2022年8月10日更新

絶対笑えるギャグアニメおすすめランキング55選!腹筋崩壊コメディが盛りだくさん【2022】

赤塚不二夫 おそ松さん
©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

最近、腹の底から笑えていますか?何かと辛いことが多い現代社会、アニメの中でくらいは全力で爆笑したいですよね。 そこで今回は、絶対に笑えるギャグ・コメディアニメ55選をランキングで紹介します。果たしてギャグアニメのランキング1位は?日々の疲れを吹っ飛ばすほど、全力で笑ってくださいね!

今回は、①笑える度②話題度③ストーリー性という3つの評価基準をもとに作品を分析して順位をつけました。
menu icon

目次

1位『おそ松さん』

おそ松さん 2期
©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

赤塚不二夫の『おそ松くん』の約10年後を描いたギャグアニメ

ギャグアニメのおすすめランキング1位に輝いたのは『おそ松さん』です。赤塚不二夫原作の漫画『おそ松くん』を原案としてアニメで、2015年から2016年まで放送されたアニメです。

主人公・松野家の6つ子、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松は成人しても定職に就かず、親のすねをかじって暮らしています。

仕事運も恋愛運もない個性的な6つ子たちに、友達のイヤミ、おでん屋のチビタ、6つ子たちのアイドル的存在トト子たちが加わり宇宙を巻き込んだ騒動を起こしていく壮大なギャグアニメです。

ここがおすすめ!

本作のポイントは、何と言っても6人の主人公達です。顔は同じでも、6人それぞれにキラリと光る個性があります。ブラックジョークやド派手なギャグが満載で、心温まるストーリーも楽しめるでしょう!

2位『銀魂』

銀魂
(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP

漫画を超えるほどの評価もある大人気ギャグアニメ作品

『銀魂』は空知英秋原作の漫画で2006年から2018年まで、第4シリーズに渡り放送されたアニメです。

江戸時代末期の異星人・天人の襲来から20年後が舞台。剣術道場の跡取り息子でありながらヘタレな性格で、アルバイトをして生計を立てている志村新八は、ひょんなことから風変りな男・坂田銀時と出会い、銀時の経営する「何でも屋万事屋」で働く事になります。

ここがおすすめ!

万事屋の依頼を通して、江戸の町で起こっている不可解な出来事に首を突っ込んでいく銀時と新八たちの人間模様をギャグタッチで描いたドタバタコメディです。また、思いっきり笑える日常系の話から、シリアスで壮大な話まで楽しめることも魅力の1つです。

原作そのままの面白さなので原作ファンの方にもおすすめです!

3位『ボボボーボ・ボーボボ』

ボボボーボ・ボーボボ アニメ
(C)澤井啓夫/集英社・電通・東映アニメーション

バトルかギャグか!?ジャンル不明の超名作!

『ボボボーボ・ボーボボ』は、『週刊少年ジャンプ』で連載していた同名漫画を原作にしたアニメです。そのぶっ飛んだ内容から、今でも熱狂的なファンが後を絶たない作品でした。

マルハーゲ帝国に支配された300X年の地球。皇帝の指令で人類を丸坊主にするため活動する毛刈り隊に、立ち向かう男がいました。本作は鼻毛真拳の使い手であるボーボボとその仲間が、マルハーゲ帝国と戦う不条理ギャグバトルアニメです!

ここがおすすめ!

本作はストーリーだけをみると、完全にバトルアニメであるのが大きな特徴です。幹部との緊張感満載な決闘シーンも、とんでもないギャグで華麗にスルーします。バトルなのにギャグ、ギャグなのにバトル。その新感覚を楽しんでください!

4位『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』

下ネタテロ組織という世界観が面白い!

赤城大空原作のライトノベルがアニメ化された『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』。2015年に放送されました。

舞台は「公序良俗健全育成法」によって、下ネタが消えた日本。主人公・奥間狸吉は、痴漢冤罪になりかけた轟力雷樹を救った事を称えられ、生徒会の一員に。

しかし実は生徒会のほとんどの生徒たちが下ネタテロ組織「SOX」のメンバーで、狸吉も弱みを握られSOXのメンバーになってしまい……。「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」に終止符を打つべく戦う高校生たちの奮闘を面白おかしく描きます。

ここがおすすめ!

タイトルからわかる通り、下ネタのオンパレードである本作。下ネタを規制する世界観自体がギャグで、ストーリーもとんでも展開の詰め合わせです。SOXのトップが美少女の華城綾女であるため、ギリギリ爽やかに観られるアニメとなっています!

5位『宇宙戦艦ティラミス』

見たくなかった!?凄腕パイロットのしょうもない日常

『宇宙戦艦ティラミス』は第22回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を受賞した、同名漫画を原作とするアニメです。2018年に各13話構成で、第2期まで放送されました。

人類が生活圏を宇宙にまで拡大した宇宙歴0156年。人間は2つの勢力に別れ、熾烈な宇宙戦争が繰り広げられていました。最年少にして宇宙戦艦ティラミスのエースパイロットであるスバル・イチノセには、ある悩みがあります。それは集団生活に馴染めず、専用機であるデュランダルに閉じこもりがちであることでした。

ここがおすすめ!

名作ロボットアニメを思い出させる壮大な世界観。宇宙観満載のカッコいい人型戦闘機。そしてコックピット内に散らばる串カツの衣とキャベツ!そのしょうもなさが最高です……!

6位『あそびあそばせ』

女子中学生が遊び人研究会を結成!“美少女×お遊戯コメディ”

2015年からヤングアニマルに連載されている涼川りんのギャグ漫画『あそびあそばせ』が原作。アニメはAT-XやTOKYO MXなどで2018年7月から9月までに全12話が放送されました。

金髪美少女なのに日本生まれで英語が話せないオリヴィア、知的に見える眼鏡っ子なのに英語ができない香純、文武両道なのにリア充になれない華子が、リア充目指して“遊び人研究会”を結成!彼女たちと「あそ研」を取り巻く人々との抱腹絶倒の学園生活コメディです。

ここがおすすめ!

