2019年7月4日更新

【2019最新】「ハンターハンター」キャラ強さランキングTOP20 最強は誰だ!?

ハンターハンター

週刊少年ジャンプ連載のバトル漫画『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』に登場するキャラクターの中で最強は誰なのか!?2019年の最新TOP20をランキング形式で紹介します。

『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』のキャラ強さランキング!2019年最新版

1998年から週刊少年ジャンプで連載を続けている、ファンタジー・アドベンチャーとバトル要素を持つ漫画『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』。度々休載されるにも関わらず、長い間その人気が衰えることはなく、2019年6月時点で36巻までが刊行されています。 連載開始の翌年1999年には日本アニメーションによってテレビアニメ化し、全62話が放送。それ以降はOVAで第3期まで制作されています。また2011年からはマッドハウス制作で2度目のテレビアニメ化となり、2014年までに全148話が放送されました。2013年と2014年には劇場版も公開されています。 漫画・アニメともに長年人気を維持し続けている「ハンターハンター」の魅力といえば、やはりバトルに特化したキャラクター造形。今回は登場キャラの強さをエピソードから比較し、ランキング形式で紹介していきます。 ※この記事では2019年現在までの「ハンターハンター」の内容に触れています。ネタバレには十分気を付けてください。

20位:ビスケット=クルーガー

ゴンとキルアの師匠

画像中央がビスケット=クルーガー

ビスケット=クルーガー(ビスケ)は、グリードアイランド編でゴンとキルアに修行を付けたハンターです。彼女は実年齢が57歳であるにも関わらず、少女のような可愛らしい見た目をしています。 少女の姿をしているときは、本当の実力が出ていないにも関わらず、その状態でもゴンとキルアが苦戦したビノールトをたやすく倒してしまいました。念能力は魔法美容師(まじかるエステ)という、対象を回復させる能力です。 「ボマー」の一人バラと戦った際も、本来のムキムキの姿になって瞬殺しています。彼女はアイザック=ネテロの直弟子で、ウイングの師匠という経歴を持ち、作中でもかなり強い人物であることは間違いありません。 そのうえ念の扱いも一流ですが、鍛え抜かれた体だけで敵を倒してしまうため、彼女の本領は未だ発揮されていません。そのため20位という順位に留まることに。

19位:ベンジャミン=ホイコーロ

カキン王国の第1王子

ベンジャミン=ホイコーロは、カキン王国の第1王子です。王位継承戦には意欲的に乗り出しており、王に即位した後は世界制覇をしようと企んでいます。 壺虫卵(こちゅうらん)の儀を行う前から念能力を使えていたことから、王子の中でも指折りの強さを持っていると思われます。短気な性格とは裏腹に優れた知能と冷静な判断力も持ち合わせており、王としての器も兼ね備えています。 彼の能力は「星を継ぐもの(ベンジャミン・バトン)」。ベンジャミンに忠誠を誓った者が死ぬと、その能力を彼が受け継ぐことが出来ます。しかしその条件は、カキン国王軍を卒業していて、ベンジャミンに忠誠を誓っていること。 これが「制約と誓約」に当てはまるとすれば、かなり限定的な人物からしか能力を引き継ぐことはできません。しかし、念能力は制約が強ければ強いほど、能力も強力になります。ベンジャミンは王位継承戦においてキーパーソンの一人になること間違いなしでしょう。 もう少し彼の強さが明かになれば、もっと上位にランクインするかもしれません。

