2019年6月25日更新

月9「ラジエーションハウス」最終回・特別編までの全話あらすじ・ネタバレ一覧 異色の医療ドラマで高視聴率!

窪田正孝『FREECELL特別号』

2019年春の月9ドラマは「ラジエーションハウス」。窪田正孝が主演を務め、診療放射線技師を描く医療ドラマです。この記事ではドラマの各話あらすじをネタバレありで紹介していきます。

月9ドラマ「ラジエーションハウス」のあらすじ&ネタバレを最終回まで紹介【窪田正孝主演】

2019年4月8日(月)より放送が開始されたドラマ『ラジエーションハウス 放射線科の診断レポート』。2020年の朝ドラ『エール』の主演を務める窪田正孝が、天才放射線技師を演じる本作。ヒロインを本田翼が務め、広瀬アリスら、遠藤憲一ら実力派俳優が集結した医療ドラマです。 手術で患者を救うのではなく、レントゲンやCTを分析して病を見つけ出す「ラジエーションハウス(=放射線科)」を舞台に、縁の下のヒーロー・放射線技師たちの戦いを描きます。初回は30分拡大放送され、視聴率は12.7%と、2桁の大台を記録しました。 この記事では各話のあらすじをネタバレありで、気になる視聴率とともに毎週更新で紹介します!

異色の医療ドラマ「ラジエーションハウス」を観るべき3つの理由

第1話あらすじ・ネタバレ:視聴率12.7%

唯織の活躍で有名な写真家の命が救われることに!

五十嵐唯織(いがらしいおり/窪田正孝)は「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師。唯織が放射線技師になったのは、ずっと思いを寄せている幼なじみの甘春杏(本田翼)から言われた言葉がきっかけでした。そして杏が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用されることに。22年ぶりの再会に喜ぶ唯織でしたが、杏は唯織のことなど全く覚えていなかったのです。 ある日、世界的に有名な写真家である菊島亨(イッセー尾形)が、頭痛を訴えて甘春総合病院に搬送されて来ました。早速頭部MRI検査を行いますが、菊島の脳は金属アーチファクトを起こしており頭痛の原因を特定することはできませんでした。

菊島を他の病院に転院させようとする動きがある中、唯織は諦められずにいました。そして菊島の頭痛の発生は、脳にいる寄生虫が原因であること突き止めたのです。菊島はボリビアを訪れた際に、生のカニを食べたことで感染してしまったのでした。唯織のおかげで菊島は無事に退院することができ、さらに疎遠になっていた娘とも仲直りすることができました。 しかし、新聞には菊島の命を救ったのが、まるで放射線科医である鏑木安富(浅野和之)かのように載っていたのです。それを見た技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)らは、放射線技師は所詮医師の黒子だと落胆するのでした。

第2話あらすじ・ネタバレ:視聴率12.3%

唯織のことを意識し始めた杏。二人の恋が動き出す!?

唯織(窪田正孝)が医師免許を持っていることを知っている渚(和久井映見)は、放射線科医になることを勧めますが、唯織はそれを拒否。医師免許を取ったのも、技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからでした。それを聞いた渚は、病院内で医師免許を持っていることがバレないようにと唯織に釘を刺すのでした。 膝の痛みを訴える患者・健太郎(石田星空)が、レントゲン検査を受けることになりました。検査の結果、成長痛と診断されて経過観察することに。

しかし、唯織は膝の痛みの原因が、他にあるのではないかと考えていました。そこで詳しく検査をしようとしますが、医師の許可がないため鏑木(浅野和之)に反対されてしまいます。 それを知った小野寺(遠藤憲一)は、全責任は自分が取ると鏑木を説得。さらに杏(本田翼)が健太郎の検査をオーダーしてくれたために、無事にMRI検査をすることができました。その結果、骨肉腫と診断されます。ショックを受ける一同を、小野寺は「早期発見できたのだからと治療すれば元気になる」と励ますのでした。 杏は唯織の撮ったレントゲンを見て、放射線技師の大切さを思い知らされていました。彼の技術と知識を認め始めますが、素直になれない杏は唯織に辛く当たってしまうのでした。

