなストーリーが大きな話題とヒットを産んだ映画がとくに有名ですが、Netflixドラマ版『火花』の監督も務めていました。 今作『凪待ち』の主演を務めるにあたって香取慎吾は、「今まで僕が演じたことのないような役柄と世界観で、この映画のこのストーリーの中に入れることがとても楽しみです」とコメント。これまでにない、新たな俳優としての一面が観られる作品となりそうですね。 『凪待ち』は2019年に全国公開予定です。