2020年9月7日更新

Echo Dot(エコードット)のメリット&デメリットは?Alexa(アレクサ)でできること、スペックまとめ

Echo Dot/エコードットのメリット&デメリットは?できること、スペックまとめ_サムネイル

Echo Dot(エコードット)はAmazon Echoシリーズの中でも人気の高い商品です。コンパクトで持ち運びもできるため、「スマートスピーカー」として初めて購入する人も多いとか。本記事では、そんなEcho Dotについてできることやメリット・デメリットなどを紹介します。

目次

Echo Dot(エコードット)とは?Alexa(アレクサ)で何ができるの?

「Echo Dot」は、Amazonが開発・販売しているスマートスピーカー「Amazon Echoシリーズ」のエントリーモデルです。AIアシスタントの「Alexa」を内蔵しているため、ユーザーの声を認識してさまざまな操作が可能。他のEchoシリーズと比べると「低価格でコンパクト」なことから、Echoシリーズでは特に人気のスマートスピーカーです。 この記事では、そんなEcho Dotの魅力を解説!人気の理由や他のAmazon Echoシリーズとの違いについて見ていきましょう。 なお表示されている価格については2020年9月現在の情報を参考にしています。販売価格が異なる可能性があるため、ご注意ください。

Echo Dot(エコードット)はどうして人気?スペック早見表で確認

Echo Dot Echo Dot with clock
イメージ
価格 5,980円 6,980円
カラー サンドストーン
チャコール
プラム
ヘザーグレー
サンドストーンのみ
スピーカーサイズ 1.6インチ 1.6インチ
サイズ 43×99×99mm 43×99×99mm
重量 300g 300g
特徴 安価で
コンパクト
前面にLEDライト
の時計表示機能

※イメージ画像をクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

Echo DotはAmazon Echoシリーズの中でも特に人気が高い商品です。その理由は、「比較的安価な価格」と「置く場所に困らないコンパクトさ」にあります。

価格は通常の「Echo Dot」だと税込み5,980円、また時計表示付きの「Echo Dot with clock」だと6,980円。スマートスピーカーの中でも低価格のため、とりあえずスマートスピーカーを使ってみたい人が購入しやすい商品です。

また幅9.9cm、高さ4.3cmとサイズがコンパクトなのも人気の理由。持ち運びにも困らないため、旅行や出張の滞在先で使うこともできるでしょう。

Echo Dot(エコードット)で、何ができるの?

Echo Dotは声だけで操作ができ、多くの場面で役立つスマートな家電です。今回は日常生活で、特に使用頻度が多い「3つの機能」について解説していきます。

またAmazon Echoシリーズは、これから解説する機能以外にも沢山の機能を備えています。Amazon Echoシリーズで「何ができるのか」もっと知りたい人は、以下の記事も参考にしてください!

音楽をかけられる

音楽 music フリー素材

Echo Dotは話しかけるだけで音楽を再生できます。再生や停止、音量調節といった基本操作はもちろんのこと、聞きたい曲が決まらないときはAlexaに選曲してもらうことも可能です。

「Spotify」や「AWA」、「Amazon Music」などのストリーミングサービスにも対応。特に「Amazon Prime」を契約しているなら「Prime Music」も利用できるため、200万曲を追加料金無しで再生可能です。

またEcho端末限定の「Echoプラン」を利用すれば、通常月額980円の「Amazon Music Unlimited」を月額380円で楽しめます。加入すれば「6500万曲が聴き放題」になるため、かなりお得なプランです。どちらも30日の無料お試し期間が用意されているため、利用するか迷う人はまずは登録してみて、使用感を確かめてみましょう。

目覚ましとタイマー

フリー画像、目覚まし

Echo Dotを利用すれば、声だけで指定時刻に目覚ましをセットすることや、タイマーをかけることが可能です。アラームをセットする場合は「アレクサ、朝○時にアラームをセットして」と話しかけるだけでセットが完了し、止めるときも「アレクサ、止めて」のひとことで鳴り止みます。

アラーム音を好きな音楽に変更することもでき、Amazon Musicの中からも指定できます。具体的な曲名で指定する以外にも、曲のジャンルを指定してAlexaに曲を選んでもらうことも可能です。

タイマーをセットする場合は「アレクサ○分○秒のタイマーをセットして」と秒単位で細かく設定できます。声を認識して自動的にセットしてくれるため、料理中など両手がふさがる場面で重宝するでしょう。

ニュースや天気予報などの情報源として

フリー画像、ニュース

「アレクサ、今日の天気を教えて」と伝えれば、アレクサが現在地の天気予報を教えてくれます。また「アレクサ、今日のニュースを教えて」と伝えれば、アレクサがその日のニュースを読み上げてくれます。朝の慌ただしい時間など、声だけで操作できるEcho Dotはとても役立ちそうですね。

