2020年7月28日更新

2021年後期朝ドラ『カムカムエヴリバディ』最新情報 タイトルの意味とは?【あらすじ・キャスト】

『カムカムエヴリバディ』サムネ_修正版

2021年後期のNHK連続テレビ小説の制作が発表されました。タイトルは『カムカムエヴリバディ』。人気を博した『ちりとてちん』の藤本有紀が再び脚本を務める本作について、あらすじなど最新情報をお届けします。

目次

2021年後期朝ドラ『カムカムエヴリバディ』制作決定!タイトルの意味は?

2021年後期の朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の制作が発表されました。本作は、2007年に放送され人気を博した朝ドラ『ちりとてちん』の藤本有紀が脚本を担当。また、史上初の3世代ヒロインということでも話題になっています。 この記事では『カムカムエヴリバディ』のあらすじやキャストについて、最新情報をお届けしましょう。

楽しそうなタイトル『カムカムエヴリバディ』の意味は?

本作のタイトル『カムカムエヴリバディ』は、終戦直後の日本で大人気となった平川唯一(ひらかわ ただいち)講師のNHKラジオ英語講座・通称「カムカム英語」のオープニング曲からとったもの。「証城寺(しょうじょうじ)の狸囃子たぬきばやし」のメロディーにのって歌が始まると、日本中の人々が明るい声に励まされました。 そこには、戦後の重苦しい日本を「明るくしたい」という平川講師の願いが込められていたそうです。「カムカムエヴリバディ」の合言葉は、今を生きる私たちの未来をも切り開くパワーワードになる! と願いを込めて、今回の朝ドラのタイトルになったとか。

『カムカムエヴリバディ』のあらすじ【NHKラジオ英語講座が題材】

昭和・平成・令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代それぞれの人生が展開される『カムカムエヴリバディ』。京都・岡山・大阪を舞台に、時代を超えてヒロインたちの日常を描くハートフル・コメディです。 戦争で夫を失くし、娘を置いてアメリカに渡らざるを得なかった安子(やすこ)。そんな母と英語を憎みながらも、るいはジャズソングに救われて自分の道を切り開いていきます。そして彼女の娘ひなたは、時代劇に憧れつつも、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所を見つけていくのでした。 3人はラジオ英語講座を聞きつづけることで、それぞれの夢への扉を開いていきます。

史上初のヒロイン3人!キャストはオーディションで決定

本作が注目を集めている理由の1つは、朝ドラ史上で初めて3人の女優がヒロインを務めるということです。 2020年7月現在、キャストはまだ発表されていませんが、ヒロインのうちの1人はオーディションで選ばれるとのこと。近年はすでにある程度知名度を獲得した女優が朝ドラヒロインを務めることが増えていたので、本作では新人が起用されるのか注目したいところ。 また残りの2人のヒロインや、そのほかのキャストも気になりますね。

脚本は『ちりとてちん』の藤本有紀

本作の脚本を務めるのは、2007年放送の朝ドラ『ちりとてちん』が人気を博した藤本有紀。2005年のドラマ『花より男子』や2012年の大河ドラマ『平清盛』などでも知られるヒットメーカーです。 『ちりとてちん』は、福井県出身のヒロイン(演:貫地谷しほり)が上方落語家を目指す物語で、彼女の体験と落語の内容が重なっていく構成で人気を集めました。また2016年のNHK土曜ドラマ『ちかえもん』では、大阪弁の言葉遊びをふんだんに取り入れ、一風変わったキャラクター設定でも高い評価を受けています。 言葉の流れがよく、遊び心のある台詞が藤本脚本の特徴。「英語」が重要なポイントとなりそうな本作でも、その手腕を期待したいですね。

『カムカムエヴリバディ』は2021年秋から放送開始!続報に注目

2021年後期のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。初の3世代ヒロインや、そのなかの1人がオーディションで選ばれることなど、気になることは尽きません。 ciatrでは今後もキャストなど最新情報をお届けしていきますので、ぜひチェックしてください!