2018年10月11日更新

映画『かごの中の瞳』!『プーと大人になった僕』監督が描くねじれた夫婦の関係とは?

(C)2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

ファンタジー映画『プーと大人になった僕』のマーク・フォースター監督がねじれた夫婦関係を描いたスリラー映画『かごの中の瞳』がアメリカ公開から1年遅れてついに日本で2018年9月に公開となりました。今回は本作を徹底紹介していきます。

ねじれた夫婦の関係を描いたスリラー

2017年にアメリカで公開された『かごの中の瞳』。ドイツ出身のマーク・フォースター監督がメガホンを取り、アメリカの人気女優ブレイク・ライヴリーとオースオラリア出身のジェイソン・クラークが夫婦役を演じたスリラー作品です。 本作は2016年のトロント国際映画祭でプレミア上映作品となった話題作。本国アメリカでの公開から約1年遅れて、日本でも2018年9月公開となりました。 今回は、ついに日本公開となった『かごの中の瞳』を徹底的に紹介していきます。

妻の視力回復とともに崩れていく夫婦関係

かごの中の瞳
(C)2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

ブレイク・ライヴリー演じるジーナは子どもの頃に遭遇した事故の関係で目が見えないものの、心優しい夫・ジェームズと、彼の赴任先であるバンコクで幸せな生活を送る女性。献身的な夫の支えにより不自由なく生活する中、医師の勧めで角膜移植手術を受けることを決意し、ジーナは片目の視力を回復させました。 それまでの夫に頼りきりの生活から一変、ジーナは自由を謳歌できるようになりました。一方、そんなジーナの変化を受け入れられないジェームズは、夫婦の夜の生活を含め、疑心暗鬼の念を強めていきます。 そんな中、再び目が悪くなっていくジーナ。その理由を突き止めようとする彼女はその原因が夫にあるのではとジェームズを疑い始めます。そして二人の夫婦生活に亀裂が生じるだけではなく、思いがけない結末が待ち受けているのです。

ねじれた夫婦関係を見事に演じる俳優陣

妻役は『ゴシップガール』で大ブレイク!ブレイク・ライヴリー

かごの中の瞳
(C)2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

本作で妻ジーナ役を演じるのはアメリカ出身の女優ブレイク・ライヴリー。2007年からアメリカで放送され世界中で大ヒットとなったテレビドラマ『ゴシップガール』に出演し、一気に人気爆発しました。 その後はテレビ、映画で活躍するとともに、ファッションアイコンとしても注目を集め、人気女優への道と一気に駆け上り始めました。 プライベートでは2012年にはカナダ出身の人気俳優ライアン・レイノルズと結婚し、現在では2児の母親でもあります。 以前にインタビューで演技に自信がないことを語っていたことがあるブレイク・ライヴリー。本作ではそんな不安を微塵も感じさせることない見事な演技で、従順な妻から自立心を持った女性への変化を表現しました。

夫役を演じるのはオーストラリア出身ジェイソン・クラーク

かごの中の瞳
(C)2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

夫ジェームズを演じるのはオーストラリア出身の俳優、ジェイソン・クラーク。オーストラリアで俳優としてのキャリアをスタートさせ、その後ハリウッドに進出し、2013年公開の映画『華麗なるギャッツビー』や2014年公開の『猿の惑星』に出演している演技力に定評がある実力派俳優です。 本作では、献身的に妻に尽くすも次第に妻のことが信じられなくなり、従順な妻を取り戻そうとする中年男性を見事に演じ切りました。

メガホンを取ったのは『プーと大人になった僕』のマーク・フォースター監督

マーク・フォースター
©AEDT/WENN.com

本作でメガホンと取ったのはドイツ出身のマーク・フォースター監督。20歳でアメリカに渡り、ニューヨークで映画製作を学んだ後、1995年に制作費10,000ドルという低予算で『Loungers』を発表します。そして本作はスラムダンス・オーディエンス・アワードを見事受賞という快挙を果たしました。 2001年公開の『チョコレート』で見事ハル・ベリーにアカデミー賞主演女優賞という快挙をもたらし、その後も、2008年公開の『007 慰めの報酬』などの人気作品を手がけています。 日本では本作と同時期に公開となる、子どもも楽しむことのできるファンタジー作品『プーと大人になった僕』も手がけているマーク・フォースター監督。ジャンルに拘ることなく、話題作を作り続ける今注目の集まる監督の一人です。

妻と夫の対決が見どころ!

かごの中の瞳
(C)2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

『かごの中の瞳」の見どころは妻ジーナと夫ジェームズの二人がお互いを疑い出し、そしてその疑いを証明しようと密かに企みを練る、そして実行する数々のシーンです。 特にジーナが、自分の目が悪くなるようにジェームズが企んでいることに気がつき、その企みにひっかかったように見せかけ、結果的にジェームズを罠に陥れていくシーンは誰もが驚かされることでしょう。

批評家からの評価は?

かごの中の瞳
(C)2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

夫婦のねじれた関係を描き出した『かごの中の瞳』。残念ながら批評家からの評価は芳しくなく、ロッテン・トマトでの支持率は27%にとどまっています。さらにスタイリッシュではあるものの空虚な心理劇との指摘もされています。 しかしアメリカでの公開初週末には限定公開でありながら興行収入14万ドル以上を稼ぎ出し、興行的には注目度は高い作品です。若い女性を中心に人気のブレイク・ライヴリー主演ということもあり、日本でも人気作品となる可能性は高いでしょう。

日本公開は2018年9月28日!

かごの中の瞳
(C)2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

アメリカ公開から1年遅れ、日本では2018年9月28日から公開となりました。公開劇場はTOHOシネマズなど、全国で順次公開されていく予定です。劇場によっては1週間から2週間の限定公開となっているため、事前に作品公式ホームページを確認するなど見逃すことのないようにしましょう!