2020年4月21日更新

ドラマ『親バカ青春白書』のあらすじ・キャスト【ムロツヨシが永野芽郁の親バカ父に!】

『親バカ青春白書』サムネ

2020年7月から放送が開始される日本テレビ系日曜ドラマで、ムロツヨシが主演を務めることが発表されました。娘が大好きすぎて大学の同級生になってしまった父を演じる『親バカ青春白書』は、いったいどんな作品なのでしょうか。最新情報を紹介します。

目次

ドラマ『親バカ青春白書』でムロツヨシが親バカ大学生に!

「今日俺」チーム再集結の青春ホームコメディ 演出は福田雄一

2020年7月から放送が開始される日本テレビ系日曜ドラマが発表されました。タイトルは『親バカ青春白書』。ムロツヨシが娘のことが大好きすぎて、同じ大学に入学してしまう親バカ父を演じます。 ムロツヨシにとって、ゴールデン・プライムタイム帯に放送される連続ドラマ初主演となる本作。 そのキャストや見どころを紹介していきましょう。

『親バカ青春白書』のあらすじ

小説家でシングルファーザーの“ガタロー”こと、小比賀太郎。彼は病気で妻を亡くし、娘・さくらと2人で仲良く暮らしてきました。しかしあるとき、父娘の生活は大きく変化します。 女子校育ちのさくらが、共学の大学に通うことになったのです。心配でたまらないガタローは、なんと娘と同じ大学の同じ学部に入学。ゼミ、サークル、飲み会、合コン、文化祭と、あらゆることに首を突っ込んでいきます。 そうこうするうちに40歳のおじさんは、娘よりも同級生よりも学生生活を満喫するようになり……。 同級生となった父と娘が、大学生活を通して絆を深めていく、青春ホームコメディです。

キャストを紹介

ムロツヨシ/小比賀太郎

今回、ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるムロツヨシ。娘だけを愛する親バカという役柄は、本当に楽しみだと語っています。 また、実生活では3週間だけ大学に通っていたという彼は、「今回は、もっと学食とかを楽しみたいです。できたら、クラスメイト達と『オレンジデイズ』みたいなことしたいです(笑)」と、大学生活を楽しみにしている様子。 「“この親にしてこの子あり”というバカっぷりな親子のキャンパスライフ、楽しみにしていてください」とコメントしています。

永野芽郁/小比賀さくら

ガタローの娘・さくらを演じるのは、2018年NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインを演じた永野芽郁です。彼女の連続ドラマへの出演は、『3年A組 ー今から皆さんは、人質ですー』(2019年)以来、1年半ぶり。 永野によると、さくらは父親の「親バカぶり」に気づいていない、とってもピュアな娘なのだとか。父親が同じ大学に入学して、ようやく初めて「あれ、うちのお父さんって親バカなのかな?」と気づく設定だと明かしました。 本作の脚本総括・演出を務める福田雄一の作品が大好きだという永野は、本作で福田組に参加できること、また、主演のムロと共演できることについて、よろこびのコメントを寄せています。

『親バカ青春白書』の見どころは?「今日俺」スタッフが再集結!

原作なしのオリジナル作品となる本作で脚本総括・演出を務めるのは、『今日から俺は!!』(2018年)などで知られる福田雄一です。本作には、福田をはじめとする「今日俺」のスタッフが再集結しました。 個性的な脚本とハイテンションな演出が特徴の福田作品。主演のムロツヨシは、これまで何度も「福田組」に参加しており、実は5、6年前から福田作品での主演をアピールしていたのだとか。 今回の役柄については「どういう“親バカっぷり”になるかは、福田さんがどういう演出をしてくるかなので、怖さ半面、楽しみ半面です。」と語っており、見どころとなりそうです。

日本テレビ系日曜ドラマ『親バカ青春白書』は7月スタート!

ムロツヨシが、娘かわいさに同じ大学に入学してしまう父親を演じる『親バカ青春白書』は、日本テレビ系にて、2020年7月毎週日曜日22:30から放送となります。 ciatrでは、今後もそのほかのキャストや詳しい情報についてキャッチアップしていきますので、ぜひチェックしてくださいね!