ジョーカーが主役のスピンオフ映画『The Joker(原題)』が製作決定!?【「バットマン」シリーズ】

2017年9月5日更新

『バットマン』のヴィラン、ジョーカーを主人公にしたスピンオフ映画の製作が決定したようです!あの巨匠マーティン・スコセッシが製作者に!?気になるあらすじや監督、主演俳優は……? 発表されている情報をまとめてみました!

ジョーカーが主役のスピンオフ映画『The Joker(原題)』が製作決定!

『バットマン』のヴィラン、ジョーカーを主人公にしたスピンオフ映画『The Joker(原題)』の製作が決定したようです。 ワーナー・ブラザースとDCコミックスの発表によると、監督・脚本には『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス、そして製作者には巨匠マーティン・スコセッシの名が挙げられています。 これが実現するとしたら、本作が「異色のDC映画」としてファンの想像を遥かに超えるものになるのは間違いなし! 気になる情報をまとめてみました。

『The Joker(原題)』の気になるあらすじは?

ワーナー・ブラザースとDCコミックスの発表によると、『The Joker(原題)』は今までのバットマン関連の実写映画のどの設定とも繋がりのない、新しいオリジナルストーリーになるとのこと。現在展開中のDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)と呼ばれる一連のシリーズとは、世界観を異にするようです。 1980年代前半のゴッサムシティを舞台に、悪役ジョーカーの誕生を描いたハードボイルドな犯罪ドラマになると発表されました。

また先日、総合格闘家で俳優としても活躍するブレンダン・ショーブが、ポッドキャスト番組「The Joe Rogan Experience」に出演した際に、本作のあらすじに関して言及したことが話題となりました。 彼によると、『The Joker(原題)』はジョーカーの少年時代に焦点を当てた作品であり、非常にダークでリアル、そして砂埃にまみれた世界観とのこと。いつも微笑みを浮かべていた少年時代のジョーカーが、他の子供たちからのいじめに遭い悪の道へとすすむ様子が描かれているとも語りました。 この情報は公式発表ではなく、あくまでブレンダン・ショーブがトッド・フィリップス監督の仕事仲間であり自身の友人である人物から聞いた話とのことです。もしかすると彼自身も何らかの形で本作と関わりを持っているのかもしれません。

『ハングオーバー!』のトッド・フィリップスに監督・脚本を打診

『The Joker(原題)』の監督・脚本家としてオファーを受けているのが、『ハングオーバー!』シリーズで知られるトッド・フィリップス。 『ハングオーバー!』以外にも『恋愛ルーキーズ』(2006)や『デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』(2011)など、多くのコメディ作品を手がけてきたフィリップス監督ですが、もとはドキュメンタリー監督としてキャリアをスタートさせました。 彼は近年新しいジャンルへの挑戦に意欲を示していたことから、本作は彼の過去作品とは違ったテイストのものになると予想されます。 また脚本の共同執筆者として『8 Mile』(2002)や『ザ・ファイター』(2010)の脚本家スコット・シルヴァーの名が挙がっています。

巨匠マーティン・スコセッシが製作に参加!?

『The Joker(原題)』の製作者として、『タクシードライバー』(1976)『グッドフェローズ』(1990)をはじめ『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)『沈黙 -サイレンス-』(2017)など数多くの作品を手がける巨匠マーティン・スコセッシに参加を交渉中とも報道されています。 DCコミックス作品とスコセッシとは、なんとも奇妙で興味深い組み合わせですね。 『The Joker(原題)』の舞台となる1980年代前半のスコセッシ作品といえば、とあるボクサーの栄光と自滅を描いた『レイジング・ブル』(1980)や、スターを夢見るあまり妄想に取り憑かれた主人公の狂気を描いたブラックコメディ『キング・オブ・コメディ』(1984)。 『The Joker(原題)』もこれらのテイストを織り込んだ骨太な作品になるのではないかと、期待が膨らみます。

ジャレッド・レトではない俳優がジョーカー役に?

今までに実写映画でジョーカーを演じた俳優といえば、ティム・バートン監督版『バットマン』(1989)のジャック・ニコルソン、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』(2008)でのヒース・レジャー、そして2016年に公開された『スーサイド・スクワッド』のジャレッド・レトが記憶に新しいのではないでしょうか? DCEU作品の『スーサイド・スクワッド』は既に続編の製作が決定しており、さらにはジョーカー&ハーレ・クインのカップルを主人公にしたスピンオフ作品の製作も発表されています。 それらの作品ではジャレッド・レトの続投が発表されていますが、『The Joker(原題)』は別の俳優が起用されるとのこと。 ジャレッド版ジョーカーとは全く異なるキャラクターとして、若手俳優の起用を予定しているようです。

『The Joker(原題)』の公開日は?

気になる『The Joker(原題)』の公開日ですが、こちらはまだ未定。撮影開始時期や撮影場所もまだ発表されていません。 まだまだ謎のベールに包まれた『The Joker(原題)』ですが、新情報が入り次第追ってご報告します!