2021年5月31日更新

『シャドーハウス』ケイトの秘密とは?エミリコとの関係性やシャドーの正体に迫る!

シャドーハウス ケイト

『週刊ヤングジャンプ』で連載中の人気漫画『シャドーハウス』に出てくるケイトを深く考察!真っ黒な体の中に隠されている目的や正体など、彼女の抱える謎はとても多いです。エミリコとの関係性や感情表現など、劇中の描写から読み取れるケイトはどのような人物でしょうか?

目次

『シャドーハウス』ケイトはかわいいご主人さま【ネタバレ注意】

シャドーハウス ケイト

ケイトはエミリコの主のシャドーであり、服装や立ち居振る舞いから上品で理知的な印象を与えています。しかし、彼女は感情や思考を具体的に表現するタイプではなく、本心や正体などは謎に包まれたままです。 今回はそんなミステリアスな雰囲気を醸し出しているケイトを掘り下げます。シャドーの正体やケイトの秘密にまで迫りますので、未見の方はネタバレに注意してください。

大人しいケイトの拗ねっぷりがかわいい

ケイトは表面上とても大人しく理性的な性格に見えますが、中身は案外子供じみています。彼女が大人びて見えるのも、単に感情表現が不器用なだけで、中身は年相応の幼さやあどけなさがたくさんあるのです。 理解できないことや不機嫌になることがあると、頭からすすが出てしまうケイト。不器用な彼女なりの拗ねた表現であり、このギャップに思わず魅了される読者も多いのではないでしょうか。

ケイトとエミリコとの関係は?

シャドーハウス ケイト

ケイトを語る上で外せないのはエミリコとの関係性です。エミリコはケイトのパートナーであり、親友でもあります。感情表現が苦手でおとなしいケイトとは対照的に、エミリコはとても明るく物怖じしない性格。 そんなエミリコはおっちょこちょいでドジなので、何か失敗をやらかすたびにケイトは拗ねていました。しかし、失敗してもめげずに尽くしてくれるエミリコに、ケイトは徐々に心を許すようになります。 一緒に過ごしていく内にエミリコはケイトにとって「希望」「癒し」となっています。一緒に遊んだり勉強したりしている内に、お互いにとってかけがえのない存在へと関係が変化していくのです。 本来シャドーと生き人形は主従関係で結ばれているものですが、2人は強い絆で結ばれたパートナーだと言えるでしょう。

ケイトに惚れっぱなしのジョンとの関係は?

シャドーハウス ケイト

エミリコだけではなく、ジョンもまたケイトに大きく関係している人物です。彼は檻の中に閉じ込められたケイトに対し、「俺の婚約者になれ」と要求します。その時は素気無く断られてしまうジョンですが、そんな彼女にますます惚れ込んでしまうことに。 最初の出会いが強烈だった2人ですが、ジョンはその後懲りもせず何度もケイトに婚約を要求します。時には公衆の面前で恥じらいや照れもなくプロポーズするので、彼女もどう対応していいものか困惑しているのです。 しかし、ジョンの求愛には全く悪意がないので、ケイトは彼に対して恋愛感情こそないものの信頼していきます。そのためエミリコにさえ明かさない情報を彼女は打ち明け、目的達成のためのパートナーとしての関係性を築いていきました。

ケイトの知られざる「秘密」とは?シャドーの正体も解説【ネタバレ注意】

シャドーの本当の正体

シャドーハウス ケイト

シャドーの本当の正体は「擬態・模倣を得意とする寄生型の妖精“モーフ”」です。シャドーは近辺の街の子供をさらって記憶を消し、人間に擬態していました。エミリコたちのような「生き人形」も元はと言えば人間です。 ケイトがずっと暗く感情が見えにくかったのも、モーフが擬態していたからであって彼女のせいではありません。つまり、本作に登場する子供達には生き人形になる前の記憶がほとんどないのです。 この秘密はケイトとエミリコの関係性に亀裂が入りかねないものでした。2人の関係性を丁寧に構築してきたからこそ、明らかになったときには作品全体のトーンを変える程の衝撃でした。 しかし事実を知ったほとんどの生き人形やシャドーが動揺を隠せない中で、ケイトだけは違っていました。

ケイトだけに残っていた記憶

ケイトだけはシャドーになる前の記憶が残っており、上記したシャドーの正体およびシャドーハウスの歪さを知っていました。 そのため、シャドーハウスはケイトにとっても、エミリコたち生き人形にとっても牢獄でした。ケイトはシャドー一家の支配体制から逃れるために、シャドー一家の頂点に立つ「偉大なるおじいさま」に対抗するという目的をしっかり持っています。 ケイトが目的を達成する上で必要なのは「仲間」でした。ジョンやエミリコ、パトリックなど仲間との関係性を大事にするのも全ては目的達成のためなのです。

アニメ『シャドーハウス』でケイトの声優を務めるのは鬼頭明里

2021年4月より放送を開始したアニメ『シャドーハウス』でケイト役を演じるのは鬼頭明里です。若手ながらに安定した演技を見せており、代表作に『ようこそ実力至上主義の教室へ』の堀北鈴音役や『鬼滅の刃』の竈門禰豆子役などがあります。 ケイト役ではとても落ち着いた演技を見せており、今後の活躍が楽しみです。

ケイトはシャドーハウスに立ち向かうことができるのか?

シャドーハウス ケイト

今回は、ケイトの魅力について掘り下げました。ミステリアスな雰囲気を醸し出しながらも、友達や仲間をとても大事にするケイト。エミリコやジョンとの関係も魅力的で、物語の鍵を握る重要な役どころを担っています。 今後は仲間と共にシャドーハウスを巡る様々な問題に立ち向かうことになりますが、ケイトならきっと成し遂げられるでしょう。