またEcho Dotには「アレクサスキル」と呼ばれる拡張機能があります。このスキルを有効化することで、アレクサを“より使いやすく”カスタマイズ可能。このスキルはCNNや日経新聞など、各種メディアが提供しており、自分好みの情報源をアレクサに追加していくことができます。

他のAmazon Echo(アマゾンエコー)シリーズとの違い!メリット&デメリット紹介

Echo DotはAmazon Echoシリーズのひとつで、同シリーズの他商品とは「価格」や「性能」も違います。ここからはEcho Dotを選ぶメリット・デメリットを簡単に紹介します。

なお2020年9月現在発売中の「Amazon Echoシリーズ製品」に関しては、以下の記事で全製品のスペックを比較しています!Echo Dot以外にも様々な製品を検討しておきたい人は、以下の記事も是非チェックしてみてください。

Echo Dot(エコードット)のメリット

メリット・デメリット フリー素材
Echo Flex Echo Dot(第3世代) Echo Dot with clock(第3世代) Echo Echo Plus Echo Studio Echo Show Echo Show 5 Echo Show 8
イメージ
価格 2,980円 5,980円 6,980円 11,980円 17,980円 24,980円 27,980円 6,000円 14,980円
重量 150g 300g 300g 780g 780g 3.5kg 1,755g 410g 1,037g

※表はスクロールできます。

Echo Dotを選ぶメリットは大きく分けて2つ。「他の製品に比較して価格が安いこと」と「どこにでも置けるコンパクトさ」です。以下で解説していきましょう。

表にあるように、Amazon Echoシリーズには2,980円〜2万円台まで様々な価格帯の商品があります。その中でも、5,980円のEcho Dot(with clockは6,980円)はお手ごろな価格。全製品にAlexaが搭載されており、スマートスピーカーとしての基本的な機能にあまり差はないため、価格の手頃さは大きなメリットです。

またコンパクトなサイズもメリットの1つ。Amazon Echoシリーズには、なんと重量が3.5kgの製品もありますが、Echo Dotは300g。置き場所を選ばず、持ち運びもできるのがEcho Dotの魅力です。

Echo Dot(エコードット)のデメリット

※イメージをクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

Echo dotにはディスプレイがついていません。そのため上記「Echo Show 5」のように、ディスプレイ付きのスマートスピーカーでは利用できる「ビデオ通話」や「動画の再生」ができないのです。

また音質も価格相応で、Amazon Echoシリーズの高価格製品と比べるとやはり劣ってしまいます。音質を求めるならAmazon Echoシリーズの上位製品も検討してみましょう。

Echo Dot(エコードット)と一緒にあると、便利な製品は?

Echo Dotは「スマートプラグ」と「スマートリモコン」と一緒に購入すると、さらに便利に使えます。以下で、それぞれの製品をみていきましょう。

スマートプラグ

※イメージをクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

スマートプラグは、接続した電化製品のオン/オフを遠隔操作できる優れものです。たとえば電気スタンドとこのプラグを接続すれば、スマートフォンからスイッチのオンオフができるようになります。

設定次第ではEcho Dotから音声でも操作可能。Alexaに話しかけるだけで、照明をつけたり消したりすることができます。

スマートリモコン

※イメージをクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

スマートリモコンは、エアコンやテレビのリモコンに代わるものです。ネットワークを経由することで、スマートフォンから「一家のリモコンを集約して操作可能」になります。

スマートリモコンとEcho Dotを連携させれば、声だけで「リモコンを操作することができる」ようになります。つまりスマートリモコンは、「声だけでエアコンの温度を変える」といった使い方ができてしまう優れもの。

ただしリモコンに非対応な家電もあります。スマートリモコンや操作したい家電を購入するときには、事前前に「家電がスマートリモコンに対応しているか」確認しましょう。

Echo Dot(エコードット)は「安価でコンパクト」なAmazonのスマートスピーカー!

Echo Dotは声だけで操作可能で、日々の生活を少し便利にしてくれる機能が沢山詰まっています。

Echo Dotは価格もそれほど高くなく、「スマートスピーカーを試してみたい」と思っている人にはうってつけ。スマートスピーカー選びに迷っている人は、この記事を参考にして、是非Echo Dotの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

Echo DotはAmazon Echoシリーズの中でも特に人気が高い商品です。その理由は、「比較的安価な価格」と「置く場所に困らないコンパクトさ」にあります。 価格は通常の「Echo Dot」だと税込み5,980円、また時計表示付きの「Echo Dot with clock」だと6,980円。スマートスピーカーの中でも低価格のため、とりあえずスマートスピーカーを使ってみたい人が購入しやすい商品です。 また幅9.9cm、高さ4.3cmとサイズがコンパクトなのも人気の理由。持ち運びにも困らないため、旅行や出張の滞在先で使うこともできるでしょう。

Echo Dot(エコードット)で、何ができるの?