キャラクターの見た目と内面の違い、それに加えて展開されるシュールなギャグや彼女たちの顔芸が引き起こすギャップ萌えにハマること間違いなし。可憐なキャラクターたちが平気で下ネタまでグイグイ入れてくるため、独特の笑いを生み出しています。

7位『戦闘員、派遣します!』

(C)2021 暁なつめ, カカオ・ランタン/KADOKAWA/「戦闘員、派遣します!」製作委員会
(C)2021 暁なつめ, カカオ・ランタン/KADOKAWA/「戦闘員、派遣します!」製作委員会

次なる侵略先を調査せよ!

『戦闘員、派遣します!』は角川スニーカー文庫にて出版された、同名ライトノベルを原作としています。2021年の4月から6月にアニメが放送されました。

大企業でありながら世界征服も企む秘密結社「キサラギ」は、目標達成を目前にある問題に直面していました。それは侵略成功後の、戦闘員リストラ問題です。問題を解決するため地球に似た星に飛ばされた戦闘員六号は、個性豊かな仲間と新たな侵略作戦を開始します。

ここがおすすめ!

本作には可愛い女性キャラが多く登場します。なのでコテコテのギャグではなく、ハーレムアニメっぽさがあるギャグアニメを探している人におすすめです!

8位『ギャグマンガ日和』

歴史的有名人がキャラになっているシュールギャグアニメ

2005年から放送されているアニメ『ギャグマンガ日和』は増田こうすけ作の漫画がアニメ化されたもので、歴史上に実在した有名人物が多数登場する独特な世界観のギャグアニメです。

登場人物や世界観は回によって異なる、1話完結のアニメで、聖徳太子と小野妹子や、松尾芭蕉と弟子のそらとのシュールなやり取りが笑えると評判になっています。

ここがおすすめ!

肩の力の抜けたような絵とシュールな展開が、やみつきになる笑いを届けてくれます。

9位『ヒナまつり』

ヒナまつり
©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

ヤクザ×未来少女!?超能力ドタバタギャグ

原作は大武政夫のSFギャグ漫画『ヒナまつり』で、アニメは2018年4月から6月までにAT-XやTOKYO MXなどで全12話が放送されました。

若手ヤクザ・新田の部屋に、突然未来からヒナと名乗る少女が出現!しかもヒナは超能力者で、その能力を恐れて新田は彼女を追い出せずに同居することに。常識を知らないヒナに振り回されつつも、お互いに協力して信頼を得ていきます。

ここがおすすめ!

ヒナは美少女なのにズボラで非常識だったり、新田は金髪オールバックの若手ヤクザなのに家事全般が得意だったりと、ここにもギャップ萌え要素が!甲斐甲斐しくヒナのお世話する新田が、次第にヒナと本物の親子のようになっていく様子が微笑ましくもあります。

10位『この素晴らしい世界に祝福を!』

この素晴らしい世界に祝福を!
(C) 2016 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば製作委員会 (C)2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会 (C)2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会

異世界転移ファンタジー・コメディ

2013年から角川スニーカー文庫で刊行されている暁なつめによるライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』が原作。漫画が2014年から月刊ドラゴンエイジで連載され、アニメは2016年に第1期全10話、2017年に第2期全10話がTOKYO MXなどで放送されました。

事故死した高校生・佐藤和真が天界で女神アクアに持ちかけられたのは、“異世界への転移”。1つだけ希望するものを異世界へ持っていけると聞いた和真は、なんと女神アクアを連れて行くことを希望し、2人で異世界「アクセルの街」に降り立ちます。

各メディアで幅広くメディアミックスされている人気作!漫画やアニメの他、2017年にPlayStation用ゲームソフトとして発売され、2019年には劇場版『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』も公開されました。

ここがおすすめ!

本作は主人公がチート能力を持たずに転生する、異世界転生の王道から少し外れたアニメとなっています。残念主人公と残念美少女達の日常を描いており、楽しく貧乏な彼らの異世界ライフに思わず憧れてしまうでしょう。ギャグ感はあまり強くないものの、笑いどころ満載な上質コメディアニメです!

11位『生徒会役員共』

生徒会役員共
(C)氏家ト全・講談社/桜才学園生徒会室

シリアス無し!感動無し!下ネタだらけの学園もの

「マガジンSPECIAL」で連載され、「週刊少年マガジン」で連載中の作品です。アニメは第1期が2010年7月から9月まで、第2期が2014年1月から3月まで放送されていました。

少子化の影響で共学となった元女子高・私立桜才学園が舞台。圧倒的な女子の人数の中、男子生徒の津田が生徒会副会長に就任し、生徒会の役員たちと学園生活を過ごす、8割が下ネタの学園コメディものです。

ここがおすすめ!

とにかく下ネタが多いので、作中のほとんどが「ピー音」のオンパレードです。シリアス・感動系がゼロで、ある意味、安定のギャグアニメなのかもしれません。ただ、ひたすらくだらなさで笑いたい人にオススメです。

12位『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』

喪女の切ない日常が笑いと共感を誘う作品

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』は谷川ニコ原作の漫画で、2013年にアニメ化されました。

主人公はモテない女・黒木智子。男子とほとんど離さない中学生時代を過ごし、高校生からはモテモテになってやると思っていた智子でしたが、入学から2カ月経っても彼氏はおろか友達すら出来ず……。

人見知りでモテない女子高校生がモテるようになるまでの、少し切ないけど笑える日常コメディアニメです。

ここがおすすめ!

本作の主人公は陰湿で暗い高校生の代表とも言える女子高生。思春期を過ごした人であれば、誰もが共感できるポイントがあるでしょう。深夜気質のアニメを探している人には、ぜひ観てほしい1作です!

13位『秘密結社鷹の爪』

世界を征服しようとする秘密結社を描く脱力系ギャグコメディ

蛙男商会によるフラッシュアニメが原作の『秘密結社鷹の爪』は2006年から2016年まで放送されている人気ギャグアニメです。

秘密結社鷹の爪団は都内某所にある秘密基地で、毎夜世界征服の計画を企て、いろいろな作戦を考えるものの、正義の味方・デラックスファイターに邪魔をされ失敗続きの日々。そんな彼らの日常を描いたアニメになっています。

ここがおすすめ!

本作は悪の組織サイドの日常を描く、新感覚アニメです。シュールなギャグやメタセリフが満載で、クセになるスピード感で進みます。立場上ツッコミ役がトップであるはずの総統なのも、面白いポイントです!

