2019年9月9日更新

『あなたの番です』1話から最終回までの全話見逃しあらすじ・ネタバレ一覧 殺人ミステリーの犯人とは

田中圭ファースト作品集『花の周りを飛ぶ虫はいつも』

2019年の春から夏にかけて2クールで放送されるドラマ『あなたの番です』。田中圭が主演を務め原田知世と新婚夫婦を演じ、毎週誰かが死ぬ殺人ミステリーが展開されます。この記事ではドラマの各話あらすじをネタバレありで紹介していきます。

ドラマ『あなたの番です』あらすじ&ネタバレを最終回まで紹介【田中圭主演】

あらすじ・ネタバレをおさらいして、犯人に関するヒントを探せ!

2019年4月14日(日)より放送が開始されたドラマ『あなたの番です』。『おっさんずラブ』以降の再ブレイクが記憶に新しい、田中圭を主演に迎え、原田知世とともに新婚夫婦を演じます。新婚の手塚夫妻が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれていく様子を描いたミステリードラマです。 最近の連続ドラマではめずらしく、2クール(6か月間)と長期放送される本作。2019年6月30日(日)からは、2クール目である「反撃編」がついに放送され、犯人の正体が明かされていきます。 この記事では、特別編から2クール目の反撃編まで、全話のあらすじをネタバレありで、毎週更新で紹介します!気になる視聴率とともにチェックしましょう。

ドラマ『あなたの番です』はなぜ注目の作品なのか?

ドラマ第1話あらすじ・ネタバレ:視聴率8.3%

引っ越し早々、菜奈と翔太は殺人事件に巻き込まれる!

マイホームを購入した新婚夫婦の手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)は、幸せいっぱいの新しい生活に胸を膨らませていました。隣人に挨拶に行った二人は、これから住民会があることを聞き、菜奈が一人で参加することに。 住民会には管理人の床島(竹中直人)や会長の早苗(木村多江)など13人の住人が集まりました。月に一度開かれるという住民会では、その後に歓談タイムが設けられており、菜奈も床島に誘われて参加しました。すると、床島が突然「私のこと殺したい?」と聞いてきたのです。それがきっかけで、住民たちは今まで消えてほしいと思った人間について話し始めました。

さらに久住(袴田吉彦)の提案で、投票用紙にそれぞれが思っている死んでほしい人を書き、クジのように引くゲームが行われることになります。気が進まない菜奈でしたが、ここで書かなければ陰で何か言われるのではないかと思って参加することにしました。 部屋に帰ると荷解きを終えた翔太が待っていました。「婚姻届を出しに行こう」と言う翔太でしたが、菜奈は気が進まずにいます。菜奈が、自分が15歳も年上であることに不安を感じていると知った翔太は、「何回でも好きになるから、不安にならずにちゃんと婚姻届を出そう」と説得。菜奈は翔太の言葉に安心するのでした。 翔太はソファーの下に鍵が落ちているのを見つけます。床島の鍵かもしれないと思い携帯に連絡をしますが、着信音がベランダの外から聞こえてきました。窓を開けると、そこにはロープで吊るされた床島がいました。そして、床島はそのまま1階に落下して亡くなってしまうのでした。

第2話あらすじ・ネタバレ:視聴率6.5%

床島が転落死!交換殺人ゲームとの関係は!?

管理人の床島(竹中直人)がマンションから転落死しました。脳腫瘍を患っていたことから、警察は病気を苦に自殺したものと見ていました。しかし、住民たちは先日行った交換殺人ゲームとの関係が気になり、心穏やかではありません。 会長の早苗(木村多江)によって臨時の住民会が開かれました。そこで菜奈(原田知世)は、藤井(片桐仁)から「交換殺人の話を始めたあんたのせいだ」と責められてしまいます。 微妙な空気が流れる中、シンイー(金澤美穂)が「管理人さん」と書かれた紙を見せます。マンションの掲示板にその紙が貼ってあったと知り、住民たちは床島が交換殺人ゲームが原因で殺されたのではないかと動揺するのでした。 床島の葬儀が終わる頃には、住民たちも落ち着きを取り戻していました。そんなある日、菜奈と翔太(田中圭)が散歩しているとブータン料理のお店を発見します。気になった二人は入ってみることに。するとそこには住民の藤井と久住(袴田吉彦)もいました。

