2019年12月12日更新

「青春ブタ野郎」桜島麻衣は存在が消える!?超人気女優の抱える悩みとは

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

アニメ版「青春ブタ野郎」に登場する桜島麻衣は、本作のメインヒロイン。超人気女優として活動していますが、悩みを抱えており、それがきっかけで「思春期症候群」を発症してしまいます。本記事ではそんな桜島麻衣の魅力や悩みについて、徹底解説します。

目次

「青ブタ」メインヒロインの桜島麻衣は超人気女優!才色兼備な女子高生【ネタバレ注意】

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』ヒロインの桜島麻衣(さくらじままい)は、12月2日生まれのAB型。身長165cmで、黒髪のロングヘアーという見た目です。作中では人気女優として活動しています。 主人公の梓川咲太(あずさがわさくた)と同じ峰ヶ原高校に通う3年生であり、物語序盤は芸能活動を休止していました。しばらくして活動を再開しますが、成績は優秀なままをキープします。 住んでいるマンションは、咲太の自宅の真向かいにあるところ。一人暮らしをしており、家事だけでなく料理もできるうえ、幼い頃から芸能活動をしていたこともあって礼儀正しさも身につけています。 ※本記事では「青春ブタ野郎」シリーズのネタバレ情報を扱っています。注意して読み進めて下さい。

桜島麻衣には義理の妹が!義姉のことが大好きな地下アイドル

桜島麻衣の両親は離婚をしており、父親は別の女性と関係を結びました。その結果、彼女には豊浜のどか(とよはまのどか)という義妹がいます。 豊浜もまた芸能活動をしており、地下アイドル「スイートバレット」のメンバーとして活躍中。好きなものには“桜島麻衣”を上げるほど、義姉のことが大好きです。 一方で麻衣も豊浜のことを大切にしています。子役として忙しい日々を送る中、彼女から送られたファンレターに励まされ、全ての手紙を大切に保管しているほど。 2人は思春期症候群によって身体と中身が入れ替わるという事象に見舞われました。その際、麻衣は豊浜に冷たい態度を取っていましたが、厳しく接している反面で義妹のことを気にかけている様子が描かれています。

存在が消える!?桜島麻衣が発症した思春期症候群

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』で描かれた最初の思春期症候群が、桜島麻衣が発症した「存在が消える」というものでした。 有名女優として活動している麻衣は、気まぐれで水族館に遊びに行きます。周りは魚に夢中だったのだろうと思っていましたが、すれ違いに人とぶつかっても、誰も麻衣のことに気づきません。 すると麻衣は、図書館でバニーガールの格好をしてみます。しかし、公共の場で派手な格好をしているにも関わらず、麻衣の存在に誰も気がつきませんでした。ただ唯一、梓川咲太だけは彼女に気づきます。 麻衣の存在が消えていく様子が、時間が経つにつれて酷くなる一方に。やがて街中の人の記憶から消えていくだけでなく、実の母ですら麻衣のことを忘れてしまいます。

思春期症候群を発症した原因

桜島麻衣の思春期症候群は、彼女の願いが実現したものと言えます。 ことの発端は中学生の時、母親に無理やりグラビアの仕事を押し付けられたことでした。それ以来、母との関係が悪くなってしまい、その当てつけに芸能活動を休止します。 また、学校では2学期から普通に通い始めましたが、すでにクラスにはグループやコミュニティが形成されていたため、麻衣の居場所がありませんでした。その結果、学校になじめず孤立してしまいます。 この2つの出来事と、自分のことを知らない遠くの世界へ行きたいという願いによって、麻衣は周りから認知されなくなる思春期症候群を発症してしまいます。 梓川咲太がこの問題を解決するために取った行動は、“空気と戦う”というもの。全校生徒がいる場所で麻衣に盛大な告白をすることで、彼らに桜島麻衣という存在を認知させます。 その結果、麻衣は無事に存在を取り戻すことになりました。

「青ブタ」主人公・梓川咲太(あずさがわさくた)との関係は?

