2020年7月31日更新

auひかり、どんな人が契約すべき?メリット・デメリットやおすすめポイントを解説

auひかり、どんな人が契約すべき?メリット・デメリットは_サムネイル

「世界最速」の光回線サービスとして知られるauひかり。大容量のデータを扱うには最適なサービスですが、料金体系は複雑で理解に時間がかかることも……。そこで本記事ではauひかりのサービス内容を紹介し、メリットやデメリットを解説していきます!

目次

auひかりは「世界最速」?料金やメリット・デメリットなど、おすすめポイントを解説

auひかりとは、KDDIが提供する高速インターネット接続サービスです。 個人宅やマンションにまで幅広く提供されているauひかりは、大容量のデータを扱うのに最適なサービス。各種キャンペーンも充実しており、auスマートフォンを利用している人はお得に使うこともできます。

auひかりの提供エリアに注意!

全国に提供されているauひかりですが、一部対象外となる地域も。その地域をお伝えする前に、まずは住居タイプによって異なる2種類の契約プランを説明する必要があります。その2つのプランというのが、集合住宅向けに提供される「auひかりマンションプラン」と戸建向けの「auひかりホーム」。 「auひかりマンションプラン」は全国に対応していますが、「auひかりホーム」はエリア外の都道府県があります。エリアの対象かどうかは、公式サイトで事前に調べておきましょう。もしエリア外だった場合は、So-net(ソネット)光や地方回線がおすすめです。 ソネット光とはソニーネットワークコミュニケーションズが提供するインターネットサービスです。NTTが提供しているフレッツ光の回線を利用しているため、全国で使うことができます。auひかりと比べて料金が安い分通信速度は選べませんが、最大1Gと充分な速度があるので問題はありません。また、解約時に回線の撤去工事が必須ではないこともメリット。 地方に特化した地方回線は、関西地方だと関西電力系の「eo光(イオひかり)」、中部地方だと「コミュファ光」がおすすめです。

関西圏ならeo光

eo光は関西圏でのみサービスを提供しています。関西電力独自の回線を使っているため、通信速度が速いのが特徴です。またauひかりと同じく、auのスマートフォンや携帯電話を使っている人はeo光とのセット割を受けることができます。 1Gのプランの1ヶ月目の料金は、auひかりが月額5,100円なのに対しeo光は2,953円。他光回線と比べて、かなり安く利用できます。

中部地方ならコミュファ光

コミュファ光の提供するプランは、ネットと光電話がセット。契約者にはセキュリティソフトが無償で提供されるなど、コストパフォーマンスが高いことで知られています。2018年からは10Gのサービスも開始しましたが、10Gプランで5,000円を切るサービスは他にありません。また、キャンペーンが充実しているのも、おすすめ理由の1つです。 ただ、解約月が契約更新月以外だと解約金が1万円かかってしまいます。またキャンペーン適用の条件として、オプション加入必須なのがデメリット。 1Gのプランの1ヶ月目の料金は、auひかりが月額5,100円なのに対し、コミュファ光は3,930円です。

auひかりの料金を解説!初期費用から月額まで

お金 フリー画像

インターネットを使うにあたって、最も気になるのが料金。サービスを初めて利用する際には初期費用など出費がかさみ、思っていたより請求額が多くなってしまうなんてことも……!契約前にはあらかじめ、必要になる料金を正しく把握しておくことが重要です。

初期費用とは?新規登録料と工事費

auひかりを初めて利用する際には、初期費用と毎月の利用料金がかかります。このうち初期費用に含まれるのが、新規登録料と工事料金。それぞれについて設定料金を確認していきましょう。 まず新規登録料として必要なのが3,000円。工事費用は、auひかりホームの場合37,500円、マンションプランの場合は30,000円です。ただし工事費用は、ネット電話のオプションを付けることで毎月の割引が適用され、実質0円になります。

月額料金は?

プラン(ネットのみ) 月額料金
ずっとギガ得プラン(3年契約) 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
ギガ得プラン(2年契約) 5,200円
標準プラン 6,300円

「auひかり ホーム1ギガ」には、契約期間ごと3つのプランがあります(表を参照)。「1ギガ」のプランに料金を追加することで通信速度が上がる「5ギガ」「10ギガ」プランにすることも可能。 3年契約の「ずっとギガ得プラン」、2年契約の「ギガ得プラン」、そして契約期間に定めのない「標準プラン」がありますが、契約の縛りが長いほど安い価格になっていきます。 一方で「auひかりマンション」の場合は、住んでいるマンションによって選べるプランが自動的に決定します。自分の住んでいるマンションにどのプランが適用されるのかは、auひかり公式ページ「提供エリアを調べる」から検索可能です。 料金を調べる際には、公式サイトからプランをチェックしましょう!

