2020年11月13日更新

【2020】マジで面白いおすすめ神漫画50選!【人気作から隠れた名作まで】

おすすめ漫画 神漫画

ciatr編集部が「これは本気で面白い!」と太鼓判を押す神漫画50作品を一挙に紹介。これから神漫画になりそうな2020年の話題作から往年の名作、王道の少年漫画・少女漫画まで各ジャンルのおすすめ作品を選びました。

目次

これだけは読んで欲しい!ciatrが本気でおすすめする神漫画50選

鬼滅の刃 無限列車編
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

次々と新作や話題作が生まれる漫画の世界。せっかく時間を割いて読むなら、間違いなく面白いと思える作品を読みたいもの。だけど実際選ぶとなると、タイトルが多すぎて何を読んだらいいのか困ってしまうこともあるでしょう。 そこでこの記事ではciatr編集部が本気で選んだ神漫画50作品を紹介します。不朽の名作から2020年に話題となっている最新作まで、編集部が自信を持って面白いとおすすめする作品を集めました。 ここで紹介する作品を抑えておけば、漫画の話題に乗り遅れることはないはず。いずれも神漫画に値する面白い作品なので、きっとお気に入りの作品に出会えるでしょう。

おすすめ漫画を選ぶ基準【発行部数・認知度・メディアミックス】

今回50作品に絞るにあたり、基準としたのは発行部数・認知度・メディアミックスの有無です。50選ということでニッチな作品よりも有名作が名を連ねていますが、王道ともいえる作品だからこそ残らず全て読んでほしいという思いで厳選しました。 2019年・2020年の話題作に関しては、発行部数だけではなく「このマンガがすごい!」のランキングなども参考にしたラインナップです。今後ますます話題になり、神漫画となることが期待できる作品も入っています。 王道の神漫画を読みたい、今話題の漫画を読みたい。そのときの気分に合わせて、お気に入りの作品を見つけてください。

2020年の話題作

『鬼滅の刃』

■ジャンル:ダークファンタジー ■連載時期:2016-2020年 ■巻数:22巻(2020年10月現在) 弟妹たちと平和に暮らしていた竈門炭治郎(かまどたんじろう)は、ある日鬼によって家族を殺されてしまいます。唯一生き残った妹の禰豆子(ねずこ)は、なんと鬼になっていました。禰豆子を人間に戻す方法を探るため、炭治郎は鬼を狩る鬼殺隊(きさつたい)に入り、鬼と戦う道を選ぶのでした。 不死の鬼を相手に戦うダークファンタジー作品ということもあり、戦闘シーンはかなりハードな描写が目立つ『鬼滅の刃』。一方で独特な間合いの笑いも散りばめられており、和風テイストと相まって作品独自の空気を持っています。そのおかげで作品の世界観に没入しやすい作品です。

『SPY×FAMILY』

■ジャンル:スパイアクションホームコメディ ■連載時期:2019年- ■巻数:5巻(2020年10月現在) 凄腕スパイ・黄昏(たそがれ)は任務のため隣国で急遽家族が必要に。そんな彼は精神科医ロイド・フォージャーとして、孤児院で出会った少女・アーニャを引き取り、偶然出会った公務員のヨルと結婚します。しかしアーニャは人の心を読む力を持ち、ヨルはいばら姫というコードネームを持つ凄腕の殺し屋で……。 『SPY×FAMILY』は裏の顔を持つ3人が即席家族になることで始まるホームコメディ。お互いに裏の顔を知られるわけにはいかない3人が、表向きの平和な家族を維持するために奮闘するコミカルかつスリリングな姿は必見です。

『さよならミニスカート』

■ジャンル:少女漫画 ■連載時期:2018- ■巻数:2巻(2020年10月現在) 男子制服で登校する神山仁那(かみやまにな)は、かつて人気を誇った元アイドル・雨宮花恋(あまみやかれん)でした。彼女は握手会で暴漢に切りつけられたことで、身体にも心にも大きな傷を負ってしまいます。唯一彼女の正体に気がついた堀内光(ほりうちひかる)に、少しずつ仁那は心を開いていくことに。 りぼん編集長に異例と評された『さよならミニスカート』は、少女の生き辛さやジェンダーというテーマを少女漫画として掘り下げていく意欲作。当事者の少女だけでなく、年齢や性別関係なく多くの読者に気づきをもたらしてくれます。

『チェンソーマン』

■ジャンル:ダークファンタジー ■連載時期:2018- ■巻数:8巻(2020年10月現在) 借金返済のため「チェンソーの悪魔」ポチタとタッグを組み、非正規デビルハンターをしていたデンジ。ある日悪魔の襲撃を受けたデンジは命を落とし、ポチタの心臓を譲り受けることに。こうして「チェンソーの悪魔」に変身する能力を得たデンジは、正規デビルハンターとして公安に飼われることになるのでした。 『チェンソーマン』の魅力は、とにかく勢いのある作画とカオスな雰囲気でしょう。B級ホラー映画を彷彿とさせるような、どこか突き抜けた世界観が楽しめます。アクションだけでなく、同時に濃い作風を楽しみたい人におすすめの作品です。

