2020年11月26日更新

Fire TV Stickのできる3つのこと!4K版との比較や使い方も紹介!

fire tv stick サムネ

Fire TV Stickは、ネットの動画をテレビで再生させるためのデバイスです。この記事ではFire TV Stickの3つのメリットやシリーズごとの性能比較、接続方法などを徹底解説。導入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

Fire TV Stickとは?

Fire TV Stickは、インターネット上で視聴可能な動画をテレビで再生するための接続型デバイスです。スティックをテレビに差し、専用リモコンで操作します。 ネット機能がついていないテレビでも、動画配信サービスのコンテンツが楽しむことが可能。比較的安価で接続方法も簡単です。 スマホやタブレット、パソコンよりもテレビの大画面でネット動画を見たいという人にとってもおすすめ!動画配信サービスを利用している人や入会予定の人は、Fire TV Stickを検討してみてはどうでしょうか。本記事でFire TV Stickのメリットやデメリットを、わかりやすく解説していきます。

Fire TV Stickシリーズの比較

商品名 金額 画質 メモリー ストレージ おすすめ度
Fire TV Stick 4K 6980円 4K Ultra HD 1.5GB 8GB
Fire TV Stick 4980円 Full HD 1GB 8GB

amazonが開発したこのデバイスは、Fire TV StickとFire TV Stick 4Kの2種類が販売されています。Fire TV Stickは4,980円でフルHD対応。Fire TV Stick 4Kは6,980円で4K対応となっています。 4Kの方が値段が高い分性能も優れており、読み込み時間なども早いです。またリモコンの音声認識機能もAlexaに対応していて、動画の検索だけでなく、再生中の10秒巻き戻しなども声のみで可能。 ただし4Kテレビを持っていないと4Kでの動画再生はできませんので、対応テレビを持っているかどうかで、どちらのモデルを買うか決めておくとベストです。ただし4Kテレビを持っていなくても、読み込み速度や音声検索機能を重視するのであれば、Fire TV Stick 4Kを購入するのもありでしょう。 さらにFire TV Stick 4Kの上位モデルのような位置付けで、Fire TV Cubeという商品もあります。値段14,980円。4Kモデルと画像に差異はありません。違いは読み込み速度がさらに早くなり、音声機能で受け答えもできるようになっている点です。

Fire TV Stickのメリットその1:動画配信サービスを楽しめる【アマプラ、Netflix、Hulu、youtube対応】

アマプラ、Netflix、Hulu、youtubeなどのさまざまな動画配信サービスをテレビで視聴できるのが、Fire TV Stickの最大のメリットです。主要なVODサービスは、ほとんど網羅しています。 スマホやタブレットの小さな画面ではなく、テレビの画面で大迫力の映像を楽しむことが可能。ドルビーデジタルサラウンド対応なので、音の迫力も抜群です。臨場感溢れるサウンドが体感できます。 4K対応のモデルを買えば、さらに高画質な映像を楽しめるでしょう。

Fire TV Stickのメリットその2:持ち運びが楽!

Fire TV Stickはコンパクトなので持ち運びも楽々です。スティックは重さは32gで、長さも8cm強しかありません。それと14cmほどの小さめのリモコンだけなので、持ち運びは楽です。

Fire TV Stickのメリットその3:プライムフォトの写真が見られる!

プライムフォト スクショ

Fire TV Stickを使えば、アマゾンプライムフォトの写真をテレビの画面で見ることができます。アマゾンプライムフォトは、撮った写真をネット上に保存・バックアップする機能。家族で撮った写真をテレビで楽しめます。 また、スマホの画面をテレビにそのまま映す、ミラーリング機能もとても便利。 Androidの場合、Miracastに対応していれば接続は簡単です。設定の中にある「ディスプレイとサウンド」を選択し、ディスプレイミラーリングを有効にします。Android側のステータスバーから「マルチスクリーン」を選択すれば準備OKです。 iphoneの場合は、Fire TV StickでAirReceiverという300円くらいのアプリをダウンロードしてAirPlayを選択、iphone側のコントロールセンターから、画面ミラーリングをタップすればOKです。

Fire TV Stickの使い方・接続方法

fire tv stick 接続方法

Fire TV Stickの接続はとてもシンプルです。まずUSB電源ケーブルの片側をスティックに繋ぎ、反対側をコンセントへ。次に、スティックをテレビ側のHDMI端子に差します。 これでテレビ側でFire TV Stickが起動しますので、あとは付属のリモコンに電池を入れ、画面の指示に従ってセットアップをすれば、動画が視聴できるようになります。所要時間は10分程度。複雑な設定は不要で、機械に詳しくない人でも問題なく扱えます。

Fire TV Stickを使用するために必要なもの

HDMI入力端子があるテレビ

Fire TV Stickは、テレビに接続してインターネットの動画をみるための道具ですが、そもそもHDMI端子がテレビについていないと本体を使うことができません。 HDMI端子は、比較的最近になってテレビにつくようになった端子です。テレビには従来のAV端子やコードを接続する場所が多くついているので、HDMI端子もついていると思い込んでいる場合もあります。 一度自宅のテレビの側面に、HDMI端子と書かれた端子があるかどうかをチェックしましょう。

通信環境

Fire TV Stickは、テレビをインターネットに接続する機器です。スマホと異なりSIM等はないので、自宅に通信環境がなければ使うことができません。 Fire TV Stickとは、自身を経由してテレビと自宅のWi-Fiを繋げているからです。 普段スマホを使っていると、自宅の通信環境の有無をあまり意識しなくなってしまうので、チェックしておきましょう。

HDMIケーブル

HDMIケーブルは、テレビの位置や角度によって機器をHDMI端子に直接繋ぐことができない場合に必要です。またHDMIケーブルを使うことで、テレビがとるスペースを抑えることもできます。 HDMIケーブルには種類が多く、長さのあるケーブルになるほど、機器本体の置き場が自由になるのです。 Fire TV Stickに同梱されているHDMIケーブルは、短いため、使うとかえって本体が宙ぶらりんになってしまうこともあるので注意しましょう。

Amazon Fire TV アプリとは?

Amazon Fire TV アプリの機能も便利なので覚えておきましょう。スマホでインストールするアプリです。これを使うことで専用のリモコンを使わずに、スマホでFire TV Stickを操作することができます。 見たい動画を探すとき、検索画面でリモコンでの文字入力をするのが面倒だという人は、ぜひ使ってみましょう。

Fire TV Stickまとめ!

スマートテレビ

以上、Fire TV Stickの概要やシリーズ比較、メリットやデメリットについて解説してきました。動画配信サービスをテレビで視聴できて、その他にもアプリの使用や写真の閲覧も可能になるとっても便利なFire TV Stick。 視聴環境やニーズがマッチした人は、ぜひ試してみましょう。快適な動画ライフを満喫できますよ。