物語の主人公である梓川咲太とは、同じ峰ヶ原高校に通う先輩後輩の関係にありました。桜島麻衣にとって彼は、少し生意気な後輩という印象でしたが、思春期症候群の一件を経て付き合い始めます。 しかし麻衣は女優業を復帰してから、CMやドラマの出演など多くの仕事が舞い込みました。恋愛をしたい年頃の少女ではありますが、なかなか咲太と一緒に過ごす時間を作れません。 ただ学校にいる時は、2人で一緒にお昼を食べるなどカップルらしい様子もあります。女優業を大切にしている一方で、咲太と長く一緒にいたいという想いを持っている様子。 付き合い始めてしばらくすると、咲太との関係がスキャンダルとして報じられることに。結果的には相手が一般人であること、さらに麻衣の応対や監督のひと言により、世間は温かく見守ろうという空気感になりました。 それからは人目を避けつつ、咲太の家に通って料理を作るという日々を送ります。

桜島麻衣も普通の女の子!他の女性に嫉妬する一面も

桜島麻衣は梓川咲太よりも1学年上の先輩。そして芸能界で女優として活動してきた自負から、年下の男の子に対して余裕のある態度で接しようと努めています。 クールに接しているように見えますが、心の内側では咲太と会う時の服装で悩んでいるという乙女な側面も。また、咲太を年上らしく常にリードしようとしているため、予想外の展開に弱気になってしまう様子もあります。 そんな麻衣は咲太の周りにいる女性たちに妬いている様子。特に彼の初恋相手である牧之原翔子(まきのはらしょうこ)に関しては、かなりの警戒心を働かせており、2人で一緒にいる時間を許そうとはしません。 古賀朋絵(こがともえ)や双葉理央(ふたばりお)の思春期症候群を解決しようとする際も、麻衣は自分ではない人を優先することに嫉妬します。 こうして見ると、麻衣は余裕のある大人の女性を装っていますが、実はごく普通の女の子らしい感情を持っていることが分かりますね。

桜島麻衣に思わず惹かれてしまう可愛いシーン3選!

子役時代から活躍を続け、物語が始まってからも人気女優として高い知名度を持っている桜島麻衣。芸能人というステータスに目がいきがちですが、彼女が普通の女の子だということを知るとまた違った魅力が見えてきます。 ここからは、麻衣が登場する数多くのシーンから厳選して、思わず可愛いと思ってしまうシーンを紹介。思わず麻衣の可愛さに惹かれてしまうこと間違いなしです。

教室で咲太と弁当を食べる桜島麻衣

桜島麻衣は思春期症候群が解決すると、梓川咲太と2人で過ごす機会が増えていきます。しかし形式上のカップルであり、そのため咲太は毎日欠かさず彼女に告白をしていました。 ところが麻衣は、毎日同じセリフを聞き続けていたことでときめかなくなります。すると咲太は、愛想を尽かれてしまったという流れに持ち込み、やがて「次の恋を探します」と宣言。 急な失恋のショックを受けた彼に驚きを感じた麻衣は、焦って励ましていきます。すると咲太の思惑通りにことが運び、麻衣はOKを出しました。 また、2人でお弁当を食べているシーンでは、麻衣の茶目っ気のある様子が描かれています。キスをすると麻衣が言い出すと、咲太は驚きもあって身構えました。しかし麻衣は咲太にキスをせず、玉子焼きを彼の唇にあててからかっています。 このように、教室でお弁当を食べる麻衣には、大人の女性として咲太をからかう様子と、年相応の女の子である様子が両方楽しめます。

添い寝をする桜島麻衣

双葉理央の思春期症候群では、梓川咲太が彼女を家に泊めることになりました。桜島麻衣は双葉への嫉妬心からこれを許さず、自分も一緒に泊まると言い出します。 初日の夜、リビングで寝ていた咲太の目の前に、麻衣が添い寝をするためにやって来ます。それは恋人らしいことがしたいという事は勿論、芸能活動を再開したためしばらく一緒に過ごせないことへのお詫びでもあります。 添い寝をしながら麻衣は咲太に、時と場所といい雰囲気だったらいつでもキスをしていいと言いました。しかし咲太は緊張からか、キスをするよりもおでこをぶつけてしまい、キスができません。 普段は麻衣が咲太をリードしている姿が描かれています。そんな麻衣も、心のどこかで男の子にリードされたいという想いを持っていることが見えるシーンです。

