2021年2月9日更新

『不滅のあなたへ』最新現世編までネタバレあらすじ解説!永遠の旅で自分を見つける物語

不滅のあなたへ ネタバレ

『不滅のあなたへ』は、『週刊少年マガジン』に連載中の大今良時による漫画作品。『聲の形』の作者が贈る本作は、「不老不死」をテーマとした大河ファンタジーとなっています。本記事では、2021年4月よりアニメの放送も決定している本作の魅力をたっぷりと紹介します!

『不滅のあなたへ』のネタバレあらすじを最新刊まで完全解説!【アニメ化決定】

『聲の形』作者による生死をめぐるSFファンタジー

本作は、過去に劇場アニメ化もされた漫画『聲の形』の作者・大今良時によるSFファンタジー作品となっています。不死身の肉体を持つ「フシ」という存在を中心に描かれた本作は、2021年2月現在『週刊少年マガジン』で連載中。 本記事では、2021年4月よりアニメ放送が決定している本作をネタバレありで紹介します。

ネタバレ解説の前に!『不滅のあなたへ』主人公と見どころは?

本作の主人公であるフシは、不死身の肉体と物体の性質をコピーする能力を持っています。最初は球体でしたがが石やコケ、オオカミの姿を経てある少年と出会ったフシ。彼はオオカミの姿で少年と旅に出ますが、途中で少年の命が尽きてしまいます。 フシは少年の姿をコピーし再び旅に出ますが、旅先で多くの出会いと別れが。本作では、それらを通して揺れ動く彼の感情の変化に注目です。

『不滅のあなたへ』ネタバレ解説①【ニナンナ編】

不滅のあなたへ2巻

ニナンナ国で暮らす少女・マーチはある日、山に住むオニグマと呼ばれる獣に捧げられる生贄に選ばれました。そのことを告げた儀式を司るヤノメ人のハヤセに対し彼女は反抗しますが、誰もそれを拒むことが出来ないまま、ついに生贄の儀式当日を迎えます。 しかし儀式の日にパロナという少女がマーチを運ぶ一行を襲い、その隙に逃げ出したマーチ。逃げる途中で彼女は、バラバラに壊されたフシと出会います。フシを可哀想に思ったマーチは彼に食べ物を与えますが、その直後にハヤセに捕まってしまいました。 ハヤセによって磔にされたマーチの前にオニグマが現れ、絶体絶命かと思われたその時オオカミの姿になったフシが現れます。そのフシの様子に興味を持ったハヤセは彼をマーチやパロナとともにヤノメへ連行しますが……。

『不滅のあなたへ』ネタバレ解説②【ヤノメ編】

馬車でヤノメへと向かったマーチたちは到着して間もなく、ハヤセに薬を盛られて眠ってしまいます。そのまま投獄されたマーチは、そこでフシによって瀕死に陥ったオニグマの世話をすることに。彼女は恐れられてきたオニグマにも優しく接し、オニグマはそんな彼女の様子に感謝しながら息をひきとるのでした。 時を同じくして別の檻に捉えられていたパロナは、マーチたちとともに脱獄することを企てますが、その途中でマーチがハヤセの矢に射られて命を落としてしまいます。その時オニグマに変身し、ハヤセに重傷を追わせたフシ。彼はパロナとともに村に戻りマーチの死を両親に伝えた後、そのまま村を後にします。 その後どさくさに紛れてヤノメから逃亡していた祈祷師・ピオランと再会したフシはタクナハを目指しますが、道中で得体のしれない怪物に襲われてしまいます。

『不滅のあなたへ』ネタバレ解説③【タクナハ編】

不滅のあなたへ4巻

両親のいない少年・グーグーは、兄・シンとともに働きながら暮らしていました。しかし、ある時グーグーが家に帰るとシンが稼いだ金を持って消えていたのです。 途方に暮れたグーグーが家を出ると、彼が想いを寄せる少女・リーンが丸太の下敷きになりかけているところを発見。彼は咄嗟に彼女を庇い、顔面を潰され重傷を負ってしまいます。 その後街の変わり者・酒爺に治療を施され一命を取り留めたグーグーは仮面をつけ、酒爺の営む酒場で住み込みで働くことに。そんな中ピオランとともに酒場を訪れたフシのことを彼は気に入り、さらには家出したリーンも酒場に住み着きます。 彼らは騒がしくも平和な日々を過ごしていきますが、そこに再びフシを襲った怪物・ノッカーが姿を現すのでした。

