2019年12月12日更新

ネフェルピトーの強さ・活躍エピソードを振り返る!性格の変化が意外?【ハンターハンター】

『ハンターハンター』ネフェルピトー

『HUNTER×HUNTER』キメラアント編で登場するキャラクター、ネフェルピトー。屈指のハンターたちに絶望を与えるほどの禍々しいオーラ、そしてカイト戦が読者に強烈なインパクトを残しました。そんなピトーについて活躍を振り返っていきます!

目次

『HUNTER×HUNTER』ネフェルピトーの活躍を振り返る!まずはプロフィールから見ていこう

ネフェルピトーは、キメラアントの王「メルエム」の直属護衛軍3人の中の1人で、主人公のゴン達からすると敵役になるキャラクターです。通称はピトー。護衛軍の中で、最初に生み出されました。 ネコ型のキメラアントであり、猫耳の容姿と、語尾に「~にゃ」とつけて喋ることが特徴的です。中性的な容姿を持っていて一人称も「ボク」であり、性別も作中では明らかにされていません。しかしアニメ版では胸のふくらみがあり、女性的に描かれているようです。

ネフェルピトーのサイコすぎる性格!

ピトーは登場初期の頃、残忍な性格が顕著に描かれていました。ポックルをとらえた際は、生きたまま脳をむき出しにして針のようなものを差し込み操作することで、念能力に関する情報を引き出しています。『HUNTER×HUNTER』の中でも筆頭レベルのグロシーンです。 興味本位でカイトと戦っては殺し、さらに死んでしまったカイトともっと戦って遊びたいという理由で、念能力でカイトの死体を動かし操り人形としていました。 また最初に仕えていたはずの女王に対しても、王であるメルエムが産まれてからは、女王に対し「あれはもういらない。」と言い放ちあっさり見捨てる非道さを見せます。 このように残忍な行動が目立つピトーですが、その中に悪意や狡猾さがあるわけでは決してなく、無邪気な子どもを思わせるような振る舞いでした。

ピトーの念能力は特質系!傀儡のように人を操る

王直属というだけあって、その強さは凄まじいもの。2キロもの広範囲に「円」を展開するなど念能力も高く、最強クラスのハンターであるネテロをして「あいつ、ワシより強くね?」と言わしめました。 能力としては、カイトを操り人形にしたりとなにかを操作する能力を多く使っていますが、コミックス19巻で行った水見式では葉が枯れており実際は特質系に該当するようです。そんなピトーが使った念能力について以下に紹介します。

玩具修理者(ドクタープライス)

不気味なナース姿の念人形を具現化し、治癒を施す能力。作中ではコムギの治療などに使われました。意外にも多大な力を要するようで、この能力を使用しているときは他の念能力を全く発動できなくなります。

黒子夢想(テレプシコーラ)

全力で戦う時に使う能力で、念人形に自身を操らせることで自身を強化する能力。作中では主に覚醒したゴンとの戦いので使用しています。

コムギを巡り、ピトーの性格に変化が?

ゼノとシルバがキメラアントを襲撃した際に、ゼノの「龍星群(ドラゴンダイブ)」によりコムギが重傷を負う事態に。コムギに対して、他の人間には見せなかった特別な感情を抱いていたメルエムは、彼女に対し慈愛あふれる振る舞いを見せます。そしてその行動に何かを感じ取り、ピトーは涙を流しています。 先に紹介したように最初の頃は残忍さが目立つ性格を見せていたピトーですが、このあたりから、コムギひいてはメルエムを守るために戦うという人間味を見せるようになっていきます。 メルエムがピトーに治療を任せ去ったのち、ゴンがコムギの元に迫った際には、ゴンに土下座してコムギに手を出さないように懇願し、さらに自らの手を折る覚悟を見せて必死でコムギを守ろうとしました。

最終的に“ゴンさん”に滅多打ちにされて死亡

ゴンと相対しながらコムギを治療していたピトーですが、その最中にゴンの意志の強さ、潜在能力に感づき、メルエムを脅かす脅威になりかねないと認識します。そこでコムギを治療したのち、ゴンを連れ出し抹殺することを試みました。 その際ピトーは、治療中待ってくれたゴンに対して「せめて最後だけは正直にいたい」と考え、カイトがすでに死んでいて治療はできないことを告げます。それを聞いたゴンは激昂し、念能力の制約と誓約の力を用いて覚醒、大幅なパワーアップを果たすことになりました。 そんな圧倒的な力を見せたゴンに成すすべなく滅多打ちに殴り殺されてしまいます。死後に強まった念能力黒子夢想(テレプシコーラ)が発動し、ゴンの片腕を奪いましたが、それでもなお致命傷とはなりませんでした。 死の間際のセリフ「殺されるのが(メルエムでなく)ボクでよかった……!」という最後の言葉は、ピトーのメルエムに対する想いが強く表れており印象的なものでした。

アニメ「ハンターハンター」でピトーを演じたのは藤村歩

アニメでピトーの声を演じているのは、声優の藤村歩(画像右)です。彼女は1982年9月3日生まれの。2004年にゲームソフト『幻想水滸伝Ⅳ』のフレデリカ役で声優デビューを果たしました。なお2019年4月1日より無期限の活動停止を発表しており、2019年12月現在も休業中です。 藤村が演じた代表的なキャラクターは、 『ハヤテのごとく!』春風千桜役 『狂乱家族日記』乱﨑凶華役 『侵略!イカ娘』相沢栄子役 『機動戦士ガンダムUC』オードリー・バーン役 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』ミライ・ヤシマ役 『ストリートファイター』シリーズ(ゲーム)いぶき役 『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』(ゲーム)ゼルダ役 などがあります。

キメラアント編の中核を担ったピトー!その変化に注目して「ハンターハンター」を読み返してみては

今回は、ネフェルピトーの能力や強さ、人物像について紹介してきました!敵でありながら『HUNTER×HUNTER』の中でも人気キャラクターとなったピトー。 かわいらしい容姿と残忍さのギャップや、性格の変化などが魅力でした。ファンの間でもピトーの性別などが話題になっています。また原作内での絵柄が登場初期から後半で大きく変わっていて、最初と比較して後半は明らかに可愛く描かれています。 そういったところもチェックしながら『HUNTER×HUNTER』を見返してみても面白いかもしれません!