そのお店はシンイーが営んでおり、住民たちもよく利用していました。藤井は菜奈たちを前に、自分が交換殺人ゲームで名前を書いたDr.山際の話を始めます。そこへテレビの速報が流れ、Dr.山際が遺体で発見されたことを知るのでした。 藤井の元には「あなたの番です」などと書かれた脅迫状が届くようになりました。そしてある日、藤井が帰宅すると電源を入れた覚えのない洗濯機が回っていました。藤井が不審に思って中を確認すると、人間の頭部と思われる物がタオルに包まれて入っていたのです。

第3話あらすじ・ネタバレ:視聴率6.4%

追い詰められた藤井!藤井が出した結論とは?

藤井(片桐仁)は、自宅の洗濯機からバスタオルに包まれた山際の頭部を発見します。しかし、もう一度見た時にはすでになくなっていました。その代わりに「山際祐太郎」と書かれた紙が落ちていたのです。それは交換殺人ゲームで藤井が書いたものでした。 マンション内では、藤井が山際を殺害したのではないかという噂が広まっていました。その噂を聞きつけた田宮(生瀬勝久)は、臨時の住民会を開くことに。そこで早苗(木村多江)から、藤井が脅迫されていることを聞いた住民たちは、さらに不安を感じるようになるのでした。

精神的に追い詰められた藤井は、自分が引いた「タナカマサオ」という人物を探し始めます。なかなか見つからずに焦る藤井の元に、患者として偶然タナカマサオがやって来ました。しかもその人物は、シンイー(金澤美穂)が働くブータン料理屋の店長でした。藤井は店長を殺害する計画を立て、閉店後にお店に侵入して実行に移します。 藤井は犯行に及ぶ前に、店長がシンイーに好意を寄せており、シンイーが困っていることを突き止めていました。シンイーが朝目を覚ますと、ベランダの植木鉢に「あなたの番です」と書かれた包丁を発見。その包丁は、藤井が犯行前に店から盗んだものでした。今度は自分の番だとわかったシンイーは、激しく動揺するのでした。

第4話あらすじ・ネタバレ:視聴率7.1%

マンション内で新たな犠牲者が!交換殺人ゲームとの関係は?

ブータン料理店の店長である田中政雄(名倉右喬)が、ガス爆発で死亡。菜奈(原田知世)はマンションの周辺で立て続けに人が亡くなったことで、交換殺人ゲームとの関係を疑い始めていました。何も知らない翔太(田中圭)は元気のない菜奈を心配しますが、菜奈は真実を打ち明けれずにいました。 そんな中、定例の住民会が開かれることに。住民たちが疑心暗鬼になる中、洋子(三倉佳奈)はゲームで自分の名前を書いたと打ち明けます。さらに誰の名前を書いたのかみんなで言い合おうと提案。

すると、浮田(田中要次)は自分の引いた紙に「赤池幸子」と書かれていたと打ち明けます。書いたのはきっと嫁の美里(峯村リエ)であり、どさくさに紛れて幸子を殺さないか心配だと発言しました。それを聞いた菜奈は赤池家を訪ねることにします。 幸子に最新のトレーニングウェアをプレゼントすると喜んでもらえましたが、美里とお揃いだと言うと怪訝な表情に。菜奈は二人の関係が気になりますが、吾郎(徳井優)からウチはうまく言っている方だと言われて安心するのでした。 ある日、早苗(木村多江)から上の階の赤池家で大きな音がしたと、菜奈に連絡が来ました。心配した菜奈たちが赤池家を訪ねると、美里と吾郎が亡くなっていました。幸子は無事でしたが、頭にビニール袋が被せられていたのです……。

第5話あらすじ・ネタバレ:視聴率6.5%

菜奈と細川が会っているところ目撃した翔太!二人の間に亀裂が……

赤池美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)が何者かに殺されました。現場を目撃した翔太(田中圭)は菜奈(原田知世)に引っ越しを提案。しかし、菜奈は自分がゲームで書いた人物のことが気になって、引っ越しは最終手段にとっておこうと言うのでした。 菜奈は臨時の住民会でゲームのことを警察に言うべきだと主張。しかし、ほかの住民は自分たちが、容疑者と疑われるのを恐れて菜奈の意見に反対します。藤井(片岡仁)の提案で多数決が取られましたが、菜奈の意見に賛成したのは菜奈のほかに早苗(木村多江)と黒島(西野七瀬)の3人。

