2021年8月11日更新

「IPPONグランプリ」の見逃し配信動画を無料でフル視聴できるサービスはここ!

IPPONグランプリ

フジテレビの人気大喜利バラエティ「IPPONグランプリ」。本番組は出演者からの爆笑回答がテンポよく楽しめる人気シリーズです。本記事では本番組を安全に無料で視聴できるサービス、番組内容、おすすめの関連バラエティを紹介します。

「IPPONグランプリ」の見逃し動画を配信しているサービスを紹介!

ダウンタウンの松本人志が解説を務める大喜利バラエティ「IPPONグランプリ」。本番組は2009年から始まり、2020年までに22回開催されている大人気シリーズです。 本記事ではそんな本番組を無料視聴できる配信サービスについて紹介します!本番組をテレビで見逃してしまった人や、もう1度過去の大会を一気に見たいという人は要チェックです。

「IPPON」グランプリ過去回の優勝者・見どころまとめ【2021・2020・2019】

2021年5月22日(優勝者・千鳥 大悟)

2021年5月22日放送回で優勝者となったのは、千鳥の大悟。麒麟・川島、霜降り明星・粗品、千原兄弟・千原ジュニア、バカリズム……と豪華な出演者が顔を揃えるなか、見事に自身2度目の優勝をつかみ取りました。 決勝戦では、バカリズムと大悟による戦いが繰り広げられることに。ちなみにこの2人は2018年3月10日放送回でも優勝を争っていて、そのときはバカリズムが勝利を収めました。時を経て大悟がリベンジを果たすという結末が非常に熱かったです!

2020年12月5日(優勝者・笑い飯 西田)

2020年12月5日放送回で優勝を飾ったのは、笑い飯の西田です。番組には約10年ぶりの出場ということでしたが、自分のスタイルを最初から最後まで貫き次々とIPPONを獲得しました。 番組史上初、「初出場者なし」の実力者揃いという珍しい回で、例年とはまたちがった楽しみ方ができます。強者たちの激しい戦いをぜひ最後まで見届けてくださいね!

2020年6月13日(優勝者・バカリズム)

2020年6月13日放送回で優勝したのは、IPPONの絶対王者として知られるバカリズムでした。Aブロック戦にて、それまで苦手としてきたサドンデスに勝利し感極まる彼の姿には、思わずぐっとくるものがあります。 ロバート・秋山、アインシュタイン・稲田など、“濃い”メンバーが集まっているからこそ誰が勝つか最後までわかりませんでした。 新型コロナウイルスによる自粛が明けてから間もなく放送されたという点でも、重要な意味を持つ放送回だったといえるでしょう。

2019年11月30日(優勝者・千鳥 大悟)

2019年11月30日放送回の優勝者は、千鳥の大悟。彼が属していたBブロックでは、ほぼ全員がIPPONを8本獲得するという超接戦が繰り広げられました。続けておこなわれたサドンデスにドキドキハラハラした人も多いのではないでしょうか。 決勝戦である大悟vs大吉の戦いも見ごたえ抜群。「食レポ大喜利」や「2人っきりになったらしんどい芸能人」など、さまざまなお題が出されましたが、最後まで接戦が続きました。手に汗握る展開とはまさにこのことですね!

2019年4月20日(優勝者・ネプチューン ホリケン)

2019年4月20日放送回で見事優勝を飾ったのは、ネプチューンのホリケンです。このときまでに3度優勝経験がある彼は、人並外れた発想力と瞬発力で次々とIPPONを勝ち取りました。 インパルス・板倉俊之、霜降り明星・粗品、さらば青春の光・森田哲矢という、期待の新人が集まっていた点も見どころのひとつ。特に粗品は、M-1とR-1の両大会で優勝した経験を持っていることもあり、一体どんな活躍を見せてくれるのか、視聴者からの期待を集めました。

30日間無料で楽しむ!

「IPPONグランプリ」の番組内容

番組概要

「IPPONグランプリ」はフジテレビが放送する大喜利バラエティ番組です。年に2回不定期で、21時の土曜プレミアム枠で放送されています。 出場者は毎回異なりますが、バカリズム、有吉弘行、ネプチューンの堀内健、千原ジュニア、バナナマンの設楽統らが常連で、優勝回数も多いです。2019年11月に行われた最新の第22回大会では、千鳥の大悟が優勝しました。

「IPPONグランプリ」ルールを解説!

