2021年6月11日更新

『青野くんに触りたいから死にたい』を全巻ネタバレあらすじ解説

青野くんに触りたいから死にたい

『青野くんに触りたいから死にたい』は幽霊になってしまった恋人と女子高生の恋愛を描く、異色のラブコメ作品です。純愛を描きながら本格的なホラー描写も登場し、狂気の作風から大きな話題となった本作。そこで本記事では、『青野くんに触りたいから死にたい』を全巻ネタバレあらすじ解説します!

目次

『青野くんに触りたいから死にたい』をネタバレありで解説

幽霊として戻ってきた彼氏の様子がおかしい……

純愛×ホラーの作風で、その狂気さと引き込まれる設定から大きな話題となった『青野くんに触りたいから死にたい』。幽霊となった彼氏の不穏な空気に巻き込まれる少女を描いた本作は、2022年にドラマ化も決定している大注目の作品です。 そこで本記事では『青野くんに触りたいから死にたい』を、全巻ネタバレあらすじ解説していきます!

吹き出し アイコン

絵柄に完全に騙されました。こんな複雑な気持ちになる漫画は生まれて初めて。

吹き出し アイコン

ミステリー要素あり、恋愛要素あり、シュールな笑いあり。
作者のセンスが光りまくっている……。

『青野くんに触りたいから死にたい』を読むなら漫画サイトがおすすめ

サービス オススメ度 特徴 試し読み
1巻半額
無料作品が
1万冊以上
初回600P付与
6回分半額
クーポン付与
最大50%還元

※表は横にスクロール可能
※配信状況は6月11日時点のものです。

『青野くんに触りたいから死にたい』1巻ネタバレ解説

高校生の刈谷優里(かりやゆうり)に初めてできた彼氏、青野龍平(あおのりゅうへい)はある日、交通事故で亡くなってしまいます。自宅で彼の後を追おうとする優里を、咄嗟に止めに入ってきたのは、死んだはずの青野くんでした。青野くんは幽霊として優里の元に帰って来たのです。 優里は青野くんを自分に憑依させることができるのではないかと考えました。その瞬間、青野くんは別人のように豹変し、「ちゃんと俺を招いて」と要求します。違和感を感じながらも、青野くんを受け入れる優里。そして青野くんは優里の中に入りますが、肝心の本人は状況が把握できていない奇妙な反応を見せるのでした。 その後不登校である同級生の堀江美桜(ほりえみお)に、優里はホラー映画の内容のフリをして、現状を相談します。そこで憑依の際に強く要求したのは、それが禁忌だからだろうと語る美桜。そして美桜の自宅から出ると、そこには様子のおかしい青野くんが立っていました。 そして友人の藤本雅芳(ふじもとまさよし)や優里の体に憑依した別人格の黒青野くんは、青野くんの意に反した様々な行動を取ってしまいます。

『青野くんに触りたいから死にたい』2巻ネタバレ解説

青野くんに憑依され優里にキスをしてしまった藤本は、何も知らず優里に謝ります。こうなってしまっては言わない訳にもいかず、全てを話す優里。その後藤本は「私の中に入って」というトリガーを復唱してしまい、再度青野くんを招き入れてしまいました。そして授業中に、黒青野くんによる事件が起きてしまいます。 藤本と優里は青野くんが悪霊化してしまう前に成仏させてあげようと考え、ホラー映画好きの美桜のもとを訪ねます。そこで青野くんの存在を知った美桜を含め、優里達は青野くんを応援する「ブルーチア」を結成しました。 しかし黒青野くんの被害にあった同級生に嫌がらせを受けた優里は、再度青野くんを自分の中に受け入れてしまいます。優里の髪の毛は真っ白になり、気付けば藤本が所属する同好会の部室に。彼女は藤本から青野くんが自ら成仏したという事実を聞いて、ショックを受けるのでした。 しかし翌日の学校で、成仏したはずの黒青野くんが優里の前に姿を現します。