18位:ハルケンブルグ=ホイコーロ

兵を統一し発するオーラは最大級

ハルケンブルグ=ホイコーロは、カキン王国の第9王子です。王子の中では最も真面目で秀才な人物で、15歳の時に世界最高峰の大学を修了しています。理想主義者の彼は、王になった後は国の政治を変えることを目指しており、国内外からの支持を集めています。 彼の能力は、自らのオーラを弩(いしゆみ)に変えて放つというもの。この攻撃は相手に外傷を与えるようなものではなく、相手の「意志」を奪うという力を秘めています。攻撃を発動する際には、ハルケンブルグの部下の肉体を犠牲にしますが、その代わりに相手を自分の部下にできるという恐ろしい能力です。 また、守護霊獣の力によってもう一つの能力が付与されています。彼の部下には、手の甲にのような刻印が印され、この刻印を持つ者が集まって統一された意志を持った時、彼らの放つオーラは「あらゆる能力の中で最大級」のものになると説明されています。 この2つの能力を組み合わせれば、より自分に忠義を尽くす部下を増やしていき、どんな相手も無血で従わせることが出来ます。また、最大級のオーラを保持するのならば、高い戦闘力も持つはず。ハルケンブルグ個人というよりも、集団で最大の効果が発揮されそうな力ですが、能力の強さでランクインです。

17位:クラピカ

どの系統でも100%の力を引き出せる強者

クラピカは、ゴンやレオリオとともに第287期ハンター試験に合格した、賞金首ハンター。盗賊集団「幻影旅団」に全滅させられたとされる少数民族クルタ族の生き残りです。ゴンたちと別れてからは組織を作りボスとなりますが、その後十二支んに加わることになりました。 普段は具現化系の能力者ですが、クルタ族が持つ「緋の眼」が発動すると特質系能力者となり、全ての能力の精度が100%になる「絶対時間(エンペラータイム)」を使うことができます。具現化系能力では多様な能力をもつ鎖を創り出すことができ、頭の回転も速いため頭脳戦でも能力を発揮します。 彼の能力は基本的に、幻影旅団に対しての効果が最大限発揮されるものです。しかしながら、「絶対時間(エンペラータイム)」を自由に発動することができ、どんな系統の相手にも対応できると思われます。一秒につき一時間寿命が減る、という制約もありますが、それを差し引いても能力者としてはかなり強い人物と言えるでしょう。

16位:カイト

ゴンのハンターへの道を切り開いた一人

カイトは、ジン=フリークスの弟子で、生物ハンター。ジンからの「ジンを探し当てる」という最終試験の途中、くじら島で幼い頃のゴンと出会っています。 彼の念能力は「気狂いピエロ(クレイジースロット)」。1から9までの数字と連動した能力があり、ルーレットによってランダムに武器が具現化します。キメラアントの師団に出くわした際は、2番の大鎌が具現化し、師団を一瞬で全滅させました。 しかしカイトによれば、2番の能力はハズレだそう。もっと強い能力があることが予想されましたが、キメラアントの調査を行っている時、ネフェルピトーに右腕と首を切断されて死亡。すべての能力は見せませんでした。 カイトは死んだものの、「死んでたまるか」と強く念じたときに一度だけ発動するスロットによって、キメラアントに生まれ変わっています。転生後は女性になり、一人称は「あたち」。 念能力が全て明かされておらず、判断材料が少ないためにこの順位にとどまりました。本当の実力でいえば、もっと上位のキャラクターだと思われます。

15位:ギンタ

ヒソカにつけられた点数は90点

画像右奥がギンタ、左奥はボドバイ

ギンタは十二支んの一人で、密漁ハンター。丸々とした巨体と、アフロが特徴的なキャラクターです。 彼はハンター協会の前会長アイザック=ネテロを慕っており、パリストンが会長に立候補した際には最も怒りをあらわにしました。 彼に関しては、能力や強さが描写されたシーンはありません。しかし、強さを示す大きな基準となるのが、ヒソカの採点。ヒソカは総選挙で多くのハンターが一堂に会している場で、一人一人の強さを精査していました。彼によれば、ギンタは90点です。 そもそも十二支んは、ネテロに実力を認められたハンターで構成されていることから、メンバーの強さも協会屈指のものだと思われます。なおかつ、ヒソカの採点ではイルミが95点だったので、彼に近い実力をもっていることが見込まれるのです。 そのため未知の実力ながら、ヒソカの採点を基準にランクイン。

