2021年2月18日更新

おすすめポップコーン紹介【2021年】通販で買えるものから手作り用の豆まで幅広くピックアップ!

ポップコーン

この記事ではポップコーンの魅力や、おすすめ商品を紹介していきます。通販で購入できるポップコーンは家で気軽に作るようなものから、プレゼントなどにもおすすめのこだわりのものなど、様々です。ぜひ自分のお気に入りのポップコーンを見つけてください。

目次

おすすめポップコーンはどれ?気分に合わせて選べる!イチオシ商品を紹介

映画館で定番の食材であるポップコーンは、映画以外にも活躍するシチュエーションが多くあります。パーティやホームシアターで映画を見るときや、リビングに家族で集まってテレビを見る場合にも役立つでしょう。また頻繁に映画を見る方なら、常備しておけばより映画を楽しめます。

この記事ではおすすめのポップコーンを紹介。魅力やおすすめの味付けなども交えて解説していきます。尚記事内の価格などの情報は、2021年1月現在のものを参考にしています。実際の情報と異なる場合があるため注意してください。

軽い口当たりと種類豊富なフレーバー!ポップコーンの魅力

ポップコーン

ポップコーンは食物繊維を豊富に含む食品として知られています。食物繊維は体内で吸収されませんが、腸内環境を整える効果を発揮する栄養素です。成人で一日24g以上摂取するのが、生活習慣病発症の予防にも効果的といわれています。

そのため、ポップコーンは100gあたりの含有量が約10gと食物繊維を摂取する食材としても向いているでしょう。またカロリーが、100gあたり約484kcalと比較的低カロリーなのもポイント。

さらに、味付けを濃くしすぎないことや使用する油の量を減らすと言った工夫でさらに摂取カロリーを低くすることも可能です。

また、定番の味であるバターや塩・キャラメルだけでなくチョコレートや梅かつおなど多様なフレーバーが存在しています。フレーバーのバリエーションの豊かさもポップコーンの魅力ですね。

あなたにぴったりのおすすめポップコーンは?

選び方
吹き出し アイコン

種類がたくさんあるため、どういった商品を選べば良いか迷いがちです。以下ではポップコーンを自分で作る場合やプレゼントしたい場合など、個人の状況に合わせたポップコーンや豆の選び方を解説していきます。

自分でポップコーンを作りたい!

ポップコーン

自分でポップコーンを作る場合はできたての温かさや香りを楽しめるうえ、自分好みの味付けで味わえるのが魅力です。粉末タイプのフレーバーなら振りかけるだけで味付けが簡単にできるでしょう。

調理方法は主に2種類でフライパンを使って調理できる豆と、電子レンジで調理できる豆が存在しています。フライパンでの調理は一度に作る量を調整できるのがポイントで、市販のポップコーンでは量が多い方におすすめです。

また火を使わず、より手軽に調理可能。ポップコーンが弾ける様子を楽しみながら調理したいものです。

プレゼントにもおすすめ!リッチな気分を味わいたい方に、人気有名店のポップコーン

プレゼント

誰かにプレゼントする場合におすすめなのが人気有名店のポップコーンです。ちょっと変わった味付けの商品を選べば、サプライズ感も演出できるでしょう。また「自分で調理するのが手間に感じる人」や「高級感ある食感・味付けを楽しみたい人」にもおすすめです。

人気有名店のポップコーンはパッケージのデザインがおしゃれなものが多く、そのパッケージ欲しさに購入する人もいるほどです。また、パーティなどで大きいサイズの商品を持ち込めば大人数で楽しむこともできるでしょう。

家での映画鑑賞のお供に!手軽にネットで買えるおすすめポップコーン

旭製菓や辰巳屋などのポップコーンはインターネット通販で購入できます。店舗に出向くのが面倒でも自宅に直接商品が届くため、お店の味が自宅で楽しめるのが魅力です。フレーバーのラインナップも複数あり、味を変えることもできます。

送料がかかるのがネックですが、通販サイトによってはまとめ買いすれば50g1袋につき100円程度で購入できる製品があるのもポイントです。いつでも自宅にポップコーンを置いておきたい方におすすめでしょう。

電子レンジで作れるポップコーン・豆おすすめ

吹き出し アイコン

以下では電子レンジでつくれるおすすめのポップコーン・豆を紹介していきます!