『ミステリと言う勿れ』

■ジャンル:ミステリー ■連載時期:2016- ■巻数:7巻(2020年10月現在) 天然パーマが印象的な久能整(くのうととのう)は、カレー作りが趣味な平凡な大学生。ところがある殺人事件の容疑者として任意同行を求められます。取調を受ける久能は、刑事たちの示す証拠を前に真犯人を推理し始めるのでした。 『7SEEDS』の田村由美が描く『ミステリと言う勿れ』は、主人公の久能の語りを楽しむ作品。久能持つ雑学の引き出しが非常に多く、彼の口から次にどんな知識が飛び出すのかとわくわくさせられます。 彼の言葉によって物事や人間関係の多様な側面が明らかになり、その度に自分の視野も広がっていくような感覚を味わえるでしょう。

2019年の話題作

『天国大魔境』

■ジャンル:SF ■連載時期:2018- ■巻数:4巻(2020年10月現在) 大災害により文明が崩壊した外界に生きるマルとキリコは、天国にいるというマルと同じ顔をした人間を探していました。一方外界から隔絶された施設で生きる少女・トキオは、「外の外に行きたいですか」という不思議なメッセージを受け取ります。そしてトキオはマルそっくりの顔をしていたのです。 『天国大魔境』は閉鎖された施設と荒廃した外界の、2つの世界を軸に進んでいきます。それぞれの世界の物語が進む中で、この世界の全貌が明らかになるかと思いきや、謎が新たな謎を呼ぶ展開が見どころ。真相にたどり着きたい一心で、どんどん読み進めたくなります。

『BEASTARS(ビースターズ)』

■ジャンル:動物ヒューマンドラマ ■連載時期:2016-2020 ■巻数:21巻(2020年10月現在) 擬人化した動物たちが人間のような社会を築く世界。全寮制のエリート校・チェリートン学園に通う演劇部員のオオカミ・レゴシは、肉食獣であることに劣等感を抱いていました。アルパカの生徒・テムが殺される事件をきっかけに、学内では肉食獣と草食獣の間に不穏な空気が漂い始めます。 動物を通して人間の本能や残酷性、愛をあぶり出す『BEASTARS』。互いに平等な存在として生きながらも、本能の部分で決して相容れることが出来ない両者の姿は、人間のリアルを切り取ります。同時に高校生たちの葛藤する青春の日々も満喫できる作品です。

『凪のお暇』

■ジャンル:ヒューマンドラマ ■連載時期:2016- ■巻数:7巻(2020年10月現在) 空気も読んで女子力も高いOL・大島凪(おおしまなぎ)は社内の有望株・我聞慎二(がもんしんじ)と交際中。しかし彼は身体が目当てだったと知ると倒れてしまいます。彼女は心機一転郊外に引っ越し、仕事も家財も人間関係も断捨離することに。何にも縛られない「お暇」時間を開始します。 ドラマ化でも話題になった『凪のお暇』。周りに合わせて生きる息苦しさや葛藤を抱える凪に、思わず共感する作品です。新しい出会いや過去との縁の中で、新しい自分を模索する凪の姿に前向きな気持ちがもらえます。ノスタルジックな絵柄も癒し効果絶大です。

『来世は他人がいい』

■ジャンル:恋愛 ■連載時期:2017- ■巻数:4巻(2020年10月現在) 大阪で極道の家に生まれ育った女子高生・染井吉乃(そめいよしの)は、関東を拠点とする極道の息子・深山霧島(みやまきりしま)との婚約のため東京に引っ越します。表向きは穏やかで人当たりのいい2人でしたが、吉乃が本性を出し啖呵を切ったことで2人の関係は一変することに……。 切れると大阪弁で啖呵を切る吉乃と、人としてどこか壊れている霧島。従来の恋愛漫画にはない組み合わせの、枠から外れた2人が織りなす駆け引きが『来世は他人がいい』の見どころです。一向に恋愛脳にならないヒロインが最終的にどんな恋をするのか、その結末に注目です。

おすすめ少年漫画

『NARUTO』

■ジャンル:忍者バトル ■連載時期:1999-2014 ■巻数:全72巻 木ノ葉(このは)隠れの里に住むうずまきナルトは、里1番の忍・火影(ほかげ)を目指す落ちこぼれの超問題児。彼自身や里に降りかかる困難を、彼は決して折れない心で乗り越えていきます。やがて彼の生き様は多くの忍の心を動かしていくのでした。 海外でも高い人気を誇る『NARUTO』。主人公が友情や愛を知りながら成長していくという少年漫画の王道が楽しめます。 緻密な描き込みで生まれる和な世界観は本作の魅力のひとつ。背景までこだわり抜かれた描写が、読者を忍の里に誘ってくれます。また巧妙な伏線も多く巡らされており、2周3周と読みたくなる作品です。

『銀魂』

■ジャンル:SF時代劇コメディ ■連載時期:2004-2019 ■巻数:全77巻 かぶき町に店を構える何でも屋・万事屋銀ちゃんを営む侍・坂田銀時(さかたぎんとき)。彼のもとには志村新八(しむらしんぱち)や最強種族の生き残り・神楽(かぐら)、巨大な犬の定春(さだはる)といった個性豊かな面々が集います。一行は町で起こる騒動に首を突っ込み、騒がしい日々を送るのでした。 ギャグとシリアスの温度差に風邪を引きそうになる『銀魂』は、ギャップが魅力の作品です。ストーリーだけでなくキャラもギャップの宝庫で、その切り替わりは痛快。コマ外にまでギャグが散りばめられており、巻末の作者コメントまで笑わせてくれます。