14位:ボドバイ=ギガンテ

十二支んの最古参で最も会長に近い男

ボドバイ=ギガンテは、十二支んの中で最も古参のメンバー。限られた人物しか達することのできない三ツ星(トリプル)ハンターの一人です。 彼もギンタと同様に、強さが描かれた描写はありません。今回の選定の基準となったのは、総選挙編において「名実共に最も会長に近い男」と評されたことです。 ギンタがヒソカの採点で90点とされていますが、ボドバイは採点されていません。しかし、十二支んの中で最も会長に近い実力を持つならば、彼の方がギンタよりも強いのでは?という期待も込めて、ランクインです。

13位:ツェリードニヒ=ホイコーロ

生まれ持った邪悪な素質

ツェリードニヒ=ホイコーロは、カキン王国の第4王子。彼は邪悪な人物で、パーティに来ている女性をピックアップして次々に殺人を楽しむ、という猟奇的な一面が描かれています。 彼は王位継承戦のなかで念能力の存在を知り、テータから指導を受けています。その才能はまさに天性のもの。念の習得スピードは、超人的なものでした。水見式で系統を調べたときに特質系だと判明しますが、水が淀んで腐っていくような変化が現れ、彼の能力のおぞましさを想像させました。 そんな彼に念を教えるのは危険だと判断したテータは、彼を銃撃します。しかし「絶」をしていたツェリードニヒの能力が発動、彼は10秒先の未来を俯瞰し、自分が死んだ未来を無かったことにしてしまいました。 彼の能力は未来に自分だけが干渉し、改変できるというもの。それだけではなく、彼を守る守護獣は、ツェリードニヒに対して嘘や敵意を向けた人物に対して、何かしらの罰のようなものを与えるようです。詳細は分かっていませんが、発砲したテータの顔面半分がただれてしまいました。 この能力は、これまでに既出のものの中でも、最強レベルのものです。彼が念能力を極めたら、どれほどの人物になってしまうのか見ものですね。しかしツェリードニヒはまだ念を覚えたてで、他の念能力者との戦闘もしていないためこの順位で様子見です。

12位:フェイタン=ポートオ

中国語でキレたときの強さが尋常じゃない

画像左奥がフェイタン

フェイタンは、幻影旅団の一人です。全身黒づくめで、細い目と語尾に「ね」を付けるのが特徴のキャラクターです。 普段は仕込み傘を使って戦いますが、キメラアント編までは目立った戦闘シーンは見られませんでした。しかし、旅団メンバーの出身地である流星街(りゅうせいがい)にキメラアントのサザンが現れると、実力の片鱗をみせます。 彼が放った能力は「許されざる者(ペインバッカー)」。自分が受けた痛みやダメージに応じてオーラが肥大化し、攻撃に転じます。技の内容や威力などは、受けたダメージによって変わるとの説明があるため、いくつかの技があると思われます。 対サザン戦で放った技は「太陽に灼かれて(ライジングサン)」。防熱効果があるコートを具現化して身にまとい、灼熱の炎を創出します。その炎は太陽を彷彿させるほど巨大で、堅い外殻に覆われているサザンを消し炭にしてしまいました。 受けたダメージが大きいほど威力が上がる能力ということで、まだ彼の本領は発揮されていないと思われます。しかし今のところ、旅団の中でクロロの次にその常人離れした強さを明かしているためにランクインです。

11位:イルミ=ゾルディック

念を込めた針を刺して「針人間」を量産

イルミ=ゾルディックは、暗殺一家ゾルディック家の長男。ゴンと同じく第287期ハンター試験の合格者です。 彼は操作系の能力者で、念を込めた針を人に刺すことで、自身の駒にすることが出来ます。また、キルアに対しても針を使用して暗示をかけていたこと、自らに針を刺して顔や体格を変えていたことから、針には複数の使い方があることが分かります。 これまであまり戦闘シーンがないですが、キルアが家からアルカを連れ出したときに、少しだけその強さを見せています。彼はやはりたくさんの人間に針を刺すのですが、その時に選んだ針は、刺した相手が「死ぬまで頑張ってくれる」という強力な念が込められたものでした。 操作系の能力者は、一定の条件を満たせばほぼ確実に相手を手中に収めることができます。それにしても、刺すだけで死に至らしめるほどの強力な念を扱うことのできるイルミは、能力者として相当強いはずです。 また、ヒソカが以前イルミを「95点」と採点していたことを考えると、ハンター協会の実力者たちで構成される十二支んを超える強さであることは間違いなさそうです。これを加味したうえで高順位にランクイン。

