2022年9月21日更新

映画『プーと大人になった僕』を無料で視聴できる動画配信サービスってあるの?

映画ポスター プーと大人になった僕 Christopher Robin ディズニー US版 hi2 [並行輸入品]

映画『プーと大人になった僕』のあらすじ

「くまのプーさん」シリーズの主人公・クリストファー・ロビンは、プーや仲間達と別れてから何年も経ち大人になっていました。 クリストファーは、会社から大胆な業績改善に関する難題を任され、仕事に疲弊する日々を送っています。そして家族と満足に過ごす時間もなく、妻や娘ともうまくいっていません。 そんなある日、クリストファーがベンチに座っていると、背後から聞き慣れた優しい声が……。振り返るとそこには100エーカーの森にいるはずのくまのプーがいました。そしてプーは、クリストファーにいなくなった仲間達を見つけてほしいと頼むのでした。

登場人物&キャストを紹介

クリストファー・ロビン/ユアン・マクレガー

ユアン・マクレガー
WENN.com

映画『プーと大人になった僕』の主人公は、大人になったクリストファー・ロビン。会社では難題を突きつけられ、家庭もうまくいっていません。ある日突然プーや仲間達と再会し、彼は大切なものを思い出すことになります。 本作で、クリストファー・ロビンを演じているのは俳優のユアン・マクレガー。「スター・ウォーズ」シリーズのオビ=ワン・ケノービ、「トレインスポッティング」シリーズのマークなどで知られています。 クリストファー・ロビンの日本語吹き替え版の声優を、俳優の堺雅人が務めています。

イヴリン・ロビン/ヘイリー・アトウェル

イヴリン・ロビンはクリストファー・ロビンの妻。仕事人間の夫に嫌気がさしていて、家族の間には溝があります。そんな中、週末に娘マデリンも含め旅行に行くこと。しかし、クリストファーに急遽仕事が入りドタキャンされてしまいました。 イヴリンを演じているのは、女優のヘイリー・アトウェル。「キャプテン・アメリカ」シリーズのペギー・カーターで知られ、アベンジャーズのスピンオフドラマ『エージェント・カーター』では主演を務めています。 イヴリン・ロビンの日本語吹き替えは、声優・園崎未恵(そのざきみえ)が担当しています。

ジャイルズ・ウィンズロウ/マーク・ゲイティス

マーク・ゲイティス
© PacificCoastNews/Avalon.red/zetaimage

ジャイルズ・ウィンズロウはクリストファー・ロビンの勤める旅行カバン会社ウィンズロウの2代目社長。クリストファー・ロビンに業績立て直しの難題を押しつける、ちょっと嫌な上司です。 演じているのは俳優のマーク・ゲイティスです。彼は、人気ドラマシリーズ「SHERLOCK」のシャーロックの兄のマイクロフト・ホームズや、脚本家としても有名。 ジャイルズ・ウィンズロウの日本語吹き替えは、声優・坂東尚樹が担当しています。

『プーと大人になった僕』の見どころをチェック!

実写になってもかわいいプーさんと仲間達!

実写映画『プーと大人になった僕』の見どころの一つは、何と言ってもプーさんやピグレット、ティガーやイーヨーの可愛らしさ!アニメとはまた違う魅力を持っていて、ぬいぐるみが実際に動いてしゃべる愛らしさは格別です。 本作仕様のぬいぐるみも多数発売されていて、テディベア業界の王シュタイフ社の高級ラインから、タカラトミーアーツの商品など幅広く販売しています。 このプーさんを片手に、写真を撮りながらロンドンや森の中を歩いてみたくなりますね。

大人にこそ響く!プーさんのセリフの数々

『プーと大人になった僕』
© Walt Disney Studios Motion Pictures

大人になったクリストファー・ロビンは、理不尽な上司に押し付けられた仕事に追われ、家族との旅行にも行けません。ストレスに押しつぶされそうになっているその姿は、現代人そのものです。 プーと再会した後も「仕事に戻らないと。」と言うクリストファー・ロビンに、プーは「それは風船より大事なことなの?」と問います。また「もう子供じゃないんだ。」というクリストファー・ロビンに、プーは「君は君だよ。」と声をかけるのでした。 無垢で優しいプーさんの一言が、クリストファー・ロビンに大切なものを取り戻していくきっかけになっていきます。他にもたくさんの名言があるので、ぜひ探してみてくださいね。

この作品も無料で観れる!おすすめの類似作品

クマ好きなら押さえておきたい!映画『パディントン』

『パディントン』は『プーと大人になった僕』と同じく、ロンドンを駆け回るクマの陽気なコメディ映画です。 ペルーから親戚の知人を頼りにロンドンにやってきたクマのパディントンは、駅で出会ったブラウン一家にお世話になります。しかし、ジャングル育ちのパディントンは、慣れない街の暮らしにトラブルばかり起こしてしまうのでした。 始めはロンドンの街に馴染めず、知人探しも上手くいかないけれど、パディントンは家族の絆や街の暮らしを段々好きになっていきます。しかし、その裏でパディントンを剥製にしようと企む謎の女性が現れて……。

本物のクリストファー・ロビンが垣間見える映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』

映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』は「クマのプーさん」の原作者A・A・ミランとその息子クリストファー・ロビンの実話を基にした作品。 戦争のトラウマに苦しむA・A・ミランの元に、息子・クリストファー・ロビンが誕生します。療養と執筆のため田舎に引っ越したミランは、成長した息子の想像力をヒントに子供向けの児童小説「くまのプーさん」を書き上げました。 「くまのプーさん」は大人気となり、暮らしは裕福になりました。しかし、クリストファー・ロビンは実名で小説に登場していることからいじめを受けるようになってしまい……。

プーさんに負けない人気キャラクターのミニオン!映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』

映画『怪盗グルーの月泥棒』は、大人気キャラクターとなったミニオンが最初に登場する作品です。ただのコメディと思いきや、『プーと大人になった僕』と同様に人生にとって本当に大切なものは何かを教えてくれる名作です。 怪盗グルーは卑劣な悪党。ライバル怪盗のベクターに大切な「縮小ビーム銃」を取られてしまいます。ベクターの基地は完全監視システムが張り巡らされていて、グルーは何度も侵入に失敗してしまいました。 その後グルーは、ベクターがクッキーを売りに来る少女達にだけはシステムを解いて中に入れる事実に気がつきます。グルーは養護施設にいた彼女達を養子に迎え入れ、ベクターの基地に侵入する計画を立てます。 ただ利用するだけのつもりで引き取った少女達と過ごすうちに、グルーは自分の心の変化に気がついて……。

映画『プーと大人になった僕』は動画配信サービスを活用してフル視聴しよう

『プーと大人になった僕』
© Walt Disney Studios Motion Pictures

本記事では、映画『プーと大人になった僕』を観ることができる動画配信サービス、あらすじやキャスト、見どころとおすすめの類似作品を紹介しました。 本作の原作は子ども向け作品の「くまのプーさん」ですが、プーさんの一言に人生を考えさせられる名作です。人生に疲れた時や、ほっとしたい時にぜひ観てみてくださいね。