結局警察には黙っていることになりました。住民会は解散となりましたが、3人は浮田(田中要次)に呼び止められます。浮田はゲームで「赤池美里」と書いたと告白するのでした。 翔太(田中圭)は尾野(奈緒)から交換殺人ゲームのことを聞いて以来、菜奈のことを心配していました。しかしある夜、菜奈が部屋を抜け出して細川(野間口徹)と会っているところを目撃してしまいます。ショックを受けた翔太は、顔を合わせるのが嫌で菜奈が起きる前に出社。ジムに着くとそこには細川の姿がありました。 ある日、菜奈がゴミを出しているとそこに木下(山田真歩)がやって来ました。そして菜奈に「302号室の人」と書かれた紙を見せて来ました。誰かに命を狙われていると知った菜奈は、大きなショックを受けます。 そこへ今度は久住(袴田吉彦)がやって来て、自分がゲームで書いたのは俳優の袴田吉彦であることを告白してきました。さらに自分が引いた紙を見せて来てそこには「細川朝男」という文字が!それは菜奈が書いたものでした。

第6話あらすじ・ネタバレ:視聴率6.5%

菜奈は独自で犯人探しをすることに!そんな中、新たな犠牲者が!

俳優の袴田吉彦が何者かに殺害されました。殺人ゲームで袴田の名前を書いた久住(袴田吉彦)は責任を感じ、菜奈(原田知世)に相談。菜奈は久住が引いたのが自分が書いた「細川朝男(野間口徹)」であることを知り、細川を殺さないで欲しいと頼むのでした。 翔太(田中圭)は、菜奈と細川が会っているところを目撃してしまいます。

菜奈から、細川と結婚していることを聞かされた翔太は驚きを隠せずにいました。さらに色々あって別れることになったが、まだ細川が離婚届を提出してくれないと聞き、翔太は大きな衝撃を受けるのでした。 菜奈は誰が誰の名前を書き、さらにその紙を誰が引いたのかを全て把握すれば殺人を防ぐことができるかもしれないと考えていました。それを発表するための臨時の住民会を開きますが、参加したのは菜奈、翔太、久住、早苗(木村多江)、黒島(西野七瀬)の5名だけでした。 そこへ遅れて北川(真飛聖)がやって来ました。北川は自分が書いたのは「児嶋佳代(片岡礼子)」で、引いた紙は白紙だったと告白。それを聞いた菜奈は、細川の名前を書いてしまったことを反省するのでした。 佳代は夫の俊明(坪倉由幸)と上手くいっておらず、別居生活を送っていました。ある日、俊明は佳代にゴルフバッグを会社に送って欲しいとメールを送りました。俊明が届いたゴルフバッグの中を見ると、何とそこには女性の足が入っていたのです!

第7話あらすじ・ネタバレ:視聴率6.4%

脅迫されて動揺する久住!久住は殺人を犯してしまうのか?

佳世(片岡礼子)が殺害されたことを知って、ゲームで佳世の名前を書いた北川(真飛聖)は動揺していました。翔太(田中圭)から、警察に言うべきだと説得されますが、息子のことが気になって悩んでしまいます。すると、そこへ正志(阪田マサノブ)が、刑事の神谷(浅香航大)を連れてやって来ました。正志からも説得され、北川はようやく警察に任せる決意をするのでした。 脅迫状に悩む久住(袴田吉彦)は、浮田(田中要次)に相談。すると浮田からは「何もするな」と釘を刺されます。さらに浮田は自分が書いた紙を誰が引いたか、大体わかっているとを打ち明けます。その人物に会いに行くと言って、久住と別れました。

後日、浮田が殺されたことを知った久住は激しく動揺。自分が引いた紙に書かれた細川朝男(野間口徹)を殺さなければ自分の命も危ないと考え、細川を殺害する決意を固めます。 刃物で刺そうとしますが、説得されて一度は正気を取り戻します。しかし、細川の言葉で実家も狙われていることを思い出し、結局突き落としてしまいました。ですが、細川はその際に久住の足を持ったために道ずれになり、久住も亡くなってしまいました。 菜奈(原田知世)が寝ていると、警察が訪ねてきました。細川が亡くなったことで菜奈に任意同行を求めてきたのです。それを知った菜奈は激しく動揺するのでした。

第8話あらすじ・ネタバレ:視聴率6.7%

翔太が事件の真相に迫る!そんな中、またしても新たな犠牲者が!