10位:シャウアプフ

王直属の護衛部隊の一人

シャウアプフは、キメラアントの中でも王メルエム直属の三戦士の一人です。王直属護衛軍の中では参謀的役割で、王には絶対の忠誠を誓っており、裏工作などで暗躍した人物。 彼は操作系の能力者で、NGLに住む人々に鱗粉をかけることで、膨大な数の人間を操り王宮へと向かわせました。また、「蝿の王(ベルゼブブ)」という技は、体を分裂させて分身を創り出すこともできます。 メルエムの強さはキメラアントの中でも異質なものですが、彼を支える護衛軍の3人も相当なものです。複数の種族が組み合わさったキメラアントは、強固な体を持っています。並大抵のハンターでは傷を付けれないほどの硬さですが、メルエムは尻尾一振りで首を刎ねてしまうのです。 そんな尻尾攻撃を喰らった護衛軍のピトーは、大したダメージを負っていません。同じく護衛軍のプフも、その程度の耐久力は持っていると思われます。しかし、役割的に戦闘よりも戦略を担うキャラクターであったため、護衛軍の中では最も低い順位になりました。

9位:モントゥトゥユピー

怒りをオーラに変えて放つ

画像奥がモントゥトゥユピー

キメラアント王直属の三戦士の一人、魔獣との混血であるモントゥトゥユピー。彼は体の形状を自由に変化することができ、羽根を生やしたり、腕を巨大化したりすることが出来ます。そのうえオーラ量もとてつもなく、ナックルに絶望を与えました。 彼はキルアやナックルたちとの戦いの中で、さらなる進化を遂げます。ケンタウロスのように4本脚の姿になり、片腕は銃のような形になるのです。 銃のような腕には、ため込んだ「怒り」をオーラに変えて放出します。ただでさえ多大なオーラ量を発散していた攻撃を、銃弾のように操ることが可能となりました。 彼がナックル戦を経て一番進化したのは、「怒り」をコントロールできるようになったこと。力任せの攻撃だけでもシュートをズタボロにしてしまう強さだったにもかかわらず、冷静さを兼ね備えたユピーの強さは計り知れません。 最終的に毒を浴びて死んでしまったものの、彼を倒せるハンターは相当少ないのではないでしょうか。

8位:ヒソカ=モロウ

変態的な戦闘狂

ヒソカ=モロウは、ゴンと同じ第287期ハンター試験の合格者で、元幻影旅団の団員ナンバー4という人物。 快楽殺人を好む戦闘狂で、自分こそが最強と考えて何にも属さないのが信条。ゴンとキルアを気に入っており、将来成長したあかつきには対戦して殺すことを楽しみにしています。 彼の能力は「伸縮自在の愛(バンジーガム)」と「薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)」。ガムとゴムの性質を兼ね備えたオーラと、紙にどんなものの質感も再現する能力を使い、さながら奇術師のような戦法を取ります。 彼が幻影旅団に入団したのはクロロと戦うためでしたが、天空闘技場のデスマッチで敗北。一時死亡したかに思えましたが、念能力によって生き返り、旅団に対する勝負を宣言してすぐにコルトピとシャルナークを倒しています。 猛者ぞろいの幻影旅団メンバーを殺すほどの実力は、作中で屈指のものと言えるでしょう。しかし、クロロに本気を出させたかどうかは不明であることから、彼よりひとつ下の順位に。