他の光回線との料金比較

光回線名(プロバイダはソネット) 月額料金
auひかり 4,500円
フレッツ光
東日本
6,500円
フレッツ光
西日本
5,800円

表の通り、最もメジャーなフレッツ光と比べると、料金は圧倒的にauひかりの方が安いです。 auひかりはプロバイダ料金が月額に含まれているので、プロバイダ料金が月額とは別のフレッツ光とはそこでも料金に差がつくことになります。 プロバイダを同じソネットにした場合、auひかりだと月額4,500円に対し、フレッツ光は東日本なら6,500円、西日本なら5,800円となります。 さらにフレッツ光には、auひかりのようなスマートフォン+光回線のプランが存在しないので、総合的に見てもauひかりの方が安くまとまります。何よりauというブランドの安心感は大きいですね。

解約違約金は?戸建てだと回線撤去費用も

光回線名 解約違約金
auひかりホーム
ずっとギガ得プラン(3年契約)
15,000円
auひかりホーム
ギガ得プラン(2年契約)
9,500円
auひかりホーム
標準プラン
0円
auひかりマンション
タイプA
7,000円

解約違約金とは、契約期間を満了せず解約したときにかかる料金のことで、プランごとに額が異なります。また更新月もプランによって変わってくるので、詳細はMy auでチェックしましょう。 auひかりマンションの場合は撤去工事費がかからない一方で、auひかりホームを解約する場合は撤去工事費が28,800円かかります。ただし引越しで解約する場合には、撤去工事費が免除される可能性もあるのでしっかり確認しましょう。

お得に契約するには?賢くプロバイダを選ぼう

インターネットを契約する時は様々なキャンペーンや特典が付いています。auひかりを契約するなら、どのプロバイダを通すのがお得になるのでしょうか。 今回はとくにおすすめの、「GMOとくとくBB」と「@nifty」を紹介します。

GMOとくとくBB

auひかりを使うにあたって、プロバイダをGMOとくとくBBにすると様々な割引を受けることができます。2020年7月現在の公式サイトでのキャンペーンは以下の通り。 ①プロバイダ料、機器レンタル料、ひかり電話基本料金込みで戸建ての場合は月額4,000円~、集合住宅やマンションのタイプV16契約なら月額2,600円~利用可能 ②他社からの乗り換えでしたら最大30,000円のキャッシュバック ③GMOとくとくBB公式サイトからの申し込みで最大2万円のキャッシュバック ④auスマートバリュー加入で毎月1,000円キャッシュバック+宅内LANサービス500円が無料 ⑤テレビサービス割引としてジャンルセレクトパック+TELASAで毎月300円割引 開通月の月額料金も無料ですので、申し込むなら月初にするのをおすすめします。

@nifty

auひかりを申し込むときのプロバイダを@niftyにすると、特典・割引を受けることができます。契約は3タイプに分かれており、戸建ての場合、長く使い続けると月額が安くなっていくという特徴が。 戸建て向けのホームタイプ「ずっとギガ得プラン」では月額5,600円から始まり、62ヶ月目以降は4,900円にまで下がります。開通初月は0円というのも嬉しいところ。 ①@niftyで新規申し込みの場合30,000円のキャッシュバック ②他社からの乗り換えの場合、他社サービスの解約違約金を最大30,000円まで還元 ③引越し先でも@nifty auひかりを申し込むと契約解除料が無料+回線撤去費用28,800円が減免 ④auひかり電話と同時に利用すると、契約中のauスマートフォンの毎月の利用料金が最大1,000円割引 ⑤デジタル家電専門店ノジマで店内商品8%OFFの優待 近い将来引越しなどを考えている人は、@niftyを申し込んだ方がお得です。

ソネット光もおすすめ

auひかりを申し込む時には、ソネット光を選ぶのもおすすめです。ずっとギガ得プランの場合、戸建では3年間の月額料金が3,480円、マンションV16プランだと2年間2,080円で利用できます。 また他社のネット回線からの乗り換えの場合、最大30,000円の還元も。auスマートフォンを持っていてauスマートバリューを適用すると、月額料金が永年1,000円割引されます。 どのプロバイダも特典やキャンペーンが充実しており、大変お得に利用できます。定期的にキャンペーンの内容も変わりますので申し込みを考えている場合はこまめにチェックするのがおすすめです。

auひかりのメリットをまとめて紹介!家族割がおトク?