『鋼の錬金術師』

■ジャンル:ダークファンタジー ■連載時期:2001-2010年 ■巻数:全27巻 亡き母に会いたい一心で禁忌である人体錬成を行ったエドワード・エルリックとアルフォンス・エルリック。錬成は失敗に終わりエドは片脚を、アルは全身を失います。身体を失った兄弟は、元の身体に戻る手がかりを探す旅に出るのでした。 『鋼の錬金術師』は錬金術ブームを生み出した作品です。錬成陣から術が発動する様子や、錬金術師同士のバトルが、躍動感ある絵柄で描かれています。 荒川弘の得意とするテンポの良い展開の中に、死生観という重いテーマが浮かび上がる名作。爽快な読後感を得つつも、生きることについて考えさせられます。

『HUNTER×HUNTER』

■ジャンル:冒険バトル ■連載時期:1998- ■巻数:36巻(2020年10月現在) ある日ハンター・カイトに命を助けられた少年・ゴン。カイトから死んだと思っていた父親・ジンが優秀なハンターで今も生きていることを聞かされます。ゴンは父の背中を追い、自身もハンターを目指すことに。無事ハンターとなったゴンは友人のキルアらとともに修行を積んでいきます。 ゴンの成長と冒険を描く『HUNTER×HUNTER』。序盤は仲間とともにハンターを目指す王道なストーリーが展開しますが、中盤からは予想を裏切るストーリーの連続。複雑な設定と入り組んだ伏線が絡み合い、ページを捲る手が止まらなくなるはずです。

『進撃の巨人』

■ジャンル:ダークファンタジー ■連載時期:2009- ■巻数:32巻(2020年10月現在) 巨人から人類を守る壁の中に生きるエレン・イエーガーは壁の外の世界に憧れを抱いていました。人々が巨人の驚異など忘れていた中、突如現れた超大型巨人が壁を破壊します。目前で巨人に母親を食べられたエレンは、巨人を駆逐するために幼馴染のミカサ、アルミンと共に第104期訓練兵団に入団するのでした。 社会現象にもなった『進撃の巨人』は巨人vs人類を描くにとどまらず、次々と新事実が発覚し加速度的に面白くなっていく作品。壮絶な戦いを描く一方で、シリアスなシーンにシュールな笑いが投げ込まれることも多く、これが楽しめるのは漫画ならではです。

『ONE PIECE』

■ジャンル:冒険バトル ■連載時期:1997- ■巻数:97巻(2020年10月現在) 多くの海賊が海賊王の残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を目指す大海賊時代。海賊王になることを夢見るモンキー・D・ルフィはゴムゴムの実を食べたゴム人間。彼は旅の途中で仲間になった麦わらの一味を率いて、ワンピースを目指し冒険を繰り広げます。 発行部数で次々と新記録を樹立している『ONE PIECE』は、夢と友情とバトルが詰まったまさに王道の少年漫画。緻密な世界観と伏線も本作の大きな魅力で、10年越しに伏線が回収されることも。コマの隅にさりげなく描き込まれたものが大きな伏線になっていることもあり、1コマずつ目を凝らして読む楽しみがあります。

『GTO』

■ジャンル:学園アクション ■連載時期:1996-2002 ■巻数:全25巻 かつて名を馳せた最強の不良・鬼塚英吉(おにづかえいきち)は、東京吉祥学苑の非常勤講師として働くことに。教師としては破天荒な彼が任されたのは、校内でも最悪と言われている3年4組でした。トラブルを抱える生徒や腐敗した大人たちに、鬼塚は真っ向からぶつかっていきます。 ドラマで一世を風靡した『GTO』。型破りな鬼塚が学校という閉鎖空間に風穴を開けていく姿が痛快な作品です。「ガンダム」のパロディネタや時事ネタなどギャグシーンも満載で、テーマの重さを良い意味で中和してくれます。時代を感じさせない細密な絵柄も魅力的です。

『約束のネバーランド』

■ジャンル:ダークファンタジー ■連載時期:2016-2020 ■巻数:全20巻 エマは孤児院で不自由ない暮らしを送りながら、里親の迎えが来る日を待っていました。しかし孤児院に隠された事実と、自分たちを待っている末路を知ってしまうことに。エマは幼馴染のノートン、レイと協力して孤児院からの脱獄を計画するのでした。 スリリングな心理戦と頭脳戦に惹き込まれる『約束のネバーランド』。子供たちはトラウマ級の出来事に直面していきますが、絵柄の可愛らしい雰囲気がより一層その残虐性を浮かび上がらせます。エマに襲いかかるピンチや罠に、思わず手に汗握ってしまうでしょう。

『DEATH NOTE』

■ジャンル:サスペンス ■連載時期:2003-2006 ■巻数:全12巻 将来を有望視されるエリート高校生・夜神月(やがみらいと)は、自在に人を殺せる「デスノート」を偶然拾います。月はそのノートの力を使って凶悪犯罪者を次々と殺害。自身の思い描く理想の新世界を作ろうとします。キラと呼ばれ信奉される月、一方でキラを捕まえるため世界一の名探偵・Lも動き始め……。 キラとLの究極の頭脳戦が見どころの『DEATH NOTE』。品行方正な月の表情が次第に狂気に染まっていく様は、美麗で端正な小畑健の絵柄だからこそ、一層不気味に感じられます。ネット上でネタになるほど愛されている月やLの名言を、ぜひ作中で確認してみてください。