kirkland(カークランド)【マイクロウェーブポップコーン】

ポップコーン

kirklandの「マイクロウェーブポップコーン」はコストコなどで販売されていることの多い製品です。600Wの電子レンジを使えば3分から5分程度で調理できますが、使用する電子レンジによっては調理時間が足りないこともあるため注意しましょう。 44袋以上と分量の多い商品もあり、1袋あたりの価格が安いのも魅力です。Amazonでの価格が1箱2,680円となっており、1袋あたり60円程度で購入できます。コストパフォーマンスの高いポップコーンを常備しておきたい方におすすめの商品といえるでしょう。 また味付けはそれほど強くなく、フレーバーを後から振りかけて好みの味に調整できるのもポイントです。

北海道のめぐみ ポップコーン豆

ポップコーン

食材メーカーのアルナチュリアから販売されている「北海道の恵み ポップコーン豆」は国産のコーンにこだわった製品です。容量を300g、900g、3kgの3種類から選ぶことが可能。量が多すぎて食べきれないような状況も防げます。 電子レンジだけでなくフライパンでの調理もできるため、大量に調理したい場合はフライパンを使って調理するのが良いでしょう。同社の通販サイトでは野菜パウダーの「ナチュラルカラーシリーズ」が販売されています。 ポップコーンの色付けに最適な製品であり、ポップコーン豆と合わせて購入するのもよいでしょう。

ポップコーンのおすすめ人気有名店

吹き出し アイコン

ポップコーンの人気有名店を3つ紹介していきます。高級志向のデザート感覚で楽しめる製品が多く販売されているのが特徴です。価格は高めですが、こだわりのフレーバーを楽しめるでしょう。

ギャレットポップコーン:ポップコーン

ポップコーン

「ギャレットポップコーン」はアメリカのシカゴ創業のポップコーンショップで、65年以上の歴史を誇る有名店です。濃いめの味付けの商品が多く、食べごたえ抜群。日本には4店舗出店しているほか、オンラインショップも存在します。 チェダーチーズ使用のソースを絡めたチーズコーンと、カリカリ食感が特徴のキャラメルクリスプをミックスした「シカゴミックス」が一番人気の商品です。縦のストライプとロゴが入ったデザインのパッケージがおしゃれで、プレゼントにも最適。 商品価格は種類や分量のほか、店舗によっても異なるため購入前に確認しましょう。

HillValley(ヒルバレー):ポップコーン

ポップコーン

「HillValley」はピンクとライトブルーのロゴが特徴のポップコーン販売店です。コーティングに適したマッシュルーム型のポップコーンを使用しています。エアーポップ製法と呼ばれる熱風を使用した調理方法により、油を使わないヘルシーなポップコーンを味わうことが可能。 日本に4店舗存在しており、北海道、東京、大阪それぞれに地域限定フレーバーが存在しています。また季節限定のフレーバーがあるのも特徴です。 オンラインショップでは1人用のバーレルが販売されているため、リラックスタイムのお供にも最適。特別な時間を演出したい場合におすすめの有名店といえるでしょう。

バターポップコーン(Butter POPCORN):ポップコーン

ポップコーン

「バターポップコーン(Butter POUKORN)」は日本に2店舗あるエアーポップコーンの専門店です。高級発酵バターが使用されているのも特徴。運営会社のスイーツデザインラボはパンケーキの専門店も手掛けています。 ラインナップは5種類で、甘じょっぱい「ゴールデンバター」や酸っぱさがアクセントの「ストロベリーキャラメルクリスプ」などが販売されています。430円から580円程度で購入でき、軽やかな食感のポップコーンを楽しめるでしょう。 過去にはキャラクターとコラボしたポップコーンを販売しており、バターポップコーンならではパッケージも特徴的です。今後の展開に注目の有名店といえるでしょう。

ネットで買えるポップコーンおすすめ

吹き出し アイコン

インターネット通販で3つピックアップして紹介していきます。紹介したもの以外にもフレーバーが複数あるため、自分好みのポップコーンを探してみてください。

旭製菓:ポップコーン

ポップコーン

「アンソニーズポップコーン」は、かりんとうの製造で有名な旭製菓が販売する商品です。ソースでコーティングされたマッシュルーム型のポップコーンを販売しています。 旭製菓の持つ蜜がけ技術を利用して製造されており、深い味わいを感じられるでしょう。原材料には遺伝子組み換えでないアメリカ産のとうもろこしを使用しており、添加物不使用であるのもポイントです。 エアーポップ製法で作られたポップコーンのため、油を使用していないヘルシーな商品となっています。Amazonでは3袋セットが販売されており、ストロベリー味、キャラメル&アーモンド味を648円で購入可能です。