『不滅のあなたへ』ネタバレ解説④【ジャナンダ島編】

不滅のあなたへ6巻

タクナハを出たピオランとフシは新たな力を得るために密林を目指しますが、手違いでジャナンダ島に送られてしまいます。罪人とその家族を隔離するジャナンダ島から出るには、島長を決める闘技場で優勝するしかありません。 訳も分からず試合に出場したフシはそのまま勝ち進み、本戦へ出場することが決定。実は手違いを起こしてフシ達をジャナンダ島に送った少女・トナリは、フシを島長にした上で自身も島から脱出する計画を立てていたのです。 フシは自分勝手なトナリに反抗しながらも順当に戦いを勝ち進み、残すは決勝戦のみとなります。そんな中、再びフシの前に姿を現したノッカー。フシは苦戦を強いられながらもトナリ達の力を借り、ノッカーに勝利するのでした。

『不滅のあなたへ』ネタバレ解説⑤【サールナイン島編】

不滅のあなたへ7巻

一緒に旅をしていたピオランが息を引き取った後、フシはサールナイン島で40年もの間ノッカーを撃退し続けていました。そんな中、フシの元に「フシの守護団」を名乗る一行が現れます。 団長を務めるヒサメという少女は実はハヤセの孫であり、ノッカーの核を左腕に宿していたことから「ハヤセの生まれ変わり」と呼ばれていました。 フシはハヤセのことがあったため彼女のことを嫌っていましたが次第に打ち解け、ノッカーが襲った村に共に向かうことに。その途中でフシは成長したトナリと出会いますが、彼女はヒサメの左腕と交戦し命を落としてしまいます。 トナリの姿を獲得して初めて彼女の正体を知ったフシはヒサメを守護団に預け、再び旅に出ます。

『不滅のあなたへ』ネタバレ解説⑥【ウラリス王国編】

不滅のあなたへ8巻

街で暮らし始めたフシの元には、度々ハヤセの子孫である守護団が現れます。彼女らはみなノッカーの左腕を継承していましたが、フシはひょんなことから6代目の継承者である青年・カハクと行動を共にすることに。 旅の途中で彼らは「ボン王子」と呼ばれるウラリス王国の王子・ボンシェン・ニコリ・ラ・テイスティピーチ=ウラリスに捕らえられます。彼は実は死者とコミュニケーションをとることが出来るという高い霊能力を持っており、死者のトナリに導かれてフシたちを仲間にしようと捕らえたのでした。 晴れてボン王子達と仲間になったフシたちでしたが、同じくフシを狙うベネット教団によって全員捕らえられてしまいます。その後なんとか危機を脱してウラリスに帰還した彼らは、大陸一の王都であるレンリルに移動しますが……。

『不滅のあなたへ』ネタバレ解説⑦【レンリル編】

不滅のあなたへ11巻

王都・レンリルではついに、フシたちとノッカーによる総力戦が始まろうとしていました。フシはノッカーに対抗するために新たな力と新たな仲間たちを手に入れます。 ボン王子が募った仲間は「忠誠心・カイ」「背教心・ハイロ」「打算・メサール」の3人で、彼らはフシにとって心強い味方となりました。 彼らはノッカーの襲撃に備えてレンリルの街の防御力を高めるために、レンリルを統治するアルメ王女に相談をしに行きます。最初は彼女の信頼を得られず四苦八苦する彼らでしたが、なんとかフシの能力を使って街中に網を張り巡らせることに成功。 ついに始まったノッカーとの総力戦の中で、なんとカハクの左腕が裏切ってフシに手をかけてしまいます。そのせいでフシは再び最初の球体に戻ってしまい……。

【現世編ネタバレあらすじ】『不滅のあなたへ』最新話でフシはどうなった?

フシが平和な現世で蘇る?