菜奈(原田知世)は細川(野間口徹)が殺害された件で、警察から取り調べを受けることに。菜奈が掲示板で細川の殺害依頼をしたと疑われていましたが、実は久住(袴田吉彦)がしたことであると判明します。菜奈は無事に釈放されました。 翔太(田中圭)は菜奈を守るために事件解決に向けて動き始めていました。まずは全ての紙を把握することが事件解決への近道だと考え、一人一人に聞いて回ることに。

すると、早苗(木村多江)と黒島(西野七瀬)が嘘を付いている可能性が出てきました。二人を擁護する菜奈でしたが、実は菜奈も早苗のことはかばっていいかわからなくなっていました。と言うのも、ゲームについてある事実を掴んでいるものの、榎本(阪田マサノブ)には内密にと神谷(浅香航大)から言われていたのです。 翔太は田宮(生瀬勝久)が紙に「こうのたかふみ」と書いたことを知り、その人物に会いに行くことにしました。こうのはすでに田宮から気をつけるようにと忠告を受けていましたが、信じてはいませんでした。 こうののことが心配になった翔太はもう一度きちんと説明しようと、後をつけることに。しかし、突然こうのが血を吐いて道端に倒れこんでしまいました。そばにいた翔太は犯人だと疑われる羽目に……。

第9話あらすじ・ネタバレ:視聴率8.0%

早苗と正志の秘密が明らかに。翔太も狙われてしまう……!?

菜奈(原田知世)は翔太(田中圭)に、このマンションから引っ越そうと提案します。交換殺人ゲームを行ったことに責任を感じていた菜奈は、今までゲームを止めなければと必死になっていました。しかし、沢山の人が殺害されていくうちに、翔太だけは何としても守りたい考えるようになっていたのです。 菜奈と翔太は、刑事の神谷(浅香航大)に、ほかの刑事にも相談して欲しいと頼むことに。しかし、神谷はそれを拒否します。二人は神谷と話すうちに、早苗(木村多江)が誰かを殺しているかもしれないと考え始めていました。

さらに菜奈は木下(山田真歩)から、前任の管理人である床島(竹中直人)と早苗との間に何らかのトラブルがあったことを聞かされます。 一方、翔太は神谷が正志(阪田マサノブ)を蹴っている場面に遭遇。正志は酔っていただけだと言いますが、翔太はその言葉が信じられずにいました。二人はそんなことから、早苗と正志が何か隠していると感じていました。 翔太は、正志が留守にしている時を狙って、402号室に侵入することに成功します。するとそこには、黒島(西野七瀬)と見知らぬ少年(荒木飛羽)が、手首を繋がれて監禁されていたのです。黒島を助けようとした翔太ですが、その瞬間、早苗に刺されて倒れてしまうのでした。

第10話あらすじ・ネタバレ:視聴率7.9%

監禁された翔太と黒島!果たして逃げ出すことはできるのか?

翔太(田中圭)と黒島(西野七瀬)は、早苗(木村多江)によって402号室の隠し部屋に監禁されることに。さらにそこには見知らぬ少年(荒木飛羽)の姿がありました。実はその少年は、早苗と正志の息子だったのです。早苗は、いじめられていた息子を自分の手元に置いておくために、監禁することにしたのでした。 菜奈(原田知世)は、早苗の異変に気付いて402号室への侵入を試みますが、早苗にバレてしまいます。そこで神谷(浅香航大)に相談しようとしますが、一向に返事がありません。 その頃、神谷は正志(阪田マサノブ)に呼び出されて402号室を訪れていました。神谷は正志に弱みを握られており、仕方なく彼らに協力することに。303号室の空き部屋に黒島と翔太を運ぶことになりました。

