2019年5月16日更新

映画『宮本から君へ』新キャストが明らかに 井浦新が重要キャラとして出演決定

『宮本から君へ』
(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

2018年にドラマ化され注目を集めた伝説の漫画『宮本から君へ』が待望の映画化!本作に重要キャラとして出演するキャストが発表されました。また、映像化困難といわれた原作の名シーンを今回再現するとのことでさらに期待が高まっています。

目次

伝説の漫画『宮本から君へ』が池松壮亮×蒼井優での映画化

1990年から1994年にかけて講談社「モーニング」誌に連載された『宮本から君へ』。そのハードな内容と暑苦しい登場人物の描写によって伝説の作品となった本作は、2018年にドラマ化され話題となりました。 さらに映画化も決定し、ついに2019年秋に公開! 映画版ではドラマと同じく池松壮亮が主人公・宮本役を務めるほか、ヒロインの中野靖子役に蒼井優が決定。映画では原作の後半をベースに宮本と靖子の「究極の愛の試練」、そして原作漫画が今も熱く指示される理由になっている“高層マンションの階段での決闘シーン”も描かれることが明らかになっています。 「本当に映画化できるのか?」と注目が集まるその決闘シーンで宮本が立ち向かう怪物・真渕拓馬を演じるのは、格闘家から俳優に転身した一ノ瀬ワタル。一ノ瀬は今回、体重を33kg増量し「絶対に勝てそうにない体」を作り上げ、二面性のある難役を見事に演じきりました。

新キャスト発表!井浦新が二人をつなぐ重要人物役で出演決定

『宮本から君へ』
(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

また今回新キャストとして発表されたのは、その演技力で幅広い作品に出演し、高い評価を受けている井浦新。井浦が演じるのは、どうしようもない遊び人で靖子の元恋人である風間裕二です。風間は靖子にとって忘れられない男ですが、宮本と彼女の距離を近づけていく重要な役割を担います。 井浦は本作の出演について「撮影時、この作品が放つ生命力溢れる熱量に吹き飛ばされないように全身全霊で現場にしがみついてきた」と語り、その中心で暑苦しいほどのエネルギーを生み出している池松と蒼井の鬼神のごとき凄まじさを味わえたことが大きな喜びだったとコメント。 そのほかドラマ版でおなじみのキャストに加え、一ノ瀬演じる真渕の父で宮本の得意先の部長である真渕敬三をピエール瀧、敬三の親友・大野平八郎を佐藤二朗が演じています。なお、ピエール瀧は2019年3月に麻薬取締法違反で逮捕されましたが、本作の撮影は2018年9月29日から10月30日に完了。今後は法律に従って瀧の裁定がされる事になり、それ以上の措置について本作が関与するものではない、との結論に達したとのこと。製作委員会の総意のもと、改稿・追加撮影を行わずに公開する運びとなりました。 本作のメガホンを取るのは、ドラマ版で全話の脚本演出を手がけた真利子哲也。真利子はついに実写化された『宮本から君へ』について、原作の定本をボロボロになるまで読み込み、このかなり手強い原作をどうやったら映画にできるかみんなで真剣に向き合ったと語っています。また、「宮本に負けず劣らず這いつくばって完成させた映画をでっかいスクリーンで観たときの、理屈抜きで気持ちが開放されたあの感触。子供に返ったみたいに老いも若きも男も女も、みんな一緒になって朝まで語らって歌っていました。この映画の顔ぶれに微塵も悔いはありません」と熱いコメントを寄せています。 注目が集まる映画『宮本から君へ』は2019年秋公開です!