梓川咲太の力になれた桜島麻衣

劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』での桜島麻衣は、恋人である梓川咲太に訪れる運命を知り、助けようと行動を起こします。 クリスマスイヴの夜、梓川咲太が交通事故に遭って死ぬ未来を、桜島麻衣は身を挺して回避させました。轢かれそうになった咲太を突き飛ばして、代わりに麻衣が車に撥ねられてしまいます。 咲太は身代わりになった麻衣を救うため、牧之原翔子の協力を得て過去に戻ることに。なんとか交通事故が起きる数時間前に戻れた咲太は、そこで生きた麻衣と再会することができました。 麻衣は死ぬ運命にあった咲太を救えたという事実に涙を流します。TVアニメシリーズでは彼のそばにいましたが、力になれたと実感できずにいたのです。 初めて彼女として力になれたこと、そして何よりも、大好きな咲太が生きているということに涙ながらに喜びます。麻衣がどれだけ咲太を大切にしているのかが感じられるシーンです。

原作でも未達成!?桜島麻衣のキスシーンについて

桜島麻衣と梓川咲太の初めてのキスシーンは、お弁当を食べている時の麻衣が咲太の頬にキスをした時ですが、これをキスシーンと呼ぶには少し無理があるかもしれません。 しかし、実は麻衣いわく、咲太が眠っている時にキスをしたと言っています。それはアニメ第3話の部分で、麻衣のことを忘れないよう眠らずにいた咲太が、彼女によって薬で眠らされた後のことのようです。ただ、原作の方でも具体的なシーンがないため、麻衣が咲太をからかっているだけの可能性があります。 咲太は麻衣から時と場所を選んで良い雰囲気であれば、キスをしても良いと言われています。ですが、何度か絶好のシチュエーションが訪れても、未だに2人はキスをしていません。咲太に原因がある時もあれば、麻衣がそれとなくはぐらかしているためです。 相思相愛のカップルではありますが、果たして2人のキスはいつになるのか……。2人の今後に注目です。

アニメ版「青春ブタ野郎」の桜島麻衣を演じた声優は誰?

桜島麻衣の声を担当しているのは瀬戸麻沙美。『ちはやふる』綾瀬千早や『マクロスΔ』ミラージュなどのキャラクターを演じています。 中学生の頃からアニメを見て過ごしており、次第に声優という仕事に興味を持つように。高校在学中にシグマ・セブンのオーディションを受けると、見事に合格して2010年から声優業をスタートさせます。 声優として初めて受けたキャラクターオーディションは『放浪息子』でしたが、そこで準主人公である高槻よしの役に抜擢。新人ながら演技指導や指示を出す必要がなかったと、関係者スタッフに驚きを与えたそうです。 また、『HUNTER×HUNTER』クラピカ役でオーディションを受けていたところ、『ちはやふる』のスタッフの目に止まって綾瀬千早役が決まっています。 監督など番組関係者から高い評価を受けている声優の1人で、毎年様々な作品で瀬戸麻沙美がレギュラー出演していることからも分かるでしょう。

「青春ブタ野郎」THE・可愛い先輩の桜島麻衣、咲太との今後に注目!

『青春ブタ野郎シリーズ』において、作中を通して登場し続けている桜島麻衣。人気女優らしくカッコいい大人の女性という雰囲気がありますが、ふたを開けてみると、年相応の女の子であることが分かります。 梓川咲太との会話では、麻衣がどれだけ彼のことを好きなのかが垣間見えます。他の女性への嫉妬だけでなく、咲太をからかっている様子など、いずれも可愛いと感じるシーンばかり。 クールでありながら可愛いところを覗かせている彼女の姿を見れば、間違いなく夢中になるでしょう。