2022年12月6日更新

映画『イチケイのカラス』あらすじをネタバレ予想!キャストや公開日などの最新情報も

イチケイのカラス
©Rito Asami・KODANSHA /2021 Fuji Television Network, Inc.

2023年1月13日公開の映画『イチケイのカラス』。民放ドラマで初めて刑事裁判官を主人公とした大人気作品が待望の映画化! この記事ではキャストやあらすじなどの詳しい情報を解説し、ストーリーを予想していきます。

タイトル 映画『イチケイのカラス』
公開日 2023年1月13日
キャスト 竹野内豊 , 黒木華 , 斎藤工 , 向井理
主題歌 「Farewell」Superfly

映画『イチケイのカラス』あらすじ

ドラマ『イチケイのカラス』ざっくりおさらい

東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)に所属する自由奔放で型破りな刑事裁判官・入間みちおに、堅物で真面目な裁判官・坂間千鶴らが振り回されながら事件の真相を突き止めていくリーガルドラマ。 物語が展開するにつれイチケイの絆は深まり、みちおが持つ過去も明らかになっていきます。

ドラマ最終回では国家権力を相手にし、自身の進退も顧みず真実を追い求めたみちおたち。何とか真相を突き止めたものの、結果的にみちおは東京ではなく熊本の地方裁判官として働くことに。 残された千鶴はみちおの意思を継ぎ「イチケイのカラス」になることを約束しました。

映画『イチケイのカラス』のあらすじは?

入間みちおが東京を離れてから2年。岡山に異動した彼が担当することになったのは、史上最年少で防衛大臣となった鵜城英二に主婦が包丁を突き付けたという傷害事件でした。実はその事件の裏には国家権力の影がちらつく、ある事故が関係しているようで……。 その一方、坂間千鶴は裁判官の他職経験制度で弁護士として地方に赴任。そこは奇しくもみちおがいる町の隣町!千鶴はそこで地元大企業のある疑惑と出会うことになります。 2つの事件に隠された衝撃の事実に立ち向かう、一大リーガルドラマが繰り広げられます。

続きはどんな展開に?映画をネタバレ予想

相関図や公式サイトのあらすじから予想するに、今作では大きく分けて3つの裁判が描かれるようです。それぞれどんな内容で、どう繋がっていくのか、続きの展開を予想していきます。

第1の裁判

防衛大臣への傷害事件

入間みちおが担当することになる、史上最年少防衛大臣の鵜城英二に主婦の島谷加奈子が包丁を突き付けた事件。 通常なら加奈子が有罪と判決されて終わりそうな裁判です。しかしこの事件の裏には加奈子の夫である島谷秀彰が命を落としてしまった、貨物船とイージス艦の事故が関係していました。 みちおはこの事件をきっかけに、鵜城がひた隠しにする罪を追及しようとするのではないでしょうか。

第2の裁判

地元大企業の不正を調査

坂間千鶴が弁護士として携わることになったのは地元大企業に関わる不正事件。 登場人物に企業の産業医などがいることから、この事件は過労死認定などに関わる可能性も高いと思われます。千鶴は人権派弁護士の月本信吾とバディを組み真相究明に動きますが、そこには第1の事件にも関わる大きな闇がうごめいているようです。

第3の裁判

2つの事件がつながる!?

2つ目の裁判までは入間みちおと坂間千鶴が別々に動いているようですが、公式サイトの相関図には入間みちおがのちに坂間千鶴の裁判を担当すると書かれています。 つまり第1の裁判と第2の裁判がつながり、3つ目の裁判が始まるのではないでしょうか。 そして2つの事件に共通する黒幕はおそらく、防衛大臣の鵜城。入間みちおと坂間千鶴が再びタッグを組んで、真相を突き止め国家権力という強大な敵に挑むと予想します。

映画『イチケイのカラス』キャスト・登場人物一覧

ドラマから 続投 入間みちお役/竹野内豊 坂間千鶴役/黒木華 井出伊織役/山崎育三郎 浜谷澪役/桜井ユキ 一ノ瀬糸子役/水谷果穂 駒沢義男役/小日向日向
映画からの 新キャスト 月本信吾役/斎藤工 鵜城英二役/向井理 土井潤役/柄本時生 赤城公子役/西野七瀬 島谷加奈子役/田中みな実 島谷秀彰役/津田健次郎 小早川悦子役/吉田羊 小早川輝夫役/宮藤官九郎 植木幸太郎役/八木勇征

