2019年12月4日更新

『ゾンビランドサガ』キャラクター&声優キャストを一挙紹介!屍アイドル・フランシュシュがアツい

『ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best』CD

『ゾンビラドサガ』は、キャラと声優の魅力に溢れた快作です。劇中に登場するアイドルグループ・フランシュシュは、担当声優が実際のステージライブもおこなって大盛況。ここではその魅力について、一覧でご紹介します!

目次

『ゾンビランドサガ』のキャラクター&声優キャストを一挙紹介!佐賀を救うご当地アイドルはゾンビ!?

『ゾンビランドサガ』は、2018年10月から12月にかけて放送されたテレビアニメ作品です。ゾンビとして蘇った少女たちが、謎のプロデューサーのもとご当地アイドルグループを結成。「佐賀県を救う」という使命を掲げ、アイドル活動をしていくという物語です。 劇中でアイドルグループは「フランシュシュ」と名づけられることに。メンバーはさまざまな時代から蘇ったゾンビで、死生観、そしてアイドルに対する考え方も多種多様。正体がバレないように、それぞれ「1号」「2号」など番号で名乗っています。 フランシュシュは、アニメキャラの担当声優6人が実際にステージライブなどもおこなっています。2019年11月には、フランシュシュとして初のベストアルバムも発売。作品人気、声優人気の相乗効果で、ライブイベントも大盛り上がりです。 ここでは、そんな『ゾンビランドサガ』のキャラクターと担当声優について、詳しく解説していきます。

『ゾンビランドサガ』のあらすじ

ゾンビとして蘇った少女たち

2008年のある日、アイドルに憧れる高校2年生の源さくらは、オーディションを受けることを決意。しかし、その応募書類を持ち登校しようと家を一歩出た瞬間、さくらは軽トラックに撥ねられ死亡してしまいます。 次にさくらが目覚めたのは、2018年のとある洋館でした。そこで、過去の記憶がないまま目を覚ましたさくら。周囲には6人の少女がいましたが、それはみな恐ろしいゾンビでした。そして、さくらは自分自身もゾンビであることに気づきます。

アイドルグループ・フランシュシュが誕生!

そこへ巽幸太郎(たつみこうたろう)と名乗る謎のプロデューサーが現れ、7人のゾンビ少女たちにアイドルグループを結成するよう促します。 はじめは幸太郎に言われるがままのさくらたちでしたが、次第に意欲が増していき、グループ名もフランシュシュに決定。歌にダンスにと練習を積んでいきます。 佐賀県内で人気も高まってきたフランシュシュ。ただ、生きた時代も違えば価値観も違う7人だけに、幾度もトラブルが発生します。しかし、メンバーたちは互いに励まし合って危機を乗り越え、結束力も強固に。いよいよ、大会場でのライブへと近づいていきます。

源さくら/声:本渡楓

いつも明るいフランシュシュのセンターポジション

源さくらはフランシュシュのメンバーで、ゾンビ1号と呼ばれます。1991年4月2日に生まれ、2008年4月7日に死亡。享年17歳でした。容姿の特徴は赤毛のロングヘアー。そこに2種類の水玉柄リボンをつけています。メンバー内で最初に自我に目覚めており、当初は生前の記憶がありません。 さくらは、個性豊かなメンバーたちの“潤滑油”として、常に明るく元気にフランシュシュを牽引していきます。しかし、実は激しいネガティブ思考の持ち主。 子供時代には、努力がことごとく報われず自暴自棄になる時期もありました。プロデューサーの巽幸太郎とは、生前に何らかのつながりがあった模様。

さくらを演じるのは、若手の実力派・本渡楓

源さくらを演じる声優は、アイムエンタープライズ所属の本渡楓。2015年に『青春×機関銃』で声優デビューしました。「キャラクター」として歌うことが好きということで、まさにフランシュシュのさくら役にはピッタリ。2019年の声優アワードでは、新人女優賞も受賞しています。