7位:クロロ=ルシルフル

幻影旅団を束ねる悪のカリスマ

クロロ=ルシルフルは、幻影旅団の団長。旅団メンバーからの信頼があつく、カリスマ性がある人物です。 彼の能力は「盗賊の極意(スキルハンター)」。4つの条件をクリアすることで他者の能力を盗むことができ、自分が使用できるようになるのです。しかしその条件や制約はとても多く、彼が数多の能力を持つことが出来ているのは単純な戦闘力の高さゆえだと思われます。 ゾルディック家の当主シルバとゼノを相手に戦った際には決着はつかないままでした。しかしクロロは彼らから能力を盗もうとしながら戦っていたので、本気で殺そうとはしていなかったのです。それでもゾルディック家の2人を相手に渡り合う実力は圧巻のもの。 また、クロロと闘技場で戦った際は、スキルハンターの能力を改善し、複数の能力を同時に使用することが可能になっていました。これによって能力の制約は増えたと説明されていますが、主に人を操る能力と、爆発を扱う能力でヒソカを圧倒しました。 彼の戦闘シーンからは、まだまだ力を出し切っていないような印象です。しかし、現時点での順位はこんなところではないでしょうか。正直、ゼノとシルバとの順位は甲乙つけがたいところでしたが、実践の様子を加味して彼らよりは下位にランクインです。

6位:シルバ=ゾルディック

暗殺一家ゾルディック家の現当主

画像奥、中央がシルバ

シルバ=ゾルディックは、キルアの父親で暗殺一家ゾルディック家の現当主です。キルアによれば、相手から心臓だけを抜き取る際、血の一滴も流さないほどの速度なのだとか。 ヨークシン編でクロロと戦った際は、ゼノとのコンビネーションで彼を倒す目前までいきましたが、依頼主の死亡により勝負はつきませんでした。その際、0.1ミリグラムでクジラも動けなくなる毒を仕込んだ攻撃を受けますが、「問題ない」と一言。キルアと同様、あらゆる拷問への耐性があるのでしょう。 クロロはシルバとゼノから能力を盗むため本気で戦ってはいなかったものの、シルバとゼノもまた全力ではなかったようにも見えました。「暗殺」はあくまで稼業なので、手っ取り早く殺すための戦い方だったのではないでしょうか。ゼノもろともクロロを殺そうとしたのがその証拠です。 また、キメラアント編ではヂートゥを一撃で殺して、その強さを見せました。不意打ちとはいえ、ゴンやキルアが戦ったとしたらかなりの強敵だと思われるヂートゥを潰す強さは圧巻でした。 ゼノがアイザック=ネテロと並ぶ強さだと思われることから、ゼノよりは低い順位に落ち着きました。

5位:ゼノ=ゾルディック

ネテロと並ぶゾルディック家の実力者

画像手前がゼノ=ゾルディック

ゼノ=ゾルディックは暗殺一家ゾルディック家の前当主で、キルアの祖父です。暗殺家業は好きでやっている仕事ではないと言い、ビジネスとして割り切っています。キルアに対してはかなり甘い一面も。 彼はヨークシンシティで息子のシルバとともに、クロロを倒すのに二人がかりであと一歩というところまで追い詰めました。この時クロロは本気を出していなかったようですが、クロロに「一対一(サシ)でやったらどっちが強い?」と聞かれた際には、クロロが本気を出したら勝負は分からない、と答えています。 クロロが本気を出していなかったのと同様、ゼノもあくまで稼業として戦っていたのではないでしょうか。彼の口ぶりからは、クロロとゼノの実力は拮抗していることが推測できます。 また、キメラアント編ではアイザック=ネテロとともにメルエムに対峙しています。ネテロが彼に協力を要請したのは、実力を認めているからでしょう。ネテロが本気を出しても勝てるかどうかわからないと踏んだメルエム戦に連れていくということは、ネテロと並ぶ強者ということなのでは。 「流星群(りゅうせいぐん)」という、龍を模した無数のオーラを降らせる技から、オーラ量や念の扱いも一流と判断し、この高順位に。

4位:ネフェルピトー

ネテロより強い......?

