2021年7月13日更新

映画『ジャングル・クルーズ』の公式動画を配信しているサブスクはどこ?ディズニープラスで7/30から配信スタート!【劇場公開7/29】

映画『ジャングル・クルーズ』
© Walt Disney Studios Motion Pictures/Photofest/Zeta Image

2021年7月に公開・配信予定の映画『ジャングル・クルーズ』は、ディズニーランド内の人気アトラクションである「ジャングル・クルーズ」を実写映画化したものです。本記事では、そんな本作の公式動画を配信しているサービスについて詳しく紹介していきます!

目次

映画『ジャングル・クルーズ』の動画を配信しているサブスクを紹介!

映画『ジャングル・クルーズ』は2021年7月29日に全国の劇場にて公開予定で、さらにディズニーが提供する定額動画配信サービス・Disney+(ディズニープラス)では7月30日よりプレミアアクセスで配信予定となっています。 本記事では、本作を配信する唯一のサブスクであるDisney+でプレミアアクセスを利用する方法を徹底解説します!

31日間無料で楽しむ!/

7/30よりディズニープラスで独占配信!プレミアアクセスでお家で動画を視聴しよう

映画『ジャングル・クルーズ』は2021年7月30日よりDisney+(ディズニープラス)で配信されます。通常の定額料金に追加してプレミアアクセスに登録することで視聴することができますよ。 プレミアアクセスは3,278円(税込)を支払う必要がありますが、1度追加料金を支払ってしまえば1作品のみではなく複数作品観ることが可能。少し高い印象がありますが、最新作を映画館に行かずに家で鑑賞できるので、ディズニーの最新作を早く動画で観たい人におすすめです!

31日間無料で楽しむ!/

映画『ジャングル・クルーズ』の動画を視聴できる配信サービス一覧

見放題
見放題
31日間無料
レンタル
レンタル
初回登録時
ポイントあり
現在提供中のサービスはありません。
レンタル
レンタル
初回登録時
ポイントなし
現在提供中のサービスはありません。
購入
購入
現在提供中のサービスはありません。

※表は横にスクロール可能です。
※TSUTAYA DISCASには初回登録時のポイント付与はありません。

31日間無料で楽しむ!/

映画『ジャングル・クルーズ』のあらすじ

古くよりアマゾンにあるといわれる伝説の花「奇跡の花」。その花を手にしたものは、永遠の命を得ることができると語り継がれてきました。 ある日ずば抜けた探究心と行動力を持つ女性医師・リリーは奇跡の花を手にするために、危険がいっぱいなアマゾンのジャングルへと旅立ちます。そこで彼女が相棒にしたのは、ジャングルを隅々まで知り尽くすクルーズツアーの船長・フランク。 彼はこれまで多くの観光客を相手にジャングルに住む珍しい動物の生息地や先住民の村など、ジョークを交えながらガイドしてきました。実は彼も、ある理由から「奇跡の花」を探していたのでした。 リリーたちは危険を承知で、アマゾンの奥深くにある「クリスタルの涙」へと向かいますが……。

31日間無料で楽しむ!/

メインキャストを紹介!日本語吹き替えはだれ?

フランク役/ドウェイン・ジョンソン(日本語吹き替え 小山力也)

フランクは、アマゾンで観光客相手にクルーズツアーをする勇敢な船長。ジャングルを隅々まで知り尽くしている彼は、旅のガイド役としてリリーたちとともに冒険の旅に出ます。 フランク役を演じるのは、元プロレスラーという経歴を持つ俳優のドウェイン・ジョンソン。その経歴を活かして本格的なアクションを得意とする彼の代表作には映画「ハムナプトラ」シリーズや映画「ワイルド・スピード」シリーズ、さらに「ジュマンジ」シリーズなどがあります。 彼の日本語吹き替えは、ベテラン声優・小山力也が担当。アニメから映画やドラマの吹き替えまで幅広くこなす彼の代表作には、アニメ『血界戦線』(2015年)やアニメ『文豪ストレイドッグス』(2016年)などがあります。

リリー・ホートン役/エミリー・ブラント(日本語吹き替え 木村佳乃)

