2020年6月9日更新

【名作多数】Netflixおすすめアニメを一挙紹介!独占配信・オリジナルシリーズをピックアップ

Netflix おすすめアニメ サムネイル

Netflix(ネットフリックス)で配信されているアニメのなかから、独占配信タイトルやオリジナルアニメをまとめて紹介します。Netflixに加入したなら一度は観てほしい名作から、ニッチなタイトルまで46作品を解説しました。

目次

Netflix(ネットフリックス)で観れる独占配信・オリジナルアニメを紹介!

ひとつのアニメ市場として確立されつつあるNetflix(ネットフリックス)での配信。独占配信や先行配信アニメも、続々とタイトルが増えています。 地上波よりも表現への規制が少なく、クリエイターの創りたいものを制作しやすい環境にあるというのも大きな特徴でしょう。Netflixでの配信を前提とした企画も多くなってきました。 この記事では、Netflix独占配信や先行配信されている作品や、ここでしか観られないオリジナルアニメを一挙に紹介します。地上波ではお目にかかれない通な作品から、豪華制作陣による意欲作まで、一気にみていきましょう。

1.『A.I.C.O. Incarnation』

BONESと『翠星のガルガンティア』の村田和也監督によるオリジナルSFアニメ『A.I.C.O. Incarnation』。 人工生命体の暴走事故「バースト」によって、人が立ち入ることができなくなった黒部渓谷。そこは「マター」と呼ばれる人工生命体が埋め尽くす危険なエリアになっていました。 事故で家族を失った橘アイコは、ある日転校生・神崎雄哉に拉致され、自身の身体と家族に関する驚愕の真実を知らされることに。封鎖区域に足を踏み入れることになったアイコたたどりつく真相とは……。 BONESによる骨太なアクションが魅力のSFアニメです。

2.『悪魔城ドラキュラ -キャッスルヴァニア-』

『悪魔城ドラキュラ -キャッスルヴァニア-』は、コナミの世界的ヒットとなったアクションゲーム「悪魔城ドラキュラ」シリーズを原作としたアニメ。 人々を恐怖に陥れたドラキュラ公は、かつて英雄クリストファー・ベルモンドに敗れ長い眠りについていました。それから100年の時が経ち、ドラキュラ公は再び目を覚まし、人々を再び恐怖のどん底に突き落とそうと動き始めます。 彼に立ち向かうのは、英雄ベルモンド一族の末裔であるひとりの青年。果たして新たな英雄誕生となるのか……。 原作のゴシックホラー色を色濃く反映させた、ダークな中世ファンタジーです。

3.『アグレッシブ烈子』

『アグレッシブ烈子』は、サンリオのキャラクター・アグレッシブ烈子をアニメ化した作品。2016年に『王様のブランチ』内のコーナーアニメとして100話が放送されており、同スタッフによってNetflix版が制作されています。 アグレッシブ烈子は、レッサーパンダのOL。上司や同僚からの理不尽な振舞にストレスを溜める日々を過ごしています。ストレスが頂点まで溜まると、デスメタルを歌うことでストレス発散。烈子のデスボイスと、一変する顔つきがくせになります。 会社のストレスあるあるがつまったストーリーで、共感しながら楽しめるショートアニメです。

4.『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』

『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』は、イギリスの作家リチャード・アダムスによる児童文学を原作としたアニメ。過去にもアニメ映画やテレビアニメ版が制作されている、不朽の名作です。 本作は、ハンプシャー州に暮らす野うさぎたちを主人公に据えた英雄譚。ヘイルズという勇敢で聡明なうさぎは、予知能力のある弟ファイバーから、災害が起こるという予知を聞きます。ヘイルズは、仲間を集め住み慣れた土地を離れ旅に出ることに。 リアルな質感で蘇る不朽の名作。うさぎたちの勇敢さに心震え、そのかわいらしさに癒やされる作品です。