メリット・デメリット フリー素材

高速プラン

auひかりの速度は最大1Gbpsと明記されています。他社の光回線も通常は1Gbpsと表記されていますが、auはそれらよりも実測速度が安定しているのです。 ソフトバンクやドコモの光回線はNTTのフレッツ光の設備を借りているため、1本の光ファイバーに複数業者が集中してしまいます。複数の業者が使っていれば契約者数はさらに増え、その結果通信速度が遅くなってしまいます。 一方auひかりの場合は、東京電力が使用していたTEPCO光というサービスを受け継いでいるため、KDDIは光ファイバーをほぼ独占できていました。他社と混在しない光ファイバーを使うことで、速度が安定して出せるサービスが実現できています。 auひかりには1Gbpsの上位プランとして、5Gbpsや10Gbpsの高速プランも用意されています。特に5Gを提供しているauひかりホーム5ギガは、auひかりホーム1ギガと同じ料金で使えるので、提供エリア内であれば5ギガをおすすめします。 ただしデメリットの章でも説明しますが、高速プランを選べない場合も。住んでいるところによって注意が必要です。

ケータイキャリアがauならスマホ割も

auのスマートフォンを使っている場合、auひかりを契約することで月々の料金が割り引かれます。対象のデータ定額サービスや料金プランに加入していれば、毎月最大1,000円の割引を受けられることも。

家族で使うとお得

auのスマートフォンを家族で利用している場合、家族割が受けられます。 家族のうちauスマートフォンの利用者が2人なら500円、3人以上なら1,000円が毎月の利用料金から割り引かれることに。さらにauスマートバリューと併用することで、家族3人以上なら月々最大2,000円の割引となります。 2019年12月から住所の異なる家族も加入できるようになりました。手続きで家族関係証明書が必要となりますが、離れて暮らしていても同じ割引サービスが受けられるのは大変ありがたいところです。

auウォレット

2019年12月から2020年7月現在まで、webか電話で申し込んだ場合、auウォレット(au pay)へ10,000円のキャッシュバックを実施中です。 ただし条件があります。①auひかりのネットと電話に新規加入することと、②auウォレットプリペイドカードに申し込み、au IDが設定されている必要があります。

新規申込時、違約金を還元

auひかりを利用したいけど、今は他社の光サービスを使っている場合、他社を解約する際にはたいてい契約違約金が発生します。 契約期間内に解約すると発生するのですが、auひかりに乗り換えた場合、「新スタートサポート」として他社違約金を最大30,000円まで還元されます。

auひかりのデメリットとは

マンションの場合高速プランが選択できない

auひかりを使うにあたってのデメリットも知っておくとよいでしょう。まず、マンション住まいでauひかりを使う場合、auひかりホームで提供されている5ギガ、10ギガを契約することができません。 ただし1ギガも5ギガも10ギガもあくまでベストエフォート(技術上の最大値)ですので、1ギガだから遅い、10ギガだから速いということもありません。

初期費用が高い?

auひかりを始める場合、上述の通り登録料と工事費用が必要になります。 登録料は初月に3,000円。これはインターネットだけでも3,000円ですし、光電話とテレビを同時に申し込んでも3,000円です。サービス開始後に追加申込をした場合は都度800円かかるため、要注意です。 初期工事費はauひかりホームで37,500円、マンションタイプで30,000円です。ただしずっとauひかりを使い続けると、「auひかりホーム」は30ヶ月で、「マンションタイプ」は24ヶ月までの割引により実質無料となります。 ただし、途中解約してしまうと割引もストップしてしまうので、残った費用は一括請求されてしまいます。

回線撤去費用がかかることも

auひかりホームの場合は解約時、回線撤去費用が28,800円必要です。 なお引越しによる解約の場合は、引越し先でもそのままauひかりとの契約を続けるなら、回線撤去費用は免除されます。ただし同一プロバイダをとおして継続契約していることが必要です。

auひかりのメリット・デメリットを把握して、お得に契約しよう!

本記事ではauひかりについてご紹介しました。auのスマートフォンを使っていればauひかり一択ですが、他社のスマートフォンを使っているならまた別の選択肢も視野に入れるべきです。 auひかりホームで提供されている回線は高速なので、動画を楽しんだり大容量のデータをやり取りするには最適です。 一方で解約期間の縛りや自分に適したプランなど、事前に調べておかなければ必要以上の請求をされることになります。 メリットやデメリットを把握したうえで、お得にauひかりを契約しましょう!