ドラマ『のだめカンタービレ』多才な演技をみせたキャストを振り返る

2017年9月8日更新

二ノ宮知子の漫画を原作としたドラマ『のだめカンタービレ』。主演の上野樹里の代表作であり、異例のクラシックブームを巻き起こした作品です。今回は、『のだめカンタービレ』に出演し、個性豊かなキャラクターを演じたキャストたちを振り返ってみます。

クラシックの世界をコミカルに描いたドラマ『のだめカンタービレ』

二ノ宮知子の漫画をドラマ化し、2006年に放送された『のだめカンタービレ』。「のだめ」と呼ばれる風変わりなヒロインを中心に、恋模様やクラシックの世界をコミカルに描き大ヒットとなった作品です。その人気を受け、ドラマのスペシャル版が放送され、その後映画も公開されました。 本作のヒットと同時にクラシック音楽も注目されるようになり、異例のクラシックブームを巻き起こしたことも記憶に残ります。多くのクラシックのコンサートで本作の楽曲を演奏すると、チケットは瞬く間に売り切れ、会場は大盛況だったそうです。 今回は、そんな『のだめカンタービレ』の個性豊かなキャラクターを演じたキャストたちを振り返ってみたいと思います。

野田恵/上野樹里

「のだめ」の愛称で呼ばれる野田恵は、桃ヶ丘音大ピアノ科3年生。類まれな才能はあるものの、演奏は自己流で型破り。ゴミ溜めのような部屋に住み、周りから変態扱いされている風変わりなヒロインです。ピアノ科の千秋先輩に恋しています。 野田恵を演じたのは、兵庫県出身、1986年5月25日生まれの上野樹里(うえの・じゅり)でした。 2002年に女優デビューした後、『のだめカンタービレ』の野田恵役で人気はうなぎのぼり。上野自身「天然」なところがあり、ピアノの弾き語りも出来るため「のだめ」はまさにハマり役でしたが、ドラマ『ラスト・フレンズ』では性同一性障害というこれまでにない役に挑み、演技の幅を広げました。 2016年の自身の誕生日である5月25日、ロックバンド「TRICERATOPS」でボーカルとギターを務める和田唱との結婚を発表しています。

千秋真一/玉木宏

玉木宏 『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』
(C)2016 映画「星籠の海」製作委員会

千秋真一は、桃ヶ丘音大ピアノ科4年生で、のだめが恋し憧れる先輩です。ピアノ科に在籍しつつ、独学で世界的な指揮者を目指していますが、飛行機恐怖症のため海外留学を諦めてしまっていました。のだめの天才的な才能をいち早く見抜いた人物です。 千秋真一を務めたのは、愛知県出身、1980年1月14日生まれの玉木宏(たまき・ひろし)です。 デビューから数年はアルバイトを掛け持ちしながら下積み生活を送り、映画『ウォーターボーイズ』佐藤勝正役で役者として花が開きました。ドラマや映画、テレビCMと活躍し、『のだめカンタービレ』の千秋真一役でその人気は不動のものとなり、以降もNHK大河ドラマなど多くの作品で存在感を示しています。 また、歌手デビューするほか写真家としての活動も。

峰龍太郎/瑛太

ロック好きでエレキヴァイオリンを操る桃ヶ丘音大ヴァイオリン科の峰龍太郎を演じたのは、瑛太(えいた)です。 長身で端正なルックスの瑛太は、1982年12月13日生まれの人気俳優ですが、芸能活動のスタートは雑誌「ホットドッグ・プレス」のモデルでした。モデル活動の後、俳優としてキャリアを積みドラマ『WATER BOYS』田中昌俊役で知名度を上げます。 多くの作品で活躍する中、ドラマ『最高の離婚』では変わり者の夫・濱崎光生を見事に演じ、特に大きな反響を呼びました。2016年は、『64 -ロクヨン- 前編・後編』や『殿、利息でござる!』などの出演映画が公開されています。

三木清良/水川あさみ

????????

水川あさみさん(@mizukawa_asami)がシェアした投稿 -

桃ヶ丘音大ヴァイオリン科の優秀な学生・三木清良を務めたのは、大阪府出身、1983年7月24日生まれの水川あさみ(みずかわ・あさみ)です。 旭化成「ヘーベルハウス」のテレビCMで芸能界デビューし、女優としてのデビューはオーディションで掴みとった映画『劇場版 金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』楊蕾麗役でした。 クールビューティーなルックスの水川ですが、シリアスからコメディまで幅広くこなし、特にコメディ『夢をかなえるゾウ』での体当たり演技は印象深く、美人実力派女優の代表格です。2016年8月には、三好繭美役で出演する映画『後妻業の女』が公開されます。

奥山真澄/小出恵介

千秋と同学年のティンパニ奏者の奥山真澄。アフロヘアーにヒゲという男性的な見た目ですが、心は乙女であり千秋に想いを寄せています。 奥山真澄を演じたのは、東京都出身、1984年2月20日生まれの小出恵介(こいで・けいすけ )です。 情報誌『月刊De-View』をきっかけに芸能界に入り、映画『パッチギ!』で主人公の同級生役を務め注目を浴びました。『ごくせん』 第2シリーズや『のだめカンタービレ』、『ストロベリーナイト』など話題作に出演し人気を得るとともに、実力もつけ俳優としての地位を確立していきます。 NHK『吉原裏同心』では時代劇での初主演を果たし、誠実な神守幹次郎役を好演。俳優としてまたひとつステップアップしました。