5.『ヴォルトロン』

『ヴォルトロン』は、1980年代にアメリカで大ヒットしたアニメ『ボルトロン』のリブート版です。 『ボルトロン』は、日本で昭和後期に放送されたアニメ『百獣王ゴライオン』と『機甲艦隊ダイラガーXV』を統合・再編集した作品で、アメリカではスーパーロボットの代名詞ともいえるほど有名な作品。 悪に立ち向かうため1万年ぶりに結成された、宇宙の騎士・パラディン。しかしパラディンとなる5人の若者たちはどこか頼りなく……。 作品の象徴であるライオン型ロボットたちの活躍。さらに随所に散りばめられた日本アニメや戦隊作品へのオマージュが楽しめる作品です。

6.『ULTRAMAN』

原作・清水栄一、作画・下口智裕によるマンガを原作に、フル3DCG化されたアニメが『ULTRAMAN』です。特撮ドラマ『ウルトラマン』のその後の世界を描く作品で、ウルトラマンが地球を去って40年が経過しています。 主人公はかつて科学特捜隊に所属していた早田進の息子・早田進次郎。生まれながらにウルトラマン因子を受け継いでいたため特殊な力を持っている進次郎は、父の跡を継ぎウルトラマンとして悪と戦っていく道を選ぶのでした。 ウルトラマンスーツを装着した等身大の戦士に、敵は怪獣ではなく宇宙人。新鮮な設定が、ウルトラシリーズの新たな可能性を教えてくれます。

7.『エデン』

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』の入江泰浩監督が手掛けるオリジナルアニメが『エデン』です。2020年秋から放送開始。 何千年も先の未来、人間の存在はもはや古代神話とされ、ロボットだけが暮らす街「エデン3」。そこで2体のロボットが、唯一生き残っていた人間の赤ちゃんを起こしてしまいます。2体は街から離れ、その子を育てていくことに。育てられた少女は、やがて不思議な声を夢の中で聞いて……。 「エデン3」という街に隠された秘密、そして少女の正体とは。ロボットと人の子供とが織りなす、心温まるSFアニメです。

8.『エバー・アフター・ハイ』

『エバー・アフター・ハイ』は、アメリカの玩具メーカー・マテルが展開する着せかえ人形シリーズを原作としたアニメ。 おとぎ話の登場人物を親にもつ子どもたちが通う全寮制の学園が舞台。ティーンエイジャーの彼女たちは、親のことや自分の将来について考え始めます。親と同じ道を歩むべきか、それとも自分の道を切り拓くべきか。 ロイヤルとレーベル、2つの派閥が繰り広げるファンタジーな学園ドラマ。『白雪姫』や『シンデレラ』など、おなじみの童話のお姫様や魔女の娘や息子たちが、魅力的に描かれています。

9.『FはFamilyのF』

『FはFamilyのF』は、『ザ・シンプソンズ』の脚本家マイケル・プライスと、コメディアンのビル・バーが原作を手掛けるシットコムアニメ。 1970年代の中年サラリーマンとその家族をコミカルに描きます。主人公のサラリーマン、フランク・マーフィーは空港に務める中間管理職。亭主関白で、3人の子どもたちには高圧的。妻や子どもたちもそれぞれトラブルやストレスを抱えていますが、みんな家族思い。 中年フランクの頑固親父的な粗暴な態度は、裏返すと家族への愛情もあふれていて……。実にアメリカらしいシュールさを楽しめるコメディ作品。

10.『カルメン・サンディエゴ』

『カルメン・サンディエゴ』は、アメリカで30年にわたって販売された教育ゲームを原作としたアニメ。 原作ゲームでは捕まえる対象であったカルメン・サンディエゴが、本作では主人公。世界を股にかける女怪盗・カルメンの活躍が描かれます。 教育ゲームという原作の側面も残されており、エピソードごとに舞台となる地域の地理や歴史が学べるような工夫も。正義のために奔走する彼女は、世界各地を飛び回ります。エピソードをすすめるうちに、世界旅行気分を味わえるのも本作の大きな魅力。 アニメを観ながら地理や歴史も学べる、子供にいちおしのアニメです。

