2021年10月28日更新

月10『ドクターホワイト』のあらすじ&キャストは?浜辺美波が初となる医療ドラマに挑戦

カンテレ・フジテレビ系で放送される2022年1月期の「月10」ドラマに、浜辺美波主演の『ドクターホワイト』が決定しました。新感覚の医療ミステリードラマで、浜辺美波にとっては初の医療ドラマとなります。 この記事では、『ドクターホワイト』のあらすじ・キャストなど最新情報に加え、原作や見どころを紹介していきます。

ドラマ『ドクターホワイト』のあらすじは?

浜辺美波が演じるのは、早朝の公園に倒れていた正体不明の女性・雪村白夜(ゆきむらびゃくや)。透き通るような白い素肌に、白衣だけをまとった姿で発見された彼女は「白夜」とだけ名乗り、これまでの記憶を失っていました。 どういうわけか、社会的な一般常識も持ち合わせていない「無垢」な白夜は、ベテラン医師さえも舌を巻くような驚異的な医学知識と、天才的な診断能力を発揮。医師ではない彼女が、わずかな情報から様々な病気を見抜いていきます。 医師たちの診断を「それ、誤診です!!」と覆し、患者たちの命を救っていく白夜とは、一体何者なのか……。彼女を取り巻く謎は明かされていくのでしょうか?

ドラマ『ドクターホワイト』の主演は浜辺美波!

本作が初の医療ドラマであり、フジテレビ系で主演を務めるのも初めてとなる浜辺美波。医師を凌駕する医療知識を持ちながら、記憶喪失で社会性も皆無という、ミステリアスな女性・白夜を演じます。 2021年はドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』で菅野美穂と親子役で共演し、主演作『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』が公開。2022年は『ドクターホワイト』の他、岸井ゆきのと共演する映画『やがて海へと届く』も公開予定です。また、『シン・仮面ライダー』のヒロイン・緑川ルリ子役にも抜擢されています。 自身も医療ドラマが特に好きなジャンルだと語っており、初めて医療ドラマに挑戦することが楽しみだとか。演じる白夜については、「不思議な魅力やかっこよさ」があるとコメントしています。

「金田一少年の事件簿」を手掛けた作者による原作小説を紹介!

アイシールド21

原作は、「金田一少年の事件簿」シリーズや『神の雫』などの漫画原作者として知られる樹林伸の小説「ドクター・ホワイト」シリーズ。1作目「千里眼のカルテ」と2作目「神の診断」を基に、1話完結の形でドラマ化されます。 「千里眼のカルテ」は、白夜が白衣のみをまとった姿で早朝の公園に現れ、それを編集者の狩岡将貴が発見するところから始まります。狩岡の胃痛の原因を言い当て、彼が連れて行く高森総合病院では驚異的な診断能力を発揮し、次々と誤診を指摘していきます。 原作は複雑化する現代の病因を鮮やかに解決していくという、画期的な医療小説。痛快でドラマチックかつコミカルに映像化されるとのことで、その爽快感がドラマでも味わえるのではないでしょうか?

ドラマ『ドクターホワイト』の見どころは?

謎多き主人公・白夜の底知れない魅力から目が離せない

素肌に白衣をまとった主人公・白夜の登場からして、おそらく衝撃的なスタートになりそうな『ドクターホワイト』。記憶喪失の上、社会性皆無という謎多き白夜というキャラクターに釘付けになりそう。しかも白夜を演じるのが、白い肌と透明感を誇る浜辺美波とくれば、期待値も爆上がりするというもの! そんな彼女が医師も驚く医療知識と診断能力で次々と誤診を暴き、病因を解明していく展開は、ギャップに萌える可能性も大です。

「総合診断協議チーム」の仲間たちにも期待!

原作では、白夜が高森総合病院の総合診断協議チーム「DCT」の一員に抜擢される展開が待っています。DCTは患者の症状を総合的に診断し、正しい病名をチーム内の協議で判別するという「診断専門チーム」。 原因不明の症状を診断したり、各科の診断にも協力していくDCTには、院内のはみ出し者が集まるよう。まだキャストは明かされていないものの、彼らとのチームプレーも見どころの1つになるでしょう。

ドラマ『ドクターホワイト』のキャストや最新情報は随時更新!

浜辺美波がフジテレビ系ドラマ初主演を飾る医療ミステリー『ドクターホワイト』。特異なキャラクター設定や爽快な展開、現代の医療事情など見どころ盛りだくさんのエンタメ作品になりそうです。 ciatrでは、今後も『ドクターホワイト』のあらすじやキャストなど最新情報を随時更新していきますので、どうぞお楽しみに!