二階堂サキ/声:田野アサミ

仲間思いの特攻隊長

二階堂サキはフランシュシュのリーダーで、ゾンビ2号と呼ばれます。1979年5月15日に生まれ、1997年8月30日に死亡。享年18歳でした。容姿の特徴は、メッシュを入れた金髪のポニーテール。「伝説の特攻隊長」と評されます。生前は、地元の暴走族・佐賀レディースチーム怒羅美(どらみ)の初代特攻隊長でした。 いわゆるヤンキーでガラは悪いですが、仲間思いで情に厚い性格です。ドライブイン鳥など、ローカルネタに精通。かつて九州制覇から全国制覇を目標にしていたこともあり、アイドルとして全国制覇を成し遂げると宣言しています。

サキを演じるのは、マルチ声優・田野アサミ

二階堂サキを演じる声優は、アミューズ所属の田野アサミ。2002年に、ボーカル&ダンスユニット・BOYSTYLEのメンバーとしてデビューしました。その後、タレント、女優、声優と幅広く活動。フランシュシュとしても、サキのキャライメージどおりと大評判です。

水野愛(みずのあい)/声:種田梨沙

現代アイドルの象徴的存在

水野愛はフランシュシュのメンバーで、ゾンビ3号と呼ばれます。1992年3月7日に生まれ、2008年8月4日に死亡。享年16歳でした。容姿の特徴は、黒髪のショートヘアーに黄色の花飾り。「伝説の平成のアイドル」と評され、生前は大人気アイドルユニット・アイアンフリルのセンターでした。 何事もはっきりと口にするタイプで、一時はほかのメンバーがアイドル活動を軽んじているとボイコットする場面も。しかし、その後思い直してフランシュシュの活動に没頭します。レッスン時には、ほかのメンバーを指導する立場。野外LIVE中に落雷を受けて死亡したことから、雷がトラウマとなっています。

愛を演じるのは、人気声優・種田梨沙

水野愛を演じる声優は、大沢事務所所属の種田梨沙(画像右)。声優デビューは2010年で、そのときはエキストラ出演でした。その後、主役級を演じることも多くなり、歌手としても活動。2016年9月に病気療養のため活動休止を発表しましたが、翌年8月に復帰しました。

紺野純子(こんのじゅんこ)/声:河瀬茉希

ストイックな昭和アイドル

紺野純子はフランシュシュのメンバーで、ゾンビ4号と呼ばれます。1964年9月2日に生まれ、1983年12月9日に死亡。享年19歳でした。容姿の特徴は銀髪のショートボブ。一部長い後ろ髪にリボンをつけています。「伝説の昭和のアイドル」と評され、80年代アイドルブームの火つけ役でした。 大人しく控え目な性格ですが、「ステージの上からファンを魅了するのがアイドル」という昭和的プロ意識があります。ファンとの近過ぎる距離には抵抗を示し、チェキ会などは否定。それでも、はじめは反目し合っていた愛とも次第に打ち解け、愛とともにフランシュシュの屋台骨的存在となります。

純子を演じるのは、イケボで評判の河瀬茉希

紺野純子を演じた声優は、アーツビジョン所属の河瀬茉希。声優デビューは2015年で、この『ゾンビランドサガ』が事実上の出世作です。力強い歌声が人気で、女性ながらイケボ声優と話題。歌唱力抜群の昭和アイドル・紺野純子にピッタリと評判です。

ゆうぎり/声:衣川里佳

伝説の花魁は歴史のカギを握った?

ゆうぎりはフランシュシュのメンバーで、ゾンビ5号と呼ばれます。1863年11月23日に生まれ、1882年12月28日に死亡。享年19歳でした。容姿の特徴は、茶髪を赤い布とかんざしで束ねた姿。「伝説の花魁(おいらん)」と評され、幕末から明治にかけて歴史に関わる生き方をしたとのことです。 江戸時代の遊女らしく廓詞(くるわことば)で話し、常に余裕のある佇まいです。ゾンビになったことにもあまり介さず、アイドル活動もマイペース。死因は不明ですが、首に縫い目があることからも壮絶な最期だったと予想されています。

ゆうぎりを演じるのは、ハンサム声優・衣川里佳

ゆうぎりを演じる声優は、WITH LINE所属の衣川里佳(画像右)。声優デビューは2013年です。銭湯めぐりが趣味で、特技は合気道と男っぽさが特徴のひとつ。高い歌唱力を誇り、河瀬茉希とともにフランシュシュを歌で引っ張っています。