第3話あらすじ・ネタバレ:視聴率11.5%

マンモグラフィ検査を受けた今日子。異常なしと診断されるが……

女性誌編集者の葉山今日子(内山理名)がマンモグラフィ検査を受けにやってきます。今日子は母親を乳がんで亡くしたことから、毎年検査を受けていました。裕乃(広瀬アリス)は、今日子の緊張をほぐそうと一生懸命話しかけますが、たまき(山口紗弥加)からは「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまうのでした。 今日子の読影をした杏(本田翼)は診断に悩み、鏑木(浅野和之)に相談します。今日子は日本人に多いデンスブレストという乳腺密度が濃い女性で、マンモグラフィでは詳しい診断が出来ずにいたのです。しかし、鏑木は病変が見つからないからと「異常なし」と診断を出すのでした。

今日子のマンモ画像を見た唯織(窪田正孝)は、デンスブレストであることが気になっていました。さらに今日子の母親と祖母もがんを患っていたことから、今日子に超音波検査を勧めます。しかし、超音波検査でも診断を下すことが出来ず、結局MRI検査をすることになりました。 その結果、右胸に腫瘍が見つかってしまったのです。右胸を全摘しなければならないと聞いて、結婚を控えている今日子は大きなショックを受けます。婚約者に申し訳ないと落ち込みますが、婚約者は手術で助かると聞いて喜ぶのでした。 今日子は雑誌でデンスブレストについて取り上げることにしました。検査の重要性を訴えた今日子の記事は大きな反響を呼ぶのでした。

第4話あらすじ・ネタバレ:視聴率9.1%

唯織との差に落ち込む……そんな裕乃が成長を遂げる!

杏(本田翼)は以前読影し、関節痛と診断した男性患者のことが気になっていました。画像所見と血液検査が合わずにいたのです。それを知った唯織(窪田正孝)は、悩んでいる杏の力になりたいと、その患者の再検査を行うことにしました。 しかし、それを知った鏑木(浅野和之)は大激怒。もし再検査で異常が見られなかったら、相応の処分をすると言うのです。杏が再び読影しますが、結局異常は見られませんでした。「残念でしたね」と言う鏑木に対して、「異常がなくて喜ぶところじゃないんですか?」と唯織は返すのでした。

ある日、ロックバンドでギターを弾いている坂元美月(山本舞香)が、整形外科を受診しました。肩の痛みを訴える美月ですが、原因が分からずに辻村(鈴木伸之)からは様子を見ましょうと告げられてしまいます。しかし、大事なライブを控える美月はその診断に納得できずにいました。 裕乃(広瀬アリス)はそんな美月の気持ちが痛いほどわかっていましたが、唯織のように周囲に迷惑はかけられないと、再検査を言い出せずにいました。しかし、小野寺(遠藤憲一)に「チームなんだから遠慮するな」と言われて再検査を申し出ることに。 その結果、美月が気胸であることがわかったのです。今回のことがあって、裕乃は周囲に迷惑をかけたとしても、助け合うことができるのが本当の仲間なのだと実感するのでした。

第5話あらすじ・ネタバレ:視聴率10.8%

死亡した少年のAiを行うと、驚きの真実が明らかに!

威能(丸山智己)が焼死体の画像を見ているところを目撃した裕乃(広瀬アリス)。威厳がAi(CTやMRIの画像から死因を究明する死亡時画像診断のこと)のスペシャリストだと聞き、初めてCTやMRIを使って遺体の死因を究明する死亡時画像診断のことを知るのでした。 ある日、ラジエーションハウスに藤本直樹(南出凌嘉)という少年のAi依頼が届きます。直樹は河川敷で倒れているところを発見されて、病院に運ばれましたが、その後死亡が確認されました。第一発見者は弟の雄太(斎藤汰鷹)、そして救急に通報したのは近所に住む友人の山村肇(小林喜日)でした。

