2020年7月31日更新

ピクサー新作映画「LUCA(ルカ)」2021年夏に公開決定!物語の舞台はイタリア

『LUCA(ルカ)』サムネ

ピクサーのさらなる新作が2021年夏に公開されると発表されました。そのタイトルは「LUCA(ルカ)」。イタリアの海沿いの街を舞台に、ひと夏の出会いと冒険が描かれる本作について、2020年7月現在明らかになっている情報をまとめて紹介します!

目次

ピクサー最新作「LUCA(ルカ)」の公開が決定!イタリアで過ごす忘れられない夏

ディズニー・ピクサーの最新作「LUCA(ルカ)」が、2021年夏に公開されると発表されました。この記事では本作について、2020年7月現在明らかになっている情報をまとめて紹介します。

「LUCA(ルカ)」のあらすじ

舞台はイタリアの海沿いの街。少年ルカは新しい友だちと出会い、絆を強くしていきます。しかし彼のある秘密が2人の友情に影を落とすように……。

実は、ルカは海底にある別の世界から来たモンスターだったのです。

監督はピクサー短編『月と少年』を手がけたエンリコ・カサローサ

本作の監督を務めるのは、2011年にピクサーの短編映画『月と少年』で脚本を担当し、監督デビューを果たしたエンリコ・カサローサです。 カサローサにとって「とても個人的な物語」だという本作。彼は「この映画の中心にあるのは素晴らしい友情」だと語っています。 また「子供のころの友情が、自分がどんな人間になりたいかを決定づけることも多くあります。」と米Variety誌にコメントしました。

物語の舞台となるのは、イタリアにある海沿いの街・リビエラ

ピクサー最新作「LUCA(ルカ)」の舞台となるイタリアン・リヴィエラとは、イタリア北西部の地中海に面するリグーリア海岸のこと。 国際的に有名なリゾート地である「リヴィエラ」はフランスのニースから続いていますが、なかでもイタリア側を「イタリアン・リヴィエラ」と呼びます。 監督のカサローサはこの地方の出身です。作中でもその風景の美しさや土地の魅力は見どころの1つとなりそうですね。 また2019年12月には、米フロリダ州のディズニー・ワールドにこのリヴィエラをイメージしたホテルがオープンしました。

今後のピクサー新作映画公開スケジュールをチェック!

『2分の1の魔法』(2020年8月21日公開)

かつては魔法であふれていた世界。気の弱い少年イアンは、16歳の誕生日に亡くなった父が遺した魔法の杖を手に入れます。彼はさっそく魔法で父を蘇らせようとしますが上手くいかず、目の前に現れたのは父の両足だけ。 24時間以内になんとかしないと、父が永遠に消えてしまうと知った彼は、陽気な兄バーリーとともに冒険に出ます。 本作は当初2020年3月に公開が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本公開が延期に。その後、2020年8月21日に公開されることが決定しました。

『ソウルフル・ワールド』(2020年12月11日公開)

ニューヨークの伝説的ライブハウス「ブルーノート」に、ジャズピアニストとして出演することを夢見る中学教師のジョー。その夢が叶いそうになった矢先、彼は地下道に転落してしまいます。 彼が目を覚ますと、そこは「魂の世界」でした。人間になりたくないという魂22番に、ジョーは世界がどんなに素晴らしいところか教えようとしますが……。 『ソウルフル・ワールド』は、2020年12月11日公開です。

ピクサー最新映画「LUCA(ルカ)」は2021年6月18日全米公開予定!

イタリアの美しい海沿いの街を舞台に、少年ルカのひと夏の冒険と友情を描くピクサー最新作「LUCA(ルカ)」。一生忘れられない夏の経験を通して、彼はどのように成長していくのでしょうか。 Varietyによると、2021年6月18日に全米公開が予定されているとか。 まだまだ詳細が明らかになっていない本作についてciatrではこれからも続報を伝えていきますので、ぜひチェックしてください。