Echo Dotは声だけで操作ができ、多くの場面で役立つスマートな家電です。今回は日常生活で、特に使用頻度が多い「3つの機能」について解説していきます。 またAmazon Echoシリーズは、これから解説する機能以外にも沢山の機能を備えています。Amazon Echoシリーズで「何ができるのか」もっと知りたい人は、以下の記事も参考にしてください!

音楽をかけられる

音楽 music フリー素材

Echo Dotは話しかけるだけで音楽を再生できます。再生や停止、音量調節といった基本操作はもちろんのこと、聞きたい曲が決まらないときはAlexaに選曲してもらうことも可能です。 「Spotify」や「AWA」、「Amazon Music」などのストリーミングサービスにも対応。特に「Amazon Prime」を契約しているなら「Prime Music」も利用できるため、200万曲を追加料金無しで再生可能です。 またEcho端末限定の「Echoプラン」を利用すれば、通常月額980円の「Amazon Music Unlimited」を月額380円で楽しめます。加入すれば「6500万曲が聴き放題」になるため、かなりお得なプランです。どちらも30日の無料お試し期間が用意されているため、利用するか迷う人はまずは登録してみて、使用感を確かめてみましょう。

目覚ましとタイマー

フリー画像、目覚まし

Echo Dotを利用すれば、声だけで指定時刻に目覚ましをセットすることや、タイマーをかけることが可能です。アラームをセットする場合は「アレクサ、朝○時にアラームをセットして」と話しかけるだけでセットが完了し、止めるときも「アレクサ、止めて」のひとことで鳴り止みます。 アラーム音を好きな音楽に変更することもでき、Amazon Musicの中からも指定できます。具体的な曲名で指定する以外にも、曲のジャンルを指定してAlexaに曲を選んでもらうことも可能です。 タイマーをセットする場合は「アレクサ○分○秒のタイマーをセットして」と秒単位で細かく設定できます。声を認識して自動的にセットしてくれるため、料理中など両手がふさがる場面で重宝するでしょう。

ニュースや天気予報などの情報源として

フリー画像、ニュース

「アレクサ、今日の天気を教えて」と伝えれば、アレクサが現在地の天気予報を教えてくれます。また「アレクサ、今日のニュースを教えて」と伝えれば、アレクサがその日のニュースを読み上げてくれます。朝の慌ただしい時間など、声だけで操作できるEcho Dotはとても役立ちそうですね。 またEcho Dotには「アレクサスキル」と呼ばれる拡張機能があります。このスキルを有効化することで、アレクサを“より使いやすく”カスタマイズ可能。このスキルはCNNや日経新聞など、各種メディアが提供しており、自分好みの情報源をアレクサに追加していくことができます。

他のAmazon Echo(アマゾンエコー)シリーズとの違い!メリット&デメリット紹介

Echo DotはAmazon Echoシリーズのひとつで、同シリーズの他商品とは「価格」や「性能」も違います。ここからはEcho Dotを選ぶメリット・デメリットを簡単に紹介します。 なお2020年9月現在発売中の「Amazon Echoシリーズ製品」に関しては、以下の記事で全製品のスペックを比較しています!Echo Dot以外にも様々な製品を検討しておきたい人は、以下の記事も是非チェックしてみてください。

Echo Dot(エコードット)のメリット

メリット・デメリット フリー素材
Echo Flex Echo Dot(第3世代) Echo Dot with clock(第3世代) Echo Echo Plus Echo Studio Echo Show Echo Show 5 Echo Show 8
イメージ
価格 2,980円 5,980円 6,980円 11,980円 17,980円 24,980円 27,980円 6,000円 14,980円
重量 150g 300g 300g 780g 780g 3.5kg 1,755g 410g 1,037g

※表はスクロールできます。

Echo Dotを選ぶメリットは大きく分けて2つ。「他の製品に比較して価格が安いこと」と「どこにでも置けるコンパクトさ」です。以下で解説していきましょう。

表にあるように、Amazon Echoシリーズには2,980円〜2万円台まで様々な価格帯の商品があります。その中でも、5,980円のEcho Dot(with clockは6,980円)はお手ごろな価格。全製品にAlexaが搭載されており、スマートスピーカーとしての基本的な機能にあまり差はないため、価格の手頃さは大きなメリットです。

またコンパクトなサイズもメリットの1つ。Amazon Echoシリーズには、なんと重量が3.5kgの製品もありますが、Echo Dotは300g。置き場所を選ばず、持ち運びもできるのがEcho Dotの魅力です。

Echo Dot(エコードット)のデメリット

※イメージをクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

Echo dotにはディスプレイがついていません。そのため上記「Echo Show 5」のように、ディスプレイ付きのスマートスピーカーでは利用できる「ビデオ通話」や「動画の再生」ができないのです。

また音質も価格相応で、Amazon Echoシリーズの高価格製品と比べるとやはり劣ってしまいます。音質を求めるならAmazon Echoシリーズの上位製品も検討してみましょう。

Echo Dot(エコードット)と一緒にあると、便利な製品は?