心臓付近に擦過傷が見られたことから、辻村は心臓震盪(しんとう)かもしれないと診断。詳しいことはわからなかったため、Aiをすることに。しかし、直樹の両親は頑なにそれを拒否します。 父親の勝彦(三浦誠己)と直樹が本当の親子でないこともわかり、周囲は虐待を疑い始めました。しかし、小野寺(遠藤憲一)の説得もあって、母親の歩美(森脇英理子)から許可がおりました。 Aiの結果、死因は肝臓破裂による出血性ショックと判明。事故ではなく、殺人の可能性が浮上したのです。右側の肝臓が損傷していたことから、唯織(窪田正孝)は左利きの人物によって殴られたと考えていました。 そして、直樹の周囲で左利きの人物は肇だけでした。肇は父親から暴力を受けており、父親なんていらないと考えていました。同じ考えを持っていると思っていた直樹が、勝彦と仲良くなっていくことに寂しさを感じ、つい殴ってしまったと言うのです。勝彦は一度でいいから直樹からお父さんと呼ばれたかったと涙を流すのでした。

第6話あらすじ・ネタバレ:視聴率13.2%

父親の背中を追い続けていた杏が、大切な存在に気づく!

唯織(窪田正孝)が、放射線技師の役割を超えた行為を行なっていることが気に入らない鏑木(浅野和之)は、医師法に抵触する可能性があると渚(和久井映見)に抗議します。それを聞いた渚は、問題が起きた場合は自分が全責任を取ると鏑木を説得するのでした。 ある日、公園で腹部を強打した女の子が救急搬送されてきました。読影した杏(本田翼)は、脾臓(ひぞう)から出血しているのを発見。そこで傷口が目立たなくて済むように、IVRによる止血を提案します。

しかし、鏑木は少女の命を優先して開腹手術を行うように命じます。そして、結局鏑木の言う通り開腹手術をすることが決まりました。 落ち込む杏にかける言葉が見つからない唯織は、せめて杏の不安を少しでもなくしてあげようとIVRの勉強を始めます。そんな中、大腸ガンで治療中の男性が倒れ、急遽IVRを行うことに。 杏は唯織たちの助けもあって無事にIVRを成功させることができました。杏は唯織への感謝の気持ちをハイタッチで伝えます。 杏はずっと前院長である父親に追いつこうと必死でした。しかし、自分の周りには唯織を始め、信頼できる放射線技師がいることに気づいたのです。そして、父親の背中を追うことはやめて自分らしく歩んでいこうと決意するのでした。

第7話あらすじ・ネタバレ:視聴率11.4%

ついに小野寺が唯織の正体に気づき始める!

軒下(浜野謙太)は中学時代の同級生である蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)に、病院で再会します。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、乳腺外科にマンモグラフィ検査を受けに来たのでした。初恋の相手である真貴が志朗と結婚したことを知って、軒下は大きなショックを受けます。さらに真貴は軒下のことを医者と勘違い。しかし、軒下は本当のことが言えませんでした。 真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下します。しかし、超音波検査が2ヶ月待ちだと知った志朗は、何とか早めてもらえないかと唯織(窪田正孝)に相談。

そこで唯織は技師として何かできることはないかと考え、もう一度マンモグラフィ検査を行うことにしました。検査の結果、真貴の腫瘍は極めて珍しいタイプの良性の腫瘍であることが判明。それを聞いた真貴と志朗は涙を流して喜びました。 オンコール担当でラジエーションハウスに駆けつけた軒下も、その場に居合わせていました。軒下は自分が医者だと嘘をついていたことを告白。「かっこ悪い真似をしてごめん」と謝ると、真貴は「自分たちを救ってくれたのは技師であり、患者を救うという夢を叶えて凄い」と答えるのでした。 一方、小野寺(遠藤憲一)は唯織が世界的に有名な放射線科医と知り合いであることに気づきます。小野寺から「お前一体何者なんだ?」と問い詰められた唯織は返答に困ってしまうのでした。

第8話あらすじ・ネタバレ:視聴率13.3%

ついに杏は、唯織が医師免許を持っていることに気づく!