14位『監獄学園(プリズンスクール)』

監獄学園
(C)平本アキラ・講談社/八光学園裏生徒会

投獄された男子高校生のシチュエーション・コメディ

『監獄学園(プリズンスクール)』は2015年に放送された平本アキラ原作のギャグアニメです。

元女子高で、共学になったばかりの私立八光学園に入学することになった5人の男子生徒。入学して早々女子風呂を覗いた5人。そのせいで裏生徒会に捕まり、懲罰棟に収監されることに……。性的描写や脱獄の計画などを織り交ぜながら突き進む、スクールギャグコメディになっています。

また、2015年にはドラマ化もされ、主人公・キヨシ役を中川大志、裏生徒会長・栗原万里役を山崎紘菜が演じており、原作のファンからも「再現率が高い!」と絶賛されています。

ここがおすすめ!

本作では奇天烈な学園で、男子高校生が奮闘する姿を描いています。脱獄方法や5人のキャラ設定にはツッコミ必須で、お色気シーンもたっぷりとありました。ギャグはもちろんですが、5人の運命をハラハラドキドキと見守る感覚も楽しんでください!

15位『日常』

日常
(C)あらゐけいいち・角川書店/東雲研究所

シュールで笑える!まったり進む日常系コメディ

あらゐけいいちによるコミック作品を原作とした『日常』は、2011年4月から9月まで放送されました。制作は京都アニメーションが担当しています。

時定高校に通う、妄想しがちな女子高生・ゆっここと相生祐子。彼女の周囲にはロボットがいたり、鹿がいたり、歩いていると鮭やこけしが飛んできたりと、シュールかつ不思議なもので溢れていました。一方、東雲研究所に住むはかせや人型ロボット・東雲なの、黒猫・阪本は穏やかな日常を送っていたのでした――。

ここがおすすめ!

のんびりと平和なムードで進む本作。日常系ギャグ作品でありながらも、ストーリーはしっかりと構築されており、飽きることなくあっという間に見終わってしまいます。そして、京アニの安定した作画で描かれているので、安心して見られる作品です。

16位『ぐらんぶる』

大学生活を全力でエンジョイ!酒乱たちが繰り広げるダイビングギャグアニメ

『ぐらんぶる』は、井上堅二原作・吉岡公威作画による漫画があ原作のアニメ。2018年7月から9月にかけて放送されました。

「大学生活」と「スキューバダイビング」が、この作品のキーワードです。主人公の北原伊織が筋骨隆々とした男たちと共に“バカな大学生活”を主に裸で送る姿は爆笑必至。そんないつもふざけてばかりの男たちがいざスキューバダイビングとなると目をキラキラと輝かせ、純粋無垢な子供のようになるギャップは愛らしく感じてしまうかも。

ここがおすすめ!

男たちが送るギャグ感満載の姿が面白い作品ですが、女性キャラクターたちは美少女ばかり。温厚だけどシスコン気味なお姉さんキャラや、ツンデレだけどチョロい幼馴染などなど……。萌え要素も盛り沢山な作品です。

17位『貧乏神が!』

強運の女子高生と貧乏神が繰り広げるギャグコメディ

助野嘉昭作のギャグ漫画がアニメ化され2012年7月から9月まで放送されたテレビアニメです。原作は「ジャンプスクエア」で2008年から2013年にかけて連載されました。

とにかく強運の主人公の桜市子が主人公のこのアニメは、次々に繰り出されるパロディが抱腹絶倒。パロディネタには「ドラゴンボール」「デスノート」「ジョジョの奇妙な冒険」などなど。キャラクターがそれらの登場人物になりきるシーンは笑いどころ満載です。

ここがおすすめ!

人の幸福まで奪ってしまうほどの強運の持ち主である「市子」と奪われた幸福を元に戻すために市子に取り憑く貧乏神の「紅葉」が繰り広げるドタバタコメディが文句なしに楽しめる作品です。

18位『月刊少女野崎くん』

高校生で漫画家の野崎くんを取り巻く学園コメディ

高校生でありながら人気少女漫画家の顔を持つ無口な男子高校生、野崎梅太郎とヒロインで同じ高校に通う佐倉千代が繰り広げる学園コメディ作品です。

学園でも人気の野崎に恋心を抱いていた佐倉、ある日佐倉は勇気を振り絞り野崎に告白するが、何を取り違えたか佐倉は漫画のアシスタントになってしまいます。無口で無愛想、漫画の事しか頭にない野崎に振り回される佐倉ですが、同じアシスタント仲間や野崎の家族など親しくなっていきます。

ここがおすすめ!

ほとんど進展が見られない2人はもちろん、彼らを取り巻く友人たちの恋愛関係も焦ったくて応援したくなる作品です!

19位『男子高校生の日常』

男子高校生のリアルな日常を綴ったギャグアニメ

舞台は男子高校「○×県立真田北高校」で巻き起こる出来事をコミカルに描いた日常系ギャグ漫画です。

男子高校ということで男性のキャラクターが多く、女性も登場していますが、恋愛とは無縁のストーリーが主体。主人公3人は勉強嫌いでどちらかと言うとダラダラ過ごすタイプ。リアリティのある日常の描写は観るものを懐かしい気分にさせます。

そして本作は、実写映画化されています。2013年公開のこの作品は主演のタダクニ役に菅田将暉の他、野村周平、吉沢亮が仲良し3人組を演じています。

ここがおすすめ!

木の棒で遊んだり、友達の妹のスカートを履いたり履かなかったり。本作ではバカな男子高校生特有の空気感を、リアルに描いています。わかりやすいギャグというより、思わずクスッと笑ってしまうアニメが観たい人は必見。男子高校生はこういう生き物なのです。

20位『聖☆おにいさん』

誰もが知る神たちの誰も知らない現世ライフ

『聖☆おにいさん』は、『モーニング・ツー』にて2022年8月現在連載中の同名漫画を原作とするアニメ映画です。2013年に公開された作品で、2018年から2020年に実写ドラマも公開されています。

無事に世紀末を乗り越えた、仏教の神であるブッダとキリスト教の神であるキリスト。そんな2人は現実世界に舞い降り、密かに立川にあるアパートでルームシェアをしていました。神である2人は、人間の異文化を楽しんでいるのです。

ここがおすすめ!

