2021年6月25日更新

月9『イチケイのカラス』が映画化が決定!あらすじ・キャスト情報など最新情報をお届け

イチケイのカラス

2021年4月から6月にかけてフジテレビ系列で放送されたドラマ『イチケイのカラス』の映画化が決定しました!竹野内豊と黒木華演じる裁判官や判事補を中心とした痛快エンターテイメントは、映画版ではどうなるのでしょうか。最新情報を随時更新してお届けします!

目次

月9『イチケイのカラス』映画化!あらすじ・キャスト情報を随時更新

2021年4月期のフジテレビ月9枠で放送され、好評を博した『イチケイのカラス』。民放ドラマで初めて刑事裁判官を主人公とした本作は、痛快リーガルエンターテインメントとして人気に。 その人気を受けて、今回の映画化が決定しました。 はたして映画版はどんなストーリーになるのでしょうか。また、ドラマでは毎回豪華なゲストが出演していただけに、映画版のキャストも気になるところ。 ここでは、2021年6月時点でわかっている最新情報をお届けします。

『イチケイのカラス』をもう1度おさらいしたい人はこちら

気になる映画版のあらすじは?

映画版『イチケイのカラス』のあらすじについては、いまのところなにも明かされていません。型破りな裁判官と堅物エリート判事補のやりとり、そして感動の最終回も話題を集めた作品なので、そのストーリーにも期待したいところ。 ciatrでは最新情報がわかり次第、随時更新していきます!

映画版『イチケイのカラス』キャスト

裁判官・入間みちお/竹野内豊

東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官・入間みちおは、一見ゆるい雰囲気の持ち主ですが、絶対に冤罪を生むことのないよう自ら現場検証を行うなど型破りなやり方で、弁護士団や検察官たち両方から恐れられているクセモノです。 実は元弁護士という異色の経歴の持ち主で、過去のある事件がきっかけで裁判官になりました。 『週刊文春』の取材によれば、演じる竹野内豊はすでに映画版撮影のためのスケジュールが確保されているようです。

特例判事補・坂間千鶴/黒木華

メインキャラクターの坂間千鶴を演じた黒木華も、すでに撮影のためのスケジュールが確保されていると言われています。 坂間千鶴は、東大法学部出身で将来を約束されたエリートです。しかし冗談がまったく通じない堅物で、迅速さと効率を重視しています。そのため自ら現場検証を行うような入間とは当初相容れませんでした。しかしその後、彼の信念に気づき裁判官として成長していきました。

映画『イチケイのカラス』公開が待ち遠しい!あらすじ・新キャストの続報を待とう

人気ドラマが早速映画化されるとのことで、注目が集まっている『イチケイのカラス』。最終回で高視聴率を獲得したことから、今回の映画化の話が進んでいるようです。 映画は来年公開を目指しているとのこと。 ciatrでは、最新情報が明らかになり次第お伝えしていきますので、ぜひチェックしてください!