重積するけいれん発作で、魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送されてきました。久美に相性急性脳症の特徴で、脳が枝のように光るというブライトツリーアピアランスが見られたことから、杏(本田翼)は再度MRI検査を行うことを決定。そんな久美の強い希望で、小児科では季節外れのハロウィンパーティーを行うことになりました。 久美はMRI検査をするのが嫌で病室から脱走してしまいます。母親は、久美が何を考えているのかわからないと頭を悩ませてしまいます。

そこで唯織は、「ハロウィンパーティーを行うことになったのは、自由にお菓子を食べられない友達にお菓子を食べさせてあげたいと言う久美の発想からだ」と説明。久美の優しさを知った母親は涙するのでした。 そんな中、腹部の痛みを訴えて若井陽子(佐藤めぐみ)が内科を受診してきました。当初虫垂炎と診断された陽子ですが、唯織は虫垂炎ではなく虫垂腫瘍の可能性があると鏑木(浅野和之)に助言します。 それを聞いた鏑木は、自分の診断にケチをつけられたことで機嫌を損ねてしまいます。しかし、杏も唯織と同じ診断だったことから再度検査をすることに。すると、やはり虫垂腫瘍であることが判明。早期発見出来たことを陽子は感謝するのでした。 杏は小野寺(遠藤憲一)と渚(和久井映見)が唯織のことを話しているのを偶然聞いてしまいます。二人の会話から、唯織が医師免許を持っていることを知り、杏は激しく動揺するのでした。

第9話あらすじ・ネタバレ:視聴率11.5%

辻村のコンプレックスが明らかになり、唯織との関係に変化が!

杏(本田翼)がエスカレーターから転落してしまいました。幸い命に別状はありませんでしたが、肩を亜脱臼していることが発覚。唯織(窪田正孝)は再検査を勧めますが、辻村(鈴木伸之)は保存的治療で十分と判断。 納得できない唯織は、杏の病室を訪ねて肩に触れてみると熱を持っていました。さらにもう痛くないと言う杏の言葉も引っかかっていました。 大物政治家の安野将司(中村梅雀)が政治資金に関するスキャンダルから逃れるために、甘春総合病院に極秘入院することになりました。麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から依頼された鏑木(浅野和之)は、それを快諾。さらにその主治医に息子である辻村を指名してきました。

ところが、安野病院の裏口でゴルフスイングをしている写真が週刊誌に掲載され、偽装入院を疑われてしまいます。そこで辻村は安野に、形だけの検査を行うことにしました。 しかし、そこへ丈介が乗り込んできて、検査はせずに適当な診断名をつければいいと言ってきたのです。納得できない技師たちは検査を強行し、その結果早期のスキルス胃がんが見つかりました。 辻村は技師たちの仕事ぶりに感動していました。尊敬の気持ちを抱くようになった辻村は、唯織の言葉に耳を傾け、杏の再検査をオーダーすることに。すると、手術が必要であることがわかりました。無事に手術を成功させた辻村は唯織のことを認め、良きライバルとしてよろしくと告げました。

第10話あらすじ・ネタバレ:視聴率13.3%

杏の父親がうつ病であることが発覚!それを聞いた唯織は……

ラジエーションハウスに杏(本田翼)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太)が突然やって来ました。正一がうつ病を患っていることを知る小野寺(遠藤憲一)たちは、明るく正一を出迎えます。 正一が待合室に座っていると、そこへ偶然鏑木(浅野和之)が通りかかります。鏑木に気づいた正一が立ち上がると、頭痛を起こして意識を失ってしまいました。 正一は半年くらい前からうつ病を患っており、頭痛もその頃から起きるようになっていました。しかし、頭痛の原因は分からず、精神的なものだと杏は考えていました。 同じ頃、ラジエーションハウスには、1歳8ヵ月になる光がレントゲン検査を受けに来ていました。光を見たたまきは、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたことを思い出します。今回も鎖骨を骨折していることがわかり、ラジエーションハウスの面々は虐待を疑うようになっていました。