菜奈は402号室への侵入に成功し、翔太を助け出すことができました。しかし、そこへ早苗が現れます。全てを知られた早苗は、菜奈を殺害しようと試みます。 しかし、息子がベランダから身を乗り出して「お母さんがやめなければここから飛び降りる」と言うのです。その言葉を聞いた早苗は手を止めましたが、息子が誤って足を踏み外して落下。翔太が何とかキャッチしましたが、転倒して頭を強打してしまいます。 翔太が目を覚ますと、そこは病院でした。早く菜奈に会いたいと、病院をこっそり抜け出して自宅へと向かう翔太。しかし、翔太が目にしたのはベッドで亡くなっている菜奈の姿でした。

「特別編」あらすじ・ネタバレ:視聴率8.1%

菜奈の日記を見つけた翔太!そこには菜奈との思い出が詰まっていた!

菜奈(原田知世)が翔太(田中圭)の入院中に何者かに毒殺されました。菜奈を亡くした翔太は憔悴しきっていました。 そこへ神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)がやって来ます。二人は翔太が、一連の事件の犯人ではないかと疑っていました。しかし、実際翔太に会った水城は、翔太は犯人ではないと主張。それでも神谷は、翔太が犯人の可能性が高いと言い張るのでした。 翔太は菜奈のパソコンに遺された日記を発見します。そこには二人が出会った日から結婚に至るまでの思い出が詰まっていました。日記を読んで涙する翔太。

そこへ結婚式場からメールが届きます。菜奈は翔太の誕生日に、翔太に黙って式場を予約していたのです。それを知った翔太は、菜奈のウェディングドレス姿が見たかったと泣き崩れるのでした。 さらにパソコンのデスクトップには「翔太くんへ」と記されたファイルがありました。そのファイルには菜奈が翔太へ遺した文章が書かれていました。 しかし、翔太はその文章は菜奈が書いたものではないと気づきます。その時、パソコンの画面が警告という文字で埋め尽くされます。さらに下の方にURLが貼られているのを発見。 そこをクリックすると、菜奈と犯人のやり取りが映像で残されていました。恐怖で怯える菜奈の姿を見た翔太は、犯人への怒りがこみ上げて来るのでした。

【反撃編】第11話あらすじ・ネタバレ:視聴率9.2%

新章突入!菜奈を殺された翔太の復讐が始まる!

菜奈(原田知世)が殺害される直前の映像を見た翔太(田中圭)は、犯人への復讐を決意します。 翔太からの通報を受けて、自宅にサイバー班がやって来ました。しかし、パソコンを解析しても投稿者は特定できずに翔太は怒りをあらわにするのでした。 そんな中、マンションでは住民会が開かれることに。翔太は菜奈を殺害した犯人を探すために、初めて出席することにしました。早苗(木村多江)の逮捕を受けて、新たに西村(和田聰宏)が会長を務めることになります。

事件について話していると、管理人が304号室に引っ越してきた二階堂(横浜流星)を連れて来ました。二階堂が人工知能・AIを研究する大学院生だと知った翔太は、犯人探しの協力を頼むことに。初めは乗り気ではなかった二階堂ですが、交換殺人ゲームのことを聞いた二階堂は興味を示し、協力することを誓うのでした。 そこで翔太は、二階堂を連れて住民たちの部屋を訪れることにしました。住民のデータを集めてプロファイリングを行うことにしたのです。 しかし、一晩では犯人を特定することはできません。そんな中、翔太は管理人が木下(山田真歩)に304号室の部屋の鍵を渡していたことを知ります。そこで翔太らが木下の部屋を訪れると、壁一面に殺人事件に関する切り抜きが貼られているのを発見。驚く翔太たちを前に木下は「このタイミングで私までたどり着くのは早い」と言うのでした。

【反撃編】第12話あらすじ・ネタバレ:視聴率9.2%

ついに袴田吉彦を殺害した犯人が明らかに!

