2019年10月9日更新

ドラマ『まだ結婚できない男』最終回までの全話あらすじネタバレ&キャスト一覧【毎週更新】

まだ結婚できない男

阿部寛主演ドラマ『結婚できない男』が2019年にカムバック!この記事では、本作のキャスト一覧やネタバレを含んだあらすじを毎週更新していきます。お見逃しなく!

ドラマ『まだ結婚できない男』全話のあらすじネタバレ 桑野は今度こそ結婚できるのか!?

まだ結婚できない男 阿部寛

2006年に放送されたドラマ『結婚できない男』が2019年10月、『まだ結婚できない男』として帰ってきます。舞台は前作から13年後、主人公は変わらず“まだ結婚できていない”桑野信介です。 13年経ってもお一人様ライフを謳歌する桑野でしたが、なんと突然モテ期が到来したらしく……。果たして今度こそ彼は結婚できるのでしょうか? この記事では、作品のキャストを一挙紹介。また、見逃した方のためにネタバレを含んだあらすじを毎週更新していきます。

“まだ結婚できない”男と彼の周りのキャストたち

桑野信介/阿部寛

まだ結婚できない男

一級建築士の桑野は、前作で早坂夏美(夏川結衣)と交際に発展したものの、破局。相変わらず、理屈っぽい性格が災いしているようです。 53歳になった現在、「このままで良いのだろうか」と不安になることも。そんな桑野の前に二人の女性が現れます。

岡野有希江/稲森いずみ

まだ結婚できない男、稲盛いずみ

有希江は、「BROWN CLOVER」というカフェの店長。桑野とは、離婚裁判で出会います。雰囲気が柔らかく、守ってあげたくなるようなタイプです。 桑野に対しては、本人の性格が悪気がないものだと知り、「嫌いではない」とのこと。桑野自身も彼女に好意を抱いており、カフェによく通うようになります。

吉山まどか/吉田羊

まだ結婚できない男

まどかは事務所を自分で経営する優秀な弁護士であるものの、未だ独身。桑野が弁護の相談をしたことで知り合いますが、性格は相容れない様子。 しかし、口喧嘩をしながらも段々と心の距離は近づいているようです。

村上英治/塚本高史

まだ結婚できない男、阿部寛、塚本高史

前作で桑野の部下として働いていた英治。続編では「共同経営者」にキャリアアップし、業務に励んでいます。今は住宅プロデュース会社勤務の森山桜子(咲妃みゆ)に好意を抱いているよう。しかし、桜子自身は英治との仲を怪しむ桑野を「面倒くさい」と思っています。

桑野・村上建設設計事務所のメンバー

アシスタントは2人。マイペースで桑野の性格も気にしない横田詩織(奈緒)と、真面目な性格ゆえ桑野に振り回される丸山裕太(荒井敦史)です。 さらに、沢村映子(阿南敦子)が経理を担当。彼女にはなぜか桑野も気を使っているそう。

戸波早紀/深川麻衣

まだ結婚できない男,深川麻衣

桑野の住むマンションの隣人。職業は不明なものの、高級マンションに住み、サングラスにマスクという怪しい見た目なので只者ではなさそうです。部屋からは時々、男性と喧嘩しているような声が。謎しかありません。

信介の家族

まだ結婚できない男

息子の将来を案ずる母・育代(草笛光子)。桑野の妹・圭子(三浦理恵子)、圭子の夫・中川良雄(尾美としのり)、そしてその娘・ゆみ(平祐奈)。彼らが桑野の家族です。皆、桑野の行く末を心配しています。

大工の棟梁/不破万作

まだ結婚できない男,阿部寛

桑野の事務所が設計した住宅を担当している、大工の棟梁。職人気質で、その現場に都合の良いように設計を変えてしまうので、桑野とはよく喧嘩をしています。

【ネタバレ】『まだ結婚できない男』1話から最終回までのあらすじ

第1話:「結婚できない男」桑野が帰ってきた!新たな女性たちの出会い!