番組の内容としては一言で言うと大喜利バトルです。まずお笑い芸人を中心に大喜利が得意な人物を10名集め、AとBの5名ずつのグループに分けます。 そしてAグループの5名がひな壇に上がり、出された大喜利のお題を早押しで回答。正面で待機しているBグループの各メンバーは、その回答が面白ければボタンを押します。 さらにその芸人たちの回答を、松本人志がチェアマンとしてモニターで鑑賞し、随時解説を入れます。松本は時に、大喜利をしているメンバーにマイクで語りかけ、手厳しい意見を述べることも。しかしそのやり取りすら笑いになるのです。 回答者は合計で10ポイント得られれば1本獲得となり、予選の累計で1本の合計が多い勝者1名が決勝へ進出します。そして決勝では予選を勝ち抜いた2名が激突。 また予選終了時点で1本の数が同じ人物が2人以上いる場合、1本先取のサドンデスが行われます。サドンデスになる確率はかなり高く、過去の大会では第17回以外サドンデスが行われました。 各チームの予選が終わるごとに、「CHAIRMAN's EYE」というコーナーが挟まれます。このコーナーでは松本が、読者から番組のサイトに寄せられた大喜利の回答の中でも特に面白いものを選出して発表。最後に松本自身の回答を発表します。 番組を通して笑いっぱなしの時間を過ごせること間違いなしです。

30日間無料で楽しむ!

おすすめの関連番組

珠玉の笑い話をじっくり堪能「人志松本のすべらない話」

「IPPONグランプリ」にハマった人におすすめなのが「人志松本のすべらない話」。本番組は「IPPONグランプリ」と同じく、フジテレビの土曜プレミアム枠で年2回放送されているお笑いバラエティです。2020年1月には第35回大会が開催されました。 番組ではポーカーテーブルを、トーク技術には自信があるメンバーが囲みます。そして進行役の松本人志が、各面にメンバーの名前が書かれたサイコロを投げ誰が話すか決定。サイコロで順番が回って来たら数分で、自分の身の回りに起きたとっておきの笑い話を披露していきます。 千原ジュニア、宮川大輔、小籔千豊、兵動大樹など、人気お笑い芸人のすべらないエピソードは必見ですよ。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで 絶対に笑ってはいけない」シリーズ

シュールで理不尽なお笑いが大好きな人におすすめなのが「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで 絶対に笑ってはいけない」シリーズ。 本番組では番組側が学校や新聞社、監獄に模した舞台を用意し、そこにダウンタウン、ココリコ、月亭方正が研修という形で24時間職務体験をします。 そして番組最大の特徴となるのはそのルール。メンバーは24時間の間、笑ってはいけないのです。そんな中、シーンごとに豪華ゲストが登場し、理不尽な設定でメンバーを笑わせようとしてきます。そして笑ってしまった人はお尻をバットで叩かれるというシステムです。 毎年大晦日に特番として放送されている本シリーズですが、年末は忙しくて全編見られなかったという人や、いくつかのシリーズを見逃してしまったという人も多いと思います。そんな人は、動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスで、過去作を一気見してみましょう!

YouTubeやbilibiliでの視聴をおすすめしない理由

違法 犯罪 いらすとや フリー画像

YouTubeやパンドラといった動画サイトで「IPPONグランプリ」を観ることができることがあります。しかしこれらの動画は違法にアップされている可能性が高いので、視聴するのはおすすめしません。 また画質や音質が悪かったり、所々でカットされていたりと、動画全編を楽しめないことが多いです。本記事で紹介するサービスを利用すれば、本作を安全で確実に観ることができますよ!

30日間無料で楽しむ!

「IPPONグランプリ」の動画は配信サービスで無料視聴しよう

本記事では「IPPONグランプリ」を無料で視聴できる動画配信サービス、番組概要、おすすめの関連バラエティ作品を紹介してきました。 お笑い芸人たちのヒネリのきいた爆笑回答で、大いに笑ってください!

30日間無料で楽しむ!