2019年9月20日更新

【恐怖のワニ画像独占入手!】『クロール ー凶暴領域ー』実家がワニに占拠されるパニックスリラーに震えろ!

『クロール ー凶暴領域ー』
(C)2019 PARAMAUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

『死霊のはらわた』で世界のホラーファンを唸らせたサム・ライミ製作、『ルイの9番目の人生』などのアレクサンドル・アジャ監督がタッグを組み、究極のワニ映画が完成!実家を占拠したワニの恐怖に襲われる『クロール ー凶暴領域ー』の本編写真を独占入手しました。

「ワニ映画の代表作」が完成!パニックスリラー『クロール  ー凶暴領域ー』

『クロール ー凶暴領域ー 』
(C)2019 PARAMAUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

動物パニック映画の定番凶暴生物といえば「サメ」。サメの恐怖を題材にした映画は『ジョーズ』(1975)から『MEG ザ・モンスター』(2018)まで、数多くの作品が作られています。 しかし、同じ危険生物でも「ワニ」を題材にした作品、とくに「ワニ映画といえばこれ!」という作品は多くありません。ワニは、サメと違って水から離れても逃げることができず、地上でもどこまでも追ってきます。 暗闇でもよく見える視力を持ち、鋭い爪と尾で木に登ることも可能。ターゲットとなってしまったら、まさに逃げ場なしの恐怖の生物なのです。 本作の監督、アレクサンドル・アジャが目指したのはまさに「ワニ映画の代表作」。ワニ版『ジョーズ』でした。 『クロール ー凶暴領域ー』は、ハリケーンという天災と危険生物ワニの恐怖が融合し、スリル満点の作品に仕上がっています。

『クロール  ー凶暴領域ー』のあらすじ

『クロール ー凶暴領域ー』
(C)2019 PARAMAUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻ります。地下で重傷を負い気絶している父を見つけたものの、彼女もまた、何ものかによって地下室奥に引きずりこまれ、右足に重傷を負ってしまい――。

【独占入手!】凶暴なワニの全貌が明らかに!

『クロール ー凶暴領域ー』
(C)2019 PARAMAUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ciatrでは、本作に登場するワニの全身写真を独占入手!こんな巨大で恐ろしい生物が実家に、しかも1頭ではなくうようよいるとなると、その恐怖は想像もつきません。 本作に登場するワニはアリゲーター。その特徴は、カミソリのように鋭い80本の歯を持ち、暗闇の中でも視力が効き、さらに地上では時速18kmで移動でき、水中になると時速32mで進むことができるというもの。 また、体長は約4m60cmに及ぶこともあり、平均的な体長は約3m35cmで、体重は最大で約450kgにもなります。さらに恐ろしいのは、噛む力。それは約1342kgにもおよび、地球上に生息する生物で最強なのです。

恐怖の必殺技“デスロール”!

アリゲーターは“デスロール”と呼ばれる、手足を引きちぎるために獲物を咥えたまま回転する逃避不可の必殺技を持っています。 その恐怖の全貌は、映画本編で確認しよう!

「実家に帰ったらワニがいた」はフロリダあるある!?

『クロール ー凶暴領域ー』
(C)2019 PARAMAUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ハリケーンは日本人にとっての台風のようなもの

本作の舞台となっているフロリダは、位置的にハリケーンに頻繁にさらされる土地です。ハリケーンには脅威度を示すカテゴリーがあり、フロリダは小さな建物に被害が出たり、倒木の危険があるカテゴリー3以上のハリケーンが多い地域。 本作に登場するハリケーンはカテゴリー5と最大級のもの。カテゴリー5は、容易に車が横転するような雨風にさらされ、避難勧告が出され、町はもぬけの殻になります。そんな中、家の中に閉じ込められたヘイリーと父・デイブ(と愛犬)。 さらにハリケーンによる浸水で、水のなかにはあの危険生物が……。

フロリダでは身近な生物、ワニ

本作の舞台となるフロリダ州は、アメリカ合衆国東南部に位置し、メキシコ湾と大西洋に挟まれ、海岸線は大陸48州の中で最長です。熱帯気候であり、まさにワニのような爬虫類が好む水辺と気候を携えています。そのため、ワニはちょくちょく人間の生息地に顔を出し、気づけば玄関先や、庭先、ゴルフ場を歩いていることがあり、そのようなニュース映像がよく報道されているのです。

3つの試練を乗り越えて生き延びろ

『クロール ー凶暴領域ー』
(C)2019 PARAMAUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

本作で主人公ヘイリーに課せられた試練は3つです。 ①ワニから逃れること。 ②閉じ込められた地下から、水位が上がる前に脱出すること。 ③人々が逃げた町で、救助を得ること。 それも重傷の父親(と愛犬)と共に、です。さすがのフロリダ人もこのような状況に陥ることはなかなかないでしょう。 ヘイリーたちは無事この三重苦を乗り越えて、生き延びることができるのかーー!?

『クロール ー凶暴領域ー』は2019年10月11日全国ロードショー

『クロール ー凶暴領域ー』
(C)2019 PARAMAUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

『死霊のはらわた』で世界のホラーファンを唸らせたサム・ライミ製作、『ルイの9番目の人生』など、ドラマ性の高いサスペンス・ホラーで評価を得ているアレクサンドル・アジャ監督がタッグを組んで完成させた『クロール ー凶暴領域ー』。 ワニの生態を研究し、リアリティにこだわった本作は、動物パニックスリラー映画に新たな金字塔を打ち立てることでしょう。

『クロール ー凶暴領域ー』は、2019年10月11日(金)より全国ロードショー!