本作には2人を含め多くの神が登場しますが、神々しさは全くありません……!あくまで舞台は東京。堅く古いイメージがある神たちが現世に降り立ち馴染む姿は、ギャップ満載で思わずクスッとしてしまいます!

21位『侵略! イカ娘』

人間を侵略するしようとやってきたイカ娘のドタバタコメディ

『侵略! イカ娘』は安部真弘の漫画が原作で、2010年に放送されたアニメです。

人間たちが海を汚す事に激怒したイカ娘は、人類を侵略すべく陸上にやってきました。しかし、初めての侵略地のターゲットにした海の家「れもん」で何故か働く事になり、初めての陸での生活を楽しみはじめるイカ娘。

人類侵略にやってきたイカ娘と、海の家「れもん」の周りの人々が繰り広げるギャグコメディとなっています。

ここがおすすめ!

侵略しに来たはずのイカ娘が、つい楽しんでしまう姿は可愛く見ていて癒されます。SFギャグアニメの代表である本作。癒し要素のある日常形のコメディアニメが好きな人は、ぜひ観てみてください!

22位『天才バカボン』

ギャグ漫画の王様・赤塚不二夫の代表的コメディ作品

『天才バカボン』は赤塚不二夫の漫画が原作で、1971年から2000年まで、計4回のアニメシリーズが放送されているアニメです。

ストーリーは、自由人のパパと優しいママ、少しおバカな長男・バカボンと次男で天才のハジメの4人家族と、近所の人々が織り成すドタバタが笑いを誘う日常ギャグアニメです。

原作者の赤塚不二夫は1962年に『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』で、一躍人気作家になり、その後1967年には『天才バカボン』が脚光を浴び、伝説的ヒットを残しました。

ここがおすすめ!

過激な描写の多かった原作と比べると、アニメ版はよりコメディタッチで見やすいストーリーに大幅に書き換えられており、原作よりもギャグ要素が強めになっています。

23位『SKET DANCE』

生徒を助ける「スケット団」を描いた学園ギャグアニメ

開盟学園高校が舞台の学園コメディアニメ、2011年4月から2012年9月まで77話に渡り放送されました。

主人公のボッスン(藤崎佑介)とヒメコ(鬼塚一愛)、スイッチ(笛吹和義)の3人は、「スケット団」と呼ばれる学園の何でも屋的な集団のメンバーです。

学園で起こるトラブルや相談事など何でも請け負う3人ですが、いつも騒動に巻き込まれる様子をコメディタッチに描いています。

ここがおすすめ!

個性の強い3人(驚異的な集中力・キャンディー好きの武闘派・パソコンオタク)が繰り広げる物語には、長台詞のギャグやパロディなど見どころ満載の楽しいアニメです。

第26話は人気アニメ『銀魂』とのコラボストーリーです。

24位『カッコカワイイ宣言!』

地獄のミサワによるカッコかわいいキャラのギャグアニメ?

1話完結のショートストーリ―のアニメです。シュールなブラックギャグが多いこの作品は毎回登場人物が変わりますが、主人公となるのは「かおちゃん」という女子高生です。

かおちゃんは真面目な女子高生の様な風貌ですが、実は自信過剰で腹黒。天然キャラを装い人気がありますが、敵対している友人にはつばを吐きかけるなど態度が豹変する特殊キャラです。

ここがおすすめ!

声に出さない独り言のようなセリフがブラックで面白くつい笑ってしまいますが、やってることはかなりドギツイ事が多々あります。そんな意表を突かれるキャラに観はじめるとついついハマってしまうコメディアニメです。

25位『はたらく魔王さま!』

はたらく魔王さま!
(C)和ヶ原聡司/アスキー・メディアワークス/HM Project

6畳一間に住む魔王のフリーター生活を描いた日常系コメディ

魔界の王サタンと悪魔大元師のアルシェルは、人間界に侵攻しようとしますが、勇者エミリアに阻まれます。

異世界の門に逃げ込んだ2人が辿り着いたのは何故か東京、そんな悪魔界の2人は真奥貞夫・芦屋四郎と名乗り人間に姿を変え地球征服を企みます。六畳一間風呂無しアパートを根城に真奥貞夫・芦屋四郎が始めたのはなぜかファーストフード店のアルバイトでした。

ここがおすすめ!

元悪魔が人間界でアルバイトとして働くというちょっと変わったストーリーが面白い本作品。主人公ら2人の掛け合いや案外と真面目なキャラが、どこか笑える庶民的な雰囲気を醸し出すおすすめの爽やかコメディアニメです。

26位『坂本ですが?』

クーレストな高校生に脱帽してしまう!

クールでスタイリッシュな高校生・坂本が、入学早々からその変わった行動により注目を浴び、何故か彼の行動がすべてパーフェクトかのように見えてしまう、という日常系学園ギャグストーリーです。

全体的に驚くほどのくだらなさ(褒め言葉)とコメディ感で溢れています。

ここがおすすめ!

授業で行う反復横跳びが「秘技・レペティションサイドステップ」と呼ばれたり、「パシリ」が「おもてなし」に変わったり……クールを越えてクーレストと呼ばれる坂本から目が離せなくなってしまいます。

27位『漁港の肉子ちゃん』

漁港の肉子ちゃん
@2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

漁港を舞台にした母娘の感動物語!

直木賞受賞作家の西加奈子による同名小説を、あの明石家さんまの企画・プロデュースでアニメ映画化した作品です。物語は、男に騙されてばかりの母・肉子ちゃんと、小学5年生とは思えないほどしっかり者な娘・キクコという親子が、漁港で新しい暮らしを始めるところから動き出します。

ここがおすすめ!