木下(山田真歩)の部屋を訪れた翔太(田中圭)たち。まるで犯人がわかっているような言い方をする木下でしたが、実際は全く目星が付いていませんでした。そこで翔太と二階堂(横浜流星)は木下の部屋にある様々な情報を持ち帰って、パソコンにデータとして入力することに。 菜奈(原田知世)を殺害した犯人を、一刻でも早く見つけ出したい翔太。しかし、今の情報だけでは限界があると言われて、菜奈の写真やメールのやり取りも二階堂に見せることに。

そのために部屋に戻った翔太は、書斎に尾野(奈緒)の姿を発見!そこで翔太は「君が犯人だったらベランダから突き落とす」と脅します。しかし、尾野は全く怖がっていませんでした。 情報量が少ない今の分析では、菜奈を殺した犯人は医師である藤井(片桐仁)と出てきてしまいます。翔太も藤井が怪しいと考えていましたが、二階堂はそんな安易な予測を避けるためにAIがあるのだと説得します。そこで翔太は藤井の部屋を訪ねて証拠を探すことに。 しかし、部屋に隠れていた外国人2人組に襲われてしまいます。実は袴田吉彦を殺害したのはシンイー(金澤美穂)でした。シンイーは藤井と協力して、その真実を隠したいと考えていたのです。そこでシンイーと同居している不法滞在の外国人が翔太のことを襲ったのでした。

【反撃編】第13話あらすじ・ネタバレ:視聴率10.9%

袴田吉彦殺害の真実はまだ明かされていなかった!本当の犯人とは?

藤井(片桐仁)が菜奈(原田知世)を殺害した犯人かもしれないと思った翔太は、藤井の部屋を訪ねることに。しかし、部屋で待ち構えていたシンイー(金澤美穂)の同居人であるイクバルたちに襲われてしまいます。外に連れ出された翔太ですが、ちょうどそこに現れた二階堂(横浜流星)によって助けられました。 翔太は水城(皆川猿時)にも、交換殺人ゲームのことを打ち明けることに。その結果、藤井がタナカマサオ殺害の容疑で取り調べを受けることになりました。

全てを白状しようとした藤井ですが、警察が調べると藤井にはアリバイがあることが判明。タナカマサオの死亡時刻に藤井が診察をしていたと言うのです。何が何だかんだわからずに混乱する藤井。実は看護師のるり(筧美和子)が藤井のアリバイ工作をしていたのです。 イクバルたちは袴田吉彦殺害の容疑で捕まりました。しかし、警察は殺害したのは三人組でもう一人女性がいると言うのです。実はその人物こそるりだったのです。るりも交換殺人ゲームに関わっていることが判明しました。 翔太は、菜奈だけでなく浮田(田中要次)や赤池夫妻も笑顔で亡くなっていたことを知ります。そこで幸子(大方斐紗子)なら何か知っているかもしれないと、幸子の元を訪ねます。しかし、翔太が事件当日のことを聞くと、幸子は激しく取り乱して何も聞くことができませんでした。

【反撃編】第14話あらすじ・ネタバレ:視聴率9.5%

総一の異常性が明らかに!犯人は総一なのか?!

幸子(大方斐紗子)が言った「あの子」とは一体誰なのか?確認しようとした翔太(田中圭)ですが、幸子は意識を失ってしまいます。そんな中、久住(袴田吉彦)の意識が戻ったという連絡が。急いで病室へと向かうと、久住は自分のことを18歳当時の袴田本人だと思い込んでいて、事件の真相を聞くことはできませんでした。 その頃、神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)は、早苗(木村多江)の取り調べを行っていました。山際の首を藤井(片桐仁)の洗濯機に入れたのは自分だと自供する早苗。

しかし、早苗と正志(阪田マサノブ)にはアリバイがあり、犯行は不可能でした。そこで総一(荒木飛羽)がやったのではないかと問い詰めると、早苗は突然パニックを起こしてしまいました。 公園で総一に会った水城は、早苗への伝言を頼まれます。取り調べの際に総一が「実験頑張る」と言っていたと伝えると、早苗は再びパニックに。正志にその話をすると、総一をすぐに捕まえてくれと言うのです。総一には同級生を殺害した過去があり、山際の生首を運び出したのも総一の犯行だと自供しました。 夏祭りの日に総一はそら(田中レイ)を連れ出し、殺害しようとしました。間一髪のところで翔太が発見し、助けだします。その頃、黒島(西野七瀬)は何者かに電車のホームから突き落とされていました。

【反撃編】第15話あらすじ・ネタバレ:視聴率10.2%

真犯人にたどり着いた神谷!しかし、何者かに殺されてしまう!