11.『キャノン・バスターズ』

『キャノン・バスターズ』は、『Cannon Busters』のタイトルで発売されたLeSean Thomasによるアメリカのコミックが原作のアニメ。「マクロス」シリーズで知られるサテライトとゆめ太カンパニーによってアニメ化されました。 親友の王子と離れ離れになってしまったアンドロイド・サム。彼は、王子を探す旅の道中で出会った、お尋ね者で不死身のフィリー、メカ好きロボットのキャシーとともに変形する巨大キャデラックでドタバタな旅を続けます。 3人のドタバタな様子やロードムービー的な展開は、90年代のアニメを彷彿とさせる作風です。

12.『グリッチ・テックス』

『グリッチ・テックス』はアメリカで制作されているアニメ。数多くの子供向け番組を放送しているチャンネル・ニコロデオンの作品がNetflix向けに制作されたとあって、子供も安心して視聴できる番組です。 ゲーム店で働くニコとハイファイブは、実はゲームの世界から飛び出してきたモンスターをやっつけるエージェント。次々と現れるグリッチたちとの戦いのなかで、仲間が増えたり修行をしてパワーアップしたり……。 ゲームの世界と正義の味方が一体となった絶妙な設定。毎回いろんなジャンルのゲームが登場するので、元ネタがわかるゲーマーだと、より楽しめます。

13.『ケンガンアシュラ』

『ケンガンアシュラ』は原作サンドロビッチ・ヤバ子、作画だろめおんによる漫画を原作としたアニメ。 企業同士が闘技者を戦わせ、勝者はすべてを得ることができる「拳願仕合(けんがんじあい)」。そのガチンコの舞台に謎多き闘技者・十鬼蛇王馬(ときた おうま)が参戦。 自身の強さを信じて疑わない彼は、乃木グループ会長・乃木英樹と出会い、拳願仕合に波乱を巻き起こしていくことに……。 自衛隊にも所属していた格闘技経験豊富な原作の担当編集がモーションアクターとして参加。実際の組手をもとに描かれた格闘シーンには、他にはない本物の迫力とパワーがみなぎっています。

14.『攻殻機動隊 SAC_2045』

『攻殻機動隊 SAC_2045』は、シリーズ初となるWebアニメシリーズにして、初のフル3DCGアニメです。「S.A.C.」シリーズの神山健治監督と、3Dライブアニメの先駆者・荒牧伸志監督のW監督体制で制作されました。 世界崩壊までのカウントダウンがはじまっている2045年。世界経済は危機的状況に陥り、大国間ではAIを駆使した「サスティナブル・ウォー」が勃発。元公安9課の多くは傭兵部隊「ゴースト」で日々依頼をこなしていたが、日本では9課再組織への動きが……。 サイバー空間と相性のいいフル3DCGが、9課の新たな活躍をクールに描き出す「攻殻機動隊」最新作。

15.『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』

麻生周一のギャグ漫画を原作とした『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』は、TVアニメで放送された第1期・第2期・完結編に続く4作目。TVシリーズでは放送しきれなかったエピソードも本作でアニメ化され、原作のほとんどを網羅する形となりました。 主人公の超能力者・斉木楠雄の怒涛の早口セリフが本作の見どころ。キャラクター同士のコミカルなやりとりが、アニメならではのスピード感と臨場感で駆け抜けていきます。 斉木楠雄に襲いかかる騒動と絶妙なギャグが、ジェットコースターのように押し寄せるギャグアニメです。

16.『シーラとプリンセス戦士』

『シーラとプリンセス戦士』はドリームワークス・アニメーション制作のアニメで、1980年代に放送された番組『シーラ: プリンセス・オブ・ パワー』のリブート版。 士官候補生・シーラはある日、魔法の剣を手にします。そして自身がこれまで正義だと信じていた軍の真実を知ったシーラは、伝説の戦士へと覚醒。敵となったかつての友との戦いに身を投じていくことに。 主人公がプリンセスを滅ぼそうとしているという設定が斬新。王道のファンタジーアクションでありながら、ひとあじ癖のあるストーリーです。

