2021年9月7日更新

ドラマ『真犯人フラグ』あらすじを解説!ネタバレ考察は毎話更新予定

真犯人フラグ

西島秀俊×宮沢りえ主演ドラマ『真犯人フラグ』が、2021年10月から2クールで放送決定!『あなたの番です』のスタッフが再集結し、ネクスト「あな番」と話題の新ドラマです。この記事では本作のあらすじ・キャストなど最新情報を随時更新していきます。

ドラマ『真犯人フラグ』あらすじ・キャストを紹介!「あな番」製作陣で期待高まる

放送局 日本テレビ
時間帯 日曜22時30分
放送期間 2021年10月10日
メインキャスト 西島秀俊、宮沢りえ、芳根京子
企画・原案 秋元康
主題歌 未定
SNS Twitter:@shinfla_ntv
Instagram:shinhanninflag_ntv

2021年10月期の日本テレビ系「新日曜ドラマ」が、西島秀俊主演の『真犯人フラグ』に決定!企画・原案を秋元康が手がけ、『あなたの番です』の制作スタッフが再集結することが話題となっています。 「あな番」と同じく2クール連続のミステリードラマとあって、ネクスト「あな番」の呼び声も高いよう。この記事では、本作のあらすじ・キャストなど最新情報を随時更新してお届けします

ドラマ『真犯人フラグ』あらすじ

相良凌介(西島秀俊)は、運送会社に勤めるサラリーマン。妻の真帆(宮沢りえ)は、スーパーでパートをしながら家計を支えています。高校生の娘と小学生の息子を持つ4人家族で、念願のマイホームを郊外に建設中でした。 ところがある日、突然妻と子どもたちが忽然と姿を消して失踪。何の手がかりもないまま、失踪が世間に知られたことで、凌介は一気に注目を浴びることになります。しかし手のひらを反すように、とあるSNSの投稿がきっかけで「悲劇の夫」から一転「疑惑の夫」に! 夫が家族を殺害したのでは?と「真犯人フラグ」を立てられ、窮地に陥る中、部下の二宮瑞穂(芳根京子)の助けを借りながら、真実を暴いていくことになります。

ドラマ『真犯人フラグ』登場人物/キャスト

相良凌介役/西島秀俊

西島秀俊が演じるのは、主人公の相良凌介。運送会社「亀田運輸」のカスタマーサービス部管理課で課長を務める、温厚で人望の厚い人物です。家族を大切にしている凌介が、家族失踪で事件に巻き込まれていきます。 本作は「物語は、ミステリーであり、家族愛や友情についてのヒューマンドラマであり、そしてコメディでもあります。」と語っている西島秀俊。結末はあえて聞いていないとのことで、視聴者と一緒に考察していきたいとコメントしています。

相良真帆役/宮沢りえ

宮沢りえが演じるのは、凌介の妻・真帆。スーパーでレジ打ちのパートをして、家計を支えるしっかり者です。明るく社交的ですが、ある日突然子どもたちと姿を消してしまいます。 企画書を読んだ段階で「早く犯人が知りたい!」とのめり込んで読んだという宮沢りえ。「登場人物全ての人が怪しく感じられて、全ての人が主役になる瞬間がある」そうで、真帆は「このミステリーの鍵を握る人物かもしれません」とも語っています。

二宮瑞穂役/芳根京子

芳根京子が演じるのは、凌介の部下・二宮瑞穂。頭の回転が速い頼れる部下で、冷静に事件を推理していきます。窮地に陥った凌介を助ける「相棒」となっていくよう。 実は「あな番」には「本当にハマって」いたという芳根京子。そのチームの作品に参加できることが本当に嬉しいそうで、「早く次の台本が欲しい!」と思えるほど展開が楽しみなんだとか。おっとりした凌介を叱咤激励する役柄ということで、「ビシバシ引っ張って」いくとのこと!

橘一星役/佐野勇斗

佐野勇斗が演じるのは、大学4年生の橘一星彼はアメリカ留学後、2年前にITベンチャー「プロキシマ」を立ち上げた若手起業家です。そんな橘は、事件についてなにか知っているようで……。 秋元康原作の本作に、この豪華キャストの一員として参加できることを「本当に嬉しく思います。」と語る佐藤。彼自身ミステリーの全貌はまだ知らないそうで、「視聴者の皆様と同じ目線で僕も推理していきたいと思います!」とコメントしています。

河村俊夫役/田中哲司

凌介の親友・川村敏夫を演じるのは、田中哲司大学の文芸サークルの仲間で、真帆とも旧知の仲です。週刊誌の編集長である彼は、凌介の家族の失踪について情報を集めるため、事件を記事にします。 田中は現実でも「誰でも犯人になり得る可能性を持っている」と語り、「半年間をかけてのミステリー。どうぞ楽しんで下さい。」とコメントしました。

