ドラマ『火花』あらすじ・キャスト【芸人又吉の芥川賞原作を完全ドラマ化】

2017年7月6日更新

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の処女作にして第153回芥川龍之介賞受賞作で、ドラマ化した『火花』。Netflixにて、2016年6月から配信されました。本作のあらすじやキャスト、みどころなどの情報に迫ります!

芥川賞を受賞したピース又吉直樹の小説『火花』がついにドラマ化!

又吉直樹『火花』

『火花』はお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹の小説デビュー作にして、第28回三島由紀夫賞候補作、第153回芥川龍之介賞の受賞作です。

「読書芸人」が初めて手掛けた純文学作品ということで話題になり、単行本の累計発行部数は239万部を超える大ヒット。これは村上龍の『限りなく透明に近いブルー』を抜き、芥川賞受賞作品として歴代第1位、電子書籍版のダウンロード数でも文藝春秋の刊行物として歴代第1位を記録しました。

2015年ヒット商品ランキングや流行語大賞へのノミネートなど社会現象を巻き起こしたこの作品はドラマ化。2016年6月からネットフリックスより全10話で配信し話題となりました。

ドラマ『火花』のあらすじ

売れない芸人・徳永は営業で訪れた熱海の花火大会で、4歳年上の芸人・神谷と運命的な出会いをし、その日のうちに弟子入りします。

強烈な個性を放ちながらもいつまでも芸人として芽の出ない先輩の神谷を尻目に、次第に徳永はテレビの深夜番組などで知名度を上げていきます。

金の無い神谷は同棲相手・真樹の家でヒモ同然の暮らしをしていましたが、真樹に別の恋人ができ、家を追い出されると多額の借金を残して姿をくらましてしまいます。

一方、徳永の組んでいるコンビ「スパークス」も相方・山下の結婚を機に10年続いたコンビを解散、徳永は芸人の道を諦めることになります。

やがて行方をくらましていた神谷は徳永の前に現れるのですが…。(この先のあらすじが気になる方は記事の最後にネタバレがあります)

ドラマ『火花』キャスト

林遣都(はやし けんと)

物語の主人公、徳永を演じる林遣都。

俳優デビュー作にして主演を務めた2007年の映画『バッテリー』での演技が高く評価され、日本アカデミー賞、キネマ旬報ベスト・テンなどその年の多くの新人賞を受賞し、以降多くの映画やドラマに出演している、注目の若手俳優です。

2015年、TBSドラマ『荒川アンダー ザ ブリッジ』でドラマ初主演を果たし、2016年には映画『僕だけがいない街』などへの出演も決定しています。

繊細な容姿と熱い信念が感じられる演技は『火花』の主人公、徳永のイメージにピッタリと合っています。

波岡一喜(なみおか かずき)

明日、日曜23時〜、NHKにて。 #火花 #神谷

波岡一喜さん(@kazuki_namioka)がシェアした投稿 -

先輩芸人、神谷を演じるのは大阪出身の俳優波岡一喜。

個性が強く世間に受け入れられないことを知りながらも自らのスタイルを貫くお笑い芸人という役柄に挑戦。

2014年の映画『ベイブルース 25歳と364日』でも芸人を演じており、力強さと哀愁を兼ね備えた演技力で神谷役に抜擢されました。

門脇麦(かどわき むぎ)

NHK連続テレビ小説『まれ』で圧倒的な存在感を示した門脇麦が神谷の彼女・真樹役を務めました。

多くの原作読者が心を掴まれた、温かみの中にどこか影のある神秘的な存在感の"理想の女性"を新進女優の門脇麦が演じたことで話題になりました。

脇を固める共演者も超豪華!人気芸人も多数出演!