17.『スプリガン』

原作:たかしげ宙、作画:皆川亮二による漫画を原作とした『スプリガン』。1998年に劇場版アニメが制作されています。今作は「ジョジョ」シリーズのTVアニメを手掛けたdavid productionが制作を担当。 現代の技術を超越する超古代文明が眠る地球。そのあまりに大きな力を、悪の手から守るため組織された特殊組織「アーカム」。そのトップエージェントたちは「スプリガン」と呼ばれ、超古代文明の力を借りながら悪と戦っていくことに……。 壮大なスケールで描かれるSFアクションアニメ。

18.『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』

車田正美の大ヒット漫画『聖闘士星矢』を原作とした、3DCGアニメが『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』です。1980年代から、TVアニメ化や劇場版の上映、OVAシリーズの発売が続く人気シリーズの新作。 本作は3DCGという点にくわえ、アンドロメダ瞬の性別が原作から変更されています。かなり大胆な変更ということで、本作も大きな話題を集めることに。新たな解釈で描かれる『聖闘士星矢』の世界は、この作品の懐の深さを感じさせてくれるでしょう。 3DCGならではの美しい映像で、「小宇宙(コスモ)」を感じてみましょう。

19.『7SEEDS』

『7SEEDS』は田村由美のSF少女漫画を原作としたアニメ。 人類絶滅の危機に直面しても、未来に人類を残す。そのために立ち上げられた政府によるプロジェクト「7SEED'」。様々な条件で選ばれた子どもたちは、未来のために冷凍保存されたのでした。 少女・ナツが目覚めると、そこは変わり果てた地球でした。そして同時に目覚めた同世代の少年少女たちがいて……。 未来に目覚めた若者たちが繰り広げるサバイバル生活。「春・夏A・夏B・秋・冬」の5チームが迎える結末とは。繊細な心理描写も魅力的な、生の躍動伝わる作品です。

20.『ソードガイ The Animation』

『ソードガイ The Animation』は、キャラクターデザイン:雨宮慶太、原作:井上敏樹、作画:木根ヲサムによる漫画『ソードガイ 装刀凱』を原作としたアニメ。 魔の力を宿す「死龍」という魔刀を義手に持つ主人公・緒方凱。彼の身体の一部となった刀は、彼自身を怪物「武装魔」として目覚めさせてしまいます。「武装魔」として、過酷な運命に立ち向かっていくことになった凱の強くも悲しいダークヒーローストーリー。 主人公の胸にあるのは強い殺意。王道ヒーローアニメでは味わえない、仄暗い闇を感じられる作品です。

21.『DEVILMAN crybaby』

永井豪の『デビルマン』を原作に、現代版のアレンジを加えつつアニメ化した作品が『DEVILMAN crybaby』です。『夜は短し歩けよ乙女』で知られる湯浅政明監督が、原作をなるべく忠実にアニメ化することを意識して制作した作品。 平和な日々を送っていた高校生の不動明。彼は親友・飛鳥了から、世界各地で発生している異常事態の真相を聞かされることに。それを確かめるため出向いた先で、明は悪魔に憑依され「デビルマン」に変身してしまうのでした。 規制の少ないNetflixだから制作可能となった、より原作に近い『デビルマン』の恐怖と闇が表現されています。

22.『トゥルーと虹の王国』

Netflixが企画したアメリカのキッズアニメ『トゥルーと虹の王国』。青い髪が特徴的な女の子・トゥルーが主人公です。 トゥルーと猫のバートルビーは、イエティの住む村にやってきます。願いを叶えるウィッシュの力で、イエティの村に起こる問題を解決して、彼らと仲良くなろうと頑張るトゥルー。心優しい彼女の行動に、心癒される作品です。 トゥルーを主人公としたシリーズは、Netflixで複数配信中。かわいいキッズアニメを探している人におすすめのシリーズです。

23.『日本沈没2020』

小松左京によるSF小説『日本沈没』が原作。過去に様々なメディアで展開されてきた本作が、『日本沈没2020』として初めてアニメ化されます。 架空の2020年東京オリンピック開催後、巨大地震が日本列島を襲います。刻一刻と迫りくる、日本が沈没するという絶望的な事実と直面した、ごく普通の一家・武藤家はどうするのか。武藤家の姉弟を軸に、未曾有の大災害を生き抜く一家の姿が描かれます。 時代設定をあえて現代に設定した本作。この時代に生きることの意味を問う、湯浅政明監督の挑戦ともいえる作品です。

