ハーレイ・クインについて知っておきたい7つのこと【タトゥに刻まれた文字とは】

2018年9月29日更新

DCコミック「バットマン」シリーズに登場する悪役といえばジョーカーですが、そのパートナーであるハーレイ・クインを知っていますか?悪者なのに可愛くて大人気なハーレイ・クインに迫ります。

DCコミックの“悪カワ”ヒロイン、ハーレイ・クイン!

バットマンの宿敵といえばジョーカーです。そのジョーカーのパートナーであり、自らもヴィランのハーレイ・クインを知っていますか? 2016年『スーサイド・スクワッド』でマーゴット・ロビーが演じ、その“悪カワ”っぷりが人気に火をつけたキャラクターです。その年のハロウィンは、ハーレイ・クインの仮装をする女子で溢れかえったことが印象に残っている人も多いでしょう。 そんな彼女について、基本プロフィールから意外な真実まで知っておきたいことをまとめました。

1.ハーレイ・クインの基本プロフィール

ハーレイ・クインの本名はハーリーン・フランシス・クインゼル。父のニコラスが犯罪を犯したため、彼の行動を理解しようと精神科医になりました。アーカム精神病院に勤務していたところ、患者としてジョーカーと出会い、彼と恋に落ちます。そして、ジョーカーの手によって化学薬品のタンクに落とされたハーリーンは、愛しい彼と同じ真っ白い肌に変貌を遂げます……。 こうしてヴィランの仲間入りをした彼女は名前もハーレイ・クインと改めました。今ではジョーカーと同じピエロを彷彿とさせるメイクや衣装に身を包み、悪事を働いています。

2.ハーレイ・クインの彼氏!ジョーカーについて

ハーレイ・クインのパートナーでバットマンの宿敵ジョーカー。『バットマン』原作コミックの第一話から登場し、以降ゴッサム・シティで起こる犯罪の首謀者としてシリーズに登場し続けています。一見ピエロのような真っ白い顔に、緑の髪、大きく裂けた口という見た目が特徴です。 性格は歪んだユーモアを愛するサイコパス。しかし、ハーレイ・クインのことはハニーと呼び、彼女の窮地には駆けつけるなどパートナーとして大切に扱っています。

3.ハーレイの人気に火をつけた映画『スーサイド・スクワッド』!

2016年に公開された実写映画『スーサイド・スクワッド』。新たな脅威に立ち向かうため、政府によってヴィランばかりの特殊チームが編成されるという内容です。通称“スーサイド・スクワッド”と呼ばれるチームには、デッドショットやエル・ディアブロなどに混じって、ハーレイ・クインもチームの一員として登場します。 劇中ではピンチに陥ったハーレイ・クインをジョーカーが助けにくるというエピソードが盛り込まれています。スーサイド・スクワッドのメンバーには脱走を試みると爆発する爆弾が首に移植されています。それに対し、ジョーカーは研究者を脅してハーレイ・クインの爆弾を無効にさせたりと、2人の絆を見せつけてくれます。

実写版ハーレイ・クイン役はマーゴット・ロビー

『スーサイド・スクワッド』でハーレイ・クインを演じたのは、オーストラリア出身の女優マーゴット・ロビーです。彼女は60年代の航空会社を舞台にしたテレビドラマ『PAN AM/パンナム』で話題になり、2013年マーティン・スコセッシ監督の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』にヒロイン役で抜擢され有名になりました。 ややコケティッシュな雰囲気の彼女が演じるハーレイ・クインは、世界中で人気上昇。ジャレッド・レト演じる妖艶なジョーカーと共に人気のヴィランカップルとなりました。

ジョーカーへの愛が溢れてる!?ハーレイ・クインのタトゥーも話題に

そんなマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインは全身にタトゥーがあることも特徴です。 まず彼女の右頬にはハートマークと、“腐ってる”を意味する“ROTTEN”という単語が彫られています。お腹から足にかけては、彼氏であるジョーカーの愛称である“プリンちゃん”を意味するタトゥーが満載です。中には自分とジョーカーのあいあい傘的な模様も多数……。 そして右腕にはジョーカーのイニシャルである大きなJのタトゥー。真面目な精神科医だったはずの彼女をここまで変えてしまったジョーカーの魅力を感じさせます。

4.原作コミックの容姿の変遷!

ハーレイ・クインが初めてジョーカーのパートナーとして原作コミックに登場したのは1992年9月刊行の『バットマン』第7話です。精神科医としての過去は、1994年に出版されたグラフィックノベルで描かれました。 彼女のコスチュームはノースリーブトップ、タイトなショートパンツにブーツが定番です。2011年にコミックに登場した時は、髪を赤と黒に半分づつ染めていましたが、2016年のリニューアルで、ピンクと青に変更になりました。

5.女性ヴィランは結構仲良し!?

ハーレイ・クインとなってからの彼女はほとんどアーカム精神病院に収容されていました。しかし、出所や脱獄した際は、同じく「バットマン」シリーズに登場する女性ヴィラン、ポイズン・アイビーと共同生活を送っています。 また、キャットウーマンとも繋がりがあり、ポイズン・アイビーとともにヴィランチーム「ゴッサム・シティ・サイレンズ」として共謀したりもしています。

6.スピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ (原題)』の制作が決定!

『スーサイド・スクワッド』で人気を獲得したマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインのスピンオフ映画の制作が決定しました。タイトルは『バーズ・オブ・プレイ』。同盟の原作コミックを下敷きとしており、ハーレイ・クインの他にも、DCコミックから多数の女性キャラクターが登場する予定です。 本作の監督に就任したのは、元ウォール・ストリート・ジャーナルの記者という異例の経歴を持つ女性監督のキャシー・ヤン。『スーサイド・スクワッド』で人気者になったハーレイ・クインを彼女がどう描くのか期待しましょう。

7.ハーレイ・クインは悪者なのに憎めない!

人間誰しもちょっとした“悪さ”には惹かれてしまうもの。悪者なのに可愛くて憎めない!そんなハーレイ・クインの人気も人間の深層心理に基づくものなのでしょう。 スピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ(原題)』も含めて、今後のハーレイ・クインの活躍に期待しましょう!