『名探偵コナン』

■ジャンル:推理 ■連載時期:1994- ■巻数:98巻(2020年10月現在) 高校生探偵・工藤新一(くどうしんいち)は幼馴染の毛利蘭(もうりらん)と遊園地に出かけた際、謎の組織の取引現場に遭遇。口封じのため毒薬を飲まされた新一は、薬の副作用とで小学1年生の身体に。彼は正体を隠しながら江戸川コナンとして、黒の組織を追っていくのでした。 国民的アニメとして人気を誇る『名探偵コナン』。漫画ではコナンが追う事件のヒントが、コマの隅々に散らばっているので、探偵になった気分で謎を解いていくのもおすすめ。とくに最大の謎である黒の組織については、伏線と思われる描写がいくつも登場しているので推理のしがいがあります。

おすすめ青年漫画

『ベルセルク』

■ジャンル:ダークファンタジー ■連載時期:1989- ■巻数:40巻(2020年10月現在) 剣と魔法の世界を舞台に、竜殺しと呼ばれる巨大な剣を武器に狂戦士のように戦う剣士・ガッツ。孤独に戦う彼はかつて傭兵団・鷹の団に属しており、その団長のグリフィスとは盟友と呼べる仲でした。2人が袂を分かったことをきっかけに、彼らの運命は悲劇に見舞われていき……。 エログロな描写が生の生々しさを描き出す、壮大なダークファンタジー『ベルセルク』。漫画界でも屈指のハードな生い立ちを持つガッツの強さは、見る者の心を震わせます。戦いや強さの裏にある人間ドラマも丁寧に描かれており、ダークファンタジーの巨塔としてぜひ抑えておきたい作品です。

『GANTZ』

■ジャンル:SFアクション ■連載時期:2000-2013 ■巻数:全37巻 友人・加藤勝(かとうまさる)と共に電車に轢かれてしまった玄野計(くろのけい)。死んだはずの2人は次の瞬間、マンションの一室に移動していました。そこには同じく死んだはずの人間が集められており、部屋の中央にはガンツと呼ばれる球が。ガンツの指令で玄野たちは星人を倒すことになり……。 謎が謎を呼ぶ展開と、日常と非日常が交差する世界観が魅力の『GANTZ』。作者が「3D漫画」と称するCGを使った作画は、漫画らしからぬ質感を本作に与えています。その作画が日常と非日常の間で謎が行き交うストーリーにぴったりで、読者にリアルな緊張感を感じさせてくれるのです。

『BLACK LAGOON』

■ジャンル:ガンアクション ■連載時期:2001- ■巻数:11巻(2020年10月現在) 日本の普通のサラリーマン岡島緑郎(おかじまろくろう)は、仕事中に闇の組織・ラグーン商会に拉致されてしまいます。会社から見捨てられた彼は、ロックという名でラグーン商会の水夫になることに。アウトローが集まる犯罪都市ロアナプラで生きていくことを決意します。 頭のネジが外れたアウトローな登場人物たちが織りなすノンストップガンアクション『BLACK LAGOON』。次から次へと起こる騒動は、どれも常識の枠から外れたものばかり。コマから硝煙が立ち込めてきそうなスピード感ある銃撃シーンと、エッジの効いたセリフに痺れます。

『テルマエ・ロマエ』

■ジャンル:コメディ ■連載時期:2008-2013 ■巻数:全6巻 古代ローマに生きるスランプ中の設計技師・ルシウスは公衆浴場を通じて、現代の日本の銭湯にタイムスリップしてしまいます。タイムトラベラーとなったルシウスは、平たい顔族こと日本人の風呂文化からヒントを持ち帰り、古代ローマの浴場にもそれを活かしていくのでした。 実写映画が大きな話題となった風呂コメディ『テルマエ・ロマエ』には、肩の力を抜いて楽しめる笑いの宝庫。古代ローマと現代日本の文化の違いから生まれるカルチャーショックが、どちらの文化にも寄り添いながら笑いに昇華されています。読んでいると思わず銭湯に行きたくなるお風呂漫画です。

『蟲師』

■ジャンル:ファンタジー ■連載時期:1999-2014 ■巻数:全11巻 生命の原生体で本来は人と交わらず存在する蟲(むし)。それらは時々怪しい現象を引き起こし、人はそれを怪異と呼ぶのでした。蟲の研究者で蟲を引きつける体質をしている蟲師のギンコは、各地を旅しながらそこで起きた蟲にまつわる怪異に向き合っていきます。 1話完結で物語が進む『蟲師』。日本の原風景に近いノスタルジックな雰囲気が漂う一方で、ギンコはワイシャツを着ているなど、不思議な世界観を持つ作品です。 派手さはなく淡々と進む静けさが、心に染み入ります。日常に忙殺されている時に読むと、疲れ切った心を蟲たちが解してくれるでしょう。