24.『ネオ・ヨキオ』

『ネオ・ヨキオ』は、アメリカのロックバンド、ヴァンパイア・ウィークエンドのEzra Koenigが原案を手掛けるオリジナルアニメ。制作は、日本でも有名なProduction I.Gとスタジオディーンが手掛けています。 アメリカにある、世界最高峰の都市ネオ・ヨキオが舞台。そこではかつて都市を救った悪魔祓い・マジェストクラットは英雄であり、その末裔は上流階級を与えられています。主人公カズ・カーンもそのひとり。愛する都市を救うため、ファッショナブルにスマートに、悪魔と戦っていきます。 謎アニメとして話題になった作品。ファッション用語が飛び交い、ロボットのような執事が登場し……。不思議なセンスで繰り広げられる『ネオ・ヨキオ』ワールドに、中毒者が続出しています。

25.『ハービー・ガールズ・フォーエバー!』

『ハービー・ガールズ・フォーエバー!』は、3人の女の子が活躍するアメリカのアニメ。 オードリーとロッタ、ドットの3人はいつも一緒の仲良しガールズ。いたずら者がいれば悪を成敗するため挑んでかかり、困っている友達がいたら助けてあげて、イベントがあれば全力で楽しんじゃう。観ていて気持ちのいい、3人のハッピーな日々が描かれます。 全部でシーズン4まで制作されている人気シリーズ。3人の絆がファイナルシーズンに向けて深まっていく様子も必見です。

26.『B:The Beginning』

映画『キル・ビル』のアニメパート監督として知られる中澤一登が、原作・監督を務めるオリジナルアニメ『B: The Beginning』。Production I.Gが制作を担当するクライム・サスペンスです。 記憶をなくしている謎の少年・黒羽と、「Killer B」事件を追う出戻りの天才捜査官キース・風間・フリック。黒羽を追うテロ組織「マーケットメイカー」も絡み、事件と謎はより一層絡まり合っていくことに。 全編にわたり伏線が仕掛けられている本作。1話視聴するごとに全貌が明らかになっていくスリリングな構成が癖になります。

27.『HERO MASK』

『HERO MASK』はスタジオぴえろが手掛けるオリジナルアニメーション。 首都警察・特殊捜査部に所属する捜査官ジェームズ。彼はある事件を追ううちに、被ると超人的な能力を手にできるマスクの存在にいきつきます。そのマスクの裏には巨大企業やジェームズの元相棒ハリーの影がちらつき、やがてジェームズはマスクをめぐる陰謀の核心へと迫っていくのですが……。 凶悪事件の裏にある不気味なマスクの存在に、視聴者も翻弄される展開の連続。謎がさらに謎を呼ぶストーリーから目が離せなくなるクライムアクションアニメです。

28.『ヒックとドラゴン』 (テレビアニメ)

『ヒックとドラゴン』は、イギリスの作家クレシッダ・コーウェルによる人気児童文学シリーズを原作としたアニメ。2010年にドリームワークス・アニメーションが制作した映画が大ヒットし、続編映画が制作されるとともに、本シリーズも展開されました。 本作では、バーク島の少年ヒックが、ドラゴンのヒュースと深い絆で結ばれたあとのストーリーが描かれます。生まれ育った島を離れ、ヒックとヒュースはまだ見ぬ土地へと冒険に出発。 劇場版で描かれた1人と1匹、その後の物語もさらなる刺激に満ち溢れるものでした。子供の頃の心を取り戻せる王道の冒険ファンタジーです。

29.『ボス・ベイビー:ビジネスは赤ちゃんにおまかせ!』

『あかちゃん社長がやってきた』という絵本を原作に、2017年アメリカで公開された映画『ボス・ベイビー』。そのスピンオフ作品が、『ボス・ベイビー: ビジネスは赤ちゃんにおまかせ!』です。 ティムの弟で、大人の精神をもった赤ちゃん通称「ボス・ベイビー」。彼はベイビー・コープ社のビジネスマンとして多忙な日々を過ごしています。本作は、そんなバリバリ働く赤ちゃん社員たちの奮闘の様子をアニメ化。 世話のやける暴れん坊赤ちゃんの対応や、赤ちゃんの座を奪おうとする子猫対策など、ベイビーたちの世界も大変。世知辛い小さな世界を覗き見できるアニメです。