駆けつけた翔太(田中圭)らによって、そら(田中レイ)は無事に救出されました。安堵したのも束の間、現場に駆けつけた水城(皆川猿時)は、黒島(西野七瀬)が電車のホームから突き落とされたと言うのです。 黒島の入院している病院に駆けつけた翔太は、神谷(浅香航大)が「決断は早い方が良い」と言っている声を聞いて、神谷が榎本夫妻(木村多江・阪田マサノブ)の協力者であることを確信。神谷のことを徹底的に追い詰めることを決意しました。

AIの分析結果から、菜奈(原田知世)を殺害した犯人は赤池夫妻(峯村リエ・徳井優)、浮田(田中要次)、佳世(片岡礼子)の4人も殺害した可能性が高いことが判明します。 さらにその犯人として西村(和田聰宏)の名前が挙がりました。しかし、二階堂からは、早まらない方が良いと忠告されてしまいます。二階堂(横浜流星)は極端な行動を取りやすい翔太のために、菜奈と会話ができるアプリを開発していました。アプリを試した翔太は、菜奈のことを思い出して切なくなってしまいます。 そんな中、翔太は神谷から、菜奈を殺害した犯人が分かったと連絡を受けます。翔太が神谷との待ち合わせ場所へ向かうと、ベンチに座っている神谷を発見。しかし、神谷の手や顔には大量の釘が刺さっており、すでに亡くなっていました。

【反撃編】第16話あらすじ・ネタバレ:視聴率10.2%

新事実が次々と判明!急浮上した連続殺人犯とは一体!?

アキレス腱を切られた上に全身にビスを打たれるという、残酷な殺され方で発見された神谷(浅香航大)。さらに一連の事件の被害者と同様に顔は微笑んでいました。翔太(田中圭)は、犯人が神谷に何かを聞き出そうとして拷問したのではないかと考えていました。 ある日、食肉加工場の冷凍庫内で佳世(片岡礼子)の遺体が見つかりました。工場の防犯カメラに佐野(安藤政信)の姿が映っていることが判明し、水城(皆川猿時)は佐野から話を聞くことに。

しかし、佐野にはアリバイがありました。そこで水城は工場の従業員に聞き込みを開始しました。すると、冷凍庫内の写真を撮る怪しい人物が、バイトで来ていたと言う情報を得ることが出来ました。 二階堂(横浜流星)の告白がきっかけで、二階堂と黒島(西野七瀬)は付き合うことになります。ひまわり畑でデートする二人を、黒島のストーカー・内山達生(大内田悠平)が陰から見ていました。 内山は高校時代から黒島のストーカーをしているものの、今まで危害を加えたことは無いと言います。しかし、ある日黒島の部屋に盗聴器が仕掛けられているのを発見した二階堂。それが内山の仕業だとわかり、翔太と二人で内山の自宅を訪ねることに。 そこへ水城から翔太に電話がかかって来ました。工場でバイトしていたのが内山だと言うのです。後から加わった水城が内山の自宅のドアを開けた途端、ダーツの矢が内山の胸に突き刺さって苦しみ出しました。さらに翔太が外を見ると、慌てて逃げ出す南(田中哲司)の姿がありました。

【反撃編】第17話あらすじ・ネタバレ:視聴率11.0%

内山が衝撃の告白!一連の事件解決となるか?

翔太(田中圭)らが内山(大内田悠平)の部屋を訪れますが、まもなく内山は死亡。その後パソコンが作動して内山が自分の犯行を告白する動画が流れました。 赤池夫妻(峯村リエ・徳井優)、佳世(片岡礼子)、浮田(田中要次)、甲野(鈴木勝大)、さらには菜奈(原田知世)と神谷(浅香航大)の殺害を告白。衝撃的な内容に驚く翔太たち。しかし、翔太は一連の事件が全て内山一人の犯行とは思えずにいました。