肉子ちゃんとキクコのそれぞれのドラマがていねいに描かれていて、笑えるだけでなく泣ける作品です。心あたたまる作品が観たいという人におすすめ!クライマックスにはどんでん返しも待っているので、ぜひラストへ向かっての展開にも注目してみてください。

28位『女子高生の無駄づかい』

女子高生の無駄づかい
(C)ビーノ/KADOKAWA/女子高生の無駄づかい製作委員会

キャラの濃い女子高生が贈る学園コメディ

ビーノによるコミック『女子高生の無駄づかい』。『ニコニコ静画』で連載が開始し、その後には商業化され、2021年12月現在は『コミックNewtype』にて連載中の作品です。2019年7月から9月にはアニメ化され、2020年には実写ドラマも放送予定になっています。

少し残念な女子高生が集まったさいのたま女子高校。そこへ通う、かなりおバカな田中望、漫画家志望の菊池茜、頭脳明晰で無表情な鷺宮しおりの3人は、女子高生らしい青春を浪費しながら日々を送っていたのでした――。

ここがおすすめ!

個性が強いキャラクターとテンポの良いストーリーが魅力的。思わず吹き出してしまうようなシュールな笑いもあり、見ていると元気が出ます。脱力感もあって、ゆるっと見られる作品ですよ。

29位『ポプテピピック』

第4の壁をブチ破る女子高生の超ド級ナンセンス

大川ぶくぶによる4コマ漫画のブラックコメディで、2017年までにまんがライフWINでシーズン3まで掲載されました。アニメはTOKYO MXやBS11などで2018年1月から3月までに全12話が放送されました。

14歳のポプ子とピピ美のナンセンスな日常を描いたギャグアニメで、1980年代後半からのアニメやゲーム、ドラマなどのパロディが満載!公式が率先して「クソアニメ」と呼ぶなど自虐ネタもエッジが効いています。

ここがおすすめ!

主人公のポプ子とピピ美の声優が毎回変わっていることも驚き!各話どころか前半と後半の各パートごとに違う声優が担当し、三ツ矢雄二と日高のり子や、古川登志夫と千葉繁など、大御所たちの共演も大きな話題となりました。

30位『荒川アンダーザブリッジ』

御曹司とホームレスの常識外れなラブコメディ

2004年から2015年まで「ヤングガンガン」で連載していた長編漫画で、アニメは2010年4月から6月まで第1期が、2010年10月から12月まで第2期が放送されました。

世界トップ企業の御曹司の市ノ宮行が、荒川で溺れかけた時にニノと名乗るホームレス少女に助けられ、恩を返す代わりに「恋人」になります。そして、ニノが住む荒川の橋下で生活するうちに、同じく橋下で暮らす一風変わった人々と関わっていきます。

ここがおすすめ!

ニノをはじめ、常識から外れた人物がたくさん登場します。全体的にギャグ要素が多く、良いテンポでストーリーが展開していくので、アニメを見たら漫画も読破したくなるほどハマってしまうこと間違いなしです。

31位『斉木楠雄のΨ難』

ベタなギャグでも、ついつい笑っちゃう

「週刊少年ジャンプ」で連載中のギャグ漫画で、2016年7月から12月までアニメ放送されていました。2018年1月から6月にかけて第2期が放送され、同年12月には完結編が放送されるほどの人気を博しました。

テレパシーや予知能力、瞬間移動などのあらゆる超能力の力を持つ主人公・斉木楠雄が、能力を隠しながらひっそりと生活をしようとしているのにも関わらず、楠雄の周りに集まってくる様々な人間や生き物によって、事件や災難に巻き込まれるストーリーです。

ここがおすすめ!

テンポのいい展開とベタなのに笑えるギャグが満載で、大人から子供まで気軽に楽しめます。

32位『ガヴリールドロップアウト』

ガブリールドロップアウト ガヴリールドロップアウト
©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

人間界で過ごす天使と悪魔のゆるふわギャグストーリー

『ガヴリールドロップアウト』は、うかみによる同名漫画が原作の2017年アニメ作品。

天使として超優等生で、非常に優しい心を持っていた主人公「ガヴリール」は、天界の天使学校を首席で卒業。更なる修行のため人間界へやってきました。しかし、そんな超優等生の彼女は、人間界で「ゲーム廃人」になってしまい引きこもりに。

気付けば優しい心も蝕まれ「全ての人を幸せにする」という夢も「人類なんか勝手に滅んでください」に変化。しかしそんな彼女を、悪魔の友達・ヴィーネが献身的に介護し、なんとかやる気を出してもらおうと画策しているさまが微笑ましいです。

悪魔なのに天使みたいな優しさを見せるヴィーネと、かつて神童とまで謳われた天使なのに自称・駄天使と化したガヴリールの日常を描いた、ゆるふわギャグコメディ作品です。

ここがおすすめ!

人間ではあるあるであるゲーム中毒からの廃人ルートを、まさかの天使で描いた本作。神童と呼ばれたガヴリールも、駄天使となった彼女も可愛く見惚れてしまいます。騒々しいギャグではなく、ゆるゆるな日常系コメディが好きな人におすすめです!

33位『WORKING!!』

アニメ『WORKING!!』
©高津カリノ/スクウェアエニックス・「WORKING!!」製作委員会

個性的なキャラたちによるファミレスバイトコメディ

「ヤングガンガン」にて連載され、アニメは第1期が2010年4月から6月まで、第2期が2011年10月から12月まで、そして第3期が2015年7月から9月まで放送されるほどの人気を持つアニメです。

北海道某所にあるファミリーレストラン「ワグナリア」を舞台に、そこで働く店員たちが繰り広げるファミレスバイトコメディ。主人公を含め、個性的で誰ともかぶらないような性格の店員たちによる日常を描いています。

ここがおすすめ!

本作は馴染みの深いファミレスという場所と、馴染みのないキャラのギャップを楽しめるアニメです。作中に登場する人物は奇天烈ですが、しっかりとゆるい日常系アニメに落とし込んでいます!

34位『僕は友達が少ない』

残念な美少女たちの宝庫

“残念系青春ラブコメ”というキャッチコピーのライトノベルで、「はがない」の略称で呼ばれています。アニメは2011年10月から12月まで第1期が、2013年1月から3月まで第2期が放送されていました。

聖クロニカ学園に転校してから、外見のせいでヤンキーと思われ友達ができない羽瀬川小鷹が、同級生の三日月夜空と出会い、彼女が所属する「友達を作る部活」通称・隣人部に入部し、残念な性格のため友達がいない美少女たちと学園生活を楽しむストーリーです。

ここがおすすめ!