Echo Dotは「スマートプラグ」と「スマートリモコン」と一緒に購入すると、さらに便利に使えます。以下で、それぞれの製品をみていきましょう。

スマートプラグ

※イメージをクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

スマートプラグは、接続した電化製品のオン/オフを遠隔操作できる優れものです。たとえば電気スタンドとこのプラグを接続すれば、スマートフォンからスイッチのオンオフができるようになります。

設定次第ではEcho Dotから音声でも操作可能。Alexaに話しかけるだけで、照明をつけたり消したりすることができます。

スマートリモコン

※イメージをクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

スマートリモコンは、エアコンやテレビのリモコンに代わるものです。ネットワークを経由することで、スマートフォンから「一家のリモコンを集約して操作可能」になります。

スマートリモコンとEcho Dotを連携させれば、声だけで「リモコンを操作することができる」ようになります。つまりスマートリモコンは、「声だけでエアコンの温度を変える」といった使い方ができてしまう優れもの。

ただしリモコンに非対応な家電もあります。スマートリモコンや操作したい家電を購入するときには、事前前に「家電がスマートリモコンに対応しているか」確認しましょう。

Echo Dot(エコードット)は「安価でコンパクト」なAmazonのスマートスピーカー!

Echo Dotは声だけで操作可能で、日々の生活を少し便利にしてくれる機能が沢山詰まっています。

Echo Dotは価格もそれほど高くなく、「スマートスピーカーを試してみたい」と思っている人にはうってつけ。スマートスピーカー選びに迷っている人は、この記事を参考にして、是非Echo Dotの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

Echo Dotを選ぶメリットは大きく分けて2つ。「他の製品に比較して価格が安いこと」と「どこにでも置けるコンパクトさ」です。以下で解説していきましょう。 表にあるように、Amazon Echoシリーズには2,980円〜2万円台まで様々な価格帯の商品があります。その中でも、5,980円のEcho Dot(with clockは6,980円)はお手ごろな価格。全製品にAlexaが搭載されており、スマートスピーカーとしての基本的な機能にあまり差はないため、価格の手頃さは大きなメリットです。 またコンパクトなサイズもメリットの1つ。Amazon Echoシリーズには、なんと重量が3.5kgの製品もありますが、Echo Dotは300g。置き場所を選ばず、持ち運びもできるのがEcho Dotの魅力です。

Echo Dot(エコードット)のデメリット

※イメージをクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

Echo dotにはディスプレイがついていません。そのため上記「Echo Show 5」のように、ディスプレイ付きのスマートスピーカーでは利用できる「ビデオ通話」や「動画の再生」ができないのです。 また音質も価格相応で、Amazon Echoシリーズの高価格製品と比べるとやはり劣ってしまいます。音質を求めるならAmazon Echoシリーズの上位製品も検討してみましょう。

Echo Dot(エコードット)と一緒にあると、便利な製品は?

Echo Dotは「スマートプラグ」と「スマートリモコン」と一緒に購入すると、さらに便利に使えます。以下で、それぞれの製品をみていきましょう。

スマートプラグ

※イメージをクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

スマートプラグは、接続した電化製品のオン/オフを遠隔操作できる優れものです。たとえば電気スタンドとこのプラグを接続すれば、スマートフォンからスイッチのオンオフができるようになります。 設定次第ではEcho Dotから音声でも操作可能。Alexaに話しかけるだけで、照明をつけたり消したりすることができます。

スマートリモコン

※イメージをクリックすると、Amazon公式サイトにジャンプします。

スマートリモコンは、エアコンやテレビのリモコンに代わるものです。ネットワークを経由することで、スマートフォンから「一家のリモコンを集約して操作可能」になります。 スマートリモコンとEcho Dotを連携させれば、声だけで「リモコンを操作することができる」ようになります。つまりスマートリモコンは、「声だけでエアコンの温度を変える」といった使い方ができてしまう優れもの。 ただしリモコンに非対応な家電もあります。スマートリモコンや操作したい家電を購入するときには、事前前に「家電がスマートリモコンに対応しているか」確認しましょう。

Echo Dot(エコードット)は「安価でコンパクト」なAmazonのスマートスピーカー!

Echo Dotは声だけで操作可能で、日々の生活を少し便利にしてくれる機能が沢山詰まっています。 Echo Dotは価格もそれほど高くなく、「スマートスピーカーを試してみたい」と思っている人にはうってつけ。スマートスピーカー選びに迷っている人は、この記事を参考にして、是非Echo Dotの購入を検討してみてはいかがでしょうか?