2018年11月20日更新

世界のピース綾部も登場!?Netflixオリジナル『ファイナル・テーブル』が配信開始!

15カ国から集まった料理人24がペアを組み、毎回出題される各国を代表する料理を作り、その腕を競い合う『ファイナル・テーブル』がついに11月20日(火)より、Netflixにて世界190ヵ国で独占配信開始となりました。

『ファイナル・テーブル』料理下手には未知の“料理バトルフィールド”

DELISH KITCHENヘビロテユーザーである私が、度肝を抜かれる“料理バトル”シリーズ『ファイナル・テーブル』がNetflixから独占配信されました。 15カ国から集まった料理人、総勢24名がペアを組み、9名からなる食のエリート集団「ファイナル・テーブル」の最後の一席を目指して競い合うショー。9カ国の料理を作り、その各国の巨匠から審査を受ける形になっています。

審査員に、あの“世界の綾部”が登場!?

ファイナル・テーブル

さて、その審査員ですが美食家や料理評論家はもちろん、各国の著名人などバリエーションに飛んだラインナップになっています。ブラジル出身のアレッサンドラ・アンブロジオや、TV版「ファーゴ」に出演している俳優のコリン・ハンクス、他にも元サッカーイタリア代表などなど……。 さあ、そこで気になるのは、日本の審査委員。なんとあの“世界の綾部”が登場するのです!世界でちゃんと活躍していましたよ!彼は大人気モデル・森星と共に「懐石料理」をジャッジすることに。果たして彼は、母国でも難しい食レポを英語で出来るんでしょうか!?

観ているだけで気持ちいい!プロ根性に痺れる!

ファイナル・テーブル

基本的にズボラ飯職人な私の視点からすると、本シリーズは「料理の参考になる」とかそういう次元のものではないのです。自分が食べたこともない料理を生み出す……そこにある「有名になりたい」「合格点ではダメ」というストイックさに痺れます。 そんな彼らの鮮やかな手さばきは見ているだけで気持ちいい。もはや一体何をしているのか、理解できなくてもいい。そこにある、自己との戦いに挑む彼らの勇姿と、死ぬほど美味しそうな料理が見れるだけでも、本シリーズは価値が高いのです。 Netflixオリジナルシリーズ『ファイナル・テーブル』、2018年11月20日(火)より、Netflixにて世界190カ国で独占配信中!