エア友達と会話する少女や女王様気質、中二病や「しんのおとこ」を目指す少女まで、可愛いのに“残念”なキャラクターたちがたくさん登場します。日常っぽいのにどこか非現実なところにドはまりすること間違いなしです。

35位『らき☆すた』

『らき☆すた』
(C)美水かがみ/らっきー☆ぱらだいす

オタク女子たちによる日常系アニメ

美水かがみによる4コマ漫画で、他の漫画やアニメのマニアックな用語や作品などをオタク系女子がおもしろおかしく日常に用いている作品です。

元はページの穴埋めに掲載しただけでしたが、可愛い女の子が偏見なくオタク用語を使っている部分に人気となりました。

ここがおすすめ!

登場人物たちがみんな萌え系で可愛いのに、オタク要素が満載で、ネタを知っている人なら誰もが「あるある!」と頷いてしまうようなものがたくさん詰まっています。個性的で表情豊かなキャラクターたちに、ほんわかしてしまう作品です。

36位『よんでますよ、アザゼルさん。』

かわいい見た目とは反する驚きのブラックコメディ

久保保久が原作のアニメ『よんでますよ、アザゼルさん。』。2011年に放送されました。

探偵の芥辺に誘われ、芥辺探偵事務所で働きはじめた女子大生の佐隈りん子。しかし、実は芥辺には「悪魔探偵」としての知られざる裏の顔がありました。ある時、芥辺が依頼を受け、グリモアという魔術書から悪魔・アザゼルを召喚。しかしそれはなんととても下品な悪魔でした。

変わったキャラクターの悪魔たちと、芥辺探偵事務所に訪れる人々を描いたドタバタコメディです。

ここがおすすめ!

探偵事務所が舞台の本作ですが、ミステリー要素はありません。ツッコミどころ満載のギャグのオンパレードです。そのうえ可愛らしい見た目とは裏腹にブラックジョーク、セクハラ、グロが大量なので、衝撃を受けないように注意してください……!

37位『上野さんは不器用』

不器用な天才少女と鈍感少年のラブコメディ

『ヤングアニマル』にて連載中の、tugenekoによるコミック作品『上野さんは不器用』。さわやかなエロが描かれていると話題になった同作を基に、2019年1月から3月にはアニメ化もされました。

とある中学校の科学部長・上野は、後輩かつ部員・田中に想いを寄せていました。しかし彼は天然でどこか抜けており、上野の好意に全く気付くことがありません。そこで彼女は独自の発明品を駆使し、部員・山下の協力も得ながら、彼の気を引こうと試みるのでした――。

ここがおすすめ!

天才でヘタレな上野と鈍感な田中のラブコメを中心に展開されるこの作品。基本的に1話完結型で、上野の発明品はかなり斬新なものばかり。下ネタ要素強めですが、ぶっ飛んだストーリー展開でついつい見入ってしまうコメディアニメです。

38位『ディーふらぐ!』

主人公以外のキャラの個性が強すぎる

小さな不良グループのリーダー・風間堅次は、たまたま通りかかった「ゲーム製作部」の部室から火災が発生しているところに遭遇。なんとか消火に成功したと思ったら、強制的に入部させられてしまいます。

とにかくクセの強い部員たちや他の不良グループたちとドタバタの学校生活を過ごしていくストーリーです。

ここがおすすめ!

風間は不良なのに、部活内では一番常識人で、他の部員たちのボケに鋭いツッコミをいれていくのですが、とてもテンポが良くて笑えます。部員たちやモブキャラの個性が強すぎるので、思わず主人公に同情してしまうような作品です。

39位『生徒会役員共*』

大人気下ネタギャグアニメの第2期ここに爆誕!

「生徒会役員共*」は、2010年に放送されたアニメ『生徒会役員共』の第2期です。2014年の1月から3月に放送されていました。

女子高から共学になった桜才学園で、2年生になった津田タカトシは昨年と同じように生徒会長の天草シノに呼び止められます。制服の着崩しを怒られている中、次々と生徒が登校して来ました。しかし今年入学したタカトシの妹であるコトミが遅刻してしまいーー。

ここがおすすめ!

学年が繰り上がり、新キャラも登場する第2期。本作を象徴する強烈な下ネタも1期に負けず劣らず健在です。いつも通り生徒会の異常な日常を描いているので、ぜひ1人で観てください!

40位『ケロロ軍曹』

おバカな宇宙人たちによる失敗だらけの地球侵略の日々を描く

「月刊少年エース」で連載中の漫画です。アニメは『機動戦士ガンダム』シリーズで知られるサンライズが制作し、2004年4月から2011年4月まで放送され、2010年4月から2011年4月まで『ケロロ軍曹乙』が放送されました。

地球侵略を目論む宇宙人(ケロン人)のケロロ軍曹が、地球の日向家に居候しながら、日々作戦を練っては失敗するドタバタコメディアニメです。

ここがおすすめ!

子供向けに見えますが、他のアニメのパロディやオマージュも含まれているので、大人も楽しめます。

41位『ちおちゃんの通学路』

テンポ良く描かれる登下校ギャグストーリー

『ちおちゃんの通学路』は「月刊コミックフラッパー」にて川崎直孝が連載していた漫画作品で、2018年7月から9月にかけてアニメが放送されました。

主人公は女子高生の三谷裳ちお(みやもちお)。いつも遅刻ギリギリな彼女の登下校にはトラブルが付き物でした。遅刻ギリギリという焦燥感を利用したテンポの良さが、本作の大きな特徴です。

不良のバイクを目の前で傷つけてしまったり、ホームレスのおじさんに絡まれたり……。キャッチコピーの“エクストリーム登校コメディ”に恥じぬ「登校」で発生するありとあらゆるハプニングやトラブル。三谷裳ちおが一体どう切り抜けるのかを楽しむことのできる、ドタバタギャグコメディです。

ここがおすすめ!