星川リリィ/声:田中美海

フランシュシュのかわいいマスコット

星川リリィはフランシュシュのメンバーで、ゾンビ6号と呼ばれます。1999年10月6日に生まれ、2011年11月30日に死亡。享年12歳でした。容姿の特徴はツインテールにした水色の髪。「伝説の天才子役」と評され、生前は全チャンネルのゴールデンタイムで主演を経験しています。 小柄で少女の身なりですが、実は性別は男。本名は豪正雄といい、テレビ好きの父のために芸能界入りしました。しかし、多忙による過労やストレスが蓄積したところに髭が生えたことでショック死。ゾンビ姿の時にハート型の心臓が飛び出しているのは、その名残りでしょう。

リリィを演じるのは、キュートが魅力の田中美海

星川リリィを演じる声優は、81プロデュースの田中美海(画像右)。2012年、「Wake Up, Girls! AUDITION」に合格して芸能活動を開始しました。その後、声優として多くの役を演じ、2017年の声優アワードで新人女優賞を受賞。キュートな声質で大人気です。

山田たえ/声:三石琴乃

唯一目覚めていない謎のメンバー

山田たえはフランシュシュのメンバーで、ゾンビ0号と呼ばれます。誕生日や没年は不明。享年29歳ということだけが分かっています。容姿の特徴は、ボサボサの黒髪に肩出しのワンピース。「伝説の山田たえ」という謎のキャッチが示すように、ただひとり自我に目覚めていません。 常に食欲に満ち溢れており、食べ物を目にすると滝のようなヨダレを流します。うめき声しか出せないため、フランシュシュ内ではダンスパートのみで歌唱には不参加。自分のために世話を焼いてくれたさくらを慕っています。

たえを演じるのは、レジェンド声優・三石琴乃

たえを演じる声優は、フリーの三石琴乃。1989年に声優デビューし、『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎ役でブレイクしました。その後も数多くの作品に出演しているレジェンド声優。山田たえへのキャスティングは、喋らない役だからこそ表現力の高い役者が必要との理由があります。

巽幸太郎(たつみこうたろう)/声:宮野真守

謎のアイドル・プロデューサー

巽幸太郎は、フランシュシュをプロデュースする謎の男。佐賀県を救うべく、ゾンビとして蘇ったさくらたちにアイドル活動をさせていきます。容姿の特徴はサングラスとマントのように羽織ったスーツ姿。常に適当な言動でいいかげんに見えますが、フランシュシュの営業活動は真面目にこなします。

幸太郎を演じるのは、イケメン声優・宮野真守

幸太郎を演じる声優は、劇団ひまわり所属の宮野真守。小学生時代から子役として活動し、声優デビューは高校3年生です。2006年の『DEATH NOTE』で夜神月を演じたことから注目度がアップ。同時に歌手としての活動も盛んになり、マルチに活躍しています。

『ゾンビランドサガ』こそ新感覚のアイドルアニメ!いよいよ2期制作も発表!

イベントやコラボ、その熱は冷めることなし!

『ゾンビランドサガ』のキャラクターとその声優について解説しました。本作は、ゾンビとアイドルの融合という画期的な作品。そこから生まれたフランシュシュというアイドルグループは、アニメキャラの枠をも超え、担当声優たちによってリアルなライブ空間をつくり出しました。 佐賀県も作品に大々的に協力しており、各種イベントに声優陣が参加。カレーメシやサンリオとのコラボも実施され、その熱はまだまだ冷めません。そして、ついに『ゾンビランドサガ リベンジ』のタイトルで2期制作が発表されました!

「復讐という名の続篇」2期放送はいつなのか!?

今のところ『ゾンビランドサガ リベンジ』の放送時期はまだ未定ですが、ファンは2期制作決定というだけで歓喜しています。サガジンの記者への正体バレ、ゆうぎりの過去、幸太郎とさくらの関係、そして「佐賀を救う」という言葉の真の意味は……。多くの伏線を残しているだけに、期待は高まるばかりです。 「復讐という名の続篇」というキャッチは何を意味するのか。2期『ゾンビランドサガ リベンジ』では、さらなるキャラクターの魅力が満載となること間違いなし!