水城(皆川猿時)から、神谷が亡くなった日に内山が南(田中哲司)と会っていたと聞いた翔太。そこで南から話を聞こうとしますが、南は不在。そこへ南から頼まれ物をされた君子(長野里美)がやって来たので、一緒に部屋に上がります。 翔太が奥の部屋の扉を開けると、そこには田宮(生瀬勝久)に関する資料がありました。さらに高知県で少女が行方不明になり遺体で発見された事件の記事と、その少女の写真が飾られていました。 その頃、南は高知つながりで仲良くなった君子にカツオのたたきを振る舞うために田宮の部屋にいました。しかし、君子が席を外した途端、南は田宮に包丁を突き付け「人を殺したよね」と脅迫。突然のことに田宮は動揺し、黙り込んでしまいました。

【反撃編】第18話あらすじ・ネタバレ:視聴率13.0%

尾野が真犯人なのか?警察に自首して来た人物とは?

5年前に娘を何者かに殺害された南(田中哲司)。その犯人が田宮(生瀬勝久)だと疑い、包丁を突きつけました。しかし、田宮にはアリバイがあることが判明。 南は娘が笑いながら亡くなっていたことから、今回の一連の事件と娘の事件に何か関係があると考えていたのです。そこで翔太(田中圭)と南は、お互いに持っている情報を交換することにしました。 翌日、黒島(西野七瀬)が翔太の元を訪ねて来ました。前日から二階堂(横浜流星)と連絡が取れなくなったと言うのです。

その時、尾野(奈緒)が二階堂のシャツを着て部屋から出てきました。部屋に招かれた翔太と黒島が目にしたのはソファーで裸で眠っている二階堂。実は二階堂は、尾野に睡眠薬を飲まされて意識を失くしていたのです。 目を覚ました二階堂は何が起きたのかわからずに動揺します。尾野が言った「菜奈を殺したのは黒島」という言葉の先が思い出せない二階堂は、独自で調べることに。 そして内山の動画に映っていたカーテンの柄と、尾野の部屋のカーテンの柄が同じであることに気づきます。その頃、翔太も内山の動画を見て、その動画が内山の部屋以外で撮影されたことに気づいていました。 新たな情報を分析すると、黒島が犯人の可能性が89%という結果が!尾野を疑っていた翔太と二階堂は驚きを隠せません。ちょうどその時、黒島が部屋を訪ねて来ました。さらに黒島の背後には尾野の姿があり、黒島に向かって口から緑色の液体を吹きかけたのです。

【反撃編】第19話あらすじ・ネタバレ:視聴率12.3%

黒島はシロかクロか?ついに真犯人が明らかに!

AIの分析で、黒島(西野七瀬)が犯人である確率が98%という結果が出ました。黒島を信じたい二階堂(横浜流星)と、黒島を疑う翔太(田中圭)は険悪な雰囲気に。 そんな中、田宮(生瀬勝久)が人を殺したと警察に自首してきました。田宮は防犯カメラの映像で黒島が恋人から暴力を振るわれているのを知り、正義感からその恋人を殺害してしまったと言うのです。水城(皆川猿時)がゲームとの関連を問いますが、田宮は交換殺人ゲームとは一切関係ないと答えるのでした。

桜木(筧美和子)に階段から突き落とされた久住(袴田吉彦)は、病院に入院することに。翔太は浮田(田中要次)が書いた紙の件を警察に話すと言っていた久住の言葉を思い出し、久住に面会することにしました。浮田が書いた紙を引いた人物は黒島だと言う久住。それを聞いた翔太はゲームの全容が見えてきました。 そこで翔太は犯人をおびき出すことを思いつきます。犯行を楽しんでいる犯人を刺激するような手紙を書き、怪しい住民のポストに入れることにしました。 子の件を、二階堂と南(田中哲司)にも協力を依頼した翔太。そして日付と場所を記した手紙を書いて、犯人が来るのを待つことにしました。するとその場所にやってきたのは尾野(奈緒)でした。翔太が驚いていると、突然二階堂が背後から翔太に襲いかかって来ました。尾野は二階堂に頼まれて来ただけだったのです。

『あなたの番です』20話(反撃編)のあらすじ・ネタバレはドラマ放送後に更新!

放送日:2019年9月8日(日)よる10:30

ネタバレはドラマ放送後に更新されます。