また、ゲームが大好きな「三谷裳ちお」の独特な感性にも注目。1,000円を超えると「ゲームが買える……」とつい比較してしまいがちな金銭感覚は、共感できる人も多いかもしれません。

42位『うちのメイドがウザすぎる!』

ロシア系美少女と元自衛官のホームコメディ

月刊アクション連載の中村カンコによるホームコメディ漫画『うちのメイドがウザすぎる!』が原作で、アニメはAT-XやTOKYO MXなどで2018年10月から12月までに全12話が放送されました。

高梨ミーシャはロシア人の血を引く少女で小学2年生。ある日新しい家政婦の鴨居つばめが家にやって来ますが、なんと彼女は元自衛官でド変態級の幼女好き!ミーシャとつばめのドタバタ・ホームコメディが始まります。

インドア派のミーシャと、前職の知識を活かして家政婦の仕事をバリバリこなすつばめの両極端なキャラクターの対決が見どころ。つばめの奇妙な言動に辟易しながらも、逆にそのおかげで不登校を克服したり登山などのアウトドアを体験したりと、性格も明るく変化していく様子が描かれます。

ここがおすすめ!

本作は何と言ってもミーシャが可愛い!外見や言動がとにかく可愛らしく、子供が登場するほのぼのコメディが好きな人は特におすすめです。わかりやすいギャグはあまりないですが、つばめとの対決にクスッと笑ってしまう日常アニメでした!

43位『うる星やつら』

うる星やつら
(C)高橋留美子/小学館

全世界・宇宙を巻き込んだドタバタラブコメディー

昭和を代表するギャグアニメ『うる星やつら』。無類の女好き・諸星あたると、宇宙人の嫁(自称)・ラムを筆頭に、個性溢れる登場人物たちが繰り出すドタバタで、はちゃめちゃなラブコメアニメです。

とにかく何でもあり。常識では考えられないような事件や、ミラクルな出来事がどんどん起こります。

ここがおすすめ!

話数が多いのに話がかぶる事はなく、すべてにギャグ満載で飽きさせません。時折入れてくるシリアスな展開との高低差には、病みつきにさせられます。

44位『アホガール』

アホ過ぎるヒロインが周りを巻き込んでいく

『アホガール』は、ヒロユキによる同名マンガが原作のアニメ作品。2017年に放送されました。

タイトルの通り「アホ」な女の子の花畑よしこが壮絶なおバカっぷりで周囲を巻き込んでいくドタバタコメディ。勢いで突っ走る彼女を全力で止めにかかろうとするものの、結局みんな騒ぎに巻き込まれてしまいます。

花畑よしこはどうしようもなくアホだけれどどこか憎めない、むしろ応援したくなってしまう、そんな不思議な魅力を持つキャラクターです。

ここがおすすめ!

全体を通し登場人物全員とにかくテンションが高いというのも特徴。あまりのバカっぷり、テンションの高さに笑わされると、悩みがちっぽけに思たり吹き飛んでしまうかもしれません。

45位『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』

ギャグアニメ

奇想天外な格闘技のシュールなストーリー

1998年アニメ化されたうすた京介原作のギャグストーリー漫画です。

「セクシーコマンドー」は、意味不明の掛け声と謎の動きで相手をビックリさせその隙を狙う格闘技らしいのですが、ほとんど意味不明。わかめ高校に転校してきた転校生と、花中マサルが周囲の変態友達と奇行に明け暮れるTheギャグアニメです。

ここがおすすめ!

わかめ高校で繰り広げられるハチャメチャなストーリーと超変わり者のキャラ達がシュールな笑いを誘います。

46位『鬼灯の冷徹』

鬼灯の冷徹
(C)江口夏実・講談社/「鬼灯の冷徹」第弐期製作委員会

地獄のドSに胸キュン?!

講談社の「モーニング」にて連載中の漫画で、2014年1月から4月までアニメ放送されていました。

舞台は戦後の地獄。人口が爆発的に増え、悪霊たちが凶暴化してしまった地獄では、獄卒たちの人手不足に悩んでいました。そんな状況であたふたする閻魔大王に代わり、有能な人物「鬼灯」がドSっぷりを見せながら、地獄をまとめ上げていくストーリーです。

ここがおすすめ!

バリトンボイスの鬼灯がとにかくカッコいい!冷徹なドSっぷりですが、なぜか笑えてしまうシーンが多々あります。地獄が舞台なのに暗くなく、むしろほのぼのとした世界で、そのギャップに引き込まれてしまいます。

47位『ぶらどらぶ』

女子高生と吸血鬼によるドタバタな日常!

『攻殻機動隊』や『機動警察パトレイバー』で知られる押井守が総監督、原作、シリーズ構成を務める作品。2021年2月から各種動画配信サービスで配信されていて、7月からは地上波放送もされる予定の最新アニメです。

物語の主人公は、献血をこよなく愛する女子高生・絆播貢(ばんばみつぐ)。彼女はひょんなことから、ルーマニアからやってきた吸血鬼マイ・ヴラド・トランシルヴァニアと出会い、自分の家に住まわせることになります。

気弱で人を噛むことができないというマイのため、貢は「献血部」を立ち上げることにするのですが……。

ここがおすすめ!

勢いが凄まじいうえに、ギャグシーンがこれでもかと詰め込まれているので、気付けば作品のペースに呑み込まれています。気楽に観られる作品を探している人におすすめ。登場人物たちのキャラの濃さも要チェックです!

48位『となりの関くん』

ひたすら机の上でのひとり遊びを追及するコメディアニメ

2010年から「月刊コミックフラッパー」にて連載中の漫画で、2012年の「全国書店員が選んだおすすめコミック」では4位を獲得するほどの人気を誇る作品です。アニメは2014年1月から5月まで放送されていました。

授業中に教師の目を盗んでひとり遊びをしている男子生徒・関と、彼の行動を観察し、時には妨害したり参加する女子生徒・横井の物語です。

その、関のひとり遊びがぶっ飛んでいるのです。机の穴でゴルフなどありきたりなモノはもちろん、ひとり将棋やチェス、ドミノ倒しをしたり、さらには砂金採りなど、ひとり遊びを超越したものばかりです。

ここがおすすめ!