『血の轍』

■ジャンル:サイコサスペンス ■連載時期:2017- ■巻数:9巻(2020年10月現在) 中学2年生の長部静一(おさべせいいち)には、美しく優しい母・静子(せいこ)がいました。周りから母親が過保護だと言われても静一はピンと来ていませんでした。しかしある日起きた事件をきっかけに、母親の狂気が見え隠れし始めて……。 『血の轍』のテーマは毒親。母親の行動は愛と狂気の狭間を行き来し、子供がそれに静かに毒されていく様子がねっとりとした気味悪さと共に描かれています。 中でも瞳や口の描写に表れる不気味さは、背筋をゾッとさせること間違いなし。『惡の華』を描いた押見修造の独特な感性が光る作品です。

『HELLSING』

■ジャンル:ダークファンタジー ■連載時期:1998-2009 ■巻数:全10巻 大英帝国の王立国教騎士団・通称「ヘルシング機関」には、アーカードとセラスという吸血鬼ながらも人間側についた凄腕の吸血鬼ハンターが所属しています。ヘルシングが追う不可解な吸血鬼事件の裏には謎の敵対組織の存在があって……。 吸血鬼とハンターのド派手なアクションを描く『HELLSING』。「平野節」と呼ばれる作者・平野耕太の独特なセンスの光る尖ったセリフ回しがふんだんに登場し、そのセリフを追うだけでもテンションが上ってしまいます。 不死の力を持つ主人公・アーカードの戦闘シーンは特に熱く、ハードなアクション作品が好きな人にはたまらないでしょう。

『ゴールデンカムイ』

■ジャンル:サバイバルバトル ■連載時期:2014- ■巻数:23巻(2020年10月現在) 北海道で砂金集めをしていた「不死身の杉元」と呼ばれる元軍人・杉元佐一(すぎもとさいち)。彼はアイヌが隠した金塊の噂を耳にします。ヒグマに襲われているところを助けてくれたアイヌの少女・アシㇼパと共に、杉元は極寒の地で埋蔵金を巡るサバイバルバトルに身を投じていくのでした。 予想の斜め上を行くコマが次から次へと登場する様子から、闇鍋とも称される『ゴールデンカムイ』。サバイバルバトルが描かれると同時に、アイヌの民族文化や狩猟、グルメも登場します。ギャグシーンのアクも強く、迫力ある絵柄と共にやみつきになってしまうでしょう。

『キングダム』

■ジャンル:歴史 ■連載時期:2006- ■巻数:59巻(2020年10月現在) 春秋戦国時代に秦の田舎で戦災孤児として生きていた少年、信(しん)と漂(ひょう)。2人は下僕ながら天下の大将軍を夢見ていました。そんな2人は偶然、秦国大臣・昌文君(しょうぶんくん)に出会い、やがて信は後に始皇帝となる秦王・嬴政(えいせい)との運命的な出会いを果たすことになるのでした。 動乱の春秋戦国時代を描く『キングダム』は、信の成長譚としても歴史漫画としても楽しめる作品です。登場キャラは多いものの、それぞれに本作ならではの濃い味付けがされているので、一気に読み進めることができます。漫画であることを忘れてしまう壮大なスケールの物語が見どころです。

『宇宙兄弟』

■ジャンル:ストーリー漫画 ■連載時期:2007- ■巻数:38巻(2020年10月現在) 幼い頃に宇宙飛行士になることを誓い合った南波六太(なんばむった)と弟の日々人(ひびと)。19年が経ち弟は宇宙飛行士に、一方で兄は会社もクビになり再就職もうまくいきません。そんな六太の元に弟からあるメッセージが届き、六太は再び宇宙を目指し始めます。 夢を追いかけることの素晴らしさや、そのために必要な努力を教えてくれる『宇宙兄弟』。夢を諦め弟への劣等感にまみれていた六太が、自分なりの武器を使って状況を好転させていく姿には勇気がもらえます。どの登場人物も内面がリアルに描かれており、親近感を持って読み進められます。

おすすめ少女漫画

『暁のヨナ』

■ジャンル:ファンタジー ■連載時期:2009- ■巻数:33巻(2020年10月現在) 高華王国(こうかおうこく)の王女・ヨナは幼馴染・スウォンの謀反により、国王である父を殺され自らも命を狙われることに。ヨナは護衛で幼馴染のハクと共に城を逃れ、神官の元へ。彼女とハクは神託に従い、伝説の四龍の戦士を探す旅に出ます。 か弱い飾り物だった王女が、旅と戦いの日々の中で真の強さを身に着けていく姿を丁寧に描く『暁のヨナ』。彼女の元には強い戦士たちが次第に集まっていきますが、ヨナが1番強いのでは……と思わせるシーンは鳥肌もの。 シーンとして多くはないものの、少女漫画らしく胸キュンなシーンも。ヨナとハクのコミカルだけど甘いやりとりは必見です。

『夏目友人帳』

■ジャンル:伝奇 ■連載時期:2003- ■巻数:25巻(2020年10月現在) 妖怪が見える夏目貴志(なつめたかし)は、ある日祖母・レイコの遺品の中に「友人帳」を見つけます。同じく妖怪が見えたレイコは、妖怪を負かしてはその名を奪っていたのです。貴志はひょんなことから出会った自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪に名前を返していくことに。 人間と妖(あやかし)の関わりを通じて、それぞれの胸にある「大切なもの」を描き出す『夏目友人帳』は、心温まるストーリーが見どころ。天涯孤独だった貴志が、家族や友人と触れ合う中で変わっていく姿には、思わず涙腺が緩んでしまいます。ニャンコ先生も活躍するので、猫好きにもおすすめしたい作品です。