入間みちお役/竹野内豊

東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官・入間みちおは、一見ゆるい雰囲気の持ち主ですが、絶対に冤罪を生むことのないよう自ら現場検証を行うなど型破りなやり方で、弁護士団や検察官たち両方から恐れられているクセモノです。 実は元弁護士という異色の経歴の持ち主で、過去のある事件がきっかけで裁判官になりました。 『週刊文春』の取材によれば、演じる竹野内豊はすでに映画版撮影のためのスケジュールが確保されているようです。

坂間千鶴役/黒木華

メインキャラクターの坂間千鶴を演じた黒木華も、すでに撮影のためのスケジュールが確保されていると言われています。 坂間千鶴は、東大法学部出身で将来を約束されたエリートです。しかし冗談がまったく通じない堅物で、迅速さと効率を重視しています。そのため自ら現場検証を行うような入間とは当初相容れませんでした。しかしその後、彼の信念に気づき裁判官として成長していきました。

月本信吾役/斎藤工

斎藤工

斎藤工が演じるのは坂間千鶴とバディを組むことになる弁護士月本信吾。 人権派弁護士として人々の悩みに寄り添うやさしくまっすぐな性格のようで、千鶴は少しずつその姿に惹かれていくようです。

鵜城英二役/向井理

向井理 『10の秘密』

向井理が演じるのは史上最年少防衛大臣鵜城英二。 みちおが担当する傷害事件の被害者である一方、イージス艦と貨物船の事故に関係している怪しい人物のようです。本作のキーマンになる人物と思われます。

井出伊織役/山崎育三郎

山崎育三郎が演じるのは検事の井出伊織。 元々は東京地方検察庁の所属でしたが、本作ではみちおのお目付け役として同じ地方に配属されたようです。みちおのせいで栄転がなくなったと恨んでいるところもあるとか。

土井潤役/柄本時生

柄本時生が演じるのはみちおと同じ岡山地裁秋名支部に所属する裁判官土井潤。 みちおに振り回されながら彼のやり方を叩き込まれているようです。

赤城公子役/西野七瀬

西野七瀬が演じるのはみちおと同じ岡山地裁秋名支部に所属する裁判官赤城公子。 土井と共にみちおに振り回される存在になりそうです。

浜谷澪役/桜井ユキ

『マチネの終わりに』桜井ユキ
(C)2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク

桜井ユキが演じるのはイチケイで書記官を務める浜谷澪。 みちおとはかつての同僚であり、彼を「残念なイケメン」と評しています。

一ノ瀬糸子役/水谷果穂

水谷果穂が演じるのはイチケイで事務官を務めていた一ノ瀬糸子。 映画版では検事の井出伊織と夫婦になっていますが、離婚の危機に立たされているようです。

駒沢義男役/小日向文世

小日向文世

小日向文世が演じるのはイチケイで部長裁判官を務める駒沢義男。 みちおとの師弟関係は変わらず、今も彼を見守っているようです。

島谷加奈子役/田中みな実

田中みな実が演じるのは傷害事件の犯人となる主婦島谷加奈子。 加害者ではありますが、夫をある事故で亡くした悲しい過去があるようです。

島谷秀彰役/津田健次郎

白いトリュフの宿る森 津田健次郎
©2020 GO GIGI GO PRODUCTIONS, LLC

津田健次郎が演じるのは島谷加奈子の夫である島谷秀彰。 貨物船の船長を務めていましたが、イージス艦との衝突事故により命を落としたようです。

小早川悦子役/吉田羊

まだ結婚できない男,吉田羊

吉田羊が演じるのは疑惑を抱える大企業に携わる産業医小早川悦子。 千鶴とは姉妹のように仲が良く、事件にも関わりがある人物のようです。

小早川輝夫役/宮藤官九郎

宮藤官九郎

宮藤官九郎が演じるのは悦子の夫である小早川輝夫。 町役場に勤める公務員で、悦子とはオシドリ夫婦で有名なようです。

植木幸太郎役/八木勇征

八木勇征 FANTASTICS from EXILE TRIBE

八木勇征が演じるのは小早川夫妻と仲のいい青年植木幸太郎。 和菓子屋で働く好青年の彼は、いったいどんなかたちで事件に関わるのでしょうか。

映画『イチケイのカラス』は1月13日(金)公開!

大人気リーガルドラマの劇場版、映画『イチケイのカラス』は2023年1月13日公開! ドタバタコンビと新たな豪華キャストたちが、どんな事件を巻き起こし裁判を盛り上げてくれるのか、今から待ちきれません!果たしてどんな結末を導くのか公開を楽しみに待ちましょう!