キメラアント王直属の三戦士の一人、ネフェルピトーが4位です。ネテロは彼女を遠目に見て、「自分より強いのでは」と感じたほどの不気味なオーラを感じ取っていました。 最大で2キロメートルもの円を張り、様々な能力を持つ念人形を創り出して操作系念能力の力で操ることもできます。身体能力も高く、強靭な脚力で2キロ先まで跳ぶことも可能。 念について詳しく知らない状態であったにもかかわらずカイトを倒し、ゴンとキルアを圧倒しています。しかし、カイトの死をキッカケに変貌したゴンには勝つことができませんでした。それでも、死してもなお念能力で動き、ゴンの右腕を奪うほどの力も見せています。 実際にネテロが彼女と一対一で戦ったら、勝負はどうなっていたのでしょうか。ネテロは科学の力を用いて結果的にメルエムを倒すことができましたが、キメラアントの中でメルエムに次ぐ実力者であったピトーにも、兵器を使わず勝てたかどうかは分かりません。 彼女の戦闘狂っぷりと実績を加味して、ランキング上位に。

3位:ジン=フリークス

世界で5本の指に数えられるハンター

ゴンの父で、二ツ星ハンターであるジン=フリークスが3位。遺跡ハンターとしてかなりの著名人で、ハンター協会の猛者たちが集まっている十二支んメンバーの一人です。グリードアイランドを開発したゲームマスターでもあります。 登場キャラクターたちの発言から実力が相当高いことはうかがい知れるものの、バトル描写が少ないのが現状。しかしネテロには「世界で5本の指に入る」念能力者と評されています。 暗黒大陸編では、その強さの片鱗を見せています。彼はビヨンド=ネテロとパリストンが暗黒大陸上陸を目指していることを知ると、自分も加えてほしいとアジトに乗り込みます。突然乗り込んできたジンに対して攻撃的な態度を取ったメンバーには、威圧しただけで彼の負けを感じさせました。 また、パリストンの仕掛けによって戦闘になった際は、一度見ただけのレオリオの念能力を応用する実力を見せました。 彼自身の念能力に関しては全くの謎ですが、垣間見える強さと、「5本の指に入る」ハンターと評されていることから、期待も込めての順位です。

2位:アイザック=ネテロ

ハンター協会のNo.1

アイザック=ネテロは、ハンター協会の前会長。昔は世界最強の武道家といわれていましたが、キメラアント討伐の頃には、実力は全盛期の半分ほどと名言していました。しかしモラウとノブの口ぶりから察するに、それでも世界有数の実力者だったことが伺えます。 彼は、キメラアントの王メルエムと対決するため、山に籠って修行をして戦いに備えます。そのオーラに、数キロ先にいたキルアが反応するほど。 彼がメルエムに対して繰り出した技は「百式観音」。彼が手を合わせる「祈り」の動作に合わせて、背後から観音の攻撃が繰り出されます。手を合わせるスピード、そして観音の攻撃の速さには、メルエムも対応できないほどでした。 しかし攻撃力ではメルエムの堅さを打ち砕くことはできず、攻撃のパターンを読まれた末に片手片足を失ってしまいます。最後は相打ちを狙って、体内に埋め込んだ爆弾「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」を心停止とともに起爆。薔薇の毒によってメルエム、シャウアプフ、モントゥトゥユピーの討伐を成し遂げました。 ネテロが全盛期の時にメルエムと戦っていたら、もしかしたら勝つことが出来たのかもしれません。しかしメルエム戦で描かれた実力はメルエムには及ばず。とはいえネテロ以外のハンターがメルエムと互角以上の戦いを繰り広げることはできなかったでしょう。

