2021年10月27日更新

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観る順番は?外伝やスペシャルの時系列まで徹底解説!

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の観る順番を解説!OVAの時系列はどうなっている?

暁佳奈による小説を原作に京都アニメーションがアニメ化した「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズは、2018年放送のアニメを皮切りに2本の劇場版アニメ、パッケージ版収録のOVAが制作されています。 兵器として愛を知らずに生きてきたヴァイオレットが愛に触れていく軌跡を描く本作。より彼女に感情移入するためにも、時系列とおすすめの観る順番をチェックしておきましょう。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観る順番は放送順でOK!

放送・公開順 今すぐ 観る
1 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
TVアニメ2018年1月~4月
TSUTAYA DISCAS
2 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン Extra Episode」
OVA2018年7月4日
TSUTAYA DISCAS
3 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」
映画2019年9月6日
TSUTAYA DISCAS
4 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
映画2020年9月18日
TSUTAYA DISCAS

※配信状況は10月27日時点のものです。

本シリーズは基本的には放送順に観ていくのがおすすめ。アニメ(・OVA)・外伝・劇場版の制作順に観ていけば、ヴァイオレットの自動手記人形としての歩みを追うことができます。 本作はヴァイオレットの心に生じる変化の積み重ねが大きな感動をもたらしてくれる作品。だからこそ、アニメ1話からじっくり時系列で観てもらいたいです。

TVアニメ・外伝・劇場版で物語はどこまで進む?

ヴァイオレット・エヴァーガーデン アニメ
©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

アニメではヴァイオレットがC.H郵便社に入るところから、ドール(自動手記人形)として様々な人の想いに触れて、初めてギルベルト少佐に手紙を書くところまでを描きます。作中の情勢としては、終戦直後の混乱を経て、対立していた国々の間で和平協定が結ばれるまで。 映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」は和平協定締結後、ヴァイオレットがある令嬢の家庭教師を依頼されるストーリー。後半ではアニメオリジナルのストーリーとなり、この依頼の3年後まで描かれます。 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は人気ドールとなったヴァイオレットとギルベルト少佐との物語が完結まで描かれる内容。アニメの時間軸から数十年後、祖母の遺品からヴァイオレットの手紙を見つけた少女が、その軌跡を追う形で描かれていきます。

スペシャル「Extra Episode」(OVA)の時系列は?Netflixでも配信中

アニメのDVD4巻に収録された新作OVA「Extra Episode -きっと”愛”を知る日が来るのだろう-」は、2021年10月現在「スペシャル」としてNetflixで配信中です本作の時系列はアニメの4話・5話の間にあたり、新人ドールとして難しい依頼に奮闘するヴァイオレットの姿が楽しめます。 時系列通り4話の後に観てもいいのですが、アニメを最終話まで観てからの視聴がおすすめです。最終話につながる要素も描かれているので、最終話・OVAを観て、さらにもう1度最終話を観るとより感動が増すでしょう。 OVAを観なくても本編ストーリーを追う分には問題ありませんが、OVAを観ることで彼女たちが生きる時代について理解を深められることは間違いありません。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観る順番を網羅して作品をもっと楽しもう

どのシーンを切り取っても美術品のように美しい「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズ。そんな本作をより堪能するための視聴順について紹介しました。 ヴァイオレットの心が繊細に成長していく様子を、1話ずつ噛み締めながら観てもらいたい作品です。制作順に追っていけば自然と彼女の心に近づけるように構成されているので、その構成も含めて本作の世界観を楽しんでみてください。