『青野くんに触りたいから死にたい』3巻ネタバレ解説

突如現れた黒青野くんを追いかける優里は、藤本に青野くんが成仏したのは嘘だったことを告げられます。自身の存在が悪影響だと思った青野くんは、藤本にそう話すよう頼んでいたのです。そして黒青野くんの衰弱化に成功した優里は、優しい青野くんを取り戻したのでした。 水族館デートを楽しんだ青野くんは、優里の複雑な家庭環境を知ります。そして自身も両親が他界している事実を話す青野くん。その後藤本と優里は知人の紹介で、学童のバイトを始めることになりました。 そこで幽霊が見えると噂の少女、渡瀬希美(わたせのぞみ)と出会う2人。そしてそれと同時に希美達が通う小学校に伝わる、「四ツ首様」というおまじないの存在も明らかになります。 そして四ツ首様を実行した希美と結菜、大翔という子供達。その結果希美達は手に大怪我を負ってしまうのでした。

『青野くんに触りたいから死にたい』4巻ネタバレ解説

四ツ首様のおまじないを行ってから、希美だけでなく結菜と大翔も幽霊が見えるようになってしまいます。優里達は事件以降家に閉じこもってしまった希美をなんとか連れ出し、子供達3人を和解させました。しかしその後希美達が描いた青野くんの姿は、優里が見えている姿とは異なり異形の怪物だったのです。 そして四ツ首様の話を聞いた美桜は、四ツ首様が首無し様と同じであることを突き止めます。彼女は四つ首が「身体にある四つの首(二つの手首と二つの足首)を指す言葉」であると考えたのです。そして子供達の手に浮かんだ「牛・馬・犬」の傷と、優里の腹部に浮かんだ「刈谷優里」の傷が、生贄を指していると気付きました。 それを知り生贄の契約を解除するためには、優里が穢れれば良いのではないかと考える青野くん。そして優里は青野くんが憑依した藤本と、体を重ねようとします。しかしその瞬間彼女の腹部には痛々しいバツ印の傷が浮かび上がり、青野くんも姿を消してしまうのでした。

『青野くんに触りたいから死にたい』5巻ネタバレ解説

青野くんを失った優里は、大翔の亡くなった弟、蒼太が兄に憑依したという事実を知って驚きます。しかし「幽霊でもいい」と話す大翔に、自分を重ね合わせ涙を流す優里。そして優里と藤本は、青野くんがいるかもしれないと彼の自宅に向かいました。 青野くんの自宅で彼の弟である鉄平と出会った優里。その日の夜優里は鉄平から「龍平の秘密を教える」と呼び出されます。鉄平が語る“龍平の秘密”とは、「青野くんが昔弟である自分を捨てた」というものでした。鉄平は自分を祖父母の家に置き去りにし、青野くんだけが母と2人で過ごせるように仕向けたと考えているのです。 しかし作中では青野くんの母親はあまり良い母親でなかったことが判明しています。そのため青野くんは彼を母親から逃すために、祖父母の家に預けたのかもしれません。 そのとき兄に憑依する蒼太にも、青野くんと同じような異変が起こっていたのです。

『青野くんに触りたいから死にたい』6巻ネタバレ解説

得体の知れない幽霊に襲われてしまう、大翔の母や優里達。そして優里は青野くんに捧げものを続けていたため、目の色まで変わってしまいます。自分を犠牲にする優里に、怒りを露わにする青野くん。その間に藤本は青野くんに対し、「優里が好きだ」と衝撃の告白をします。しかし友情も大切にする彼は、青野くんに「お前から盗るほどじゃない」と告げました。 一方の優里の前には、幼少期の姿の青野くんが姿を現します。青野の分身ではないかと推測する藤本。しかし彼は青野くんとは違い、優里に触れることもできます。可愛い少年の青野くんは、優里に甘えてみせました。 その頃美桜は四ツ首様の儀式が、「家畜の生首を使用した生贄の儀式」であると知ります。しかし今現在起きている儀式の生贄は、動物ではありません。本来生贄となる家畜の傷が刻まれた、子供達です。優里達はその恐ろしい儀式から子供達を助けるため、山に登っていきます。