お笑い芸人の又吉が手掛けた人気小説の映像化であり、お笑いを題材にした物語でもある今作。多くの人気お笑い芸人も出演しています。

徳永の相方役にはお笑い芸人・井下好井の好井まさお

(画像手前) 主人公の徳永が組むお笑いコンビ「スパークス」の相方、ツッコミの山下真人役にはお笑いコンビ「井下好井」の好井まさおが抜擢。好井は、怖い話漫談やおしゃれなファッションセンスでも注目を集める芸人です。

天才芸人、神谷の相方にはとろサーモン村田

(画像左)

徳永が憧れる芸人・神谷のお笑いコンビ「あほんだら」の相方、大林和也を演じるのは人気お笑いコンビ「とろサーモン」の村田秀亮。相方の久保田が注目されることが多いとろサーモンですが、村田は男前ランキングにも名を連ねるイケメン芸人として人気です。

スパークスが所属する芸能事務所の社長に田口トモロヲ

徳永らが所属する芸能事務所・日向企画の社長、日向征太郎役を務めるのは、俳優だけでなく、ナレーターや映画監督などマルチに活躍する田口トモロヲです。

日向企画の社員役に染谷将太

日向企画でお笑いのマネジメントを担当する社員、緒方健治役を映画主演も数多くこなす人気俳優・染谷将太が演じました。

徳永をとりまく登場人物にバラエティ豊かなキャストを起用

温水洋一

徳永がバイトするコンビニの店長・望月を演じるのはドラマ・映画に欠かせない俳優温水洋一。

徳永えり

徳永の元バイト仲間、あゆみを演じるのは映画やドラマで多才に活躍するモデル出身の女優・徳永えり。

山本彩

さや姉の愛称で親しまれているNMB48の人気メンバー、山本彩も本作に出演。徳永がイベントのために訪れた熱海で働く居酒屋の店員を演じています。

小林薫

ベテラン俳優・小林薫は徳永たちのホームともよべる吉祥寺にある喫茶店、武蔵野珈琲店の店主、渡辺を演じています。

忍成修吾

(画像右) テレビ局のディレクター・笹本英樹役を演じるのは、バラエティ番組「スカッとジャパン」のキャラクターでも人気急上昇中の俳優・忍成修吾。

今井華、島袋聖南

Netflixで放送されている番組・テラスハウスの人気メンバー、今井華と島袋聖南(写真左の二人)も今作に出演しています。合コンのシーンで登場するメンバーという役どころ。

総監督を務めるのは『ストロボ・エッジ』の廣木隆一(ひろきりゅういち)

ドラマ『火花』のメガホンを取ったのは、映画『さよなら歌舞伎町』『ストロボ・エッジ』などを手がけた廣木隆一。原作を読んで廣木監督は「風景・間・テンポなどの行間を映像で表現したい」と意気込みを語りました。

『横道世之介』などで知られる沖田修一、行定勲監督作品の演出などを務めた白石和彌など、個性あふれる多才な面々が各話の監督を務めています。

「楽曲が魅力!」

主題歌はOKAMOTO'S

INO hidefumi×OKAMOTO'S

@okamotos_officialがシェアした投稿 -

主題歌『BROTHER』を歌うの岡本太郎が大好きというロックバンドのOKAMOTO'Sです。

楽曲を制作するにあたり、ボーカルのオカモトショウは次のように語っています。

楽曲自体は、ドラマをすごく意識して制作したわけではないのですが、歌詞はドラマの世界観を意識しながら書きあげました。『火花』は、漫才師の主人公が師匠の背中を追いかけていく姿を描いた青春時代の話になっていて、原作を読んだとき、「こういう相手って、誰にでもいるよな」と思った。ちょうど、俺はどこかのタイミングで、父親のことを歌いたいと思っていたんです。

挿入歌は西内まりや&YU-A

西内マリアはモデル出身の歌手であり2014年のデビューシングルは『LOVE EVOLUTION』また女優として映画『レインツリーの国』にも出演しています。

またYU-Aは10代から20代の若い女性に大人気のシンガーソングライターです。『火花』の挿入歌で実現した二人のコラボレーションに今後も期待が寄せられています。

神谷モデルは又吉の先輩芸人?

