2021年1月29日更新

あなたの推しはどのペア?菅田将暉とお似合いのカップルを振り返る【映画『花束みたいな恋をした』公開】

『花束みたいな恋をした』
©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

確かな演技力やルックスはもちろんのこと、キスシーンの上手さなどでも話題を呼んでいる人気俳優・菅田将暉。2021年1月29日公開の『花束みたいな恋をした』では、有村架純と恋人役を演じています。今回は、彼が過去にカップル役を演じてきたお似合いの相手を振り返りました!

菅田将暉ならどのカップリングが好き?小松菜奈や土屋太鳳、池松壮亮まで!【菅田将暉×有村架純『花束みたいな恋をした』公開】

『花束みたいな恋をした』菅田将暉、有村架純
©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

菅田将暉と有村架純、今をときめく若手俳優2人のダブル主演で贈るラブストーリー『花束みたいな恋をした』が、2021年1月29日より公開中です。 終電後に恋に落ちた男女の5年間におよぶ恋の行方を描いた本作。ドラマ『カルテット』(2017年)の脚本家・坂元裕二と土井裕泰監督が再タッグを組みました。映画公開を記念して、菅田将暉がこれまでに恋人役を演じた相手キャストを振り返ってみましょう!

菅田将暉×小松菜奈

『糸』小松菜奈、菅田将暉
(C)2020映画『糸』製作委員会

菅田将暉とのカップリングと言えば、小松菜奈を思い浮かべる人が多いかもしれません。 ダブル主演を務めた映画『溺れるナイフ』(2016年)では、危うすぎる高校生カップル役で共演。菅田が小松演じる夏芽の首を締めて顔にツバを吐き、ディープキスをする衝撃のシーンもありました。 『溺れるナイフ』での相手を壊しかねないほどの愛から一転、切ない純愛を演じたのが2020年公開の映画『糸』です。中島みゆきの名曲をモチーフに、平成元年に生まれた男女の18年間にわたる運命の恋を描いているため、菅田と小松を作中カップルに重ねた人も! 2人とも平成生まれで、『糸』の撮影から真剣交際に発展したと報道がありました。交際が真実であれば、文句のつけようがない公式カップルですね。

菅田将暉×多部未華子

ジョージ朝倉原作の映画『ピース オブ ケイク』(2015年)では、多部未華子と共演。流されるまま男性と関係を持つヒロインにつきまとう、アルバイト仲間の川谷を演じました。 正式なカップルは綾野剛×多部未華子ですが、多部演じるヒロインに泥酔状態の菅田が強引に迫る“泥酔キス”シーンがあるのです!飲み会の最中、トイレの入口で待ち伏せしてから……とあまりにテクニカルすぎるキスはもはや伝説レベル。本作がキスシーン初解禁だったとは思えません。 これ以降、一部ファンたちは2010年発売の写真集のタイトルになぞらえ、菅田のキスシーンを“スダマサキッス”と総称。ラブシーンを演じるたびに、セクシーすぎる!と話題を呼んでいます。

菅田将暉×土屋太鳳

となりの怪物くん
(C)2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 (C)ろびこ/講談社

「とな怪」こと『となりの怪物くん』(2018年)では、堅物なガリ勉系女子・雫を土屋太鳳が、彼女になつく行動予測不能な超問題児・ハルを菅田将暉が演じました。 本作は少女漫画原作だけに胸キュンシーンが満載!友達がいない春が欠席中にプリントを届けにきた雫に感激して、壁ドンならぬ「床ドン」をするシーンは必見。昼下がりの地学準備室で寝ぼけ眼のハルが雫にキスするシーンや、ラストシーンのキスも甘酸っぱくてたまりません。 ルックスの整った2人は並んでいるだけでも絵になりますが、作中での不器用な姿も微笑ましいですよね。

菅田将暉×門脇麦

門脇麦と共演した『二重生活』(2016年)では、大学院の研究のために“隣人を尾行する”ことになるヒロイン・白石珠の恋人、鈴木卓也役を菅田将暉が演じました。 最初から恋人同士の設定なので、予告編にも含まれていた“濃艶なキス”が話題に!実は濡れ場のワンシーンで、ベッドで目覚めた珠に覆いかぶさってキス、という流れになります。さらにセックスへと移行するところでコンドームを箱から取り出す場面は、リアルすぎて釘付けになるでしょう。

菅田将暉×趣里

生きてるだけで、愛。(プレス)
(c)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

過眠症で仕事も続かず、恋人に依存して生きるヒロイン・寧子と、彼女をただ受け入れる恋人・津奈木のてん末を描く映画『生きてるだけで、愛。』(2018年)。 本作は純粋な恋愛モノの括りに入れるのが難しい映画だけに、2人の間にはどこか切なくて、退廃的な雰囲気が漂っています。叫び散らす寧子を津奈木がバックハグするシーンは、ギリギリだけどお互いだからバランスが保たれている関係を象徴しており、その歪さに惹かれてしまうのです。

菅田将暉×あいみょん

菅田将暉は2017年にソロ歌手デビューし、これまで様々なアーティストとコラボしています。そのなかの1人である、あいみょんと菅田将暉のペアが好きな人も多いのではないでしょうか? あいみょんとは、菅田の2ndアルバム収録の「キスだけで feat.あいみょん」でコラボしており、楽曲のミュージックビデオでも共演しています。家具が宙に浮いた薄暗い部屋で、赤いライトに照らされて歌うシーンは2人だけの世界観がありますよね。

【番外編1】菅田将暉×池松壮亮

番外編カップリングとして、大森立嗣監督作『セトウツミ』(2016年)でダブル主演をした、菅田将暉×池松壮亮のペアも紹介しておきましょう。 池松壮亮演じる塾通いのインテリ男子・内海と、菅田将暉演じる元サッカー部でお調子者の瀬戸の会話劇を主軸に、ヒロインとの三角関係を描く本作。従来であれば、どちらかがヒロインとくっついてハッピエンドとなるのでしょうが、『セトウツミ』は一味違いました。 寒空の下や炎天下でも、いつもの河原で相手が来るのを待つ……。そんな友達以上恋人未満な関係の前では、ヒロインすら入り込む隙間はありません。小気味良いテンポで交わされる2人のボケとツッコミからも、相性の良さがうかがえます。

【番外編2】菅田将暉×米津玄師

菅田将暉は米津玄師ともコラボしており、米津の楽曲「灰色と青」にゲストボーカルとして参加、2人が共演したミュージックビデオにも注目が集まりました。 米津サイドからのオファーで実現したこのコラボ以降、プライベートでも親交を深めており、米津はラジオ『菅田将暉のオールナイトニッポン』にも度々ゲスト出演。あまりメディアに露出しない彼の貴重な素の表情を菅田が引き出しており、どちらのファンからも好評を呼んでいます。 また、菅田が2019年に「第70回NHK紅白歌合戦」で披露した楽曲「まちがいさがし」も、米津が作詞・作曲を手掛けました。

羨ましいけど素敵!菅田将暉のカップリング共演がもっと観たい!

『花束みたいな恋をした』
©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会 

映画『花束みたいな恋をした』では、有村架純との“信号待ちキス”が話題の菅田将暉。今回は、彼がこれまでに共演してきた相手を振り返ってみました。 あなたがお似合いだと思う推しペアはありましたか?