リリー・ホートンは本作のヒロインで、高い行動力と探究心に溢れた女性医師。彼女はフランクを相棒にして、「奇跡の花」を手に入れるためにアマゾンの奥地へ果敢に足を踏み入れます。 リリー役を演じるのは、本作以外のディズニー作品にも多数出演する女優のエミリー・ブラント。イギリス出身の女優である彼女は、これまでに国内外の様々な賞を授賞しています。代表作には、映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(2019年)や映画『クワイエット・プレイス』(2021年)などがありますよ。 彼女の日本語吹き替えは、女優の木村佳乃が担当。落ち着いた声が魅力的な彼女の代表作には、ドラマ『ファーストクラス』(2014年)やドラマ『ひよっこ』(2019年)などがあります。また声優としては、映画『カンフー・パンダ』(2008年)などにも出演しました。

マクレガー・ホートン役/ジャック・ホワイトホール(日本語吹き替え 斉藤慎二)

マクレガー・ホートンは本作のヒロインであるリリーの弟で、ともに秘境への旅にでる仲間です。詳しいことは明らかになっていませんが、どうやらリリーとは正反対の性格だと言われています。 マクレガー役を演じるのは、イギリス出身の大人気コメディアンであるジャック・ホワイトホール。ディズニーの大ファンという一面を持つ彼は、本作への出演決定時に喜びをあらわにしています。彼は過去に大人気ディズニー映画『アナと雪の女王』(2013年)で、トロール役の声優も務めていますよ。 彼の日本語吹き替えは、人気お笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二が担当。持ち前の美声を活かし、本作で初めて映画の吹き替えに挑戦します。

アトラクションには存在しない「奇跡の花」にも注目

『ジャングル・クルーズ』エミリー・ブラント、ドウェイン・ジョンソン
©Supplied by LMK/zetaimage

映画『ジャングル・クルーズ』では、これまで数多くのアクション映画などに出演してきたドウェイン・ジョンソンが主演を務めています。本作でも、ハラハラするシーンや攻めたアクションシーンを見られることが予測されます。彼のアクションシーンは見応えがあるので、大きな見どころの1つです。 また本作で主人公たちが追い求める「奇跡の花」は、原作となったアトラクションには登場しない要素です。そのため「奇跡の花」は物語にどのようなストーリー性を与えてくれるのか、ぜひ注目してみてくださいね。 さらに本作の監督を務めるのは、これまで著名なホラー作品などを手掛けてきたスペインの名監督であるジャウム・コレット=セラ。彼にとって初めてのファミリー向け作品となる本作がどのように仕上がっているのか、今から楽しみですね。

31日間無料で楽しむ!/

おすすめ関連作品

『ロキ』(2021年)

ドラマ「ロキ」
© 2021 Marvel

2012年のニューヨークでアベンジャーズから「四次元キューブ」を盗んだロキは、その後謎の組織である「タイム・ヴァリアンス・オーソリティー(TVA)」に捕らえられてしまいます。そこでロキはTVAの職員であるメビウスに、改変した現実を元に戻すように言われますが……。 本作における1番の見どころは、ファンの間で「裏切り王子」と呼ばれ親しまれるロキの活躍。本作ではどのような手で視聴者を楽しませてくれるのでしょうか。 これまでのMCU作品で様々な手でアベンジャーズのメンバーを翻弄してきた彼が本作ではどのように立ち回って行くのか、ぜひその点に注目してみてくださいね。

『ブラック・ウィドウ』(2021年)

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン、 ブラックウィドウ、ブラック・ウィドウ
© Walt Disney Studios Motion Pictures

アベンジャーズから一時的に離脱した元スパイのブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフは、偶然にも自身の妹であるエレーナ・ベロワと再会します。ナターシャはそこで妹から、スパイ養成施設である「レッドルーム」にまつわるある事実を耳にして……。 本作の1番の見どころは、「家族愛」。本作でナターシャは久しぶりに妹や父と会ったことをきっかけに、自身の抱える過去と向き合う決意をします。また本作でもこれまでのMCU作品同様、ナターシャの華麗なアクションシーンが見られるので要チェックです!

映画『ジャングル・クルーズ』の動画配信を待とう!お家で観るならディズニープラスで7/30から視聴可能

本記事では映画『ジャングル・クルーズ』のあらすじや見どころ、さらに動画が配信されるサービスなどについて詳しく紹介しました。 本作は劇場公開の他に、なんと7月30日から定額動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)でも配信予定です。家に居ながらでも本作を楽しむことができるので、この機会にチェックしてみてくださいね。

31日間無料で楽しむ!/