不滅のあなたへ13巻

『不滅のあなたへ』は、13巻の117話より現世編がスタート。舞台は現代日本のような場所ですが、そこはフシがノッカーの脅威から救った世界の延長線上でした。 「レンリルの大木から伸びる根がかつて世界を支配していた闇を打ち砕いた」という伝説が残るその世界で、フシは自身の力を使って次々と大切な人々を蘇らせていきます。 その後せっかくマーチを見つけたものの、幸せそうに家族と過ごす彼女の姿を見たフシは自分の居場所が分からなくなってしまうことに。彼が海で茫然自失としていたところに現れたのは、オカルト研究部の副部長であるアオキユーキでした。 珍しいフシの姿に興味を持った彼は、説得の末になんとかフシを家に連れ帰ることに成功します。

【現世編最新ネタバレ】平和なはずの現世で迫りくるノッカーの気配

ユーキの高校の先輩にあたる少女・ミズハはなんとハヤセの子孫であり、守護団の18代目投手でもありました。そのミズハとフシが、なんと初デートをすることに。 ミズハはフシが学校で倒れたことや学校を長らく休んでいたことを心配する様子を見せますが、そんな彼女に対しフシは「元気のないところを見られたくなかった」と誤魔化します。しかし実際フシは、ノッカーの襲撃に備えて外で寝ていたのでした。 その後ミズハの勧めで新しい服に着替えたフシの元に、観察者であるサトルの姉貴分であるスミカが現れます。出会った途端、「サトルに怪我をさせたのか」といきなりフシに掴みかかるスミカ。 フシは観察者であるサトルが怪我をしたことに驚きながらも、サトルのことを馬鹿にして笑います。そのことがスミカをさらに逆上させてしまい……。

『不滅のあなたへ』に登場するキャラクターをおさらい

フシ

本作の主人公であり、当初は意識すら持たない球体の姿でした。不死身の身体と、「器の空いた」死んだ人間の性質を記憶し模倣できる能力を持っています。物語の中では、全編を通して白髪の少年の姿が標準となっています。

観察者

観察者は真っ黒なローブを着た人物で、フシの旅を俯瞰で見ながら足りない部分を補足するナレーターのような役割をしています。彼は旅の中で度々フシに助言を施し、その姿はフシ以外の人間からは見えないものの「黒いの」などと呼ばれて知られています。

ノッカー

ノッカーは、フシを追う正体不明の怪物。作中では多くの個体が存在していますが、どの個体も球体に触手が絡みついたような姿です。触手を使って対象を支配下に置く能力を駆使して、フシたちのことを追い詰めていきます。

登場人物を取り巻く謎を徹底的に解説&考察!フシはなぜ作られた?

フシはなぜ作られた?観察者の目的とは

観察者の目的は「この世界を保持すること」であり、「この地の情報を収集し保存するため」にフシという存在を作ったということが作中で明らかになっています。全ての者がいずれ滅びていく世界の中で、唯一不死身であるフシに観察者が期待していることが分かりますね。 また観察者は旅の途中でフシにアドバイスをしたりノッカーの情報を伝えたりしますが、行動の強制はせずに全てフシに任せていました。このことから、観察者は外部からフシを通して世界に干渉する存在であることが想像できます。 観察者の正体やハッキリとした目的はまだ明らかになっていませんが、第2章の現世編においても彼は再び登場。今後物語が進むにつれ、彼の目的やフシとの関係も詳しく描かれていくのではないでしょうか。

ノッカーたちの真の目的は?

ノッカーたちは作中でフシから度々記憶を奪おうとしているだけでなく、街の人間たちを襲って殺しています。そんな彼らの目的は、「人間の身体からファイを開放すること」であると語られました。 ファイとはいわゆる魂のことであり、ノッカーたちはファイが肉体から切り離されることで人々が幸せになれると考えているようです。

『不滅のあなたへ』の紡ぐ出会いと別れ、そして愛

大今良時によって描かれたSFファンタジー漫画である『不滅のあなたへ』。多くの出会いと別れを通して不死身の主人公が成長していく姿を描いた本作は、2021年4月よりNHK Eテレにてアニメが放送予定です。 2021年現在漫画は14巻まで発売されているため、アニメの放送までに是非一度目を通してみてはいかがでしょうか?