(画像左)

漫才お笑い界の青春ストーリー的な『火花』、主人公の神谷歳三のモデルになった実在のお笑い芸人が、お笑いコンビ「烏龍パーク」の橋本武志ではないかとの噂で話題になりました。

実際に作者の「ピース」又吉直樹とは先輩・後輩(又吉)の間柄であった二人ですが、本人の橋本武志は否定しているものの、作品中の設定など似ているところが多いのも事実です。

小説「火花」のあらすじを知っておきたいあなたへ【ネタバレ注意】

行方をくらましていた神谷が1年ぶりに徳永の前に現れると、事務所を解雇されたこと、自己破産したこと、そしてお笑いを追求した結果、男でありながら豊胸手術を受けたことを告白するのです。

「オッサンが巨乳だったら面白いやろ」と言う神谷でしたが、自分の性のアイデンティティに苦しんでいる性的マイノリティの人もいる昨今の世の中で神谷がしたことは「笑えない」と徳永は正直に伝えます。事の重大さに気付いた神谷は激しく後悔するのでした。

神谷の誕生祝いで出会った熱海を再び訪れた二人。素人参加型のお笑い大会のポスターを見つけ、飛び入りで参加しようという神谷でしたが、参加費が必要になり二人は断念。

しかし神谷は、参加しない大会にも関わらずネタ作りを始めます。大きくなった胸を揺らしながら、やはり「オモロイこと」を目指し続ける神谷なのでした。

名だたる人気作家が才能を絶賛

人気お笑い芸人のデビュー作として注目を集めた本作。かねてより又吉と親交の深い作家の西加奈子や中村文則も本作を絶賛しています。

西は、小手先のテクニックではない素直な表現に感動したと話しており、読了後には涙があふれたそうです。

『火花』の感想評価は?

迫力の漫才シーン

漫画家武富健治は作中に多く見られる漫才のシーンについてこのようなコメントを残しています。

どのように全10話の連続ドラマに仕上げるのか興味深く拝見しましたが、 原作では一文で挿入されたエピソードを、丹念にディティールを描きこんで膨らませ、じっくりと役者の演技で見せていく手法に驚きました。 特に、漫才シーンは圧巻。

漫画家として、常にストーリーの展開や見せ方を研究している武富健治。そんな彼をうならせた展開は必見ですね。

同業者も絶賛

お笑いコンビ浅草キッド水道橋博士も本作の鑑賞後このようにコメントしています。

評価の揺るぎない原作と映像化作品が火花を散らすようにせめぎあい、予断を遥かに超えて高らかに打ち上がりスパークした稀有な大傑作!

同じお笑いの世界を生きる彼でさえも絶賛する『火花』。見ても後悔することはないと言えるでしょう。

『火花』がNHKで放送!異例の決定に

2015年の芥川賞受賞で話題となった「ピース」又吉直樹が原作の『火花』、NETFLIXオリジナルドラマとして2016年6月に配信されましたこの作品、今度はNHKで放送されることが発表されました。

放送開始となるのは2017年2月26日(日)NHK総合で連続10回毎週日曜日夜11時開始です。

動画配信政策の製作した作品を放送するのは異例のNHKですが、木田幸紀放送総局長はドラマ放送に対し以下の様にコメントしています。

視聴者の方が関心をひくものは放送したい。映画や外国のドラマを放送するのと基本的に同じ

視聴率はいまいち?

NHKでの初回放送の視聴率が4.8%だった『火花』。視聴率は回数を重ねるごとに落ちていき、放送時間も相まってか第3話放送時には1.5%を記録しました。Netflixで高評価だったために放送されたNHKドラマですが、視聴者層とのミスマッチが起こってしまったようです。

2017年11月に公開される映画に影響が及ぶのではとの懸念もされています。