『君に届け』

■ジャンル:恋愛 ■連載時期:2005-2017 ■巻数:全30巻 見た目が陰気なせいで「貞子」と呼ばれる黒沼爽子(くろぬまさわこ)は、高校入学後もクラスで浮いていました。同じクラスには爽やかで男女問わず人気の風早翔太(かぜはやしょうた)もいます。正反対に見える2人は次第に惹かれ合っていき……。 爽子の恋や友情を中心に高校生活3年間を描ききる『君に届け』は、王道の少女漫画。爽子のピュアさに心洗われ、風早の爽やかさに胸を撃ち抜かれます。 恋愛以外にも友情や進路といったテーマが描かれており、青春の甘酸っぱさがギュッと詰まっている作品。クセのないタッチの絵柄も読む人を選ばない王道少女漫画です。

『スキップ・ビート!』

■ジャンル:芸能 ■連載時期:2002- ■巻数:45巻(2020年10月現在) 幼馴染で売れない歌手・尚のため、高校にも行かずバイトをして生活を支えていたキョーコ。しかし彼が売れた途端捨てられてしまい、キョーコの中で復讐の火が燃え上がります。復讐のために芸能界のドアを叩いたキョーコは、眠っていた才能を開花させていき……。 他人のために献身してきたキョーコが、復讐心から爆発的な成長を遂げていく『スキップ・ビート!』。作者・仲村佳樹が得意とする勢いのあるギャグシーンも健在です。 「怨霊キョーコ」が口から飛び出し恨み言をこぼすシーンは漫画ならでは。復讐をここまでパワフルかつ前向きに描けるのか、と驚かされる作品です。

『ちはやふる』

■ジャンル:競技かるた ■連載時期:2007- ■巻数:44巻(2020年10月現在) 小学生の頃に転校してきた綿谷新(わたやあらた)がきっかけで、競技かるたを始めた綾瀬千早(あやせちはや)と真島太一(ましまたいち)。その後3人はバラバラになりますが、千早はかるたを続けていればまた再会出来ると信じていました。そして高校に進学すると、彼女は競技かるた部を設立します。 現実の競技かるた界に大きな影響をもたらした『ちはやふる』。少女漫画らしい可愛い絵柄ですが、その内容は熱血スポーツ漫画的な熱さを秘めています。競技かるたの面白さや百人一首の奥深さに目覚めるきっかけがもらえる作品です。

『天は赤い河のほとり』

■ジャンル:タイムスリップ ■連載時期:1995-2002 ■巻数:全28巻 高校入学を控えた夕梨(ユーリ)は、デート中に謎の手によって水たまりの中に引きずり込まれてしまいます。彼女を待っていたのは紀元前14世紀のヒッタイト帝国でした。第3皇子カイルに助けてもらった彼女は、彼の協力を得ながら元の世界に戻るため奮闘していきます。 古代ヒッタイトを舞台にした壮大なロマンが描かれる『天は赤い河のほとり』。ユーリが戦力としてめきめきと力をつけていく姿は、ヒーローのような格好良さがあります。 大きなコマ割りで魅せるシーンも多く、迫力も満点。異世界トリップものの名作としてぜひ読んでおきたい作品です。

『フルーツバスケット』

■ジャンル:ファンタジーラブコメ ■連載時期:1998-2006 ■巻数:全23巻 身寄りをなくしテント暮らしをしていた本田透(ほんだとおる)は、ひょんなことから同級生の草摩由希(そうまゆき)が暮らす家に居候することに。そこに由希をライバル視する草摩夾(そうまきょう)が現れ、透は彼ら草摩一族が異性に抱きつかれると十二支の動物に変身してしまうという秘密を知ってしまいます。 十二支の呪いを持つ草摩一族と、心優しい透との交流を描く『フルーツバスケット』。それぞれの持つ悩みを優しく包んでいく透の言葉は、読者の心も浄化してくれます。ハートフルという言葉がぴったりな、泣ける名作です。

『彼氏彼女の事情』

■ジャンル:恋愛 ■連載時期:1996-2005 ■巻数:全21巻 有数の進学校に通う宮沢雪野(みやざわゆきの)は皆に好かれる完璧な優等生。しかしそれは作り物の姿で、本来の彼女は周りからチヤホヤされたい一心の虚栄心の塊でした。そんな彼女の前に現れた優等生・有馬総一郎(ありまそういちろう)もまた仮面優等生で、2人の距離は次第に近づいていきます。 『彼氏彼女の事情』は2人の恋を描くと同時に、それぞれが抱えるコンプレックスにも触れるストーリーが魅力的な作品。特にコンプレックスに関するストーリーが加速する中盤以降は読み応えがあります。恋愛にとどまらずその裏側にある感情も丁寧に描き出す心理描写に注目してほしい名作です。

『アオハライド』

■ジャンル:恋愛 ■連載時期:2011-2015 ■巻数:全13巻 吉岡双葉(よしおかふたば)には忘れられない初恋の人・田中くんがいましたが、音信不通に。中学時代に女子から孤立した経験から、高校入学を機にガサツでモテない女子を演じる双葉の前に現れたのは馬渕洸(まぶちこう)と苗字が変わった田中くんでした。しかし彼の性格は昔と大きく変わっていて……。 恋愛・友情・家族といった思春期ならではの幸せや悩みをぎゅっと詰め込んだ『アオハライド』。あとちょっとの距離が縮まらない恋にもどかしさを覚えながらも、読み終わった後にまるで自身も青春したかのような気分に浸れます。おしゃれな絵柄なので少女漫画初心者でも読みやすい1冊です。

