2019年12月11日更新

『まちカドまぞく』の魅力を全巻ネタバレ紹介!魔法が飛び交うほっこり日常系

まちカドまぞく

ある日突然、闇の一族として目覚めた女子高生を中心に展開される『まちカドまぞく』。4コマ漫画の日常系ファンタジー作品で、2019年にはアニメ化もされました。今回はそんな本作のネタバレを紹介します。

目次

『まちカドまぞく』とは?大人気の4コマ漫画が原作

2014年より連載スタートした、伊藤いづもの4コマ漫画作品『まちカドまぞく』。2019年12月現在も絶賛連載中で、単行本は第5巻まで刊行されています。また、アニメ化もしており、TBSの深夜アニメ枠のアニメリコにて、2019年7月~9月まで放送されました。

メインキャラを紹介!

主人公は、ある日突然闇の力に目覚めたシャミ子こと吉田優子。家族4人で月4万円生活を送っている貧乏女子高生で、この貧乏の呪いなどを解くために魔法少女を倒そうと企てます。そんな彼女のトレードマークは、巻き角と尻尾です。 褐色の肌と片側折れた角が特徴のリリスは、シャミ子のご先祖様。普段は像に封印されていますが、時にシャミ子の夢に現れることもあります。 世界を救ったこともある強き魔法少女・千代田桃は、いつもシャミ子を気にかけてくれる女の子。髪にハートの飾りをつけており、変身した後の姿はフレッシュピーチと呼ばれています。 助っ人魔法少女として現れたのは、髪がオレンジ色の陽夏木ミカン。過去のとある出来事から、動揺すると周囲の人にささやかな困難が訪れる呪いを発動してしまいます。

『まちカドまぞく』の魅力は“ほっこり”できるところ

『まちカドまぞく』の魅力といえば、日常作品ということもあり、ほんわかとした優しい雰囲気に包まれているところです。特に、主人公の名前が優子であることも関係しているのか、シャミ子の純粋でまっすぐな性格に思わずほっこりします。また、コメディ要素もあることから、クスっと笑えるようなシーンも多くあ登場します。 しかし、キャラクターによる日常が淡々と描かれているだけではありません。緻密に計算された物語や散りばめられた伏線も魅力的。さらに、4コマ漫画でありながら情報量も非常に多く、読み応え抜群なのもポイントです。

『まちカドまぞく』1巻あらすじネタバレ

吉田優子はある朝、夢に現れたご先祖のお告げによって闇の力に目覚めます。それにより角と尻尾が生えて慌てる優子ですが、吉田家は闇の一族の末えいであることを教えられ、光の一族である魔法少女によってさまざまな呪いがかけられていることを伝えられます。 呪いの1つには、家族4人で月4万円生活という現実的な呪いも。そして、呪いを解くためには魔法少女の生き血を邪神像に捧げなければならないとのこと。そこで優子はシャドウミストレス優子、通称シャミ子として魔法少女を倒すために活動を始めるのでした。 早速活動開始したシャミ子ですが、ダンプカーに轢かれる危機に陥ります。そこで助けてくれたのは、魔法少女・フレッシュピーチこと千代田桃。初っ端から魔法少女に出会い、さらには同じ学校へ通っていることが判明するのでした。しかし筋トレ好きでかなり強い桃に敵うことはなく、シャミ子は逆に特訓してもらうことに……。

『まちカドまぞく』2巻あらすじネタバレ

魔法少女の生き血を少しだけ吸収し、呪いが軽くなった吉田家。少し裕福になり、ご先祖の声も聞こえやすくなりました。しかし一方で血を取られた桃は少し弱体化してしまうのでした。 そこへやって来たのは、助っ人魔法少女・陽夏木ミカン。彼女は嬉しくても悲しくても関係なく、動揺すると関わった人にささやかな困難が降りかかる呪いにかかっていました。そこでその呪いを克服するために、ミカンはシャミ子とホラー映画を観に行くも上手くいかず……。 そんな中、シャミ子の家へ桃がやって来たことにより、吉田家の過去や闇一族と魔法少女の関わりについて徐々に明らかになっていくのでした。