1位:メルエム

世界を統べるために生まれた蟻の王

1位はキメラアントの王メルエム。キメラ=アントの女王の腹を破って生まれ、地球上の生物をすべて統一して、キメラアントの進化を目論んでいました。知能が優れており、各界のゲーム有段者を相手に連戦連勝というまさに完璧な王。 生まれながらに念能力を持ち、他のキメラアントとは別次元の圧倒的な強さです。そのうえ念能力者を捕食することで益々パワーアップしていきます。 ネテロと交戦した際は、彼の繰り出した「千手観音」にスピード負けしていたものの、ネテロの必殺技を受けても傷一つ負わない怪物っぷり。 ネテロが体に仕込んだ化学兵器「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」の爆発によってようやく瀕死になりますが、それでもプフとユピーからオーラと体細胞を受け取って復活。二人の念能力も継承してチート級の強さになりましたが、兵器の毒には勝てず、死ぬことになりました。 結果的に「人間」の力には敗北したメルエムですが、純粋な強さは文句なしの作中ナンバー1でしょう。

【番外編】ランキングには入っていないキャラクターたちも曲者ぞろい

ここからは、強さの基準があいまいだったり、強そうだけれど現状ランク外で様子見したいキャラクターなどを紹介していきます。これからの活躍次第では、ランキングの上位に入るかもしれません。

ゴン=フリークス

数々の強敵を倒すも、まだまだ発展途上の強さ

ゴン=フリークスは「ハンターハンター」の主人公。父ジンの影を追ってハンターになり、念能力を身につけました。強化系能力者で、クラピカとレオリオとともに第287期ハンター試験の合格者です。 ゴンの能力は、じゃんけんをモチーフにした通称ジャジャン拳。強化系のグー、変化形のチー、放出系のパーを使い分けます。一番得意なのはグーですが、キメラアント編ではチーによって堅い蟻の体を真っ二つにするほどの威力を見せています。 彼はキメラアント討伐に加わった際、カイトを殺したピトーへの怒りのパワーで肉体と念能力を急激に成長させ、ピトーの頭を砕きました。死後も動くピトーに右腕を奪われたものの、圧倒的なオーラでジャジャン拳を繰り出して倒しています。 ネテロ会長ですら「わしより強いんじゃね?」と評価を下したピトー。ネテロが修行前だったとはいえ、ゴンより大分格上の実力者だったことは間違いありません。 そんなピトーを「制約と誓約」によって倒したものの、その後は死の淵をさまようことになりました。ゴンの力はまだまだ不安定で、平常時はそこまで強くないというのが現状でしょう。 そのため、まだランク外で様子見ということにしました。

キルア=ゾルディック

ゴンと共に戦闘センスはピカイチ

キルア=ゾルディックも、ゴンと同じく主人公の一人です。彼は暗殺一家ゾルディック家のエリートで、戦闘センスは抜群、毒や電撃といったあらゆる拷問も苦にならないほどの鍛錬を積んできた人物。ゴンにも負けず劣らずのスピードで成長を遂げていきます。 彼は変化形の念能力者です。身に充電した電気と、まとったオーラとを融合させて技を繰り出します。 キメラアント編では「神速(カンムル)」という技を使いました。電気のオーラによって、脳から体への指令を神経より速く伝えることができ、超高速で戦う「電光石火(でんこうせっか)」や自動でカウンター技を繰り出す「疾風迅雷(しっぷうじんらい)」で、ユピーと渡り合ったのです。 彼もゴンと同様に数々の強敵を打ち破ってきたものの、ハンターハンターの世界ではまだまだ駆け出しのハンター。彼より強いキャラクターばかりです。そのためキルアも、今のところはランク外で様子見としておきましょう。

アルカ=ゾルディック(ナニカ)