桑野(阿部寛)は53歳になり、まだ独身生活を謳歌していました。PCに向かいエゴサーチをしていると「やっくんのブログ」という桑野をバッシングしているサイトを見つけます。そこで街中で見つけた弁護士事務所を訪ねることに。 弁護士のまどか(吉田羊)は、表現の自由もあるのでこれは誹謗中傷には当たらないと言います。独身のまどかに対して嫌味を言う桑野に、敵を作りやすいのではないかとまどかは指摘。それでも桑野は損害賠償請求の手続きを依頼したのでした。 自宅に帰ると、隣の部屋に早紀(深川麻衣)という女性が越してきていました。荷物の中に流しそうめん器を見つけ声をかけるも、早紀は桑野に警戒心を持ってしまいます。 そして桑野はまどかの裁判を傍聴しに出かけます。その裁判は夫の離婚請求に応じない妻、有希江(稲森いずみ)の裁判でした。まどかは和解案を勧めますが桑野は「それはどうかな」と口出しします。 帰りに泣きながら歩いている有希江を見つけた桑野は声をかけます。タクシーの中でまどかについて聞いてみると、親身ないい弁護士だということを聞いて桑野は安心します。有希江はカフェの雇われ店長をしていると聞き、桑野はさっそくコーヒーを飲みに行きました。

桑野が日課のエゴサーチをすると、やっくんのブログは7位に上昇。建築途中の現場で棟梁(不破万作)といつもの揉め事をしている内に、思わず「お前やっくんだろ」と掴みかかります。するとその時、有希江の夫が愛人とマンションに入るのを目撃し、桑野に気づいた夫はお金を渡すも、桑野は受け取りませんでした。 まどかの事務所に行くと、ちょうど有希江が和解手続きをしていました。一般論として夫に隠し財産があれば妻の取り分は増えるのか聞いてみたところ、夫と愛人が写っている写真が事務所に送られてきます。そこにはお金を受け取る桑野も写っており、まどかと有希江は問い詰めます。 しかしシンポジウムの時間が迫っていた桑野は、まどかの車に同乗。目的地を間違えるも無事到着し、シンポジウムで未来の建築について桑野は語ります。その言葉に、観客やまどかと有希江も深く賛同したのでした。

第2話:婚活アプリにハマる桑野!女性とは出会えるのか!?

桑野(阿部寛)はやっくんのブログが5位に上がっていて、しかもリニューアルまでされていることに驚きます。そして英治(塚本高史)たちは勝手に桑野を婚活アプリに登録。アプリをバカにしていたが気になる桑野に、なんと23人もの女性から連絡が来ていました。中でも桑野はヨガインストラクターの女性に興味を持ちます。 まどか(吉田羊)は英治のトラブル案件の相談で事務所にやってきます。桑野の婚活アプリの話で盛り上がると、こっそり女性とやり取りしていることを知って、会うことを勧める英治たち。その後有希江(稲森いずみ)のカフェに行くと、有希江からも会うことを勧められたため、ついに会うことにします。 ハロウィン当日、待ち合わせ場所で待つ桑野を英治たちはこっそり見守ります。仕事の電話を英治にかけた桑野は、その怪しさから近くに見に来ていたことに気づきました。すると突然スーツを着た男に連れ去られる桑野。なんとそれは警察官で、あの場所で何をしていたのかを強く追及されます。しかし桑野は黙秘を貫きます。

そこにまどかが現れ、あっさりと釈放。実はお見合いに来ていた女性に声をかけ外に連れ出す事件が相次いでおり、その男と桑野が似ていたとのこと。女性と会うどころではなくなった桑野は謝罪メールをするも、その女性は別の男性にプロポーズされ結婚することになったというのでした。 その頃早紀(深川麻衣)は、芝居の役から外されたために泣いていました。そんな早紀を見かけるも、桑野は声をかけられずいつものペットショップへ。すると気になっていたパグが買われてしまったことを知ります。一方部屋に帰ってもまだ泣いている早紀の隣には、そのパグがいたのでした。