2019年10月24日更新

アニメ映画『ダンボ』をフル視聴できる動画配信サービスとは?【無料あり】

ダンボ

サーカスのゾウが空を飛び奇跡を起こすディズニーの名作アニメ映画『ダンボ』。本作をフル視聴できる動画配信サービスについて、あらすじや見どころと共に紹介していきます。

目次

アニメ映画『ダンボ』は動画配信サービスでフル視聴するのがおすすめ!【無料あり】

1941年に公開され、カンヌ国際映画祭のアニメーション部門グランプリと、アカデミー賞作曲賞を受賞したディズニーの不朽の名作アニメ『ダンボ』。 大きな耳を持つことで笑いものにされてきた子ゾウ・ダンボの成長を描いたストーリーです。本作のメガホンをとるのは、映画『ふしぎの国のアリス』も手掛けたベン・シャープスティーンです。 ここでは、時を経ても多くの人に愛されるキャラクター・ダンボのアニメ映画を、フルで視聴できる動画配信サービスについて紹介していきます。

アニメ映画『ダンボ』の動画をフルで配信中のサービス一覧【無料あり】

VODサービス 見放題・無料レンタル 有料レンタル
U-NEXT
ビデオマーケット
amazonプライムビデオ
dTV
TSUTAYA TV/DISCAS
ビデオパス
hulu - -
FODプレミアム - -

アニメ映画『ダンボ』は、上記の動画配信サービスでの視聴が可能!U-NEXTとビデオマーケットでは、各サービスに初回登録すると無料で本作を鑑賞できます。 ここからは、そんなU-NEXTとビデオマーケットについて紹介。お得に『ダンボ』を楽しみましょう!

U-NEXTで動画を無料でフル視聴する

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
無料期間 31日間
付与ポイント 初回600ポイント/毎月1,200ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額1,990円(うち1200円分のポイント含む)
メリット ・配信作品数160,000本以上(2019/10現在)
・最大4つまでアカウント作成可能
・ダウンロード利用可能
デメリット ・月額料金がお高め

ディズニー映画『ダンボ』は、U-NEXTで配信中。 初回体験に申し込むと、31日間無料でサービスが受けられ600ポイント付与されます。そのポイントから330ポイント使用することによって、無料で『ダンボ』の視聴が可能です!

ビデオマーケットでも映画『ダンボ』の動画が配信中【無料】

サービス名 ビデオマーケット
無料期間 初月
付与ポイント 毎月540ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額500円(ポイント)
月額980円(ポイント+見放題)
メリット ・取り扱い作品数が国内最大
・月額料金が安い
・倍速再生などの機能付き
デメリット ・追加料金が多い
・無料配信数が少ない
・ダウンロード再生ができない

ビデオマーケットでもアニメ映画『ダンボ』が視聴可能。 本作の視聴には330ポイント必要ですが、無料体験登録時に付与される540ポイントの利用ができます。無料で『ダンボ』を楽しみましょう!

ニコニコ動画、YouTubeでも動画を無料で視聴できる?

違法 犯罪 いらすとや フリー画像

ニコニコ動画やYouTubeなどの動画共有サイトで映画を視聴できる場合があります。しかし、これらの映画やドラマは違法にアップロードされている可能性大! 違法動画を視聴することはモラルに反する行為であり、個人情報の漏洩やパソコンのウイルス感染、大量のポップアップ広告の出現など様々なリスクを負うこともあります。 本記事で紹介した動画配信サービスであれば、安全かつ合法的に映画を楽しむことができますよ。是非そちらを利用してください。

アニメ映画『ダンボ』のあらすじ

映画『ダンボ』は、大きな耳の子ゾウ・ダンボが、コンプレックスを乗り越え、勇気と希望を胸に大空へはばたく物語。 サーカスの象「ジャンボ」のところへ、コウノトリによって運ばれてきた赤ちゃんゾウ。しかし、その子はとても大きな耳を持っていて、ほかの象たちから「ダンボ」と呼ばれ仲間はずれにされてしまうのでした。 そんなダンボを大きな愛で包み込むジャンボでしたが、ダンボをバカにした人間に手を出したことで隔離され、ダンボと離れ離れに。悲しみに沈むダンボに優しく手を差し伸べてくれたのは、ネズミのティモシーでした。 ダンボのため知恵を振り絞ったティモシーは、ダンボをサーカスのスターにする秘策を思い付いて……。

アニメ映画『ダンボ』に登場するキャラクター・声優の紹介!