『花より男子』

■ジャンル:ラブコメ ■連載時期:1992-2004 ■巻数:全37巻 御曹司揃いの裕福な学園に入学した一般庶民の牧野(まきの)つくし。彼女は持ち前の正義感から、学園を牛耳る御曹司4人組・F4に盾突き、全生徒からいじめのターゲットとなってしまいます。 雑草根性たくましい彼女は決してめげず、その姿にF4のリーダー道明寺司(どうみょうじつかさ)は惹かれていき……。 ドラマ化もされ知名度の高い『花より男子』は、個性が強いつくしとF4の関係性が大きな見どころです。庶民と御曹司のギャップが生み出すギャグシーンがあったり、つくしのヒーロー的な格好良さがが際立つシーンがあったりと、テンポのいい作品。男性ファンも多い少女漫画です。

2000年代以前に連載終了した殿堂入り作品

『ドラゴンボール』

■ジャンル:バトル・冒険ファンタジー ■連載時期:1984-1995 ■巻数:全42巻 尻尾の生えた少年・孫悟空(そんごくう)は、7つ集めると願いを叶えてくれるというドラゴンボールを探す旅に出ます。その中で仲間やライバルと出会い、強くなっていく悟空。やがて彼やその仲間は地球の命運を賭けた戦いに挑むことになるのでした。 完結後も根強い人気を誇る少年漫画の金字塔『ドラゴンボール』。冒頭の少年編ではコミカルな冒険劇が繰り広げられ、次第にシリアスなバトルものへと色合いが変わっていきます。シンプルな線なのに迫力や躍動感がある作画はさすがのひと言。世界中で愛されている作品なだけに、1度は読んでおきたい作品です。

『幽☆遊☆白書』

■ジャンル:オカルトコメディ、バトル ■連載時期:1990-1994 ■巻数:全19巻 交通事故死した不良の浦飯幽助(うらめしゆうすけ)は、試練を乗り越えて生き返ることに。霊界からの依頼で霊界探偵として活動することになった幽助は、桑原和真(くわばらかずま)や蔵馬(くらま)、飛影(ひえい)らと共に闇世界と関わっていくことになるのでした。 平成を代表する少年漫画『幽☆遊☆白書』は、個性豊かなキャラクターが多数登場する冨樫義博らしい作品。ギャグに勢いがあるキャラから美形キャラまで、作り込まれた設定と世界観が魅力です。3巻以降はバトル漫画として展開していき、中でも「暗黒武術会編」は敵キャラの強烈な個性に驚かされます。

『銀河鉄道999』

■ジャンル:SF ■連載時期:1977-1999 ■巻数:全18巻 惑星が銀河鉄道で結ばれた時代。星野鉄郎(ほしのてつろう)は無料で機械の身体をくれるという銀河鉄道の終着駅の星を目指し、謎の美女メーテルと共に999号に乗り込み銀河を旅していきます。999号が停車する惑星では、様々な出来事が彼らを待っていました。 宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』をモチーフとして描かれた『銀河鉄道999』。銀河を舞台にした壮大なスケールの物語の中で、鉄郎は多くの星で人との出会いと別れを繰り返します。 1話完結で進みながらもそこには生と死について考えさせる深いテーマがあり、読み応え抜群。思考したいときにおすすめの不朽の名作です。

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』

■ジャンル:時代劇 ■連載時期:1994-1999 ■巻数:全28巻 緋村剣心(ひむらけんしん)は逆刃刀(さかばとう)を手に、不殺(ころさず)を誓う流浪人。彼はかつて幕末の世で伝説として恐れられた剣客・人斬り抜刀斎(ばっとうさい)でした。武士の時代が終わった明治維新後の世で、彼は仲間や宿敵と出会い戦う中で新たな時代での生き方を探していきます。 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』は時代物漫画はウケないという漫画界の常識を覆し、大ヒットを記録した作品。本作で注目したいのが、登場人物たちの信念です。 熱い剣劇シーンの裏にある人間ドラマも重厚に描かれます。時代に翻弄されながらも信念を貫く者たちの姿に痺れることでしょう。

『ブラック・ジャック』

■ジャンル:医療 ■連載時期:1973-1983 ■巻数:全25巻 無免許ながらも様々な難病や怪我を治してしまう天才外科医ブラック・ジャックは、その神業ゆえに世界中で知られる存在です。そんな彼は法外な報酬と引き替えに、様々な患者の治療にあたっていきます。死や絶望を前にした人間の本性が、彼のメスで明らかになっていくのでした。 手塚治虫を代表する作品のひとつ『ブラック・ジャック』は、医療漫画というジャンルが生まれるきっかけにもなった作品。後世の漫画にも大きな影響を与えています。 1話完結で話が進んでいきますが、その1話の中で命という重いテーマが多角的に描かれていく様は圧巻。色褪せない名作として読んでおきたい作品です。

