2019年6月25日更新

ドラマ『監察医 朝顔』あらすじ・キャスト一覧!次の月9はどんな作品になる?【上野樹里主演】

上野樹里

2019年7月期(夏クール)の、フジテレビ月9ドラマは『監察医 朝顔』!上野樹里が「のだめ」以来13年ぶりに、同枠で主演キャストを務めます。この記事では7月8日より放送開始の気になるドラマの最新情報を紹介します。

2019年夏の月9ドラマは『監察医 朝顔』 豪華キャストを一挙紹介

2019年7月期の月9ドラマは『監察医 朝顔』に決定!上野樹里が「のだめ」以来13年ぶりに、月9枠で主演を務めます。 『監察医 朝顔』の原作は、木村直巳・香川まさひとによる法医学ミステリー漫画。上野樹里演じる新人法医学者・万木朝顔(まきあさがお)が、遺体の解剖を通して事件の真実を明らかにしていくドラマです。 この記事では、本作のあらすじやキャスト、原作情報など気になる最新情報を一挙紹介。7月8日より放送される次の月9は、どのような作品になるのでしょうか?

各話ネタバレはこちらから!

ドラマ『監察医 朝顔』のあらすじ

法医学者は亡くなった人の死を判断するため、死因の特定を行う医師です。新人法医学者の万木朝顔(まきあさがお)は、2011年に発生した東日本大震災で被害に遭い、母親は行方不明になっていました。 母の遺体を震災で奪われてしまった朝顔は、検死の結果を「不詳の死」と判定しないという信念のもと仕事に打ち込むようになります。 ベテラン刑事の父・万木平(まきたいら)とともに、遺体から明かされる真実や、生きた証を証明し、人々の心を救っていきます。

主演キャストは「のだめ」以来13年ぶりの上野樹里

万木朝顔(まきあさがお)/上野樹里

万木朝顔は法医学の世界で、遺体の死因を究明する新人法医学者。新人ですがその実力は確かで、遺体と真摯に向き合う、実直で愛情深い性格です。 そんな朝顔を演じる上野樹里は、2006年に放送された月9『のだめカンタービレ』以来13年ぶりに、同枠で主演キャストを務めることになりました。最近では、2018年に放送された『グッド・ドクター』で、外科医・瀬戸夏美を演じていた印象が記憶に新しいですね。 上野は、本作出演に対して「太陽とともに咲く朝顔の花のように、辛いことがたくさんあっても明るく前向きに生きている主人公を演じていけたらと思います」と、月9主演を務める決意を語りました。 ちなみに主人公は、原作では山田朝顔という名前ですが、ドラマ化するにあたって名字が万木に変更されています。

時任三郎が上野樹里の父親役に扮する

万木平(まきたいら)/時任三郎

朝顔の父でベテラン刑事の万木平。父としてだけではなく、仕事のパートナーとしても娘の朝顔に協力します。震災から時間が経っても、妻を探しに東北へ向かい彼女の遺体を探し続けています。 そんな平を演じるのは時任三郎。上野樹里とは大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」でも親子を演じていましたが、顔を合わせて共演をするのは本作が初めてなんだそう。 時任は、今回の月9ドラマについて「“死”をテーマにしたドラマですが、半面的に“生きることの素晴らしさ”をお伝えできたらと思っています。」とコメントを寄せました。

風間俊介が上野樹里と初共演!恋人役を演じる

桑原真也(くわはら しんや)/風間俊介

桑原真也は上野樹里演じる朝顔の恋人で、強行犯係に配属された新米検事。正義感が強く謙虚な好青年ですが、実は小心者で心配性な一面も。異動してきた平とコンビを組むことになり、彼が朝顔の父親だと知って、胃が痛い思いをすることになります。 そんな桑原を演じるのは、本作が初の月9レギュラー出演となる風間俊介。上野は初共演、時任とは2013年に放送された『救命病棟24時』5期以来、6年ぶりの共演です。 風間は月9出演が憧れだったそうで、「プライベートは朝顔と、仕事は平と共に過ごすことになります。この微笑ましい親子が抱えた悲しみに、どう向き合っていくか。桑原と一緒に、時に悩み、時に苦しみながら、健やかに演じていきたいと思っています」とコメントしました。

追加キャストが発表 山口智子が23年ぶりに月9ドラマ出演

夏目茶子(なつめ ちゃこ)/山口智子

興雲(こううん)大学法医学教室の主任教授・夏目茶子(なつめ ちゃこ)。短い髪が印象的な茶子は、日々人間の「死」と向かい合ってるからこそ、自分の人生を濃く生きようというバイタリティ溢れる人物。 そんな生命力の象徴のような茶子を演じるのは、これまで多くのトレンディードラマでヒロインを演じてきた山口智子。1996年放送の月9ドラマ『ロングバケーション』以来、23年ぶりに月9に出演することが決まりました。 山口はドラマ出演について「死から“生”を学ぶということを、ドラマを通して視聴者と一緒に感じていきたい」と語っています。

石田ひかりも出演!歴代月9ドラマのヒロインたちが集結

万木里子/石田ひかり

万木里子は朝顔の母で、東北生まれ東北育ち。茶目っ気たっぷりな女性で、夫の平と娘の朝顔を深い愛情と優しさで包み込み、刑事の仕事にも理解を示していました。しかし、朝顔と実家に帰省していた際、2011年3月11日の東日本大震災に巻き込まれ……。 万木家の太陽的存在だった里子を演じるのは、1993年の大ヒット作『あすなろ白書』以来、26年ぶりの月9レギュラー出演となる石田ひかり。 石田の出演により、3人もの歴代月9ヒロインが集結しました。この豪華さは、2013年放送の『SUMMER NUDE』に続いて2回目のこと!石田は「『あすなろ白書』は若かりし頃に懸命に取り組んだ、わたしにとってとても大切なドラマでありましたので、やはり月9には特別な思いがあります」と、喜びのコメントを寄せています。