ダンボ(ジャンボ・ジュニア)

ディズニー映画『ダンボ』の主人公は大きな耳をもって生まれたゾウの子ども「ダンボ」。その耳のせいで、仲間のゾウや人間たちからも笑いものにされてしまいますが、母親のジャンボや友達のティモシーに勇気づけられ、サーカスの一員として頑張る決意をします。 ダンボはほとんど話さないため、実は声優がいません。悲しくて泣く声やしゃっくりなどはあるものの、言葉を発することがないのです。それでも豊かな表情や、かわいらしい動きで、ディズニー作品の中でも人気のあるキャラクターで有名です。

ティモシー・マウス/牛山茂

ダンボを勇気づけ、彼の大きな耳を褒めてくれるネズミのティモシー。赤いコスチュームを身にまとい、ハツラツとした気持ちのいい性格をしています。友達であるダンボのため、母親に会わせてあげたり、サーカスでスターになる提案をしたりと尽力する優しいネズミです。 ティモシーの日本語吹き替えの声を担当したのは、声優の牛山茂。舞台と吹き替えを中心に仕事をしていて、ディズニーアニメ『ふしぎの国のアリス』では白うさぎの声を務めました。洋画では、ビル・パクストンやウィリアム・フィクナーなどを担当しています。

ジャンボ/磯辺万沙子

ダンボの優しいお母さんゾウのジャンボ。かわいいダンボを守るため、ダンボをからかった人間に手を出し、檻に閉じ込められてしまいます。自分に会いにきてくれたダンボに子守歌を歌ってあげるなど、どんな時もダンボのことを大切にしています。 そんなジャンボの声を務めるのは、舞台女優で声優の磯辺万沙子です。映画「モンスターズ・インク」シリーズのロズや、『カーズ/クロスロード』のルイーズ・ナッシュなどディズニー作品に多数出演。日本語吹き替えでは女優のCCH・パウンダーやマーゴ・マーティンデイルを担当しています。

見どころを紹介!

アカデミー賞を得た素晴らしい音楽の数々

音楽 楽譜、フリー画像

アニメ映画『ダンボ』の中では、ディズニー作品ならではの素晴らしい音楽が散りばめられています。母親ゾウのジャンボのやさしい子守歌、ダンボが酔っぱらってしまった時に出てくるピンクエレファントの怪しい音楽など、一度聴いたら忘れられない曲の数々。 ピエロたちのドタバタ感が伝わってくるサーカスのシーンなど、キャラクターの動きと音楽が大変マッチしていて、聴覚と視覚の両方で物語を楽むことができる作品です。

魅力的なキャラクター達の豊かな表情と生き生きとした動き

ダンボ
©T.C.D / VISUAL Press Agency

映画『ダンボ』は主人公のダンボが母親と引き離されたり、大きな耳をバカにされたりと、全体的に悲しいストーリーですが、時を経てもなぜ人気のある作品となったのでしょうか?それは、登場するキャラクター達がどれも魅力的だからです。 ゾウはもちろんネズミや人などのリアルな動きを表現するために、何千、何百枚もの絵コンテが描かれました。こういったディズニースタッフたちの努力によって、生き生きと動き、様々な表情を魅せるダンボ達が多くの人から愛される存在に!

おすすめ関連作品の紹介

ディズニー×ティム・バートンが贈る!実写映画『ダンボ』

アニメ『ダンボ』を観た人全員におすすめな実写映画『ダンボ』。 アニメ映画『ダンボ』をティム・バートン監督がCGを用いて実写映画化し、2019年に公開された映画『ダンボ』。耳が大きいというコンプレックスを乗り越えていくダンボと、ダンボを支えるサーカス団の家族との交流を描いたファンタジー映画です。 アニメ版同様ダンボはサーカスのゾウとして誕生。しかしネズミのティモシーは登場せず、動物たちは言葉を話さず、原作とは異なる設定もみられます。アニメ版と見比べて、どこが同じでどこが違うのかを発見するのも面白いですね。 実写映画『ダンボ』はU-NEXTで配信中!

ベン・シャープスティンが総監督を務めるディズニー名作アニメ映画『ふしぎの国のアリス』

アニメ『ダンボ』の監督を務めたベン・シャープスティンの作品をもっと楽しみたい人におすすめ! アニメ映画『ふしぎの国のアリス』は、ルイス・キャロルの同名児童小説をベン・シャープスティンが制作総指揮をとり映画化した作品です。うさぎを追って迷い込んだ世界で、少女アリスが経験する不思議な出来事の物語。 神出鬼没のチシャネコや、水タバコをふかすイモムシ、横暴なハートの女王など、愉快でおかしなキャラクターもたくさん登場します。 ちなみに、本作でアリスの声を務めた当時12歳の少女キャサリン・ボーモントが、アリスのモデルと言われています。吹替え版には、『ダンボ』でティモシーの声を担当した牛山茂も白うさぎ役として登場しているので、要チェック!

ジャングルで育った青年の成長と動物との絆を描いた名作映画『ターザン』

ディズニー×動物の作品をもっと観たい人におすすめなのが、ディズニーアニメ映画『ターザン』です。 本作はジャングルに置き去りにされた赤ん坊「ターザン」が、ゴリラに育てられ、周りの動物達と違う自分に葛藤しながらも成長していく姿が描かれています。 自分にコンプレックスを抱えるターザンが、自分を育てくれた母ゴリラの愛情、動物達の友情が支えとなり、立派な青年に育っていく姿は、ダンボとリンクするところがあります。フィル・コリンズが歌うアカデミー賞を受賞した主題歌「You'll Be in My Heart」をはじめ、ワクワクするような数々の音楽も本作の魅力です。

動画配信サービスでアニメ映画『ダンボ』をフル視聴しよう【無料】

アニメ映画『ダンボ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスや見どころについて紹介してきました。 かわいいダンボと哀愁漂うストーリーが見事にマッチした名作!ぜひ動画配信サービスを利用して作品を観てみてください。