30.『マジック・スクール・バス』

マジック・スクール・バス

『マジック・スクール・バス』は、カナダとアメリカの合作で1994年から放送されていたアニメ版をフルCGでリメイクした作品。原作は、ジョアンナ・コール 著、ブルース・ディーギン挿絵の同名絵本シリーズです。 フリズル先生と生徒たちが乗るスクールバスは、水の中だって宇宙にだって行ける不思議なバス。不思議な力をもった先生と一緒に、生徒たちはいろんなところにでかけ、多くの学びを得ます。 視聴者も生徒たちと同じ目線で、楽しく自然科学を学ぶことができるのが大きな特徴。身近な「なんで?」に答えてくれるので、大人の知的好奇心も満たしてくれます。

31.『虫籠のカガステル』

『虫籠のカガステル』は橋本花鳥の漫画を原作とした終末アクションストーリー。原作は、日本より先にフランス語版が出版されたという珍しい作品。 人間を巨大な人食い虫に変えてしまう、カガステルという奇病が地球上を覆った世界。病の発生から30年が経ち、駆除屋として生計を立てる少年キドウは、ひとりの少女イリを託されます。 圧倒的な強さと繁殖力を持つ虫が跋扈(ばっこ)する終末の世界で、ひとつのボーイ・ミーツ・ガールが世界を動かしていく壮大なストーリー。 スケールは大きいものの全12話できれいにまとめてあり、一気見におすすめです。

32.『ラブ、デス&ロボット』

『デッドプール』のティム・ミラー監督、『ファイト・クラブ』のデヴィット・フィンチャー監督が製作総指揮を務める、大人向け短編オムニバスアニメが『ラブ、デス&ロボット』です。ほとんどのエピソードが、短編小説を原作としています。 各作品は15分前後という短めなアニメ。制作は世界各国の制作会社が手掛けているため、作品によって作画や作風もさまざまです。たとえるならば『世にも奇妙な物語』をよりハードにしたような作品が多く、独特な後味の気味悪さや怖さを楽しめるのが特徴。 手軽に不気味な世界観に浸りたいとき、奇妙な世界を覗いてみたいとき、おすすめの作品です。

33.『リラックマとカオルさん』

癒やしキャラとして大人気、リラックマを描くアニメ『リラックマとカオルさん』。 カオルさんは、昼間はOLとして働くふつうのアラサー女性。ひとつ変わっていることといえば、彼女の家には、いつのまにか住み着いたリラックマとコリラックマ、そして掃除上手のキイロイトリがいるということ。 ちょっと頑張りすぎてしまうカオルさんと、のんびりゆっくりしているリラックマ。不思議な共同生活を12ヶ月分、ストップモーションで描くぬくもり感じる作品です。 カオルさん役を女優・多部未華子が演じている点も注目ポイント。

34.『レゴ フレンズ』

『レゴ フレンズ』は、ブロック玩具レゴの女児向けシリーズをアニメ化した作品です。 発明やアートなど、それぞれ得意なものがあるハートレイクシティに住む女の子5人が主人公。彼女たちは親友で、楽しいことも悲しいことも一緒に共有できる仲。 そんな5人が繰り広げる、ガールパワー全開のエピソードが楽しめます。メインキャラクターたちにはボーイフレンドもいて、恋バナが繰り広げられることも。 2012年以降、定期的に新シリーズが登場。映画版も制作されるなど、女児向けレゴシリーズのなかでも1番のヒットシリーズです。

35.『Levius -レビウス-』

『Levius -レビウス-』は中田春彌による漫画を原作としたスチームパンクアニメです。 タイトルになっているレビウスは主人公の名前。彼は、人体と機械を融合させた闘士たちが戦う究極の格闘技「機関拳闘」で、頭角を現しはじめていました。 次々と強敵を倒す彼は、最高峰の大会「Grade-1」に出場することに。そこで彼を待っていたのは、全身を改造した謎の美人闘士でした。 戦闘時のスチームパンク的テクノロジーの描写が、レトロでクール。原作の持つ繊細な線を作画に落とし込んでおり、美しくも強いバトルシーンが魅力です。

