2021年3月25日更新

ピクサー新作映画『あの夏のルカ』のあらすじは?2021年6月18日(金)ディズニープラスで配信決定!

あの夏のルカ

ピクサーのさらなる新作が2021年6月18日に公開されると発表されました。そのタイトルは『あの夏のルカ』イタリアの海沿いの街を舞台に、ひと夏の出会いと冒険が描かれる本作について、2021年3月現在明らかになっている情報をまとめて紹介します!

目次

ピクサー最新作『あの夏のルカ』の配信が決定!あらすじとモデルとなった街を解説

ディズニー・ピクサーの最新作「LUCA(ルカ)」が、2021年6月18日にディズニープラスで配信されると発表されました。この記事では本作について、2021年3月現在明らかになっている情報をまとめて紹介します。

『あの夏のルカ』のあらすじ

『あの夏のルカ』の舞台となるのは、太陽がさんさんと照りつける北イタリアの小さな町、ポルト・ロッソ。賑やかな街並みと夏の香りの中で、友達とともに最高の夏を過ごしている少年・ルカが主人公です。 しかしルカには秘密がありました。彼は普通の人間ではなく、水に濡れると姿を変え、海を自由に泳ぐことのできるシー・モンスターだったのです。しかし人間たちは、存在のよくわからないシー・モンスターを遅れていました。シー・モンスターたちもまた、人間を恐れていたのです。 正体がバレてはならないシー・モンスターたちにとって、人間が暮らす町は禁断の地。そんな海の掟もお構いなしに、ルカは人間の町へとやってきましたが……。

映画『あの夏のルカ』のフル動画が6/18より配信開始!無料で観られる

ディズニープラスで無料視聴できる!
配信サービス 配信状況 無料期間

6/18~
独占配信

31日間無料

監督はピクサー短編『月と少年』を手がけたエンリコ・カサローサ

本作の監督を務めるのは、2011年にピクサーの短編映画『月と少年』で脚本を担当し、監督デビューを果たしたエンリコ・カサローサです。 カサローサにとって「とても個人的な物語」だという本作。彼は「この映画の中心にあるのは素晴らしい友情」だと語っています。 また「子供のころの友情が、自分がどんな人間になりたいかを決定づけることも多くあります。」と米Variety誌にコメントしました。

物語の舞台となるのは北イタリアの架空の町ポルト・ロッソ

ポルト・ロッソのモデルとなったイタリアにある海沿いの街・リヴィエラ

ピクサー最新作『あの夏のルカ』の舞台となるイタリアン・リヴィエラとは、イタリア北西部の地中海に面するリグーリア海岸のこと。 国際的に有名なリゾート地である「リヴィエラ」はフランスのニースから続いていますが、なかでもイタリア側を「イタリアン・リヴィエラ」と呼びます。 監督のカサローサはこの地方の出身です。作中でもその風景の美しさや土地の魅力は見どころの1つとなりそうですね。 また2019年12月には、米フロリダ州のディズニー・ワールドにこのリヴィエラをイメージしたホテルがオープンしました。

ジブリ作品へのオマージュ?

舞台となる北イタリアの港町、ポルト・ロッソは、『紅の豚』の主人公であるポルコ・ロッソから名前を付けられているのではないか?との憶測も。実際には言及されていませんが、かなり近い名前であることから可能性は高いかもしれません。 というのも、監督を務めたエンリコ・カサローザは、なんと大のジブリファン。『崖の上のポニョ』の絵コンテは水彩画で描かれていたことを知ると、自身の映像制作においても水彩画を用いるようになったというエピソードも残されています。

ひと夏の冒険を見逃すな!『あの夏のルカ』はディズニープラスで配信

北イタリアの美しい港町を舞台に、少年ルカのひと夏の冒険と友情を描くピクサー最新作『あの夏のルカ』。人に知られてはならない秘密を抱えたルカが、勇気を振り絞って巻き起こす奇跡とは一体何なのか、映画ファンなら見逃すことはできません。 2021年6月18日(金)にディズニープラスで配信となるので、今年の夏の始まりは『あの夏のルカ』とともに迎えてみてはいかがでしょうか。