しかし、唯織は光の骨が曲がっていることが気になっていました。辻村(鈴木伸之)も骨折しやすいのは何かの病気かもしれないと考えていました。 そこでもう一度検査をすると、骨に異常が現れるくる病であることがわかったのです。原因がわかって安心する面々でしたが、そこへ光が緊急搬送されてくるという連絡が入ります。 詳しく検査をすると神経芽腫を患っていることが判明。手術は難しいと判断する杏でしたが、鏑木は腫瘍は脊髄には及んでいないために手術可能だと断言。そして無事に手術は成功しました。 唯織は正一が以前、交通事故に遭っていたことを知ります。杏のこれまでの話などを思い出し、もしかしたらうつ病ではなくて他の病気を患っているかもしれないと考え始めていました。

最終回あらすじ・ネタバレ:視聴率13.8%

ついに唯織が医師免許を持っていることがバレてしまう!

唯織(窪田正孝)は、正一(佐戸井けん太)がうつ病ではなくて別の病気ではないかと考えていました。髄液漏れの検査を行った結果、正一が低髄液圧症であることを確信。手術で治る可能性があると知って、杏(本田翼)は喜ぶのでした。 そんな中、正一が突然意識障害を起こして緊急手術を行うことに。しかし、治療ができる医師が不在のため、杏は自分がやると言い出します。 ところが、手術中杏の手が止まってしまいます。見かねた唯織は、医師免許を持っている自分が行うと宣言。その結果、手術は無事に成功し、正一は意識を取り戻しました。

しかし、技師が医療行為を行ったとして甘春総合病院は世間から非難されてしまいます。聴聞会に呼ばれた渚は、唯織は医師免許を持っており違法行為ではないと説明。ところが、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)からは、「唯織を処分しないと医師を派遣しない」と言われてしまうのでした。 自分のしたことで周りに迷惑をかけていると感じた唯織は、病院を辞めてアメリカに行くことを決意します。しかし、杏にはそのことを伝えられずにいました。 ラジエーションハウスのメンバーから、唯織が病院を辞めたことを聞かされた杏は、唯織を追いかけて空港へと向かいます。そして、優秀な放射線科医になるから必ず戻ってきて欲しいと唯織と約束を交わします。唯織はその約束を胸にアメリカへと旅立つのでした。

月9「ラジエーションハウス」特別編あらすじ・ネタバレ:15.6%

アメリカ行きの飛行機で急病人が!そこでも唯織が大活躍!

唯織がアメリカ行きの飛行機に乗ると、偶然写真家の菊島(イッセー尾形)に再会します。菊島は唯織が好きな人に告白しないまま離れ離れになったと聞いて憐れみの表情を浮かべるのでした。 そんな中、機内で急病人が出てしまいます。偶然乗り合わせていた東和医大の内科医・黒川守(中島歩)が駆け寄りますが、患者は話もできない状態でした。 唯織は患者の腹部に発赤があるのを発見。さらに昨日病院を受診して検査を受けていたことも発覚しました。そして唯織は、造影剤によるアナフィラキシーショックを疑います。幸い、機内に薬があったため患者は助かりました。

しかし安心したのもつかの間、今度は機長が倒れてしまいます。機長には既往歴がなく、検診でも異常なしと診断されていました。検査した病院から送ってもらった画像を見た唯織は、肺塞栓症と診断。機長も薬の服用で落ち着きを取り戻しました。 実は機長は今回がラストフライトでした。こんな終わり方をしてしまったことを後悔する機長。そんな機長に唯織は「機長が過ごした日々は簡単に消えるものではなく、ずっと乗客の心に残り続ける」と励まします。それを聞いた機長は笑顔を取り戻しました。 唯織は杏やラジエーションハウスの面々が写った写真を眺めていました。それを見た菊島は「いい写真だね」と声をかけます。「また会えるといいね」と続ける菊島に、唯織は「必ずまた会える」と答えるのでした。