菱田朋子役/桜井ユキ

桜井ユキが演じるのは、相良家と同じ団地に住む菱田朋子シングルマザーの彼女は整体師として生計を立てています。真帆のいちばんのママ友でもある彼女は、疑惑の目を向けられる凌介に味方する数少ない人物の1人です。 物語の展開を本当に知らないという桜井は、「台本をもらい役も頂いたのに“こっち側”になれた気が」しないとのこと。いろいろなことを考えながら「私自身もこの作品にどっぷりと浸かっています。」と語っています。

本木陽香役/生駒里奈

生駒里奈が演じる本木陽香は、事件当日に凌介に接触してくる謎の女です。その素性は徐々に明らかになっていき……。 どこか不思議な雰囲気を醸し出す陽香を演じる本木は「陽香がどんな人間なのか素直に読み取るのが難しかった」とコメント。また、「毎回どんな形であってもインパクトを残せるように努めたいと思います。」と意気込みを語りました。

ぷろびん=徳竹肇役/柄本時生

YouTuberのぷろびんこと、徳竹肇を演じるのは柄本時生です。全く人気のない自身のチャンネルに注目を集めるため、彼は凌介の事件の考察動画を上げるようになります。 事件の影響で考察系YouTuberになっていくぷろびんを演じる柄本は、「頑張って考察していきます」と語っています。

阿久津浩二役/渋川清彦

渋川晴彦が演じるのは、横浜北警察署の刑事・阿久津浩二です。つかみどころのない人物ですが、地道な捜査で高い検挙率を誇っています。 ほかのキャストと同様に、やはり先の展開を知らないと語る渋川は「役と一緒にもがき楽しみながら歩んでいければと思っております。」とコメントしました。

林洋一役/深水元基

住宅メーカー「住愛ホーム」の営業マン・林洋一を演じるのは、深水元基相良家の新居を担当する林は、実は凌介と真帆の大学の後輩で、元サッカー部の元気な体育会系です。 「あな番」にドハマりしていたという深水は、「次はわたしの番です!」と今回の出演に大喜びの様子。「どのように相良家と関わっていくのか、裏があるのか?共演者、スタッフの方々と現場で楽しみたいと思います。」と意気込みを語っています。

日野渉役/迫田孝也

河村と同じく凌介の親友・日野渉を演じるのは、迫田孝也です。彼もやはり大学の文芸サークルの仲間で、真帆とも交流があります。脱サラして長年の夢だったバーを経営しています。 「自分の役そっちのけで台本を読んでいる」という迫田は、それぐらい物語に夢中になっているとか。日野は憎めない人物のようで、「この物語がどう進んでいくか分かりませんが、願わくば最後まで平和に生きたい」ともコメントしています。

太田黒芳春役/正名僕蔵

正名僕蔵が演じるのは、凌介の上司である大田黒芳春です。独身の彼はしあわせな家庭を持つ凌介に少し嫉妬している様子。 正名は自身が演じる大田黒について「名前からしてアタックが強く」、性格も「かなりこじらせていてクセが強い」、さらに「“疑惑”を伴うオシャレを、あたまに施している」とコメント。そんな“いかにも”な大田黒が事件に絡んでくるのか、楽しみにしているようです。

秋元康と再タッグ!ネクスト「あな番」に期待

企画・原案が秋元康で、「あな番」スタッフによる2クールのミステリードラマとなると、やはり「あな番」レベルに面白い斬新なミステリーになるのではないか?という期待を抱いてしまいますね。 ネットという特殊な環境で各自が勝手に「犯人探し」をし、そこから生み出される「真犯人フラグ」の怖さを、きっと最大限に表現してくれそう……そんな期待感! もちろん「あな番」の時のように、放送終了後にSNSで毎週のように考察が盛り上がったり、それによって徐々に視聴率が上昇というヒットの仕方も踏襲しそうな予感もします。2クールという長丁場を、どのように盛り上げていくのかにも大きな注目が集まっています。

『あなたの番です』を

ドラマ『真犯人フラグ』あらすじ・キャストは随時更新

西島秀俊が日本テレビ系の連続ドラマに初主演する『真犯人フラグ』。妻の失踪と疑惑の夫という構図は、映画『ゴーン・ガール』を彷彿とさせますが、一体どんなストーリー展開になるのかが今から気になります。 ciatrでは今後も『真犯人フラグ』の追加キャストなど最新情報を随時更新していきますので、お楽しみに!