人外の力をもつ謎の人物

アルカ=ゾルディックは、ゾルディック家の中で隔離されている、キルアの妹です。彼女が家族から隔絶されている理由は、そのおぞましいほど強力な力のため。 彼女は、突如としてアルカではないもう一つの人格ナニカと入れ替わります。ナニカは、自分の「お願い」を叶えてくれた相手に、見返りとしてどんな願いも叶えてしまう能力を持っています。しかしナニカが叶えた願いの大きさに比例して、次の相手にナニカが求める「お願い」の制約は重くなります。 更には、「お願い」を4回連続で断ると、最低2人以上の人間が有無を言わさず死んでしまうという、規格外の能力。ナニカ扱いに困ったゾルディック家は、彼女を軟禁していたのです。しかし、今はキルアによって解放されています。 彼女の正体は、暗黒大陸に存在する災厄のひとつ「アイ」であるとされていますが、詳しいことは分かっていません。 彼女に関しては、能力は他の追随を許さないほど強力ですが、「強さ」という基準には当てはまらないためランキングには入れませんでした。

ビヨンド=ネテロ

アイザック=ネテロの息子を語る、謎の人物

ビヨンド=ネテロは、暗黒大陸編で登場するキャラクター。キメラアント編で死んだネテロ会長の息子であることを公言し、カキン王国とともに暗黒大陸を目指します。 彼に関しては、本当にネテロ会長の息子であればその実力は相当のものであると思われます。そして、実際にネテロの直属の部下であった十二支んは、彼と会長との血のつながりを確信しているのです。 とはいえ、今のところ彼の実力を示す基準となる情報はほとんどありません。そのため今はランク外ですが、今後彼の活躍が描かれれば、間違いなく強さランキング上位となるでしょう。

パリストン=ヒル

十二支んをひっかき回す、「食えない」男

画像中央、左側がパリストン=ヒル

パリストンは、元十二支んのメンバー。今はビヨンド=ネテロやジンたちと共に、暗黒大陸に進出しようと動いています。 彼は、とても頭がよく回るキャラクター。総選挙編では、票取り合戦を勝とうとも負けようともしないものの、本気で勝とうとしているチードルが最も嫌がる選択をし続け、ひっかき回していました。 ジンも頭がよく、人心掌握に長けている人物ですが、それでもパリストンの行動を読み切ることはできなかったほど。 そんな彼は今のところ、強いのかどうかは全くの謎に包まれています。しかしながら、限られた人物しか昇格できない三ツ星(トリプル)ハンターであることや、ハンター協会の副会長という立場を握っていたことから、ハンターとしては優秀な人物であることは明確です。 ハンターである以上、念能力が使えることは確実だと思われますが、体格的にはそんなに強くなさそうな印象ですよね。しかし「ハンターハンター」の世界では、念能力の強さと相性がものをいうので、彼が強力な能力者である可能性も高いです。 しかしながら、今のところ彼の能力や強さは全く不明なので、ランク外で様子見としておきましょう。

ドン=フリークス

暗黒大陸編のカギを握る人物?

ドン=フリークスは、世界の外側・暗黒大陸について記されている「新世界紀行(東)」の著者です。ジンの発言によれば、彼は300年ほど前の人物であるにもかかわらず、未だに生存しているとのこと。そして著書の続編「新世界紀行(西)」を執筆しているのではないか、とされています。 名前からして、ゴンやジンとのつながりがありそうですね。彼が暗黒大陸出身の人物なのか、それとも暗黒大陸を渡り歩くことができるほどの実力者なのか、定かではありません。しかし、彼の存在は、ゴンやジンの正体に深く関わっているのかも......? 今後、ドンについて明かされるかどうか分かりませんが、ジンの言っていることが本当だとすれば、相当な強さを持っているキャラクターかもしれません。

今後の展開も気になる「ハンターハンター」最強キャラランキング

今回は、「ハンターハンター」のキャラクターを独自の強さランキングで紹介してきました。念能力は相性や条件によっても強さが変わるため、順位を付けるのは難しいですが、あえてランキングにすると現状このような形が妥当な気はします。 2019年現在「ハンターハンター」は休載中。しかし、予想もできない世界が広がり、複雑ながらもしびれる念能力者同士の戦いは、読者を惹きつけて離しません。 今後の連載再開では、暗黒大陸へ向かうカキン王国の王子たちによる王位継承戦の続きが描かれるはず。その時を楽しみに待ちましょう。