大河内守/遠藤雄弥

桃ヶ丘音大指揮科の学生で、千秋をライバル視している大河内守ですが、千秋は全く意に介していないようです。 その大河内守を演じたのは、神奈川県出身、1987年3月20日生まれの遠藤雄弥(えんどう・ゆうや)でした。 子役から芸能活動をスタート。その後、ワタナベエンターテインメントの若手男性俳優で構成された「D-BOYS」のメンバーで初代リーダーを務め、2012年まで在籍していました。 舞台『ミュージカル テニスの王子様 』越前リョーマ役で人気を博し、「D-BOYS」としてのステージもこなす実力派です。ドラマや映画では主演こそ少ないものの多くの作品に出演し、安定した演技を見せています。

佐久桜/サエコ

桃ヶ丘音大管弦楽科に在籍する佐久桜。小柄ながらも大きなコントラバスを演奏します。 その佐久桜は、宮崎県出身、1986年11月16日生まれのやはり小柄な紗栄子(さえこ)が務めました。当時はカタカナ表記でしたが、2011年から漢字で「紗栄子」としたそうです。 「日テレジェニック2003」に選出されるほか「全国女子高生制服コレクション」でグランプリを獲得し、モデルやタレントとして活動。女優業も精力的で、『ドラゴン桜』や『のだめカンタービレ』などの人気作に出演しますが、ダルビッシュ有との結婚・出産を機に女優活動は休止となります。 2012年に離婚が成立すると女優業を再開し、ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』で毛利まさこ役で復帰しました。また、バラエティ番組や各種イベントなどにも出演し、ママタレントとして邁進中です。

黒木泰則/福士誠治

森光音大の学生で、実力派のオーボエ奏者である黒木泰則。古風な雰囲気を醸す真面目な黒木は、のだめこと野田恵に一目惚れをし、愛称ではなく「恵ちゃん」と呼んでいます。 黒木泰則を演じたのは、神奈川県出身、1983年6月3日生まれの福士誠治(ふくし・せいじ)です。 ドラマデビューは、『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』の生徒役でした。NHK『純情きらり』での誠実な松井達彦役、『のだめカンタービレ』では原作から抜け出たような古風な黒木泰則を好演し人気を得ます。 また、『ハンチョウ〜警視庁安積班〜』シリーズなどの現代劇だけでなく、NHK時代劇『オトコマエ!』や『まんまこと〜麻之助裁定帳〜』でも活躍。『オトコマエ!』で共演した斎藤工とともに結成した演劇ユニット「乱-Run-」としての活動も注目されるところです。

菊池亨/向井理

ボストンに留学し、音楽祭で入賞した優秀なチェリストである菊池亨。神奈川県出身、1982年2月7日生まれの向井理(むかい・おさむ)が務めました。 向井は、大学卒業後バーテンダーを経て、芸能界デビュー。『のだめカンタービレ』や『ハチミツとクローバー』などの人気作に出演し知名度を上げていき、NHK『ゲゲゲの女房』では水木しげるをモデルとした村井茂役を見事に演じ切っています。 2016年7月から放送のドラマ『神の舌を持つ男』では、舌にのせた物の成分分析が出来るという特殊能力を持つ朝永蘭丸役を務め、パロディ満載のコメディドラマの主演に意欲を燃やしているそうです。

フランツ・フォン・シュトレーゼマン/竹中直人

「ミルヒ・ホルスタイン」という偽名を名乗る怪しさ満載のドイツ人ですが、実は世界的に有名な大指揮者です。 強烈なキャラクーのフランツ・フォン・シュトレーゼマンを務めたのは、神奈川県出身、1956年3月20日生まれの竹中直人(たけなか・なおと)でした。 美大出身で独特の感性を持つ竹中は、視聴者参加型の番組『ぎんざNOW!』への出演をきっかけに芸能界デビュー。ブルース・リーのモノマネや「笑いながら怒る人」というネタで人気コメディアンとなり、同時に俳優としての活動も始めます。 ドラマや映画に数多く出演し、NHK『秀吉』での重厚な役柄から『のだめカンタービレ』での胡散臭いキャラクターまで変幻自在に演じ分け、今や日本を代表する個性派俳優と言えます。また、映画監督や声優としての活躍も見せ、その才能は計り知れません。

エリーゼ/吉瀬美智子

本日✨より ブランケット ・キャッツ 22時より NHKで✨

Michiko Kichiseさん(@michikokichise)がシェアした投稿 -

シュトレーゼマンの優秀なマネージャーであるドイツ人のエリーゼ。演じたのは、福岡県出身、1975年2月17日生まれの吉瀬美智子(きちせ・みちこ)です。 芸能活動はモデルからスタート。その後、モデル業を一切やめ、覚悟を持って女優へ転身します。『LIAR GAME 』エリー役で注目され、初主演した『ハガネの女』ではすっぴんを惜しげもなく披露し自然体で教師役を演じ、深夜にもかかわらず高視聴率をマークしました。 美しく歳を重ねる吉瀬は、実業家の男性と結婚し出産を経て『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で復帰。家庭不和から不倫に溺れてしまったセレブ妻を好演し、女優として新たな魅力を見せています。