辰巳屋:パティシエポップコーンキャラメル

ポップコーン

辰巳屋が販売する「パティシエポップコーンキャラメル」はAmazonでの価格が1,080円の商品です。北海道産のバターと生クリームを使用しており、濃いめのまろやかな味わいを楽しめるでしょう。250gと多めの分量であり、パーティなどに持ち込むのも向いています。 パッケージはチャック付きで、簡単に保存できるのもポイント。キャラメル以外にも「いちごミルク」や「ショコラ」などのラインナップが存在しているため、自分好みの味を探してみてください。

popcorn papa:うめかつおフレーバーポップコーン

ポップコーン

「popcorn papa」から販売されている「うめかつおフレーバーポップコーン」、は鰹の旨味と梅の酸味が特徴。1997年から販売されており、長年親しまれているポップコーンです。 また同社のおつまみ系のフレーバーの中では、一番人気の商品となっています。サイズはレギュラー・ビッグ・ジャンボの3種類から選択可能。そのため食べる人数や量に合わせて大きさを変えられるのも魅力です。 popcorn papaは関西を中心に4店舗を構えており、32種類と豊富なフレーバーが特徴のお店です。定番のキャラメルやバターといったフレーバー以外にも「紅生姜」や「ハバネロ」といったフレーバーも存在。 ちょっと変わったフレーバーを楽しみたいときにおすすめのお店です。

自分で好みのポップコーンをつくりたいあなたへ!おすすめの味付け

吹き出し アイコン

自分好みのポップコーンを作りたい方に向けて、味の系統ごとにおすすめの味付けを解説していきます。ポップコーンの形状によって味付けの相性が変わってくるため、合わせて確認していきましょう。

ポップコーンの形ごとに相性のいいフレーバーがある

ポップコーン

ポップコーンは「マッシュルーム型」と「バタフライ型」2種類の形状に分類できます。マッシュルーム型はキノコのような形をしたポップコーンです。高級志向のポップコーンや、海外から輸入された製品に多い形状となっています。

ソースとの相性が非常によく、コーティングしやすいのが特徴です。チョコレートやキャラメルなどのフレーバーにぴったりな形状でしょう。

一方バタフライ型は羽を開いた蝶のような形をしたポップコーンです。主に粉末状の調味料と絡みやすく、塩やチーズなどとの相性がよい形状といえます。

ポップコーンを作る前には2種類の内、どちらの形が適しているかを考えるのがおすすめです。味だけでなくポップコーンの形状にもこだわることで、美味しさをより味わえますよ。

ちょい足し塩系ポップコーン

ポップコーン

塩系のポップコーンは、味に少しの変化を加えるだけで多くの味を楽しめます。たとえば「チーズ味」なら、粉チーズとポップコーンを絡めるだけで簡単に製作可能。おつまみにもピッタリの味わいが楽しめるでしょう。

またチーズの種類によって味も変えられるのもポイントです。ほかにも「カレー味」のポップコーンなら塩コショウとともに、カレーパウダーを振りかけるだけで簡単につくれます。味付けの濃さも振りかける量で調節可能。

カレーパウダーも商品によって甘口、中辛、辛口と辛さが異なるため、好きな辛さのポップコーンが作れるのも魅力といえるでしょう。しかしパウダー系の味付けは一部分だけが濃い味付けにならないよう注意が必要です。必ず全体に馴染むように味付けしましょう。

みんな大好き甘いスイーツ系ポップコーン

ポップコーン

スイーツ系ポップコーンには前述のマッシュルーム型ポップコーンを使用するのがおすすめです。「チョコレート味」なら市販のチョコレートを使ってソースが作れます。

チョコレートを湯煎して、冷めないうちにポップコーンに絡めましょう。クッキングシートの上に並べて冷蔵庫で冷やせば、完成です。ビターチョコレートを使用して少し大人な味付けのポップコーンも作れるでしょう。

定番の「キャラメル味」もバター・砂糖・牛乳を用意すれば、自宅で製作可能です。に合わせてシナモンやナツメグなどのスパイスをかけても美味しいでしょう。

おすすめ商品からお気に入りを見つけてポップコーンをもっと楽しもう

ポップコーンは店舗によってこだわりが異なるため、フレーバーひとつとっても味の濃さや使われている食材が違う場合があります。是非この記事で解説した情報を参考にいろいろなポップコーンを試して、お気に入りのフレーバーや販売店を探してみてください。

自分で作りたい人におすすめ!ポップコーンメーカーが気になる人はこちら