36.『LOST SONG』

『LOST SONG』はライデンフィルムとドワンゴの共同制作によるオリジナルアニメ。歌手として活動してきた鈴木このみを主演に抜擢し、歌の力をテーマとしています。 癒やしの力を持つ歌を歌う少女リンと、世界を変えるだけの力を持つ歌を歌うフィーニス。2人の少女が持つ歌の力は、戦争に利用されるほど大きな価値のあるものでした。戦争の足音がすぐそこまで迫るなか、2人を待つのは過酷な運命で……。 毎話、心洗われる挿入歌が登場。鈴木このみと田村ゆかりが演じる2人のヒロインの持つ歌の力を、彼女たちの歌声で体感できる、感性ゆさぶられるファンタジー作品です。

37.『バキ』

「刃牙」シリーズ25周年記念作品として制作されたのがアニメ『バキ』です。原作は板垣恵介による漫画『グラップラー刃牙』の続編にあたる『バキ』。 “敗北とは”というテーマを描く原作「最凶死刑囚編」をアニメ化。地下闘技場チャンピオンとなった範馬刃牙と、彼からあらゆる手で勝利をもぎとろうとする脱獄死刑囚との肉弾戦が描かれます。Netflix版では、地上波版では規制のはいったシーンも無修正で視聴することができます。 強さを極限まで追求する男たちの熱い戦いと、原作をリスペクトした迫力ある演出が魅力のバトルアニメです。

38.『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は暁佳奈の小説を原作に、京都アニメーションが制作したアニメ。 親も名前もなく女子少年兵として戦場で生きてきたヴァイオレット・エヴァーガーデン。両腕を失った彼女は戦後、C.H郵便社で手紙を代筆する仕事に就きます。愛を知らずに生きてきた彼女は、依頼された手紙を通じて、感情という世界を知っていくことに。 道具のように扱われていた彼女が、手紙にこめられた心に触れて少しずつ変化していく様子が丁寧に描かれています。京アニによる圧倒的な映像美に心奪われる、繊細で優しい物語。

39.『空挺ドラゴンズ』

ハイ・ファンタジー×グルメアニメ『空挺ドラゴンズ』。桑原太矩による漫画を原作とするアニメです。 「龍」が生活用品の材料や食料として重宝される世界。空には龍捕り(おろちとり)を仕事とする捕龍船が飛び、空の旅をしています。龍食が大好物のミカはベテランの龍捕りで、クィン・ザザ号に乗っています。龍を狩ったあとに彼らを待つのは、とびっきり美味しい龍グルメ。 とくに力がはいっているのが食事シーンです。船員たちが料理をつくり、みんなで食べるシーンはまさに飯テロもの。おいしそうに龍を頬張る姿に、思わずお腹が空くアニメです。

40.『revisions リヴィジョンズ』

『revisions リヴィジョンズ』は、白組制作のオリジナルSFアニメ。フジテレビの+Ultra枠で放送された作品です。 300年後の渋谷に転送されてしまった高校生・堂嶋大介とその友人たち。彼らは未来の組織「アーヴ」に所属するミロという女性から、リヴィジョンズと呼ばれる未来人たちと戦うよう言われ……。 過去へ帰るための方法を模索しながら、未来人との戦いを余儀なくされていくことになる高校生たち。時空を超えるSF的要素と、高校生たちの群像劇的要素が絡み合う、新感覚SF作品です。

41.『ドラゴン王子』

『ドラゴン王子』はNetflix向けに制作されたファンタジーアニメシリーズです。 魔法の国ゼイディア、そして人間の国カトリスとの2つに分断された世界。人間がドラゴンの王を殺したことで、両国は戦争間近になってしまいます。そんななか人間の王子と、暗殺者の少女エルフは、争いの元凶となった事件に隠された真相を知って……。 種族の違いを超え手を取り合った3人は、世界に平和をもたらすために旅にでます。勇気ある少年たちによる王道のファンタジー作品であり、ボーイ・ミーツ・ガール作品としても楽しめるアニメです。