机の上でのひとり遊びが、実は無限の可能性を秘めている事がわかると共に、次はどんなひとり遊びを始めるのか気になってしまう作品です。

49位『ワンパンマン』

ワンパンマン サイタマ
(C)ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

最強すぎて逆に笑えてくるアクションコメディアニメ

どんな敵でも一撃(ワンパン)で倒してしまうヒーロー・サイタマが主人公のアクション系アニメです。もともとはウェブ漫画でしたが、2014年から「となりのヤングジャンプ」にてリメイク版が連載されています。

イラストとタイトルを見ただけで、あの子供向けヒーローアニメを思い出させられますが、かなりブラックジョーク的な要素が多いので子供向けではありません。

ここがおすすめ!

主人公の一撃で終わってしまう最強設定はもちろん、あまりにも強すぎるがために無気力になってしまうサイタマや、次々に登場する個性的なキャラクター達のドタバタっぷりが魅力です。

50位『しろくまカフェ』

リアルな動物たちが人間社会に馴染んでいる日常ギャグアニメ

「月刊フラワーズ」で連載されていた漫画で、2012年から2013年まで1年間アニメ放送されていた作品。

カフェを営むしろくまを筆頭に、そのカフェに集まってくる様々な動物や人間達に繰り広げられる、日常系ギャグストーリーです。

ここがおすすめ!

動物たちが普通に人語を喋って社会に溶け込んでいるのに、何故か動物園で働いているという設定や、ほとんどの動物がそのままの名前で呼ばれている部分などが面白いです。また、動物たちは漫画風のデフォルメではなくリアルに描かれていますが、忠実な動きひとつひとつがなぜか可愛く見えくるほど、魅力的な作品です。

51位『ダンベル何キロ持てる?』

『ダンベル何キロ持てる?』
(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

女子高生によるほのぼのギャグアニメ!

原作サンドロビッチ・ヤバ子と作画MAAMが贈る、コミック作品の『ダンベル何キロ持てる?』。2019年の7月から9月にはアニメ化もされました。

とにかく食べることが大好きな女子高生・紗倉ひびきはある日、太ったと指摘されたことを機にジムに通うことに。そこで美人優等生・奏流院朱美と出会い、ひびきは筋トレの世界へと深く足を踏み込むことになるのでした。

ここがおすすめ!

美少女キャラたちが筋トレに励む、日常系ほのぼのアニメである本作。強めのギャグ要素もあり、マッチョキャラなど登場人物も個性も豊かで、見どころ満載です。さらに、正しいトレーニング方法などの解説もあり、筋トレを始めたい方にもおすすめの作品ですよ。

52位『アフリカのサラリーマン』

動物たちが日本的社会で奮闘するコメディ作品

pixivコミックの『ジーンピクシブ』にて連載中の、ガムによるコミック作品。同原作を基に、2019年10月から12月には全12話構成でアニメも放送されました。

アフリカの大手企業に勤めるライオン、オオハシ、トカゲ。食物連鎖やサバンナなど関係なく、日本的社会と化した社会で働く3人は、人間以上に厳しいサラリーマン生活を送っていました。そんなアニマル会社員が奮闘する、日常コメディ作品です。

ここがおすすめ!

多種多様な動物たちが登場する本作は、ブラックジョークを含みながら進むドタバタコメディ。パロディや時事ネタが登場しながらも、サラッと気軽に見られる作品です。声優陣が豪華なのも魅力の1つですよ。

53位『じょしらく』

女の子の可愛さをただ楽しむ日常系ギャグアニメ

『さよなら絶望先生』を手掛けた久米田康治とヤスによる落語漫画で、「別冊少年マガジン」で連載中の作品です。2012年7月から9月までアニメ放送されていました。

女子による落語を題材とした作品ですが、日常の些細な事やどうでもいい事などをふんだんに詰め込んだ日常系ギャグアニメです。

ここがおすすめ!

落語が全く分からなくても話はのみこめるので、気兼ねなくサクッと観られるのが本作の魅力。登場する女の子たちがひたすら可愛いので、のほほんと出来る作品です。

54位『這いよれ!ニャル子さん』

ヒロインがひたすらデレるラブコメ作品

ライトノベルから人気に火が点き、アニメ化となった作品です。ある夜、道で怪物に襲われた高校生・八坂真尋は、謎の少女に助けられます。しかし、彼女は宇宙人で、真尋が他の宇宙人に狙われているため、護衛するためにやってきたのです。そんなニャル子がひたすらデレるラブコメ作品です。

SFバトルも取り込みながら、恋愛体質なキャラクターたちが集まる日常系ストーリー。クトゥルフ神話が題材になっているので、少し難しい用語もありますが、展開の勢いとテンポが良いので難なく観る事が出来ます。

ここがおすすめ!

本作は笑いながらもキュンキュンできる、ラブコメ作品です。恋愛面が多く描かれるのでラブ要素も強いですが、もちろんドタバタコメディも楽しめます。ギャグ色の強いラブコメ作品が好きな人は、ぜひ1度観てください!

55位『瀬戸の花嫁』

勢いが凄まじいドタバタラブコメディー

『瀬戸の花嫁』は木村太彦による漫画原作のアニメで、2007年に放送されました。

人魚の瀬戸燦(せとさん)は、人間に姿を見られたら“どちらかが死ぬ”か“結婚する”という掟のもとに生活していました。

彼女はある日、溺れていた主人公・満潮永澄(みちしおながすみ)を助け出します。2人は掟に従い結婚を決断したものの、永澄の父とその仲間たちが大反対。なんとかして「人魚」を殺そうとしてきます。

特殊な状況に置かれた2人と、その周囲を描くドタバタラブコメディ作品です。

ここがおすすめ!

ヒロインである人魚・瀬戸燦もとても可愛らしく、彼女の活躍ぶりが見どころになっています。2000年代初頭の作品ですが全く古さを感じさせない、色褪せない“笑い”を感じられるでしょう。

笑えるおすすめギャグ・コメディアニメで元気チャージ!

何気ない日常が突然“何か”によって壊されて、ドタバタの非日常が始まるといったシュールな日常系ギャグアニメが、やはり今も昔も大人気なようですね。 古くは『うる星やつら』や『天才バカボン』、最近では『ヒナまつり』や『おそ松さん』など、いつ見ても面白いドタバタでシュールな笑いは脈々と受け継がれています。 ギャグアニメには日々の鬱憤を晴らしてくれるパワーがあります。これからもそんな何気ない日常をぶち壊してくれるような、パワフルなギャグアニメが生まれてくることを期待していきましょう!