ドラマ『監察医 朝顔』に出演するその他のキャスト一覧

安岡光子/志田未来

安岡光子は第2話から登場する医学部生。法医学には特に興味がなく、時給目当てで法医学助手のアルバイトに応募しました。思ったことをすぐ口に出し、当初は周囲を振り回しますが、遺体や遺族に接する朝顔たちの姿を見て光子の中に変化が生まれます。 少しKYな医学生を演じるのは、2011年に放送されたドラマ『ブルドクター』でも、法医学者を目指す医学部生を好演した志田未来です。

高橋涼介/中尾明慶

解剖の補助や臓器の病理学検査を行う、臨床検査技師の高橋涼介。法医学教室の”縁の下の力持ち”ですが、その天真爛漫な性格から、イジられ役に回ることも。 高橋役に抜擢されたのは、2018年度後期に放送された『まんぷく』で朝ドラ初出演を果たし、強い印象を残した中尾明慶です。子役として「3年B組金八先生」シリーズなどに出演し、実力派俳優となった中尾が、ドラマの愛されキャラを演じます。

森本琢磨/森本慎太郎

森本琢磨は強行犯係に勤める刑事で、風間扮する桑原よりも年下ですが経験は多いことから、同期のような存在になります。警察署内の人間関係、うわさ話を小まめに調べる情報通でもある森本を演じるのは森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)。 森本は月9初出演、初の刑事役となり、同僚役の風間や時任らとも初共演です。緊張している一方で、「役名が同じ“森本”と言う名前なので親近感が湧いています」などとコメントしました。

その他のキャストも続々と発表!

その他のキャストも発表され、坂ノ上茜が新米刑事の愛川江梨花を、戸次重幸(TEAM NACS)が強行犯係の係長・山倉伸彦を演じます。 平岩紙は興雲大学の法医学教室に勤務する法歯学者・藤堂絵美を演じ、その夫で同僚の法医学者・藤堂雅史役に、『グッド・ドクター』では上野と対立関係にあった板尾創路。 また、三宅弘城がアクの強い検視官・伊東純役、月9初のレギュラーとなる藤原季節が鑑識の沖田宗徳役に、柄本明が朝顔の母方の祖父・嶋田浩之役に抜擢され、個性豊かなベテラン陣が脇を固めました。

月9ドラマ「朝顔」でブレイク?将来有望な若手女優キャスト

ドラマ版オリジナルキャラクターとして、喜多乃愛(きた のあ)演じる小野佳代、宮本茉由演じる女性鑑識官・渡辺英子の登場も決定しました。 喜多は2017年に女優デビューし、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』などの話題作に出演していますが、実はまだ10代。宮本は2015年に「CanCam」でモデルデビューを飾り、2018年にはドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』で女優デビューしました。 2人の役どころなど詳細は不明ですが、将来有望な若手女優たちにも注目ですね!

タイトルにもなっている「監察医」と「法医学者」の違いは?

フリー画像、研究、白衣、化学、理科、実験

医学と法律(社会)が関わる分野で、それらを調査・研究する学問である法医学。この世界では、人間の死因を12に分類しています。病死、自然死(老衰)、交通事故死といった内容から、死因が分からない「不詳の死」まで。 法医学者は、医師免許を取得し、大学の法医学教室に籍を置いている人たちを指します。彼らは遺体の死因の究明=検死を行い、その死因を12の内容のどれかに合致させるのです。 一方、監察医とは法医学者によって事件性がないと判断された遺体に対して、死因を特定する人たち。人手不足によって、法医学者が監察医を兼任している場合もあります。

ドラマ「朝顔」の原作は週刊漫画サンデー連載の法医学ミステリー漫画

漫画家・木村直巳と、脚本家・香川まさひとによる同名漫画が原作のドラマ『監察医 朝顔』。 2006年より「週刊漫画サンデー」で連載が開始され、6巻以降は電子版で連載、全30巻で完結した法医学ミステリー漫画です。杏林大学の医学部法医学教室教授である佐藤喜宣が全面監修しており、本格的な法医学の世界を知ることができる作品です。 また、原作では阪神・淡路大震災によって母親を亡くしているという設定ですが、ドラマでは東日本大震災で母親が行方不明になっているという設定に変更されています。これによってフジテレビは、連続ドラマとしては本作で初めて、東日本大震災を描くこととなります。

月9ドラマ『監察医 朝顔』の放送日は2019年7月8日

2019年の夏クールを盛り上げる月9ドラマ『監察医 朝顔』は、7月8日より放送開始です。 フジテレビの看板枠である「月9」作品。一時は平均視聴率が1桁台を更新し続けていましたが、2018年7月期に放送された『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』からは、4作連続で平均視聴率2桁を保っており、ドラマ離れが叫ばれている現状を鑑みると、好調と言えそうです。 「絶対零度」以降共通して言えるのは、刑事、法律、医療などのヒットコンテンツをうまく混ぜ合わせた題材を扱っている点です。そう考えると、ドラマ『監察医 朝顔』も見ごたえのあるドラマに仕上がりそう。 上野樹里主演の『監察医 朝顔』は、この好調の波に乗れるのでしょうか?