42.『GODZILLA 怪獣惑星』

Netflixでは、平成最後のゴジラ映画となった『GODZILLA』3作品が配信中。第1章の「怪獣惑星」、第2章の「決戦機動増殖都市」、第3章の「星を喰う者」が劇場公開2ヶ月後に配信開始となっています。 ゴジラとの戦いに敗れ続けた人類は、別の惑星への移住を試みることに。しかし移住は失敗してしまい、地球への帰還を目指すものの、地球ではすでに2万年近い時間が経過しており……。いまだゴジラのいる地球への帰還を選んだ人類は、再びゴジラ殲滅を目指すのでした。 虚淵玄を脚本に起用した、虚淵テイストのゴジラ作品です。

43.『亜人』

桜井画門による漫画を原作としたアニメ『亜人』。2016年から放送されたTVアニメシリーズが、Netflixで配信中です。 人間と見た目は変わらないが、死ぬことのない新種の生物「亜人(あじん)」。自分が人間だと疑いもしていなかった少年・永井圭は、事故をきっかけに自身が亜人であることを知ります。警察や政府から追われる身となった永井は、人の良さそうな初老の亜人・佐藤に出会い……。 抵抗か、逃走か。死ねない身体で、いきつく未来とは。亜人と人間、亜人と亜人の心理戦や騙し合いに息をつく暇もないアクション作品です。

44.『奴隷区 The Animation』

『奴隷区 The Animation』は、『僕と23人の奴隷』という岡田伸一によるケータイ小説を原作としたアニメ。 勝負に勝ったら敗者を奴隷に出来る機器「SCM」を手に入れた人間たちは、どんな行動を起こすのか。知人の誘いでSCMを使った勝負に保険として参加することになった荒川エイア。その勝負には、様々な思惑を持った人間たちが参加していて……。 機器によって、復讐や愛、敵討ちなど、人間の深いところにある感情がさらけ出されていきます。勝負内容やルールを利用しての頭脳バトルとしても見応えのある作品。

45.『BLAME!』

弐瓶勉の漫画を原作とした『BLAME!』は、2017年に劇場アニメとして公開された作品です。 かつて人が創り出した「階層都市」は暴走・膨張を続け、いまや人類は絶滅を待つばかり。かつて繁栄していた記憶もすでに持たない人類の前に、謎の男・霧亥が現れます。彼は人類が生き延びるため、システムとの戦いに動き出すのでした。 弐瓶作品の『シドニアの騎士』を手掛けた瀬下寛之監督とポリゴン・ピクチュアズなど、「シドニア」のスタッフが再集結。独特かつ壮大なスケール感を持つ弐瓶作品を、安定のクオリティで映像化することに成功した作品です。

46.『紅き大魚の伝説』

『紅き大魚の伝説』は、2016年公開の中国のアニメ映画です。 神に仕える者たちが住む世界に暮らすチュンは、ある少年によって命を助けてもらいます。しかし、彼は彼女を助けたことで命を落としていました。彼を生き返らせることを決意したチュンは、自らの寿命と引き換えに彼を生き返らせようとしますが……。 勢いがあるといわれている中国アニメ界の実力を感じられる作品です。新しい技術や見せ方を追求する一方で、『荘子』に着想を得た世界観は中国的な感性をしっかり残しています。王道ファンタジーと、2人の切ない恋模様が、絶妙なバランスで描かれる完成度の高い1本。

Netflixでアニメ生活が充実する!そのほか名作も多数配信中

今回は、Netflix(ネットフリックス)で配信しているなかでも、独占配信やオリジナルシリーズのアニメ作品を紹介しました。 とくにオリジナルシリーズは、高クオリティで満足度の高いアニメ作品が充実しています。また、毎シーズン新しい作品が登場するので、今後も見逃せません! もちろん独占配信やオリジナル以外にも、面白い作品が多数配信されています。ぜひNetflixで、あなたのアニメライフを充実させてみてください。