2019年12月23日更新

『HUNTER×HUNTER』ノヴの悲惨な変貌ぶりが語り草に!念能力や人物像を解説

モラウ ネテロ ノヴ ハンター hunter

『HUNTER×HUNTER』キメラアント編に登場するハンター、ノヴ。ネテロの信頼を受けて討伐隊に選ばれたノヴのキャラクター性や能力、大きく変わってしまった悲惨な姿などについて解説していきます!

目次

『ハンターハンター』ノヴの人物像・念能力などを解説!まずはプロフィールから【ネタバレ注意】

ノヴは、『HUNTER×HUNTER』のキメラアント編で登場するキャラクターです。モラウとともに、キメラアント討伐隊のハンターとしてネテロに連れてこられて初登場をはたしました。 黒髪に黒スーツ、メガネと、『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターとしては珍しいいかにもフォーマルな服装が特徴的です。ちなみに、ネテロの連れてきたハンター一行でなぜかノヴだけはフルネームが明らかになっていません。 ※この記事では、『HUNTER×HUNTER』キメラアント編に関して、一部ネタバレに触れています。読み進める際はご注意ください。

ノヴの性格は?パームをいなす男前

ノヴはそのフォーマルな見た目通りに、冷静沈着で丁寧、紳士的で知的なキャラクターをしています。しかし決して感情に乏しいわけではなく、仲間のことを考えたりする思いやりも持っています。 それは弟子であるパームと接する時も同じで、冷静に一定の対応をしながら信頼している様子も見せており、かなり扱いづらそうなパームに対してもうまく取り扱っているようです。 ちなみに、パームはノヴに対して好意を寄せているようですが(ゴンに対して好意を寄せていた時期もありました)、悲しいことにノヴがそれを気に留めている様子は全くありません。

ノヴの念能力・技を解説!

ノヴは具現化系にあたる念能力者だと言われています。空間を扱うという、ハンターの中でも一風変わった能力を持っているため重宝されているようです。キメラアント討伐隊に抜擢されたのも、その利便性ゆえなのだとか。 ここでは、そんなノヴの使う念能力について紹介します。

4次元マンション(ハイドアンドシーク)

念でマンションのような空間を作り、そこに人や物質を転送させることができるという能力です。マンションは4階建てで21室、そのうちの1室は物専用の部屋で、他の部屋には1つずつ現実世界に戻る扉があるなど細かく設定されています。

窓を開く者(スクリーム)

先に紹介した「4次元マンション(ハイドアンドシーク)」を応用した能力です。両手のひらを合わせて開くことで、手の間に念空間への入り口を作り出します。その入口に触れた部分を念空間に飛ばすことによって、相手の部位を切断するなどといった方法で用いられます。

王宮に潜入したものの離脱……。実際の強さは?

ノヴは単身キメラアントの王宮に潜入する任務を行っています。それはノヴの能力「4次元マンション(ハイドアンドシーク)」で、王宮内に転送ポイントを作るためのものでした。 なんとか潜入は果たすものの、そこでシャウアプフの念に触れ恐怖を感じたノヴはそこで引き返しています。そこでノヴが受けた恐怖は、あまりのショックで黒髪だったものがあっという間に白髪へ変わってしまうほどのものでした。 心が折れたノヴは、精神力が左右する念の戦いでは戦力とならないため、前線からリタイアすることになってしまいます。 そのため、あまり戦闘での活躍はなかったノヴですが、潜入の際には遭遇した兵隊キメラアントを音もなく瞬殺するほどの強さを見せています。また難易度の高いキメラアント討伐の任務にネテロがノヴを連れてきたことやパームの師匠であることからも、本来高い実力を有しているのでしょう。それもあり前線からの離脱は残念でした。

恐怖でハゲたノヴの姿に読者騒然!

先に紹介したとおり、ノヴはショックで黒髪が白髪になってしまいますが、ノヴの不幸はそれで終わりませんでした……。 ゴン達ハンター一行がキメラアントの本拠地へ突入した際、前線からリタイアしたノヴは自軍の本拠で待機しているものと思われました。しかし仲間のことを心配してのことでしょう、ノヴも遅れてキメラアントの本拠に乗り込んでおり、瀕死状態となっていたシュートを助けています。 しかしそれだけのショック状態でなおキメラアントの本拠地に乗り込んだため、そのあとノヴがナックル達と会った際には、ノヴの頭頂部からは完全に髪が抜け落ちた状態となっていました……。 限界状態にありながらも仲間のためを思いキメラアントの本拠地までやってきたノヴの男気は、その姿とともに印象に残るものでした。

アニメ『ハンターハンター』でノヴを演じた声優は三木眞一郎

アニメでノヴの声を演じているのは、声優の三木眞一郎(みきしんいちろう)。三木眞一郎は東京都出身で、1968年3月18日生まれのベテラン声優です。 1989年に声優デビューしてしばらくは大きな役がなかったものの、1994年に「バーチャファイター2」で主人公結城晶を担当し、1997年には人気アニメ『ポケットモンスター』のコジロウ役を演じたことで人気声優の仲間入りを果たしました。 先に紹介した以外で三木眞一郎が演じた代表的なキャラクターを紹介すると、『機動戦士ガンダムOO』ロックオン・ストラトス役、『銀魂』坂本辰馬役、『ドラゴンボール超』ザマス役、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』ロイ・マスタング役、『BLEACH』浦原喜助役、『鬼滅の刃』竈門炭十郎役、『エルシャダイ』(ゲーム)イーノック役などを演じています。 また、洋画ではマット・デイモンなどの俳優の吹き替えを担当しています。

ノヴは結局ハゲたままなのか?戦闘で本領発揮する機会はあるのか?今後の登場に期待!

ここまでノヴについて紹介してきました!主にキメラアント編で活躍したノヴですが、その後、暗黒大陸編でもわずかに登場しています。 そこでは以前と違い帽子をかぶった姿で描かれていますが、帽子で隠れない側頭部などから髪の毛が生えていないため、おそらく悲しいことにハゲてしまったままでしょう。 しかし、もともとの顔立ちが端正なので、ノヴはハゲてしまっても案外イケてるのではないでしょうか。またノヴの能力は戦略的にもきわめて強力なので、暗黒大陸でも有用だと思われます。その姿も含め、今後のノヴの活躍にも期待です!