『まちカドまぞく』3巻あらすじネタバレ

少しずつ闇落ち始めた桃にさらに追い打ちをかけようと、果たし状を出したシャミ子。放課後に決闘するつもりで呼び出すも、桃はただ遊びに行くのだと勘違いし、一緒にショッピングモールへ行くことになるのでした。 そんな中、桃と一緒に暮らしていたミカンがシャミ子の住むアパートへ引っ越してくることに。しかしそれを知った桃も、ご先祖に煽られて同じアパートに住むことになります。 そして、引っ越してきた記念としてすき焼きパーティをしていたところ、シャミ子の父の物が封印されている箱が、ミカンの実家の工場のものであることが判明。そこでシャミ子と桃とミカンは工場へ向かうことに。そこでシャミ子は父がかつて使っていたステッキを見つけるのでした。

『まちカドまぞく』4巻あらすじネタバレ

さまざまな出来事が立て込み、丸1日休みになったシャミ子は1人でお祭りに出かけます。しかし1人ではやはりつまらないから帰ろうとしたところ、桃とミカンと出会い、夏祭りを楽しむのでした。 夏休み中のシャミ子ですが、宿題が全く終わっていなかったため、桃と一緒に取り組むことに。将来の夢をテーマに書く作文はなかなか進まず苦戦し、日記は記憶にある日だけ少しずつ埋めていくシャミ子たち。そして、なんとか宿題を終わらせることができたのでした。 後日、シャミ子と桃は一緒に動物園に行くことになります。桃のリクエストで、シャミ子は本気で作ったお弁当を準備することになっていましたが、出来上がりは地味に。そこでバイト仲間のリコに手伝ってもらい、どうにか完成します。その後なんやかんやとメンバーが増え、シャミ子と桃以外の人々も集まって一緒に動物園に行くのでした。 そんなある日、桃が気づいたら闇落ちしてしまい、魔力の制御ができなくなってしまう事態に……。

『まちカドまぞく』5巻あらすじネタバレ

ミカンに憑りついていた呪いのが解け、原因となっていたウガルルが彼女の体から出てきました。そんなウガルルですが特にやることもなく、雇ってもらうためにシャミ子とミカンと共に純喫茶あすらへ向かいます。しかしシェフでもあるリコはスランプ気味とのことで、店は閉まっていました。 そんな中、失敗作である魔力料理たちが共食いしあい、冷蔵庫が独りでに動き始めてしまう事態に。一同ピンチかと思いきや、ウガルルが冷蔵庫ごと食べて、その場はおさまります。しかしこの一件でお店は壊れてしまい、ウガルルは働き始める以前にクビになってしまうのでした。 ある日、等身大の依り代が欲しいとねだるご先祖のために、シャミ子や桃は新しいものを作り始めます。どうにか完成し、現世に再び舞い降りることになったご先祖。現世を満喫するもどうやら予定を積めすぎたようで、お疲れのようす。

そこでシャミ子はご先祖をキャンプに誘います。さらに他にも人を呼び、みんなでキャンプをすることに。しかしそこで事件発生。飲み過ぎたご先祖を介抱していたところ、シャミ子は川へ焼酎を流してしまいます。その後、シャミ子は山の主である蛟に連れ去られてしまい、空間に閉じ込められてしまう事態に。 その後は抜け出すことに成功するも、ご先祖が依り代のまま現世に残り続けることになってしまいます。さらには、ご先祖は毎月ゴミ拾いとお供えもすることになってしまうのでした。

『まちカドまぞく』の今後の展開にも注目!アニメ2期にも期待

2019年12月現在も連載中の『まちカドまぞく』の1~5巻までのネタバレを紹介しました。 アニメでは原作の2巻までの物語が描かれており、さらにはまだ連載が続いていることから、アニメ第2期が制作される可能性も非常に高いでしょう。これからも、コミックでもアニメでも、シャミ子たちの日常を見続けていたいですね。気になる方はぜひチェックしてみてください。