『あしたのジョー』

■ジャンル:ボクシング ■連載時期:1967-1973 ■巻数:全20巻 不良の矢吹丈(やぶきじょう)は、元プロボクサーの丹下段平(たんげだんぺい)にその才能を見いだされ、ボクシングとの関わりを持つようになります。丈は永遠のライバル・力石徹(りきいしとおる)と出会ったことで本格的にプロを目指し、トレーナー丹下の元特訓を積んでいくのでした。 社会現象を引き起こし、後のボクシング漫画の基礎を築いた『あしたのジョー』。天性の才能を持つ彼が、ボクサーとして落ちぶれトラウマに苦悩する姿がかなりのボリュームで描かれていきます。それは本作の大きな見どころのひとつであり、読者は彼の未来に何が待つのか、見届けずにいられなくなるでしょう。

『はいからさんが通る』

■ジャンル:ラブコメ ■連載時期:1975-1977 ■巻数:全8巻 花村紅緒(はなむらべにお)は生まれついてのトラブルメーカー。そんな彼女にはドイツ人とのハーフの青年将校・伊集院忍(いじゅういんしのぶ)というハンサムな許嫁がいました。紅緒は親の決めた結婚への反抗心や照れから素直になれず、次々と騒動を起こしていきます。 大正時代を舞台にしたラブコメの名作『はいからさんが通る』。大正ロマンスが描かれる一方で、漫画版ではギャグシーンが多いのが特徴です。 当時流行していた時事ネタやパロディが多く盛り込まれており、連載時の1970年代の空気を味わうことが出来ます。戦争によって引き裂かれる2人の愛の結末を見届けてください。

『ベルサイユのばら』

■ジャンル:歴史フィクション ■連載時期:1972-1973 ■巻数:全10巻 後に王妃となるマリー・アントワネットとスウェーデンの貴公子フェルゼン、男装の麗人で近衛士官のオスカル。共に18歳の3人は運命の出会いを果たします。3人とオスカルの幼馴染・アンドレや下町の娘ロザリーは、フランス革命の動乱の最中、それぞれの抱く愛憎を胸に生きていくのでした。 おおまかなフランス革命前後の歴史も学べてしまう壮大なロマンス漫画『ベルサイユのばら』は、往年の少女漫画らしいきらびやかな絵柄が大きな魅力。 ドレスはもちろん、小物に至るまで繊細な描き込みがされています。ページのどこを見ても華やかで、贅沢な気分に浸れる名作です。

『北斗の拳』

■ジャンル:格闘 ■連載時期:1983-1988 ■巻数:全27巻 核戦争によって秩序が失われた世界では、暴力が全てを支配していました。暗殺拳である北斗神拳(ほくとしんけん)の伝承者ケンシロウは、親友シンに許嫁のユリアを奪われてしまいます。シンへの復讐を果たすべく、本来の優しい心を封印してケンシロウは旅に出るのでした。 多くの名言を生み出した『北斗の拳』は、後のバトルアクション漫画に大きな影響を与えた作品です。特徴的な断末魔の叫びやケンシロウの名言が有名ですが、それも劇画風の迫力あるバトルシーンがあるからこそ活きるセリフ。コマから飛び出してきそうなダイナミックな作画を堪能してください。

『シティーハンター』

■ジャンル:ハードボイルドラブコメ ■連載時期:1985-1991 ■巻数:全35巻 新宿裏社会No.1の凄腕の始末屋「シティーハンター」。その名で知られる冴羽獠(さえばりょう)は、普段はちゃらんぽらんで無類の女好きです。依頼も美人からの依頼か心震える依頼しか受けないという徹底ぶり。しかしひとたび仕事となれば依頼を100%完遂するのでした。 次々と依頼を完遂していく獠の仕事っぷりが痛快な『シティーハンター』。「北条美人」が代名詞になるほど北条司の作画の完成度は高く、プロとしての獠の表情も男女問わず惚れる格好良さがあります。一転してギャグシーンでは獠お決まりのもっこりシーンも頻出。そのギャップは必見です。

『うる星やつら』

■ジャンル:SFラブコメ ■連載時期:1978-1987 ■巻数:全34巻 地球に侵攻してきた鬼族と、一騎討ちの鬼ごっこをすることに。地球代表は女好きで軟派な高校生・諸星(もろぼし)あたる、鬼代表はラム。追いかけっこの最中のひょんな行き違いから、あたるにプロポーズされたと勘違いしたラムはあたるに惚れてしまい……。 ラブコメの女王・高橋留美子の代表作のひとつ『うる星やつら』は、奇想天外な登場キャラが織りなすドタバタラブコメの名作。1970年代にスタートした漫画ですが、2020年に読んでもキャラ設定が新鮮で意外性に富んでいます。 テンポの良いコメディに惹き込まれていくうちに、あたるとラムの結末が気になって、気づけば一気に読みたくなる作品です。

話題の新作や不朽の名作を読んで漫画の世界に没頭しよう!

ciatr編集部が厳選した珠玉の50作を紹介しました。気になる作品やまだ読んだことがない作品があれば、これを機にぜひ手にとって見てください。以前読んだ作品も時間が経ってから改めて読むと違う感想を抱くこともあるので、読み返してみるのもおすすめです。 時間も忘れて没頭できるのは、面白い漫画ならでは。日常を忘れて漫画の世界に没頭する時間を作ってみてはどうでしょうか。