『青野くんに触りたいから死にたい』7巻ネタバレ解説

山で希美と結菜と合流した優里は、大翔を救うため藤本に身につけているものを手渡し滝壺に入りました。優里は気が付くと、マンションの一室で料理をしています。そこに帰宅する青野くん。2人は幸せな時間を満喫しますが、突如青野くんが優里の体を噛むようになります。 出血するほど噛んでも、青野くんは正気に戻るとそれを覚えていません。葛藤の末彼から逃げ出した優里は、青年の青野くんと再会します。子供を救う決意を固めるも、子供達は未だ幸せな夢の中にいました。子供達のそれぞれの夢には蒼太が存在し、美桜は蒼太の首を3回斬り離さないと皆は助からないと告げます。 優里達は希美と結菜を幸せな夢から連れ出すことに成功しますが、大翔だけは違いました。大翔は実の弟の姿をしている蒼太に、危害を加えることができないのです。しかし優里達に支えられた大翔は、遂に蒼太の首を斬り落とします。 こうして現実世界に帰還した優里達は、四ツ首様の儀式から開放されたのでした。

『青野くんに触りたいから死にたい』8巻ネタバレ解説

四ツ首様事件を振り返りながら、美桜は「生きている人間は同じ世界に存在していないのではないか」という仮説を立てます。それを興味深げに聞いた後、結菜と藤本の誕生会もそこそこに帰路につく優里。優里への恋心と青野くんとの友情に揺れる藤本を他所に、帰宅した優里は青野くんと幸せな時間を過ごします。 しかし夏休みが終了した学校での優里の扱いは、まさに“腫れ物”。彼女が滝壺の裏から発見された事実が学校中に知れ渡ってしまっていたのです。そして藤本と仲良くしている優里を見て、機嫌を悪くする青野くん。そして優里の愛情につけ込んだ青野くんは、彼女を異世界に連れ去ってしまいました。 異変に気付いた藤本が学校内を捜索する中、青野くんはひたすら優里に階段を進ませます。そして突如追いかけて来る母のような人物に怯える青野くん。意を決して2人で青野くんの母親に会いに向かった2人は、気付けば藤本と落ち合っていました。 彼女は3度目の神隠しにあったのです。

登場人物紹介

最後に本作の登場人物について解説します。 重要キャラである4人を紹介するので、ぜひチェックして下さい!

刈谷優里(画像左上)

刈谷優里は本作の主人公になります。性格は少々天然ボケな部分はあるものの、幽霊になっても青野くんを想い続けるほど一途です。 すでに幽霊となった彼氏である青野とは「生贄の契約」を結んでいる優里。その影響で作中でも、度々外見が変化します。

青野龍平(画像右上)

青野龍平は優里の恋人です。優里と同じ加々智高校の生徒で、作品が開始して間もなく事故で亡くなってしまいます。しかし後を追って自殺しようとしていた優里を止める形で、幽霊として彼女の前に現れました。 生前は誠実で優しい性格をしていた青野くんですが、幽霊となってからは別人格である「黒青野」が出現しています。

藤本雅芳(画像左下)

藤本雅芳は元々青野くんの親友だった人物です。素っ気ない態度が目につき、一見冷たい性格に見える藤本。しかし根は優しく、青野くんに振り回される優里を支えています。 幽霊となった青野くんの存在を知る数少ない人物ではありますが、藤本は優里と違い青野を視認出来ていません。

堀江美桜(画像右下)

堀江美桜は優里のクラスメイトです。元々不登校だった彼女ですが、ホラー映画に精通していた点から優里に頼られ、そのまま青野くんの存在を知りました。 存在を知った後はその豊富な知識を活かし、青野くんが悪霊にならないように協力しています。

青野くんの正体はなんなのか!?最終章「受肉編」が気になる

独特な世界観と猛スピードのミステリーで、読者を混沌の魅力へと引き込む『青野くんに触りたいから死にたい』。今回はそんな本作の、ネタバレあらすじ解説をしてきました。 様々な伏線が張り巡らされた中で開幕した、最終章「受肉編」。青野くんの正体はなんなのか、2人はどのような結末を迎えるのか。2022年放送のドラマと合わせて目が離せません!